人気ブログランキング |

タグ:趣味 ( 299 ) タグの人気記事

飛行機

from here to ... 

 昨日のお昼過ぎに亀井先生から「行ってきます」とのメールがありました。
日本から研修先(アメリカ)へのフライト時間は13+3時間位だと聞いています。
…ということは、今日の早朝に到着し、もう滞在先のご家族と再会(初めての大学生は対面)していることと思います。

 松阪から一番近い空港は、中部国際空港セントレアです。
私が最後に飛行機に乗った時にはまだ開港してなかったので、まだ行ったことはありません。

 実際、国際線利用となると、準備や手続きなどで面倒なことや心配事が多くなるのですが、空港独特の雰囲気が私は好きです。
 日本語と英語で伝えられる搭乗の案内や出入国の案内など、
「ここから世界につながっているんだな」と体感できるからかもしれません。

 空に飛行機が飛んでいるのを見ると、つい目で追ってしまいます。
「あの飛行機はどこからどこへ向かっているのかな~」
などと考えてみるのも、結構楽しいものです039.gif
by terakoya21 | 2012-08-10 09:52 | 日記

お知らせ

松阪高校新1年生英語クラス

明日、開講です。

が・・・まだ間に合います。

詳しくは・・・「お知らせ 松阪高校新1年生クラス」をご覧下さい。

(Y.K)
by terakoya21 | 2012-04-03 17:12 | 開講クラス紹介

今日は

「気象予報士の日」だそうです。
(今日も昨日に引き続き、同じ書き出しです。)

1994年の8月28日に第1回気象予報士国家試験が行われたことにちなんで決められたとのこと。

近年の異常気象、気象予報の難しさは増す一方で、果たす役割は大きくなっているように思います。

少し話はそれますが……
数年前、毎週のように同じクラス生徒から「先生、明日って晴れますか?」とたずねられることがありました。

その度に「私は、お天気のお姉さんでも、予報士でもないから、わかりません。……お昼の天気予報では晴れだったと思うけど……」
などと返すことが多かったのですが、生徒のほうも懲りることなく、私との問答を繰り返しました。
(我ながら、なんてつれない先生だろうと思います。)

そして、あるときからは「先生、明日って…」と言ってしまってからハッとして、
「明日は体育があるんです。」「あさってに試合があるんです。」「何となく、聞いてみただけです。」
とたずねた理由を慌てて付け加えるようになりました。

このような現象は「成長」と呼んでいいものでしょうか……
(その頃には、私のほうも出勤前の天気予報を一応は確かめるようになっていたように思います。)

ちなみに、明日(29日 三重県中部)の予報は「晴時々曇」です。
by terakoya21 | 2011-08-28 20:30

今日は

「『男はつらいよ』の日」だそうです。

1969年の8月27日、『男はつらいよ』シリーズの第1作が公開されたのが由来だそうです。

48作にも及ぶ長編シリーズとなっていますが、その始まりは映画ではなくテレビドラマだそうです。

「だそうです」と続いてしまったのには理由があります。
……私は今までに『男はつらいよ』を観たことがないのです。

もちろん、「生まれは…」という決まり文句も「フーテンの寅さん」の姿も知ってはいます。が、本編を通して観たことがありません。

一度は観てみたい映画の一つです。

しかし、初心者として、48作もあるの中から一体どれを選ぶべきか……
もし詳しい方にきいてみれば、それぞれの好みによって意見が分かれそう……
そして、最後には「48作全部観なさい」と言われそう……

などと、勝手な想像をしています。

……私が「男はつらいよ」を鑑賞する日は、もう少し先になりそうです。
by terakoya21 | 2011-08-27 10:03 | 意見

Hello, everyone! (てらこや新聞73号 コタニさんのコーナーより)

みなさん、こんにちは。このコーナーでは、私コタニが「お茶と茶道」の世界を紹介しています。72号から始まったばかりですが、第2回目もどうぞ最後までお付き合いくださいね。

さて、前回は奈良時代から室町時代初めにかけて、茶がどのように中国から日本へもたらされ、広まっていったのかをご紹介しました。今回は、室町時代に注目してみていきましょう。

室町幕府の三代将軍足利義満(あしかがよしみつ 1358-1408)の時代に中国(明)との貿易が始まると、多くの絵画や陶磁器などが将軍家の蔵に収められました。中国から伝来した染織品や道具は、唐物(からもの)と呼ばれ、その中でも茶道具の天目茶碗や茶入などは座敷飾りに用いられるようになります。

1378年、義満は現在の京都市上京区へ邸宅を造りました。この邸宅は室町殿(むろまちどの)や花の御所と呼ばれ、内部には会所(かいしょ)が設けられました。会所は、連歌やさまざまな芸能を楽しむ場として、文化的に、時には政治的に利用された場所でした。この頃からは、一部の上流階級を中心に、現在の茶事に通じる形式に沿った茶会が催されるようになっていきました。

将軍の身近につかえ、芸能に関するさまざまな仕事を任されていたのが同朋衆(どうぼうしゅう)と呼ばれる人たちです。庭園造りから唐物の選別・保管などに加え、茶会も彼らの仕事のひとつでした。

時代は移り、京都では東山文化が花開く時代を迎えます。八代将軍足利義政(あしかがよしまさ1436-1490)は、1482年に東山(現京都市左京区)の地へ東山殿(東山山荘)を造り始めました。翌年には彼自身も移り住み、禅僧などと交流を持つうち、書画や茶を楽しむようになりました。そして、同朋衆の能阿弥(のうあみ)からの紹介で村田珠光(むらたしゅこう 1423-1502)を奈良から招き、茶の湯を学びました。

珠光は禅寺の僧でしたが、京都で義政に茶を教えるようになると、自身は大徳寺(京都市北区)の一休宗純(いっきゅうそうじゅん 1394-1481)から禅を学びました。珠光は、「草庵の茶」の茶を 理想とし、簡素で落ち着いた禅宗寺院の茶に沿った茶法をつくりました。そして、それまでのぜいたくで華やかな茶会から、用いる道具も簡素化させて四畳半の狭い部屋で行う茶会へと改めていきました。

義政が茶を愛好しだすと、「茶を飲むこと」が一般の人たちにも流行し始めました。寺社の門前など人が集まる場所では、「一銭一服の茶(いっせんいっぷくのちゃ)」という茶売りが人気を集めました。やがて茶売りたちは門前から市中へと進出し、気軽に茶を楽しむことのできる茶店が登場しました。


今回のレポートはここまで。千年以上の時を経て今に伝わる「お茶・茶道」、室町時代に入り、ようやくコタニのような一般庶民にもお茶が広まったのですね。第2回目のレポート、出来具合はいかがでしたか?ぜひ、ご意見・ご感想をお聞かせくださいね。

最後になりましたが、ここでコタニからの72号の掲載内容について、お詫びと訂正があります。
① 源実朝の読み方が間違っていました。正しくは「みなもとのさねとも」です。
② 宣長まつりでのお茶席を「椅子に座る立礼(りゅうれい)席」とご案内しましたが、今回のお席は桜松閣の和室にて行われ、お客様には畳に座っていただきました。

コタニの言葉を信じてお越しくださった方は、驚かれたことでしょう……ごめんなさい。これからは「見直しした?」と谷先生から念押しされる前に、しっかりと確認しなくては!

では、次回をお楽しみに…
See you soon♪

参考資料:裏千家HP キッズページ
茶道文化検定公式テキスト-茶の湯がわかる本- 茶道文化振興財団監修  淡交社 2008.9.27
学校茶道(初級編) 千宗室監修 (財)今日庵制作 2003.1.1
by terakoya21 | 2011-05-30 20:30 | Hello, everyone

Hello, everyone! (てらこや新聞72号 コタニさんのコーナーより)

みなさん、お久しぶりです。一年ぶりに登場のコタニです。谷先生からの連絡を受け、今年も記念特大号へはちゃっかり戻ってきました。

突然ですが、みなさんはふだん何を飲むことが多いですか?ジュース、コーヒー、炭酸飲料、お酒など、いろいろな飲み物がありますが、コタニはもっぱら「お茶」を飲んでいます。お茶と一口に言っても、緑茶、紅茶、ほうじ茶など、さまざまなお茶があります。そこで、今月から数回にわたって「お茶と茶道」の世界を掘り下げていきます。「え~、今さら?」と思ったあなたにも、「あ~、あの堅苦しそうな…」と思ったあなたにも、きっと新たな発見があるはず。どうぞ最後までお付き合いくださいね。

今ではすっかり当たり前の光景となった「お茶を飲む」ことは、中国で始まり世界各地へと広まりました。日本へはいつごろ伝わってきたと思いますか?なんと、今から千年以上も前なのです!日本には、奈良時代(710-749)に遣唐使や中国(唐)へ留学していた僧たちによって伝えられたと考えられています。当時、中国で飲まれていたのは、団茶と呼ばれる、蒸して乾燥させた後、臼でついてだんごのように固めた茶葉を粉末にして煮出したものだったそうです。

平安時代(794-1192)の初め、唐での仏教を学んだ最澄(さいちょう 767-822)は帰国の際に茶の種を持ち帰り、それを比叡山(ひえいざん 滋賀県大津市)のふもとに植えました。これが、日本での茶栽培の始まりと考えられています。その後、茶の木が各地へ植えられましたが、茶葉の質はいいものとは言えませんでした。やがて唐との国交が途絶え、良質の茶葉が輸入されなくなると、日本では茶を飲む習慣も廃れてしまいました。

その間も、中国では茶の質が向上し、それにともなって茶を点てたり飲んだりする際の作法ができあがっていきます。平安時代の末、日本と中国(宋)との国交が再開されると、日本から再び僧たちは中国へと向かいました。その中の一人、栄西(えいさい 1141-1215)は、宗での修行を終えると、日本へ「禅宗」を伝えました。また、持ち帰った茶や器具を使い、新しい茶の点て方(現在の抹茶とほぼ同じ方法)も伝えています。栄西が持ち帰った茶の実を栂ノ尾高山寺(とがのおこうざんじ)に贈ったことから、この地での茶栽培が始まりました。現在の京都市街北西にあたる栂ノ尾の土壌は茶の成長に適していたため、その栽培は盛んになり、やがて各地へと広まっていきました。それにともない、茶を飲む風習も再び見られるようになりました。

栄西は、薬としての茶の効能などを書物『喫茶養生記(きっさようじょうき)』にまとめ、源実朝(みなもとのさねとも 鎌倉三代将軍 1192-1219)に献上しました。鎌倉時代の歴史書『吾妻鏡(あずまかがみ)』には、ある日、栄西が頭痛に苦しむ実朝へ茶を差し上げたところ、実朝の体調はたちまち回復したという逸話が残っています。この頃から茶を飲む風習は禅僧から鎌倉の武士へと 広まりをみせ、茶に使う道具の輸入も盛んになっていきました。

室町時代(1392-1573)の初めになると、茶を飲む風習は武家や商人の間にも広まる一方で、茶は「ぜいたくな遊び」と考えられるようにもなっていました。武士の間では「闘茶」や「茶寄り合い」が流行します。これは、いくつかの産地の異なるお茶を飲み、どこのものかを言い当てる遊びです。豪華な食事とともに、金品を賭けて行われたこの遊びは、やがて幕府から禁止の法律が出されるほど流行したそうです。

今回のレポートはここまで。千年以上の時を経て今に伝わる「お茶・茶道」、その歴史は一回のレポートでは収まりませんでした。流行とは言っても、コタニのような一般庶民がお茶を飲むようになるのは、どうやらもう少し先のようですよ。初回のレポート、出来具合はいかがでしたか?ぜひ、ご意見・ご感想をお聞かせくださいね。

おっと、いけない!最後になってしまいましたが、コタニからのお知らせがあります。宣長さんのコーナーでも話に出ていた、4月3日に行われる「宣長まつり」では、お茶席(松阪公園内 桜松閣 10時~2時30分)が設けられます。

ここで出される「お茶」は抹茶ですが、立礼(りゅうれい)席という、正座してではなく、椅子に座ってお菓子とお茶といただくことのできる茶席です。「作法がわからないし…」という方も、お菓子やお茶のいただき方は決して難しくありません。その場できけば教えてもらえるので、ぜひ気軽に ご参加くださいね。「事前に教えて!」というあなたは、谷先生をつかまえてきいてみましょう!きっと優しく!? 教えてくれますよ。

では、次回をお楽しみに…
See you soon♪

参考資料
茶道文化検定公式テキスト-茶の湯がわかる本- 茶道文化振興財団監修  淡交社 2008.9.27
学校茶道(初級編) 千宗室監修 (財)今日庵制作 2003.1.1
裏千家HP キッズページ
by terakoya21 | 2011-05-09 22:32 | Hello, everyone

私も・・・

ライオンを飼いたいと思った時代があります・・・

ライオンをゾウをパンダを飼いたいあなたに贈る、ハウツー本の決定版(Excite Bit コネタ) - エキサイトニュース

昔、シェパード2匹、コリーを1匹・・・同時に飼っていて
庭が広かった上に、
夜は彼らも部屋の中に入れていたので・・・

コーヒーだったかのCMでグランドピアノと
ライオンがいる部屋のシーンを見たとき・・・

将来、私はライオンを飼って、こんな生活をしたい!

と夢見たことがあります。
(音符の読めない私にグランドピアノなど・・・
必要ないとは思うのですが、長い間そのシーンが
私の憧れの生活の一場面でした)

専用の冷蔵庫まではなかったものの
近所のお肉屋さんで骨(松阪牛のかな?)をもらい
鳥のレバーや砂肝を野菜と煮て
毎日大型犬の食事を作っていた母を見て育ち・・・

また、近所でメスのライオンを飼っていた方がいたので・・・

私も飼えるものだと信じていましたが・・・

結局、近所のライオンは市に寄付され
徐々に、あんな大きいリビングを持つおうちを建てるのは
無理だと感じるようになり・・・

そして、断然イヌ派の私は、ライオンがそれほどかわいく見えなくなり・・・

今に至っていますが・・・

飼ってみたいという気持ち・・・よくわかります。

そして、私が幼い頃、CMを見てライオンを飼いたい!と
思ったように・・・

ゾウが飼える家や宝くじに当たってキリンを飼っている人
・・・なんていうCMを見ている今の子どもたちは・・・

ゾウやキリンを飼いたいと思うかもねぇ~と
楽しい気分になりました。

(Y.K)
by terakoya21 | 2011-04-27 15:11 | 意見

映画・・・か

最低映画ラジー賞が決定!「エアベンダー」が最も3Dの使い方が間違っている映画賞含め5冠!

映画 - エキサイトニュース

アカデミー賞の時期だなぁ・・・とこのところテレビを見ながら思っていたけれど・・・
忘れていましたラジー賞。。。

SATC・・・私は、嫌いなタイプの話で・・・
前回の映画は、CATVでたまたま見かけたり
何回もやっていたので、英語のリスニング的に
断片的に全部見た・・・って感じでしたが・・・

この映画、アメリカ人ならまだしも、
日本人で映画館に見に行きたいってどうしてだろう?と思っていました・・・

アメリカでも、ラジー賞をとるとは・・・やっぱりって感じです。

ま、人の好みはいろいろあるから面白いのでしょうね。

このところほとんど映画を見に行かず、
しばらくしてテレビかDVDで見るという生活が続いていますが・・・

2月に、3月に公開される映画の中に、たくさん見たいものがあります。

高校3年生の進路がしっかりと決まったら・・・

見に行きたいなぁ~と思っています。

まずは、マット・デーモンからかな???


(Y.K)
by terakoya21 | 2011-02-27 22:21 | 意見

稲佐山通信 (てらこや新聞70号 寺子屋生の投稿より)

みなさん、大みそかはどう過ごされましたか?僕はもちろん紅白を見た後、WOWOW独占生放送の「福山☆冬の大感謝祭 其の十」を見ながら、2011年を迎えました。最終回となる今回は、そのライブの様子を伝えるとともに、去年発売された「THE BEST BANG!!」のレポートをします。

“よろしくどーぞ!!”

福山さんの3枚目のベストアルバム「THE BEST BANG!!」は、最大CD 4枚(+DVD 1枚)52曲を収録した、まさに彼の音楽活動の集大成とも言えるアルバムになっています。年末のライブでは、その中からえりすぐりの30曲を披露しました。

また、会場となったパシフィコ横浜 展示ホールは、「冬の大感謝祭」開始以来最多となる1万2千人を収容し、その模様はWOWOWだけでなく、全国の映画館でも生放送されました。彼のライブでは珍しく、ダンサーがステージを盛り上げるなど、10回目にふさわしい豪華なものとなりました。

ライブでは、観客を楽しませる様々なしかけが用意されましたが、特に面白かったのが、「龍馬伝」で共演した香川照之さんがナレーターを務めた「福山雅治~2010年の活躍~」でした。

「龍馬伝」の映像を織り交ぜながら、あの岩崎弥太郎そのままのナレーションで進められたムービーは、2011年の初笑いとして大いに観客を沸かせました。その中で「福山が去年最も嬉しかったこと」として紹介されたものは、前にここでも書いた「『ドラえもん』に福山雅秋が出た!」ということでした。彼はわざわざ自分で声を入れ直し「今度、アニメに出ることがあれば、自分が声優をする」と意気込みを語りました。

11時から2時半まで、およそ3時間半、全国のファンを魅了した彼のコンサート。しかし僕は、予想していた曲が演奏されなかったことが、少し残念でした。その曲とは、彼の生まれ育った長崎に伝わる歌遊びの一つ、それを彼がアレンジした「でんでらりゅうば」でした。「THE BEST BANG!!」に収録されているこの曲は、エレクトロニカルパレード福山バージョンとでも言うような、華々しく騒々しい長崎の祭りを見事に表現しています。

しかし、祭りの騒々しさの中にも、どこか懐かしい感じがあります。その正体を探ると、サビの後に決まって2回繰り返されるフレーズにたどり着きました。そのフレーズは、2002年に福山さんが同郷の先輩・前川 清さんに提供した楽曲「ひまわり」にも出てくるのです!(ちなみに、この時から前川 清さんは「曲を作ってもらったから」と言って、彼のことを福山先生と呼ぶようになります。)

坂本龍馬として一年を駆け抜け、12月には世界を一周した彼は、長崎という町を受け入れ、「でんでらりゅうば」の中にふるさとを表現したことで、彼の長崎に対する恩返し、もとい音返しは、終わりを告げたのかもしれません。

さて、冒頭で書いたように、突然ですが、今回が最終回です。いよいよ今年は僕も受験生となり、それに伴って、新しいことにも挑戦します。今まで読んでくれた皆さん、つたない文章を載せてくれた「てらこや新聞」、本当にありがとうございました。稲佐山通信は終わります。が、福山さんの新たな挑戦も始まります。彼がナビゲーターを務める「ホットスポット 最後の楽園」も始まりました。過去最大規模の全国ツアーもあります。三重県にも来ます!・・・さらなる彼の活躍を“震えて待て!!”
by terakoya21 | 2011-02-13 21:26 | その他の記事

稲佐山通信 (てらこや新聞69号 寺子屋生の投稿より)

少し前のことになるが、9月末に福山雅治(?)さんを、意外なところで目にした。

なんと「ドラえもん」に出ていたのだ!

とは言っても、彼をモデルにした架空のキャラクター「福山政秋」であり、声優はいかにも「福山(のマネ)ですよ」と言わんばかりの演技だったが…。

「テレビの中の人や物をこちら側に引っ張り出す」という秘密道具によって、しずかちゃんの見ていた音楽番組から引っ張り出された福山政秋。「君のために歌うよ」と、しずかちゃんを指さし、「キャー、マサアキー!」とメロメロにした後、色紙にサインをして、タクシーで帰って行った…。

なんだかよくわからない話だが、僕が注目したのは、彼の服装だった。見覚えがあると思ったら、髪型などからみても、あれはドラマ「ガリレオ」のスペシャルユニット「KOH+」ではないか!

ということで久しぶりの今回は「ガリレオ」について、“よろしくどーぞ!!”

11月に終わった「龍馬伝」と「ガリレオ」を手がけた脚本家が同じ人ということや、どちらのドラマにも出演している人がいるなど、共通する点がいくつかある二作品。しかし、主演の福山雅治の演技を見ると、一方は陽気で人懐っこく、騒がしいけれど人から愛される田舎の侍、もう一方は頭がよく、冷静で、どちらかといえば人から倦厭されてしまう天才と、まったく異なる二人を演じている。そして、淡々と無表情で話す・説明するシーンが多く、ともすれば地味なドラマになりかねかった「ガリレオ」も、福山演じる天才物理学者「湯川秀樹」の多趣味さをアピールすることが物語の良いスパイスになったと僕は信じています。

大体一話ごとに一種類、弓道やボクシング、石像を彫っていたりするシーンが入るのだが、中でも、ロッククライミングしているシーンの カメラアングルは面白かった。湯川秀樹がのぼっていくと、カメラは徐々に彼の上腕二頭筋に寄っていく。そう、これはあの「龍馬伝」の剣道後の汗を流すシーンなどで使われたあのカメラの動きとまったく同じなのである。この頃から福山さんは肉体美を売りにしていたのだ!

…まあ、これは冗談だとして、冒頭で述べたスペシャルユニット「KOH+」。福山さんは作詞・作曲・ギターを担当しているが、ここで彼のエピソードを紹介します。

ドラマの収録が始まる少し前、ガリレオで共演する柴咲コウのライブを見に来た福山さん。彼女には、全体的にバラードのしっとりとした曲調が多いことに気付いた彼は「お節介かもしれないけれど、ライブでみんなと一緒に盛り上がれる曲があったほうがいい」と考え、作り出されたのがドラマのエンディングテーマ曲でもある「KISSして」という楽曲。これは番組側の「殺人事件という重いテーマを扱っているドラマなので、なるべく明るい歌にしてほしい」という要望にも応えている。

そしてガリレオのポーズ(左手を「フレミングの左手の法則」の形のまま顔に被せる)も、彼のアイデア。ウルトラマンや仮面ライダーの変身ポーズみたいで、個人的には好きでした。全然流行しませんでしたが…。


次回は最近出た福山さんのベストアルバム、その名も「THE BEST BANG !!」を特集します。

次回を“震えて待て!!”
by terakoya21 | 2011-01-18 16:19 | その他の記事

英語塾の寺子屋かめいの元気を発信します


by terakoya21
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る