人気ブログランキング |

<   2015年 05月 ( 43 )   > この月の画像一覧

てらこや日誌

The Last Day of May...

5月31日です。

昨日は、夕方、風もなく、教室の中がムシっとしたので、
谷さんが出しておいてくれていた扇風機を使いました。

風を循環させるだけで、教室内の気温はかなり下がります。
いつまで、扇風機で耐えられるのだろうか・・・
と心配になるような暑さ続きの5月末・・・となりました。

c0115560_1034916.jpg


Even though we face the difficulties of today and tomorrow, I still have a dream.

今日、また明日も困難に直面していても、なお、私は、夢を持っている。


マーティン・ルーサー・キングJr.の言葉です。

子どもたちを取り巻く社会環境を見ていると、よく思い出す言葉でもあり、
そして、この5月を振り返ったとき、実感として・・・こんな感じかな・・・と思ったので
今日はこの言葉をあげてみました。

子どもたちを取り巻く環境が過酷だな・・・と感じるといつも
問題が「大人たち」にあることに気が付きます。

社会で、自分の主張ばかりする人が増えているのと比例するように
心を勉強から話す子どもが増えているのではないか・・・というのが私たちの実感です。

自分の主張ばかりする人たちは、「他」に配慮することや、
「他」の存在を認めることができないのと同じように、
子どもたちも、勉強するとき自分の感覚ばかりを頼りにし、
自分の知っていることがすべてだと考え・・・
テストや問題を作る人の存在を認め、彼らの意図を読むことができず・・・
勉強の多くを自分たちの価値判断で、「無駄」だとか「無理」だとか言い放つ。

無駄かどうかも、無理かどうかも、すべて、してみないとわからないのに・・・
そして、世の中には、自分の知っていることの何倍も、何十倍も、何百倍も多くの、
無数の知らないことがあるというのに・・・

そのことを子どもたちに伝えようと努力する大人が・・・
あまりに少なすぎるのではないか・・・と感じます。

一方、大変だなぁ~と感じ、問題は山積・・・しているものの
それでも、1人1人の目の前の生徒たちが
少しずつ、他をいたわり・・・
口を酸っぱくして言われ続けていることに
ちょっとずつ対応をしてくれる姿に・・・

やっぱり、希望も夢も持ち続けられる―という日々だというわけです。

明日から、6月・・・今日も少しゆっくりして・・・
6月は、個人的にも新しいことに挑戦して・・・
定期試験リレーや夏期講習への態勢づくりをしっかりしたいと思います。

みなさん、良い日曜日を!

056.gif夏期講習 第一弾

072.gif英語基礎総復習講座 ご案内中です。072.gif

お気軽にお問合せ下さい!040.gif



(Y.K)
by terakoya21 | 2015-05-31 11:11 | 日記

まえがき (てらこや新聞122号より)

~ Every Cloud Has a Silver Lining. 待てば海路の日和あり ~

5月―ゴールデンウィークが終わると、「定期試験リレー」が本格的に始まり、そのまま夏期講習に突入・・・というあわただい時期に入ります。

今年が始まって5か月半、今学年度が始まってもう1か月半、せわしなく1年が過ぎていき、生活には浮き沈みはつきものです。 Every cloud has a silver lining. という英語のことわざは、「すべての雲に銀色の裏地がついている」―雲の後ろから太陽が差し込んでいることを言います。つまり、曇りでも、雨でも、いつか必ず晴れるように、悪いことがあっても、良いことがあとには待っているということです。

新生活に慣れてきた頃、少し気が抜けるゴールデンウィーク…そして、天候も不安定ですが・・・目の前の現実がどんなにため息をつきたくなるものであっても、「待てば海路の日和あり」…ゆっくりと、自分のペースで目の前のことに取り組む姿勢を続けましょう。

改めて「てらこや新聞」も、自分たちのペースで、しっかりと続けていきたいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。   

(Y.K)
*故事ことわざ辞典 http://kotowaza-allguide.comより
by terakoya21 | 2015-05-30 16:18 | まえがき

てらこや日誌 + 夏期講座のご案内 ①

The Last Day of Class in May...

5月最後の授業日です。

c0115560_9371448.jpg


You must be the change you wish to see in the world.

自分自身が世界に望む変化となれ!


マハトマ・ガンジーの言葉だそうです。

We must change ourselves first to change the world.

世界を変えるためには自分たちから変わらなければならない。


とも言っていたそうです。

今週、テストを返してもらった生徒たちの中に、
英語はそこそこ普段通りだったのですが、全体的な成績について

「やる気が出なくて・・・」と言い訳をした生徒がいました。

・・・もちろん、私のお小言の対象です。

何度でも、生徒にも言いますが・・・

「やる気は自分で出すもので、勝手に『出てくる』ものではありません。」

・・・そして、その話を昨日事務所でも話題にしていたところ
谷さんが一言

「やる気がテストのとき毎回のように『出ない』としたら、それが『実力』なのかもしれないですよね」

・・・038.gifその通り!!!038.gif

現代っ子たち、そして、保護者のみなさんには、しっかり気がついてほしいと思います。

「やればできる子」と言っていて、許されるのは小学生、もしくは中学生の間だけです。

高校生になれば「やればできる子」は、「やっていないからできない子」です。

変化は、自分から・・・
自分の位置、立場を把握できない子、しない子は、決して伸びません。

一方で、自分の位置をしっかり把握している子は、どんなに今の成績が悪くても
時間さえかければ、伸びていきます。

早めに気がつき、自分を変えることが大切です!!!

ということで・・・

「高校生になったけれど」・・・
「もう、高校分野に入ってしまうけれど」・・・

と英語でお悩みの私立中学3年生 と 現高校1・2年生のための基礎復習講座を
「夏期講座」として 7~9月に 行う予定です。(*^_^*)

「英語が苦手だけれど、なんとかしたい!!!」
「このままだと、大変なことになる!!!!」

と自らが認識し、英語をやり直したいと望む生徒さん対象のクラスです。


072.gif英語基礎総復習講座072.gif

対象:私立中学3年生以上・県立高校1・2年生

7月14日~9月15日までの火曜日(8月11日は予備日)
PM 8:05 ~ 9:35
全9回 授業料28,000円 (教材費込)

7月14日・21日・28日
8月 4日・18日・25日
9月 1日・ 8日・15日

056.gif英語のテストで赤点続き☆という生徒さんも大歓迎です!!!

もう、今すぐ! をご希望の方もご相談ください。できる限り(時間調整がつく限り)対応させていただきます。


寺子屋かめい
松阪市内五曲町31-4
tel/fax 0598-21-0148
email: terakoya@poppy.ocn.ne.jp

お電話でのお問い合わせはできる限り火曜日~土曜日の14時~22時までにお願いいたします。


最後には宣伝になってしまった、今日のてらこや日誌・・・
写真は、高校生の教科書の1部です。 教科書・・・いろいろなことが載っていて
結構楽しい読み物なのですが・・・なかなか・・・「きれいなまま」1年を過ごすものもあるようです。(^_^;)

英語の教科書は情報の宝庫!!!
一度、じっくり見てみてください!!

さて・・・今週そして、今月最後の授業日です。

本日もどうぞよろしくお願いいたします。

(Y.K)
by terakoya21 | 2015-05-30 10:13 | 2019年度 ご案内

てらこや日誌

At the End of May...

5月の寺子屋授業日も、今日と明日のみになってしまいました(^_^;)

5月は、毎年いろいろと考えることの多い月のようです。

そして、私には、この季節になると思い出す方が何人かいます。

その中の1人が、父の教え子で、寺子屋の新校舎建設に尽力してくださった方です。
彼は、私を生まれた時から知っていて・・・
私を紹介するとき・・・

「ぼくはねぇ~、この人のヌードを見たことがあるんだよ」

と毎回のように言っていました。(^_^;) 
(今ならセクハラだと訴えることもできるでしょうか?(笑))

もちろん、彼の言う私の「ヌード」は2歳くらいのときまでの話ですが・・・(-_-;)
姉と私が叔父のように慕っていた方です。水難事故で亡くなられて、もう9年になります。

c0115560_107613.jpg


A child educated only at school is an uneducated child.

学校でのみ教育を受ける子どもは、無学である。


ジョージ・サンタヤーナというアメリカの哲学者の言葉だそうです。

昨日、いろいろな話の流れで、昨年末の「大掃除」のときの話になりました。
お手伝いにきてくれていた中学3年生の男の子が、
大掃除当日、寝坊をして、お昼時にやってきた社会人の先輩がいたことに言及したのです。

・・・前日も仕事があった社会人ですし、大掃除は完全なボランティア・・・
その上、一応彼も、ピザを買いに行き、運ぶというとても重要な仕事をしてくれていたんですが・・・(・_・;)

そして、話は、大掃除後、残っていた人たちで遊んだ「トランプ」の話などに及びました。

・・・・この15年以上子どもたちと毎日を過ごしてきて

子どもたちの育ちの中で

「楽しかったこと」や「嬉しかったこと」だけではなくて、
今から振り返れば「恥ずかしかったこと」や
そのときは「嫌だったこと」も含めて
思い出を共有し、無条件に受け入れてくれる空間の大切さをヒシヒシと感じます。

楽しいこと、嬉しいことのような良いことばかりの「思い出」は共有しようと必死な大人は多く
いろいろな体験や理想の空間づくりには力を注がれるようですが・・・
自然に、人と接する中で、ただそこにいることで安心できるという
そんな空間が現代社会には少なすぎるのではないか・・・と思います。

寺子屋では・・・

とても優秀で、学生時代の成績もよく・・・現在も大企業に勤めている卒業生も
美しい女医さんに成長した卒業生も
気が付いたら寺子屋で10年も働いてくれている谷さんも

高校や大学に入って学校をやめてきてしまった卒業生や教え子たちも・・・

皆、同じ空間で・・・

私たちにとっては、ただの教え子として・・・

失敗談や、暴言の数々、爆笑エピソードなどなどを披露されてしまいます(^_^)v
(在塾生も同じです(^_^;))

伊勢まで自転車で行きたいと、私に付き合わせたくせに
到着するや「先生、30前やのになかなかやるなぁ~」なんて言った小学6年生たちも

「四日市」を「ヤオヤ」とよんだ中学1年生も

私たちの目の前で、七夕の短冊に「英語やめたい」と書いた少年も

毎回玄関口で「こんばんは~」と教室が揺れるほどの挨拶をしていた少女も

私に、新校舎が揺れてしまうほどの勢いで叱られた中学生も・・・

皆、もう成人し・・・今でも「伝説」として語られる私たちのかわいい教え子たちです。

私は、よく「愛情に恵まれて育った人だ」と出会った人に言われます。
そして、我が家族の、人から見れば複雑な家族構成に、多くの人が驚きます。

私はおそらく、本当に、「愛情に恵まれて育った人」です。
でも、それは、家族だけではなく、多くの父の教え子の方々を含む
たくさんの地域の人々にしっかりと見守られる環境で育つ幸運を与えられてきたからです。

子どもたちが教育を受けるのは学校だけではなく、
子どもたちを見守るのは、親と先生だけではない・・・

そんな環境で育ってきました。

そして、昨日の中学3年生の発言を聞き、
彼が1度しか会ったことのない「ピザだけ食べに来た」先輩を
自分のコミュニティーの一員と認識し、語っていたこと
そして、その彼の話を受けて、会話を続けたり、笑ったりしているほかの生徒たちの様子に・・・

寺子屋がそんな環境の1つになっていきているんだなぁと実感しました。
そして、その環境を持続させていきたいと改めて思う夕べとなりました(*^_^*)

というわけで(?) 今日の写真は、その話の中に出てきたトランプタワーに・・・
早速授業後、挑戦する中学3年生男子2人です(^_^;)

さて、金曜日。

私は、新聞配達などをしてから、遅番出勤をさせていただきますが

本日も張り切って臨みます。どうぞよろしくお願いいたします。

~ 小学生講座 随時入学可能です ~

056.gif小学6年生 (英語)

072.gif小学1~5年生 (英語・算数・国語)

056.gif小学1,2年生クラス

056.gif小学3年生クラス

072.gif小学3・4・5年生講座

056.gifセントヨゼフ女子学園受験応援講座


~ 中学・高校生講座 ~
056.gif 中学・高校生 英語講座



(Y.K)
by terakoya21 | 2015-05-29 10:56 | 日記

セントヨゼフ女子学園受験応援講座 ご案内

セントヨゼフ女子学園受験応援講座 

ご入学申込みは、毎月、月末締め切りです。
月初めから授業を始めます。

040.gifセントヨゼフ女子学園中学校の入学試験問題は、学校で学ぶこと、教科書に書かれていることをしっかり勉強することで解ける問題ばかりです。そのため、寺子屋かめいが従来から重視してきた学校で学ぶことを中心にしっかり教えるという方針を貫けば、受験をサポートすることが可能だと考え、2011年度から開講中の「セントヨゼフ女子学園受験応援講座」ですが、過去4年間の経験を踏まえ、また、2016年の入試から若干出題傾向も変わりますので、2015年度から入学受け入れ条件を変更させていただきます。040.gif


セントヨゼフ女子学園は、私と寺子屋かめいの講師である竹川の母校です。

入学後は、自信を持って、セントヨゼフの先生方にしっかりとお任せできる生徒の育成を目指して

2015年度より

「受験応援講座」には、原則として、小学4年生までのご入学をお願いすることとし、
また、小学5年生以上の入学の場合は、「塾(公文式を含む)」への通学が初めての生徒さんに限り、ご入学を受け入れさせていただくことにいたします。

ご了承下さい。

対象:小学2~4年生

☆ 小学2・3年生
国語・算数 45分授業 月8回 月授業料15,000円(寺子屋生英語受講者 英語授業料+7,000円)

火・水・金曜日 5:00 ~ 5:45 (の中から2回)

☆ 小学4年生
国語・算数 45分授業 月8回 月授業料15,000円(寺子屋生英語受講者 英語授業料+10,000円)

火・水・金曜日 5:00 ~ 5:45 (の中から2回)
 
新規入学には、入学金10,000円が別途必要となります。

寺子屋かめい
松阪市内五曲町31-4
tel/fax 0598-21-0148
email: terakoya@poppy.ocn.ne.jp

お電話でのお問い合わせはできる限り火曜日~土曜日の14時~22時までにお願いいたします。

(Y.K)
by terakoya21 | 2015-05-28 16:04 | 開講クラス紹介

てらこや日誌

It cooled down a bit...

少し涼しい1日になっています(*^_^*)
(昨日までが暑すぎただけでしょうが・・・(^_^;))

今日は、午前中、教科書を買いに津まで出かけていたので・・・
今ようやく、PCにゆっくりと向かえる時間が取れました(*^_^*)

c0115560_13482686.jpg


写真は昨年の9月三連休を利用して、母と静岡に行ったときに撮った写真です。

この静岡旅行は、母の90歳になるいとこに会うための旅行だったのですが
その「いとこ」に私がお会いするのは、記憶にあるところだと
祖母が亡くなったときのお葬式や49日の法事以来で、
もう20年ぶりくらいの3回目だったと思うのですが・・・

初めて、長い時間、お話を聞く機会となりました。

お話をお聞きして、

母のいとこのご家族が、日本の古き良き時代の少しめんどくさいけれど
素敵な「大家族」を大切にして、今様も少しずつ入れながら・・・
90歳になっても「家長」として、いろいろな方に心を配られて、
また、周囲の人々がこの「家長」に敬意を持って過ごされている姿に
なんだか、現代の問題を提起をされたような気分で帰ってきました。

c0115560_1402985.jpg


なぜ、こんなことを今日思い出したかというと
今朝、たまたまつけたテレビの情報番組での若き社会学者の発言が
心に引っ掛かったからです。


Experience is the best of schoolmaster, only the school-fees are heavy.

経験が一番の先生であるが、学費は高くつく。


英国の歴史家(思想家)のトーマス・カーライルの言葉だそうです。

今日テレビで聞いた発言は・・・このところ報道が続いている
よくわからない殺人事件のお話のとき、前から私が苦手な若き社会学者の

「でも、殺人事件は、昔と比べて減っていますから」
というもの。

そして、そういえば、先週あたりに同じコメントを友人から聞いたのです。

確かに、減っているらしいのです。でも、実感としては、理解に苦しむ事件は
増えているように思え・・・いろいろな人が

自分の経験や環境を省みながら
「なぜ、こんな事件が起こるのだろうか」とか
「問題は○○ではないか」だとか考え、話をするものだと思うのですが・・・

それに対するコメントとして、
「統計として、殺人事件の数は減っているから・・・」
まるで「とるにたらないこと」と言わんばかりなのが

私には、腑に落ちないものがあります。

数が減っているから、悲観することはない―

本当に、そうなのだろうか・・・と思うのです。

確かに、止められない犯罪もあるだろうし
人は、間違いを犯すものです。

でも、人の命が奪われて・・・それによって「犯罪者」がいて
その2人ともが社会的な損失です。

そして、その奪われた命にも、犯罪者となった人にも
周囲に、悲しみ、苦しむ人がいるということに胸が痛みます。

少し前に、「反知性主義」という題名の本を読みました。

持っている知識や情報、そして数字をもって、
他人や自分を納得させ、慰める道具とする人ではなくて
周囲に気を配り、自分の反省をする人でありたいと改めて思います。

さて・・・寺子屋の1週間中日の木曜日
疲れが出始める曜日です。☆

張り切って臨みます。本日もどうぞよろしくお願いいたします。

~ 小学生講座 随時入学可能です ~

056.gif小学6年生 (英語)

072.gif小学1~5年生 (英語・算数・国語)

056.gif小学1,2年生クラス

056.gif小学3年生クラス

072.gif小学3・4・5年生講座

056.gifセントヨゼフ女子学園受験応援講座


~ 中学・高校生講座 ~
056.gif 中学・高校生 英語講座



(Y.K)
by terakoya21 | 2015-05-28 14:40 | 日記

小学1,2年生クラス ご案内

The Last Week of May... ;)

5月最終週です!

現在のところ、
小学生クラスは、月末締め切り、月初め開講という形で随時入学可能です!

今日ご紹介するのは、5月30日申込み締め切り、6月3日と5日に開講の小学1、2年生英語クラスです!

056.gif小学1年生 

英語 水曜日 3:15 ~ 3:45
30分授業 月4回 月授業料5,000円

英語クラス 受講者対象 算数・国語クラス
水曜日 3:50 ~ 4:35  45分授業 月4回 月授業料3,500円

056.gif小学2年生 

英語 金曜日 4:00 ~ 4:40
40分授業 月4回 月授業料7,500円

英語クラス 受講者対象 算数・国語クラス
金曜日 4:45 ~ 5:30  45分授業 月4回 月授業料3,500円

<小学1・2年生クラス>
☆どちらのクラスも学習の姿勢をしっかりと作ることを目標とします。
☆英語クラスでは、アルファベットやローマ字の習得から始めます。
☆算数・国語では、問題集を使いながら、算数、国語の問題になれること、また漢字の書き取りなどの習慣をつけることを目標としています。

入学金10,000円が別途必要となります。

c0115560_1339558.jpg


040.gif☆ 寺子屋かめいは、おかげさまで今年の3月6日に15周年を迎えました。
また、大学入試の制度が2015年度中学入学の生徒たちから変わることが予想されていますので、
これを機に、少しずつご入学受け入れの体制を、整えています。040.gif

040.gif中学生、高校生になってからの英語力、学力に差が出る塾を目指し、小学生クラスを充実させていきます。2016年度より、中学生クラス、高校生クラスは、3名以上の生徒がいるクラスへの入塾は、原則としてお断りさせていただく予定です。どうぞご理解下さい。小学6年生の2月までのご入学は、随時対応させていただきます。
040.gif

寺子屋かめい
松阪市内五曲町31-4
tel/fax 0598-21-0148
email: terakoya@poppy.ocn.ne.jp

お電話でのお問い合わせはできる限り火曜日~土曜日の14時~22時までにお願いいたします。

(Y.K)
by terakoya21 | 2015-05-27 13:40 | 開講クラス紹介

てらこや日誌

It's HOT!!!

また、暑い1日が始まっています。

体調がすぐれない人も多いのかもしれません。お気を付け下さい。

c0115560_11143256.jpg


If you want to see what children can do, you must stop giving them things.

子どもたちのできることを知りたいなら、あなたは、物を与えることをやめなければならない


英国の作家、ノーマン・ダグラスの言葉だそうです。

私は、子どもたちに親切にわかりやすく教える気はありません。
けれど、一人ひとりと向き合って、その子たちに合わせる形で
授業をします。

なので、寺子屋の小学生の授業は、一緒にアクティビティをしたり、
共通に行う部分を除いて、子どもたちのレジメはそれぞれ違う場合がほとんどです。

同時期に入塾したり、実力が同じなら、同じものを使う場合もありますが・・・
1人1人、毎週の進み具合を見て、私たちが作る教材を使います。

c0115560_11532555.jpg


一方で、中学からの英語の授業を見据えて・・・
説明は、中学教材の一番易しい教材くらいのレベルで作ります。

あとは、子どもたちの質問や態度次第で、私たちが授業で説明を加えます。

今、「わかりやすい」だとか「楽しい」という言葉が、子どもたちの学びの場でも
もてはやされますが・・・

「わかりやすい」ことは、決して、「一語一句、砕いてわかるように説明する」ことではありません。
子どもたちが、わかろうと思うくらいの難しさであれば、子どもたちは
知らないことやわからなかったことを、しばらくすると知っていることやわかることに変えていく力を皆が持っています。

子どもたちには、合わせすぎない
子どもたちに、与えすぎない

大切なことだと思います。(*^_^*)

写真のレジメは、小学5年生 寺子屋歴2年目に入ろうとしている生徒のためのレジメです。

・・・本日も、暑さに負けず、張り切って臨みます。

どうぞよろしくお願いいたします。


~ 小学生講座 随時入学可能です ~

056.gif小学6年生 (英語)

072.gif小学1~5年生 (英語・算数・国語)

056.gif小学3年生クラス

072.gif小学3・4・5年生講座

056.gifセントヨゼフ女子学園受験応援講座


~ 中学・高校生講座 ~
056.gif 中学・高校生 英語講座



(Y.K)
by terakoya21 | 2015-05-27 12:02 | 日記

小学3年生クラス ご案内

The Last Week of May... ;)

寺子屋の5月最終週が始まりました。 

現在のところ、
小学生クラスは、月末締め切り、月初め開講という形で随時入学可能です!

今日ご紹介するのは、5月30日申込み締め切り、6月3日開講の小学3年生クラスです!

056.gif小学3年生 

英語 水曜日 4:00 ~ 4:45 
45分授業 月4回 月授業料8,500円

英語受講者対象 算数・国語クラス
水曜日 4:55 ~ 5:45  50分授業 月4回 月授業料4,000円

<小学3年生クラス>
☆座って勉強する習慣をつけ、アルファベットやローマ字の習得から始めます。その後、英語での簡単なあいさつ、自己紹介を習得することへと進めます。アルファベットの読み書き・英単語50~70個前後の習得・1日のあいさつ・名前、年齢、誕生日など簡単な自己紹介の習得が主な目標です。

入学金10,000円が別途必要となります。

c0115560_1148432.jpg


040.gif☆ 寺子屋かめいは、おかげさまで今年の3月6日に15周年を迎えました。
また、大学入試の制度が2015年度中学入学の生徒たちから変わることが予想されていますので、
これを機に、少しずつご入学受け入れの体制を、整えています。040.gif

040.gif中学生、高校生になってからの英語力、学力に差が出る塾を目指し、小学生クラスを充実させていきます。2016年度より、中学生クラス、高校生クラスは、3名以上の生徒がいるクラスへの入塾は、原則としてお断りさせていただく予定です。どうぞご理解下さい。小学6年生の2月までのご入学は、随時対応させていただきます。
040.gif

寺子屋かめい
松阪市内五曲町31-4
tel/fax 0598-21-0148
email: terakoya@poppy.ocn.ne.jp

お電話でのお問い合わせはできる限り火曜日~土曜日の14時~22時までにお願いいたします。

(Y.K)
by terakoya21 | 2015-05-26 11:49 | 開講クラス紹介

あとがき (てらこや新聞120-121号より)

「てらこや新聞」120-121合併号は、10周年特別記念号でもあり、11年目の最初の発行となります。寺子屋の15年とともに、この10年を支えて下さったすべての方々に感謝いたします。ありがとうございます。そして、次なる10年、また15年、継続の努力を続けていきたいと思っております。どうぞ、ご理解とご協力、そして、ご指導をこれからもよろしくお願いいたします。

この記念号を、「少年よ、大志を抱け!」のまえがきで始めましたが、15年前、今も昔も私の良き理解者でありつづけてくれる「Broadアイ」でおなじみの小野君が、私が塾を新設することを聞いて、原稿用紙に「『志』を持って、『志』を伝える塾に」とメッセージをくれ、私は、開設当初から「『志』と『絆』を大切にできる学び舎」という言葉を使ってきました。近代の日本を支えた地域教育の場であった、寺子屋などから始まる日本の塾は、そういう場所であったと信じていたからです。

一方、最近、「大志」とまではいかなくても、「志」や「信念」、「向上心」を持った子どもたちをあまり見かけなくなり、「寺子屋かめい」の15年目の2014年度は、「継続」の困難を感じる1年でもありました。

そんな中、友人のブログで、「志」と「夢」の違いを改めて教えてもらい、また、昨年度は、そんな私の苦悩を知ってか知らずか、とにかく、例年以上に教え子や卒業生との再会の1年となりました。

「志」の意味には、「相手を思いやる気持ち」というものがあります。「夢」は自分のために持つもので、「志」は人のことも考えた目標のことなのです。そして、再会した教え子たちが、皆、「志」を持って、人生のチャレンジを続けている―終わってみれば、そう感じられる、この上ない幸せを与えてもらった1年でもありました。

God doesn’t require us to succeed; he only requires that you try. (Mother Teresa)
神は、私たちに成功することを求めはしない。彼はただ、挑戦することを求めている。(マザー・テレサ)



16年目をスタートした 「寺子屋かめい」は、今年度、受け入れ態勢を強化して、次の15年に備えます。そして、10周年記念号と11年目の開始を合併号とした「てらこや新聞」も、次の10年に向けて、地道な努力を続けたいと思っております。

3月に、大学を卒業し、4月から大学院進学を決めた報告に来てくれた卒業生や、同じく地元の大学を卒業して、地元企業に就職を決めて 報告に来てくれた卒業生の訪問がありました。彼と彼女は、いろいろな意味で、私が大変多くの時間を過ごした生徒たちです。彼とは出会いから7年、彼女とは、出会いから12年となりました。

節目、節目に、忘れずに報告にきてくれる彼らのような教え子たちの姿に「継続の力」を与えられ、また、「志」のなんたるかを教えられます。

今回、メッセージを寄せてくれた卒業生も、しょっちゅう寺子屋に顔を出しては、私たちを救ってくれます。10年後、20年後も、気軽によってもらえる場所として存在できるように精進したいと思います。

皆さん、どうぞよろしくお願いいたします。
(Y.K)
by terakoya21 | 2015-05-26 10:57 | あとがき

英語塾の寺子屋かめいの元気を発信します


by terakoya21
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る