タグ:81号 ( 2 ) タグの人気記事

Ticket to Arts and Literature (てらこや新聞81号 アシスタントのコーナーより)

「はじめまして!」

10月から寺子屋かめいでアシスタントとしてお手伝いさせて頂いている横山と言います。

私は、大学で文学を学んでいます。文学を学ぶと言われても、ピンと来ない方もいると思います。文学を学んでいると言うと、「え!?小説書いてるの?」と言われたことがありますが、そうではなく作品の内容や作者について学びます。…すみません、かなりざっくり言ってます。作品や作者について学ぶのですが、一番大切なのは「どうしてその作品を書いたのか」だと思います。書くからには何か伝えたいメッセージがあるはずです。そのメッセージが何なのかを考えていく、それが文学を学ぶということだと(自分なりに)考えてます。

「学ぶ・考える」なんて難しいこと言ってますが、「学ぶ・考える」ために色々なことを考えて読むようにしてます。太宰治の「走れメロス」という作品があります。あの作品のタイトルはどうして「走れメロス」なんでしょうね。「メロスが走る」でも、ただ単にメロスのお話だから「メロス」でもいいじゃないか、と私は思ってしまいます。メロスはどうして走るんだろう、何のために走るんだろう、セリヌンティウスはどうしてメロスの代わりに捕まったんだろう、メロスを信じられるのは何でだろう、暴君ディオニス王は本当に悪い人だったのかな、暴君のくせにメロスが帰ってきた後「仲間に入れて」なんて虫がよすぎる…とか。

しかし、これらの疑問全てに答えがあるかと聞かれると、あるとは答えられません。文章を細かく読みとったり、色々調べて、やっと自分の想像(妄想?)が自分なりの答えとなります。そこが文学の楽しさでもあり、難しさでもあると思います。

…あんまり語りすぎると、長くなるし、伝わりにくくなると思うので(すでに伝わりにくいかも…)、このあたりにしておきます。

貴重なスペースありがとうございました!

(Y.Y)
[PR]
by terakoya21 | 2012-01-05 18:16 | Ticket to A and L

まえがき (てらこや新聞81号より)

~ 年末に思うこと ~

12月も半ばに入り、今年もあとわずかですね。忙しなさの中に、なんとなぁく幸せな雰囲気を感じるこれからの時期が、わたしは好きです。世の中全体が家族団欒ムードというか、幸せそうな感じがして、なんだか嬉しくなるのです。と同時に、年末だからってみんなが幸せ気分でいられるわけじゃないってことも、年をとるにつれてだんだん見えてきました。特に今年は、一年前には全く想像もしなかったかたちで、年末年始を迎えられる方が大勢いらっしゃると思います。暖かい部屋で、家族みんなそろって過ごせることに感謝ですね。何気ない日常の大切さ、有り難さ。しみじみ感じる一年でした。

(H.F)

2011年12月15日発行の「てらこや新聞」81号より
[PR]
by terakoya21 | 2012-01-02 14:48

英語塾の寺子屋かめいの元気を発信します


by terakoya21
プロフィールを見る
画像一覧