<   2018年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧

てらこや日誌

December 17, 2018

168.pngHeaven helps those who help themselves.

天は自ら助くる者を助く168.png


ことわざです。

先週末、大学進学を目指して 地元の工業高校に通っていた生徒の
三重大学 合格の報告がありました。

AOや推薦入試で 第一志望校に進路が決まった寺子屋生は
10月に南山大学のAO入試で 合格した生徒とともに 2人目です。

あと4名の生徒は センター入試を経て 一般入試受験となります。

今年の高校3年生はみな、交流があり、仲良しで
それなりに皆が自分なりの努力を認め合っていて

AOにしろ、推薦入試にしろ 自分たちの努力を形にする方法は
さまざまで、その人その人の努力のたまもの

そして、今年の寺子屋の大学受験生の中でただ一人公立高校に通っていた生徒の

一足先に 国立大学への進路決定に

ーーーいいなぁ~との声もありました (^_-)-☆

天は自ら助くる者を助くー

努力は報われると信じて 
残り1,2か月 自分たちなりの努力を続けてほしいと思っています。

さて・・・今年の授業日も残り8日
そして、今日は、今年最後の社会人授業の日です。

気を引き締めて臨みます。今週もどうぞよろしくお願いいたします。

寺子屋は定休日です。

c0115560_10574292.jpg
(先週、いただいた誕生日プレゼントの一部です。)

さて・・・1月開講講座のご案内の続きです。

056.gif 小学1・2年生 学習事始めクラス

初回授業 1月12日(土) 
今回のご案内では各学年2名までを予定していますが、1名から授業は始めます。
英語30分・算数・国語45分授業 月3回 月授業料 9,500円
土曜日 PM 1:30 ~ 3:00
のどちらかを最初にお選びいただけます。 
   177.png1月は12日・19日・26日の開講を予定しています。

途中15分休憩あり おやつ付

*ただし、課題が終わらない場合は、状況に応じて持ち帰り、もしくはおやつが出ない場合があります。ご了承ください。
*アレルギーなどは初めにお知らせください。なお、おやつ時間も大切なコミュニケーションの場と考えますので、アレルギーが広範囲にわたる場合などはお断りすることもあります。ご了承ください。

177.png 2019年3月より月1回英語講座はフォニックス講座となります。

178.png小学1年生講座178.png

初回授業 1月9日(水)
水曜日 3:30 ~ 4:00
30分授業 週1回 月4回 月授業料 5,500円

*2019年3月よりフォニックス講座が月1回受講できます!(1回550円 4回チケット2,000円)

英語受講者対象の 国語・算数講座もございます。

国語 土曜日 1:30 ~ 2:15 または 2:30 ~ 3:15    
算数 火曜日 4:30 ~ 5:15 または 金曜日 4:30 ~ 5:15 

45分授業 1回1,080円 または8回分チケット7,500円
(英語受講者以外は原則として受講できません。)

<小学1年生クラス>
☆座って学習する姿勢の定着が第一の目標です。
☆英語クラスでは、アルファベット、ローマ字、簡単なあいさつから始めます。
☆算数・国語クラスでは、五十音、ひらがな、カタカナ、数字に慣れることから始めます。簡単な問題集を使い、算数・国語の問題になれること、また、漢字の書き取りなどを通して、文字をていねいに書くことを習慣づけます。


英語は「ことば」です! 日本語で言えないことや考えられないことは、英語でも言えないし、考えることはできません。学習の姿勢を整えながら、日本語力強化にも努めます。

別途入学金10,800円が必要ととなります。

☆そのほかのご案内中の講座☆

☆ 小学6年生講座 ☆ この学年のご案内はあと2回のみです!




☆ 小学2,3年生クラス ☆




☆ 小学4年生クラス ☆

☆ 小学5年生クラス 


*通年、日曜日と月曜日にお休みをいただいています。
お電話でのお問い合わせは、火曜日~土曜日の14時以降21時ごろまでにお願いいたします。

寺子屋かめい
松阪市内五曲町31-4
tel/fax 0598-21-0148
email: terakoya@poppy.ocn.ne.jp

通年、日曜日と月曜日にお休みをいただいています。
お電話でのお問い合わせは、火曜日~土曜日の14時以降21時ごろまでにお願いいたします。

(Y.K)


[PR]
by terakoya21 | 2018-12-17 08:30 | 日記

寺子屋の日々 (てらこや新聞159-163号 秋・冬号 かめいのコーナーより)

~ Luck is a Matter of Preparation. ~

~ 幸運は準備とともに ~

日常に追われる日々が続いている。幸運は準備万端なところに訪れることはわかっていても、気が付くと1日が過ぎているーそんな日々がここ2年程続いている。

けれど、ふとした瞬間、幸運が目の前に現れることがある。

チャンスの神様は前髪しかないという。だから、チャンスは通り過ぎてしまったら、後ろを捕まえるのが難しいー。でも、きっとチャンスは何度も巡ってきている、それに、気づかないのはチャンスではない・・・なんて開き直るようになってもう10年ほどが経っている。

私は、大学院で「都市・地域計画」を専攻していた。大学ではポルトガル語を学び、大学院では行政学―何も考えていないようで、私の中には、地元に戻ることを前提とした選択だった。

今、私は自分の夢を叶えている。日常に追われながら、30代の間ずっと苦しみ続けながら、少しわきに置いていた20代のころと同じ心境を、45歳を越えて取り戻している。

10年先を見据えて、明日死んでも後悔のない人生を」

30代で自分をある意味見失うまでの私のモットーだった。けれど、30代は過酷でその日その日が自分の能力を超えているような気がして、逃げることを必死になって考えていたような気がする。

だけど、気が付いたら、また、自分を取り戻しつつあると感じる今日この頃。40代は、かなり過酷だけれど、とても楽しいと感じている。

そんな中、国は小学校での英語の科目化、プログラミング授業が導入されることを決め、世の中ではますます英語熱が高まり、プログラミング講座も人気だ。グローバル化に対応できる人材育成をしたいらしいけれど…

一方で、母語で自分を表現することもできず、簡単な計算もできない子どもたちが増えている。自分の誕生日が言えず、学校の場所を説明できない、自分の家の電話番号も住所も書けず、持ち物の確認もできないー忘れ物や失くしものをしたのはおばあちゃんのせいで、遅刻はママのせいーそんな子どもたちが英語やプログラミングを学んで、本当にグローバル化に対応できる人となるのか・・・私は疑問に思うばかりだ。

そして、大学院で学んだことを思い出す。

グローバル化はローカル化と同時に起こる。

ローカル、地元、自分の生まれ育った場所を大切にできない、自分を育ててくれた人や環境に思いを馳せられない人や地域にグローバル化は訪れない。私はそう信じている。

子どもたちには自分にチャンスを見いだせる大人になって ほしいと願っている。そのために私にできる準備をこれからも続けていきたいと思っている。

Y.K


[PR]
by terakoya21 | 2018-12-16 10:16 | 新聞最新号

てらこや日誌+小学5年生講座ご案内

December 15, 2018

168.pngA child educated only at school is an uneducated child.

学校でだけ教育を受けた子どもは 教養のない子どもである。168.png

ジョージ・サンタヤーナの言葉です。

このところ 生徒からの訴えに 彼らの周囲にいる大人の暴言が多くなっています。
学校での成績も テストの点数も良いに越したことはありませんが

成績が良いことや
テストの点数が良いことは

学校にいる間しか通用しないものです。

学歴もしかり・・・

確かに入ることが難しい大学に入るための努力をして
その目標を達成することは 素敵なことです。

けれど、それが最終目標であるなら・・・

悲しいことです。

その学校にいる間は、学校の名前が利用できても
卒業すれば、足かせにもなるものです。

今、日本ではなぜだか、 ビリギャルのような 
自分でやる気になるまでは いろいろとよそ道にそれ
一念発起して 難関校に入学した人や 社会的に成功したように見える人や
苦労して今を築き上げた人ばかりを
ほめそやす傾向がありますが

私は

その人たちの努力を認めないわけではないけれど

地道にずっと努力を続けられる人とその能力が認められる社会のほうが 
住みやすく素敵な社会だと思います。

そして、私は、寺子屋ではそういう子どもたちが多く育ってほしいと思います。

だから、今、成績が良い生徒も悪い生徒も 同じように 
とりあえず、今できる努力を続けてくれる環境づくりをしたいと思っています。

さぁ、土曜日です。

今週最後の授業日です。 気を引き締めて臨みます。

どうぞよろしくお願いいたします。

c0115560_10331155.jpg
(先日の誕生日に社会人クラスの生徒さんから送っていただきました♡ ありがとうございます!)


178.png小学5年生英語講座178.png


169.png 小学5年生クラス
金曜日 4:50 ~ 5:50
60分授業 週1回 月4回 月授業料 12,000円
*2019年3月よりフォニックス講座が月1回(土曜日30分程度) 受講できます!(1回550円 4回チケット2,000円)

国語講座:
 水曜日 3:30 ~ 4:20 
算数講座: 火曜日または木曜日 4:30 ~ 5:20  または 金曜日 6:00 ~ 6:50

50分授業 1回 1,296円 または 8回分チケット 9,000円

<小学5年生クラス>
☆国語・算数講座は 英語受講者対象です。
☆座って学習する姿勢の定着が第一の目標です。
☆英語クラスでは、アルファベット、ローマ字、簡単なあいさつから始めます。

☆ 寺子屋かめいは 「英語教室」ですので、他の科目の受講は セントヨゼフ女子学園受験応援講座以外は英語受講者対象です。 ☆

別途入学金10,800円が必要となります。

☆そのほかのご案内中の講座☆

☆ 小学6年生講座 ☆ この学年のご案内はあと2回のみです!




☆ 小学2,3年生クラス ☆




☆ 小学4年生クラス ☆

*通年、日曜日と月曜日にお休みをいただいています。
お電話でのお問い合わせは、火曜日~土曜日の14時以降21時ごろまでにお願いいたします。

寺子屋かめい
松阪市内五曲町31-4
tel/fax 0598-21-0148
email: terakoya@poppy.ocn.ne.jp

通年、日曜日と月曜日にお休みをいただいています。
お電話でのお問い合わせは、火曜日~土曜日の14時以降21時ごろまでにお願いいたします。

(Y.K)


[PR]
by terakoya21 | 2018-12-15 08:30 | 2018年度 ご案内

つれづれ4の日

December 14, 2018

2018年12月14日です。
みなさん、いかがお過ごしですか。

先日、息子の小学校で学年マラソン大会がありました。
「保護者の方も応援に来て下さい」とのお知らせがあったので、
カメラ片手に応援に出向きました。

1年生は校庭のトラックを4周、周回するマラソンでした。
結構多くの保護者の方たちが来ていて、
それぞれ写真や動画を撮影したり声援を送ったりしていました。

私自身も息子と同じ小学校に通っていたのですが、
私自身のマラソンの記憶は4年生以降のものしか残っていません。
なので、低学年でどのようにマラソンをしていたのか
(そもそもマラソン自体もあったのかどうか)全く覚えていません😅

私が小学生だった頃(記憶のある4年生以降)は、
校庭のトラックを周回するのではなく、
小学校周辺住宅街の決まったコースを周回するものでした。

その当時、私たちの学年だけで約180名ほどが
住宅街の狭い路地を次から次に(たぶん騒がしく)走っていたわけで・・・
今になって思い返すと、
コース周辺の住宅にお住まいの方たちにはさぞかし迷惑だったのではないかと思われます💦

いつから校庭のトラックを走るようになったのかは分かりませんが、
私が小学生だった頃は、
おそらく学校側も、学校外の一般住民も、
のんびりしていた、というか、おおらかだった、
そして、
今の時代は、そういうわけにもいかない事情が多くあるということなのでしょうね。

それに、思い返してみると・・・
私が小学生の時のマラソン大会には保護者の方たちが見に来ていた記憶など全くありません。
親という立場になってみると、
学校での様子が垣間見られる良い機会でもあり、有り難いとも思うのですが、
こういうところでも、やはり昔は、今よりずっとおおらかだったと言えるような気がします。

時が経って時代が変わり、社会状況も変わると、
いろいろな学校行事にも変化が見られるということなのだなぁと実感しました。


[PR]
by terakoya21 | 2018-12-14 08:30 | つれづれ

てらこや日誌+小学4年生講座ご案内

December 13, 2018

168.pngNature gives you the face you have at twenty;
it is up to you to merit the face you have at fifty.

20歳の顔は自然からの贈り物
50歳の顔は自分の功績168.png


ココ・シャネルの言葉です。

昨日47歳になり、50歳に向けて新たな気持ちでスタートしたように感じています。
50歳まであと3年ー

いろいろなことにチャレンジしたいと思っています♡

木曜日・・・疲れのピークの木曜日ですが・・・
気を引き締めて臨みます。どうぞよろしくお願いいたします。


c0115560_15230661.jpg



178.png小学4年生英語講座178.png


              のご案内です162.png

水曜日 3:30 ~ 4:20
50分授業 週1回 月4回 月授業料 10,000円

*2019年2月よりフォニックス講座が月1回受講できます!(1回550円 4回チケット2,000円)

国語講座:
 
水曜日 4:30 ~ 5:20 
算数講座: 
火曜日または木曜日 4:30 ~ 5:20
または 金曜日 4:50 ~ 5:40

50分授業 1回 1,296円 または 8回分チケット 9,000円

<小学4年生クラス>
☆国語・算数講座は 英語受講者対象です。
☆どのクラスも座って学習する姿勢の定着が第一の目標です。
☆英語クラスでは、アルファベット、ローマ字、簡単なあいさつから始めます。

☆ 寺子屋かめいは 「英語教室」ですので、他の科目の受講は セントヨゼフ女子学園受験応援講座以外は英語受講者対象です。 ☆

別途入学金10,800円が必要となります。

*通年、日曜日と月曜日にお休みをいただいています。
お電話でのお問い合わせは、火曜日~土曜日の14時以降21時ごろまでにお願いいたします。

寺子屋かめい
松阪市内五曲町31-4
tel/fax 0598-21-0148
email: terakoya@poppy.ocn.ne.jp

通年、日曜日と月曜日にお休みをいただいています。
お電話でのお問い合わせは、火曜日~土曜日の14時以降21時ごろまでにお願いいたします。

(Y.K)


[PR]
by terakoya21 | 2018-12-13 08:30 | 2018年度 ご案内

てらこや日誌+小学6年生講座のご案内

December 12, 2018

168.pngSuccess is not final,
failure is not fatal:
it is the courage to continue that counts.

成功は決定的ではなく
失敗は致命的ではない
大切なのは、続ける勇気だ。168.png


ウィンストン・チャーチルの言葉です。

今日は、私の47歳の誕生日です。人生の48年目に向けてのスタートです。
気を引き締めて 1日、1日を大切に過ごします。

まだまだできることも したいことも すべきこともたくさんあります。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

c0115560_15145485.jpg
さて・・・今日は、小学6年生講座のご案内です。
この学年の講座のご案内は、今回を入れてあと2回です。
どうぞご注意ください。

178.png小学6年生英語講座178.png


169.png 小学6年生クラス (松阪市立中学校入学準備講座)
火・金曜日 5:50 ~ 5:50
50分授業 週2回 月8回 月授業料 14,500円
*2019年2月よりフォニックス講座が月1回(土曜日30分程度) 受講できます!(1回550円 4回チケット2,000円)
(2019年4月より中学1年生授業は、60分授業 週2回、月8回となり、授業料は17,500円に変更となります。)

国語講座:
 水曜日 3:30 ~ 4:20 
算数講座: 火曜日または木曜日 4:30 ~ 5:20  または 金曜日 6:00 ~ 6:50

50分授業 1回 1,296円 または 8回分チケット 9,000円

<小学6年生クラス>
☆国語・算数講座は 英語受講者対象です。
☆座って学習する姿勢の定着が第一の目標です。
☆英語クラスでは、アルファベット、ローマ字、簡単なあいさつから始めます。
☆基礎学習終了後、中学入学準備を始めます。

☆ 寺子屋かめいは 「英語教室」ですので、他の科目講座は セントヨゼフ女子学園受験応援講座以外は英語受講者対象です。 ☆

別途入学金10,800円が必要となります。

*通年、日曜日と月曜日にお休みをいただいています。
お電話でのお問い合わせは、火曜日~土曜日の14時以降21時ごろまでにお願いいたします。

寺子屋かめい
松阪市内五曲町31-4
tel/fax 0598-21-0148
email: terakoya@poppy.ocn.ne.jp

通年、日曜日と月曜日にお休みをいただいています。
お電話でのお問い合わせは、火曜日~土曜日の14時以降21時ごろまでにお願いいたします。

(Y.K)




[PR]
by terakoya21 | 2018-12-12 08:30 | 2018年度 ご案内

てらこや日誌+小学2、3年生講座のご案内

December 11, 2018

168.pngTo play billiards moderately well is the sign of a gentleman;
to play it too well is the sign of a misspent life.

ビリヤードをそこそこ上手にプレーすることは紳士の証であるが
あまりに上手であることは、時間の使い方を間違えた人生の証である。168.png

マーク・トウェインの言葉です。

このところ、生徒との話に「時間の使い方」の話をします。
そして、先週末の面談で思い出した言葉です。

時間の使い方を間違えた人生の証

今、いろいろな人が とても 欲張りだなぁ~と思います。

1つ1つ、今できることが何なのか 今すべきことが何なのか 考えることが
日々の学びの始まりであること、忘れないでほしいと願っています。

さぁ、今日も寺子屋の新しい1週間の始まります。

今週もどうぞよろしくお願いいたします。

c0115560_11150915.jpg
(クリスマスツリーが少しずつ賑やかになっています。)

さて・・・1月開講講座のご案内を始まります。

今日は・・・

178.png小学2・3年生英語講座178.png 
水曜日 4:30 ~ 5:15
45分授業 週1回 月4回 月授業料 9,500円 (税込)

*2019年3月よりフォニックス講座が月1回受講できます!(1回550円 4回チケット2,000円)

国語講座:
 
水曜日 3:30 ~ 4:20 
算数講座: 
火曜日または木曜日または金曜日 4:30 ~ 5:20

50分授業 1回 1,296円 または 8回分チケット 9,000円

<小学2・3年生クラス>
☆国語・算数講座は 英語受講者対象です。
☆学習姿勢の定着がまず第一の目標です。
☆英語クラスでは、アルファベット、ローマ字、簡単なあいさつから始めます。

☆ 寺子屋かめいは 「英語教室」ですので、他の科目の受講は セントヨゼフ女子学園受験応援講座以外は英語受講者対象です。 ☆

別途入学金10,800円(税込)が必要となります。

*通年、日曜日と月曜日にお休みをいただいています。
お電話でのお問い合わせは、火曜日~土曜日の14時以降21時ごろまでにお願いいたします。

寺子屋かめい
松阪市内五曲町31-4
tel/fax 0598-21-0148
email: terakoya@poppy.ocn.ne.jp

通年、日曜日と月曜日にお休みをいただいています。
お電話でのお問い合わせは、火曜日~土曜日の14時以降21時ごろまでにお願いいたします。

(Y.K)



[PR]
by terakoya21 | 2018-12-11 08:30 | 2018年度 ご案内

Bonjour!(てらこや新聞159-163号 秋・冬号 谷のコーナーより)

日焼け

この夏も、日に焼けてしまった。旅行やレジャーに出かけたのなら、日焼けもお土産の一つに入るだろう。皮がむけるほどなら、それも夏の思い出になる。しかし、残念ながらそうではない。日々の対策を怠って、肌色がワントーン濃くなったのだ。

世の中には日焼けが似合う人と似合わない人がいて、私は後者だ。色白というわけではないが、強い日差しや汗の影響で肌荒れが起こりやすい。そのせいか、日焼け止めクリームを持ち始めたのは同級生より早かったのかもしれない。全身真っ黒になっていたのは、小学六年生の夏までだ。それ以降はインドアスポーツに励んでいたこともあり、 ヒリヒリと赤くなった後に黒くなる日焼けは避けられなかった場合に限られている。

夏の終わりのお風呂上り、あまり日焼けしないももの内側に、年中日焼けしている右手をあてて、その色の差をまじまじと見つめる時がある。二十代の頃はこまめに日焼け止めを塗り直していたが、今はあの頃のようなストイックさはない。だからしかたがないと開き直りたい気持ちと、だからといって開き直ってはいけないという気持ちがせめぎ合いをする。日焼けなど気にせず夏を満喫したとは言いがたい感じを、私の肌色はよく表している。


[PR]
by terakoya21 | 2018-12-10 08:30 | 新聞最新号

Howdy?! (てらこや新聞159-163号 秋・冬号 竹川のコーナーより)

~ 美味しい秋 ~

ここ数年、「好きな季節は?」という問いには「春」があがる確率が高かった気がする。けれど、以前なら筆頭で好きな季節にあげていた「秋」も、やはり捨てがたい。

「○○の秋」とはよく言われるフレーズで、人それぞれで○○に入る言葉は違うだろう。「食欲の秋」とはちょっと違うかもしれないが、「食べること」というのはひとが生きていく上で欠かせないことの一つだ。日々、食事を作る世のお母さん(あるいはお父さん)は、特に子供に好き嫌いなく何でも食べて欲しいと思っているだろう。

かく言う私もその一人だ。私自身、小さい頃、なすびも、椎茸も苦手だった。それがいつの間にか大好きに変わったのは、何かのきっかけがあったから、というわけではなく、好き嫌いにかかわらずずっと食卓に登場したそれらの入った料理を食べ続けることで、味や食感に慣れたか、あるいは、ただ単に年を重ねて味覚が変わったから、ということなのかもしれない。

息子も案の定(?) なすびも、キノコ類も苦手になっている。それでも、外では「ちゃんとしなければ」と思っているようで、給食に出てくるなすびやキノコは残さずしっかり食べているらしい。「給食のなすびやキノコは美味しいけど、お家のは…」などとのたまって、火に油を注いでいる。

「秋」という季節には関係なく、どうやって家でも 気持ちよく(←ここが一番重要なところかもしれない(^_^;)苦手なものを食べられるように仕向けるか、 いろいろ試行錯誤の日々だ。

私自身は、ごはんをより美味しく食べられるかな、という理由から、今、「おひつ」を買おうか買うまいか、思案の毎日を送っている。

(K.T.)



[PR]
by terakoya21 | 2018-12-09 08:30 | 新聞最新号

8の日

December, 8th, 2018

 2018128日です。

 12月に入り一週間が過ぎました。いかがお過ごしでしょうか?

 

 110.png先日、親戚を訪ねて京都へ行っていきました。

午後にお宅へ伺う約束をしたため、午前中は京都市内を観光することにしました。

候補地を検索していたところ、毎年1126日に、

北野天満宮で御茶壺奉献祭と口切式が行われていることがわかりました。

147.png豊臣秀吉が大茶会を開いた場所として、茶道ともゆかりの深い場所の一つです。

口切や茶壺について勉強中の私にとっては、興味津々の行事だったので、

この機会に行ってみることにしました。

 

 事前に電車の乗り換えや現地までのルートを確かめ、

大まかなスケジュールを組んで、当日を迎えました。

うまくたどり着けば、最初から最後までを見学できるはず……でしたが、

実際には、数分の差で奉献祭の行列を見逃してしまいました。残念……145.png

 

 口切式は、121日の献茶式(神様へお茶を献上する儀式)に向けての前行事だそうです。

奉献祭の行列では、各産地の茶葉が詰められた茶壺が一の鳥居から担がれて本殿へと運ばれます。

(茶壺については、「てらこや新聞No.159-161」の

宇治だより④「宇治茶の郷巡り」の巻でも触れられています。109.png

 

 その後、口切式が執り行われる流れなのですが、

一般の見学者は、本殿の中の様子はほとんど見ることができません。

けれど、きっとこれも一生に一度の機会だろうと思い、

茶壺が神職によって中へと運ばれていく様子を見守り、

本殿から漏れ聞こえてくる雅楽の音色に耳をすませていました。

 

 北野天満宮は、京都の有名観光地の一つです。

本殿で口切式が執り行われている間も、

修学旅行生や団体の参拝者が入れ替わり立ち替わり手を合わせていきました。

そんな観光スポットならではの賑わいの中、こういった儀式が毎年粛々と

繰り返されているのだと思うと、とても不思議な気持ちになりました。116.png

 

では、次回をお楽しみに!


[PR]
by terakoya21 | 2018-12-08 09:08 | 〇の日

英語塾の寺子屋かめいの元気を発信します


by terakoya21
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る