人気ブログランキング |

タグ:Howdy?! ( 6 ) タグの人気記事

Howdy?! (てらこや新聞2019年 春・夏号 竹川のコーナーより)

~ ありがとう、おつかれさま ~

先日、洗濯機が壊れた。

結婚以来使い続けて13年、壊れそうな気配が なかったわけではなかった。使っている間に家族が一人増えて、容量オーバーだろうと思いつつ、洗濯物を詰め込んで使用していたことは否めない。脱水の前に排水しきれなくて止まってしまいエラーが出ることが度々あった。それでも何とかもちこたえていたので使い続けていたわけだが、ある日突然、電源を入れるとエラー音が鳴り続け使えなくなったのだ。

昭和の時代に「三種の神器」と崇められた電化製品も、今となってはごく普通に各家庭にある電化製品として、特別なものではなくなった。

平成の時代を経て、ただ単に「洗う・すすぐ・脱水する」以外の様々な機能が付け加えられているのに、どうして「壊れるまで、あと数日・・・」とお知らせしてくれる機能がないのだろうと不満に思いつつ、数日コインランドリーに走り、新しい洗濯機を我が家に迎えた。

新しい洗濯機が我が家に入る日、小学2年生の息子が洗濯機に向かって頭を下げ、「今まで、ありがとう。おつかれさま。」と感謝の言葉を述べていた。

便利な物に囲まれて、 無い物ねだりの願望を抱いていた私は、感謝の言葉を気持ちのままに発した息子の姿を見て、私にはない 素直さを持ち合わせていることに驚きつつ、新鮮な気持ちにさせられた。

考えてみれば、当たり前のように思える社会の、生活の、周りで起こっている様々なことは、「ありがとう」と「おつかれさま」で成り立っている。

せわしない日々に、少し立ち止まって、当たり前と思えることに「ありがとう」「おつかれさま」と思える  一瞬を意識して持ってみると、ものごとに対する見方が少し変わるかもしれない。

息子の言葉から、そんなことを思った洗濯機騒動だった。

新しい洗濯機が我が家にやって来た数日後、冷蔵庫の製氷機能が壊れた。冷蔵庫もまた結婚以来使い続けているものだ。冷やす機能自体は壊れていないので、製氷皿を使って、ちまちまと氷を作っているが、自動で作ってくれた便利さに比べると、何とも面倒くさくてイライラする。

特にこれからの季節、突然壊れられると最も困るのが冷蔵庫だろう。やはり私は「壊れるまで、あと  数日だぞ・・・」とお知らせしてくれる機能が欲しいと、無い物ねだりをしてしまう。      (K.T.)

(昭和の時代の「三種の神器」とは一体何のことか、分からない皆さんはぜひ調べてみて下さい(^^)




by terakoya21 | 2019-08-13 08:30 | 新聞最新号

Howdy?! (てらこや新聞164-167号 竹川のコーナーより)

~ もう1年、また1年~

もう1年経つのか…と感慨深い春を迎えている。

昨年4月、小学校に入学した息子は、この4月から2年生だ。スマートフォンに撮りためたままになっている写真を見返してみると、幼稚園卒園時の息子は見るからに幼い。それだけ、この小学校1年生の1年間は心身ともに成長した日々だったのだろうと思う。

息子が生まれたその時から、子供に対する悩みは尽きることがない。幼稚園までは、授乳に始まり一緒に遊ぶなど肉体的な大変さが大きかったけれど、小学校に入学してからは肉体的なものは減ったけれど、その代わりに精神的な大変さが大きくなっているように思う。子供が成長すればするほど、悩みの内容も質を変え、ますます深くなっていくのは当然かもしれない。

人それぞれに子供に対する思いは様々だろう。人が自立して社会で生きていける術を学ぶのに、親として最低限これだけは…という思いを込めて、子供と接するようにしている。使って欲しくない言葉や謹んで欲しい言動には厳しくありたいと思う。

それでも、子供がどう成長し、どんな歩みを見せるのかは全くわからない。だからこそ不安がつきまとう。その不安と葛藤しつつ、人との関わり合いや、ままならないこととの向き合い方を子供には学んでいって欲しいと願っている。見守り伴走しながら、子供と一緒に親も成長しているのだなと思う。

また1年、どんな成長を見せてくれるだろうか。来年の今頃、子供はどんなふうになっていて、私はどんな心境でいるだろう。不安と期待がない交ぜになった1年がまた始まる。 (K.T.)



by terakoya21 | 2019-04-28 08:30 | 新聞164-167号

Howdy?! (てらこや新聞159-163号 秋・冬号 竹川のコーナーより)

~ 美味しい秋 ~

ここ数年、「好きな季節は?」という問いには「春」があがる確率が高かった気がする。けれど、以前なら筆頭で好きな季節にあげていた「秋」も、やはり捨てがたい。

「○○の秋」とはよく言われるフレーズで、人それぞれで○○に入る言葉は違うだろう。「食欲の秋」とはちょっと違うかもしれないが、「食べること」というのはひとが生きていく上で欠かせないことの一つだ。日々、食事を作る世のお母さん(あるいはお父さん)は、特に子供に好き嫌いなく何でも食べて欲しいと思っているだろう。

かく言う私もその一人だ。私自身、小さい頃、なすびも、椎茸も苦手だった。それがいつの間にか大好きに変わったのは、何かのきっかけがあったから、というわけではなく、好き嫌いにかかわらずずっと食卓に登場したそれらの入った料理を食べ続けることで、味や食感に慣れたか、あるいは、ただ単に年を重ねて味覚が変わったから、ということなのかもしれない。

息子も案の定(?) なすびも、キノコ類も苦手になっている。それでも、外では「ちゃんとしなければ」と思っているようで、給食に出てくるなすびやキノコは残さずしっかり食べているらしい。「給食のなすびやキノコは美味しいけど、お家のは…」などとのたまって、火に油を注いでいる。

「秋」という季節には関係なく、どうやって家でも 気持ちよく(←ここが一番重要なところかもしれない(^_^;)苦手なものを食べられるように仕向けるか、 いろいろ試行錯誤の日々だ。

私自身は、ごはんをより美味しく食べられるかな、という理由から、今、「おひつ」を買おうか買うまいか、思案の毎日を送っている。

(K.T.)



by terakoya21 | 2018-12-09 08:30 | Howdy

Howdy?! (てらこや新聞147-149号 竹川のコーナーより)

~ 夏休みの終わりに ~

9月で息子は6歳になる。

昨年の同じ時期のこのコーナーの書き出しも、年齢が違うだけで文面は同じ…。原稿提出締め切りがとっくに過ぎて、苦し紛れの書き始めになっている。

幼稚園生活最後の長い夏休み、お盆に数日、自宅から車で5分ほどの主人の実家に里帰りすることと、主人の趣味で夏休み最後の週末に鈴鹿サーキットにカーレースを観戦しに行く以外は、これといって大きな旅行の予定はなかった。

けれど、連日、炎天下の公園遊びに付き合ったり、寒天デザートやお昼ご飯を一緒に作ったり、幼稚園のお友達と遊んだり、水遊びに付き合ったりと、自宅あるいは自宅近くで子供の遊びに目いっぱい付き合ってきた。

子供の遊びに付き合い、仕事もして、週に一度は家でぼぉーっと過ごす日をもうけないと体力的にかなりキツい高齢ママは、この原稿を急いで書いている間も「あと一週間で、やっと夏休みが終わる…」と二学期の始まりが、かなり待ち遠しい気持ちでいる。

息子は、「こんなに(無駄に?!)たくさん覚えている車種…何かに使えないのか?!」と思うくらい大好きだった車への興味が、昨秋のある日を境にぱったりと途絶え、今ではあんなに覚えていた車種も車の種類も、すっかり妖怪ウォッチとポケットモンスターに上書きされている。

来年の今頃は、小学校に入学し初めての夏休みの終わりを迎えているはず…。来年の夏休み、この小さな子供の興味は何にあって、無事に夏休みの宿題が終えられているのか、どんな夏を過ごしているのか、全く想像できない日々が、私にとっても楽しみだ。

そして、私もどれだけ体力がなくなっているのか、老眼は進んでいるのか…来年の今頃の健康面が、かなり気になっている(^_^;

*「てらこや新聞」147-149号は平成29年9月1日に発行されたものです。


by terakoya21 | 2017-11-26 08:30 | Howdy

Howdy?! (てらこや新聞143-144号 竹川のコーナーより)

~ 何気ない言葉 ~

先日、息子が結膜炎になった。

かかりつけの小児科の先生は、物腰も優しければ、話し方も接し方も穏やかで子供に合わせてくれるので、息子はこの小児科の先生が大好きだ。痛い注射も我慢できるし、風邪などで診察に行く度に「また来たよ~(*^o^*)」と満面の笑みで挨拶している。

結膜炎で診てもらった眼科の先生は、小児科の先生よりもお年を召した年配の男性で、眼光鋭く少しぶっきらぼうで、子供向けに声音を変えてくれるようなこともなく、大人でも「ちょっとコワイかも…」と思うくらいなので、子供にとっては尚更かもしれない。

小児科で診察してもらう時は、大体どんなことを診られるのか、息子もわかっているから安心しきっているが、違うお医者さんではどんなことをされるのかわからず、不安の塊だったのだろう。診察の台に顔をのせて、後ろから看護師さんに  ガシッと頭を押さえつけられた地点で、内心「もう帰りたい…」と思ったはずだ。診察するため先生がライトを目に当てるだけなのだが、眩しいのが嫌いな上、 どんな痛いことをされるのか…という不安からか、 思わずギュッと目を閉じてしまいがちだった。

「頑張って大きい目を開けてよー」と先生に何度も言われ…ボソッと息子が漏らした言葉は…「サッサとしてください」。

使い方や使う状況は間違っていない。間違ってはいないが、年上の相手、先生に言うべき言葉ではないということまでは、まだまだ理解できない5歳児…顔から火が出る思いで、私は心の中で「それなら、 キミがサッサと大きな目を開けなさいよー」と毒づいた(。 ̄;)

私が普段、息子を急かすときには「はよ(早く)してー」と言っているので、きっと 幼稚園かどこか他のところで「サッサと」という表現を聞いてきたのだろう。改めて、普段の何気ない言葉に気をつけようと心 新たにした瞬間だった。

昨年、緊張の面持ちで幼稚園登園を始めた息子は、この4月、年長クラスになる。幼稚園生活にもすっかり慣れて、元気に登園し、先生やお友達との関係からいろいろな成長を見せてくれている。実際に、一年前と今とでは、かなり成長したと思う。どんどん吸収できる、いろいろなことを学べるというのは、 なんて清々しくて素晴らしいことだろう。

何か新しく学ぶことよりも忘れてしまうことの方が多くなっている私とは対照的だけれど、教えるべきことは伝える努力を惜しまず、子供の成長に寄り添っていきたいと思う。

(K.T.)


by terakoya21 | 2017-05-08 08:30 | Howdy

Howdy?! (てらこや新聞128号 竹川のコーナーより)

~ ささやか ~

毎年この時期になると気になってくるものがある。早いところでは9月頃から見かけるようになる来年のスケジュール帳やカレンダーだ。

家計簿に関しては、使い慣れた同じ種類の家計簿が良くて、違う種類のものに変えてみようかなどとは露ほども思わず、同じ種類の家計簿の新年版を購入している。

けれど、スケジュール帳に関しては、毎年、どれにしようかかなり迷う。迷って、なかなか決め切れずにいることもあれば、「これ!」と即決できる時もある。今年は、いろいろ見てみるものの、これと決め切れずにいる。
カレンダーに関しても手帳と同様で、今年はまだ来年のカレンダーを選べていない。

月が改まったときに一枚めくるカレンダーは、そのたびに気持ちが一新されるようで、ささやかな楽しみでもある。次の一か月を彩ってくれるカレンダーの柄はどんなものか楽しみにめくる行為は、本当にささやかだけれど心を躍らせてくれるものだ。

スケジュール帳にしても然り。まっさらな新しいページは、ささやかな期待感に満ちている。

ささやかだけれど、 侮れない。

…と、新たな一年に向けて期待が高まるけれど、この時期になると、一気に時の経つのが早く感じられるようになる。そう…今年も残すところ、あとひと月と少し。どうしてもせわしない気持ちになってしまうのだけれど、じっくり腰を据えて過ごしたい。まずは、家の片づけを何とかしたい。-ずっと、同じことばかり言っている気がする。
(K.T.)
by terakoya21 | 2015-12-09 10:55 | Howdy

英語塾の寺子屋かめいの元気を発信します


by terakoya21
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る