人気ブログランキング |

<   2015年 04月 ( 41 )   > この月の画像一覧

てらこや日誌

Our Golden Week Has Started...

040.gif本日4月30日より、5月6日(水)までお休みをいただいております。040.gif
ご注意下さい。



c0115560_10273842.jpg


昨日は、2人ほど元寺子屋生が訪問をしてくれました。

1人は、現在17歳の少年(*^_^*)

「先生が、顔みたいって言っとるって聞いたから」

と(*^_^*)

そして、もう1人は、今月25歳になった元アシスタントでもある青年で、
大変遅くなったホワイトデーのお返しを持って(*^_^*)

25歳の元アシスタント君は、小学校の先生志望で、
この3月まで講師として、小学校に勤務
現在は、教員試験に向けて浪人中ですが・・・(*^_^*)
大学生の間、寺子屋の小学生の「学習事始め」授業や中学生の数学の授業で、
アシスタントとして働いてくれていました。

そのとき担当した一番小さかった生徒たちが、今は中学2年生
そのうちの1人は、教育実習を行った小学校での担当のクラスの生徒でもありました。(*^_^*)

なので、彼らの授業が終わるころを見計らっての訪問で・・・
中学生たちと、しばらくロビーで談笑していました。

「先生、彼女おる?」とか「それは何人目の彼女?」とか・・・(^_^;)
中学生になると質問が違います?!?・・・(・_・;)

c0115560_10295742.jpg


Life can only be understood backwards; but it must be lived forward.

人生は後でしか理解できないけれど、前向きに生きなければならない。


デンマークの哲学者 キルケゴールの言葉だそうです。

そう、人生で犯した失敗も、そして、行った努力も、その結果を見て、後から理解するもの。
けれど、その失敗から学び、結果を次の挑戦に、将来の自分に生かして、前向きに生きることしかできない。

人生は、何度でもやり直しが利くけれど、でも、過去の過ちや行為が消えてしまうわけではない。

だから、

I believe it's what you do after a disaster that gives it meaning.

災難や不幸の後 自分の行動が、その災難に意味を与えると信じている。


というクリストファー・リーブの言葉にもあるように、その災難や大失敗の後、それを、自分が次なる努力を続ける糧に、できるかどうかが、自分のこれからを作っていく―。

若者たちとの再会は・・・そんなことを改めて、教えてくれるものでした。

一方で、若者たちに、しっかりと現実を踏まえたうえで、
次なる努力を続けていけるために、私たちができること
そして、私たちの次なる努力の方向をしっかり考えなければと思いを新たにする再会でもありました。

この1週間のお休み、できるだけのんびりと・・・
充電に使わせていただきます。 終わったら、すぐ生徒たちのテストが待っていることを・・・
しばし忘れて(^_^;)

というわけで(?)、とりあえず、みなさん、良い1日を!!!

(Y.K)
by terakoya21 | 2015-04-30 10:45 | 日記

てらこや日誌

The Day of Showa...

昭和の日です。本日、祝日ですが、寺子屋では通常通りの授業日となります。ご注意下さい。

c0115560_10345553.jpg

(今朝の寺子屋&バラです)

昨日は、生徒たちに、ゴールデンウィークの祝日の名前や意味を聞いてみました。

「3日は何の日?」

と聞くと、中学3年生の女の子

「え?何月3日ですか?」

・・・ゴールデンウィークの話してるんですが・・・(ーー;)(心のつぶやきです)

「5月3日」

「え?誰かの誕生日ですか?」

・・・誰かの誕生日で、お休みになるんかぃ(ーー;)・・・(心のつぶやきです)

「誰かの誕生日でお休みになるんは、『天皇誕生日』くらいやと思いますが・・・」

なんて、調子で・・・皆がすぐ答えられたのは、「5月5日」の「子どもの日」のみ

私の中では、これも、現代っ子&現代っ子を取り巻く大人たちが
少し考えたほうがいいのではないかと思うことに入ります。

現役の中高生、
せめて、「5月3日」の祝日の名前と意味くらいは知っていてほしい
そして、なぜだかわからないけれど、「祝日」らしいからお休み
・・・という感覚、私には理解できません。

自分でカレンダーを見て、
お休みがいつあって、どういう日で、何をしなければならないのか
どういう行事があるのかなど・・・
中学、高校生になれば自分で確認する習慣をつけてほしいのです。

そんなこと・・・と思ったお母様、お父様、要注意です。

世の中、「役に立つ」情報、知識を自分で選んでつけることは不可能で、
中学生、高校生の間に
どれだけ無駄に見える知識を含めた情報や知識、基礎学力をつけておくかが、
将来に大きく影響するのです。

そして、何事においても、自分の「意識」が決め手です。

意識には無意識も含まれます。
意識しないとも、情報、知識が身に着けられる、入ってくる生活には・・・
中学、高校生までの訓練が重要です。

c0115560_1036538.jpg

(ネパールの山の写真です)

Change will not come if we want for some other person or some other time. We are the ones we've been waiting for. We are the change that we seek.

誰かほかの人に、いつか別のときに と期待していたら、変化などやってこない。 私たちが、期待するのは自分たちだ。 私たちが求める変化を起こし、変わる人そのものだ。


オバマ大統領の言葉だそうです。

そう、「変化」は自分の意識と行動次第です(*^_^*)

今日は、昭和の日・・・

昭和天皇の誕生日で、私が高校2年生までは、天皇誕生日として祝日でした。
昭和天皇は、私の高校留学中にご崩御・・・
帰国したら、「平成」になっていて、消費税なんてものができていて・・・
とまどったのを覚えています。

その後、植物に造詣が深かった昭和天皇の誕生日ということで、「みどりの日」に

そして、2007年から、昭和の日になったそうです。(*^_^*)

最近は、若者から「昭和時代」とも呼ばれるために、「昭和」は遠くなりにけり・・・
という感じもしますが、まだまだ昭和63、64年生まれの人は20代後半・・・(*^_^*)

まだまだ昔話ではございません(*^_^*)

ということ(?)で、今日も張り切って臨みます。

どうぞよろしくお願いいたします。


現在ご案内中の5月開講講座の申込み締め切りは、本日4月29日(水)です。

040.gif5月開講講座040.gif

056.gif 5月開講講座 ご案内中 056.gif

058.gif小学6年生講座

058.gif小学2・3年生講座


058.gif小学1年生講座

058.gifセントヨゼフ女子学園受験応援講座

040.gif中学生・高校生クラスについては、4月8日の「てらこや日誌」をご覧ください。040.gif

開講クラス紹介
060.gif学習事始めクラス (年中~小学2年生)

060.gifセントヨゼフ女子学園中学校受験応援講座

060.gif小学3・4年生クラス

061.gif
小学6年生クラス

056.gif小学4・5年生 算数・国語クラス



(Y.K)
by terakoya21 | 2015-04-29 10:38 | 日記

てらこや日誌

Time Flies...

4月28日、火曜日です。

寺子屋の新しい1週間の始まりです・・・が、
今週は、今日と明日が授業日で、
木曜日からお休みをいただくので、短い1週間となります。

気が付けば、4月末、月日の経つがはやいと感じられるのは・・・
年のせいでしょうか?

c0115560_10112315.jpg


我が家のブドウが少しずつ新芽をだし・・・
実をつける準備をしつつあります(^_^;)

日曜日には下の写真のような状態だったさくらんぼは、もう順番に赤くなってきています。

c0115560_10131761.jpg


We can't help everyone, but everyone can help someone.

私たちは、みんなを助けることはできないが、みんな、誰かを助けることができる。


ロナルド・レーガン氏の言葉だそうです。

時の流れの速さを感じるといえば、私が11年ほど前に訪れた国が今、
大地震で大変なことになっています。
もう一度訪れたい場所の第一番でありながら・・・
なかなか、そんな時間がとれないうちに、過ぎていた11年。

自分たちの平穏な生活の裏側で、
いつも日本にも、世界にも苦しんでいる人がいることを忘れずに・・・
いつものように、足元を見直しながら、自分にできることを考えることから始めたいと思います。

短い1週間の始まりです。
本日もどうぞよろしくお願いいたします。

現在ご案内中の5月開講講座の申込み締め切りは、明日29日(水)です。

040.gif5月開講講座040.gif

056.gif 5月開講講座 ご案内中 056.gif

058.gif小学6年生講座

058.gif小学2・3年生講座


058.gif小学1年生講座

058.gifセントヨゼフ女子学園受験応援講座

040.gif中学生・高校生クラスについては、4月8日の「てらこや日誌」をご覧ください。040.gif

開講クラス紹介
060.gif学習事始めクラス (年中~小学2年生)

060.gifセントヨゼフ女子学園中学校受験応援講座

060.gif小学3・4年生クラス

061.gif
小学6年生クラス

056.gif小学4・5年生 算数・国語クラス



(Y.K)
by terakoya21 | 2015-04-28 10:33 | 日記

旅日記 (てらこや新聞120-121号 海住さんのコーナーより)

第37回
ワルシャワ(その二)

連載が始まる前の「てらこや新聞」にも一度書いたポーランド人青年ヤツェクとの出会いは、わたしのワルシャワ滞在をとても意味あるものにしてくれた。

ワルシャワ中央駅を不安な気持ちで降り立ち、向かったユースホステルは夕方のチェックインまでまだかなり時間があり建物の入口にはカギがかかっていた。寒い晩秋の午後、外で待つのはつらい。そのときちらっと目の隅をかすめたのが、緑色で「Irish Pub」と小さく灯すネオン。これはラッキーだ。カウンターとテーブルが少し。若いバーテンダーが一人働いていた。

ちらっとこちらを見る目線が気になったが、理由はすぐにわかった。わたしが日本人だと思ったからだ。英語で「日本人ですか?」と話し掛けられた。「そうだ」と答えると、その後はすべて日本語で大丈夫だった。

かれはしばらく前まで名古屋に留学のため2年間も愛知県一宮市に住んでいたのだ。わたしは、数か月前に日本を出国するまでは、  一宮市にほど近い春日井市に住む新聞記者だった。なんと奇遇な出会いだろう。まったくふつうの日本語で話が弾む。旅の困りごとやわたしがしていた仕事のことなど込み入った話もばっちりオーケーだった。

わたしが冗談半分に、クラカフの両替屋に騙されて掴まされた旧ポーランド紙幣を見せると、真顔で「どうしてこんな紙幣持っているの?」と聞かれた。いきさつを話すと「だからポーランドは良くないんだ」と真剣に怒った。デノミ前の紙幣だということはそのときにわかった。ワルシャワ駅で見かけた物乞いの母子の話をすると、「ルーマニアからの難民だ。けれど、やつら、政府からお金もらっているんだ」。近づいていた大統領選への関心も強く、政治や社会をしっかりと見つめる正義感と熱さがあった。

夜、再び店に出掛けると、店はワルシャワ在住の、西側の国々の人々でにぎやかだった。ここでの公用語は英語だ。西側に門戸を開放したばかりのポーランドでは若い人たちの英語習得熱が高く、英語を話したい地元の若い男女がやってくる。ヤツェクは若い女の子にモテモテだ。 翌朝、近くのマックで朝食をしていると、前夜見かけた人たちもいて、挨拶を交わし合う。バルト海沿岸の北の港湾都市グダニスクに向かうときは、わたしの大荷物は無料で店で預かってくれた。ヤツェクが通っているワルシャワ大学の日本語のクラスにも顔を出したいと話した。ワルシャワの闇の名物市「ロシア市場」に出掛けようとしたときは、スリ被害防止のため、「財布や貴重品は持っていくな」と忠告をしてくれた。

グダニスクへの小旅行から帰り、手持ちの現金が底をつきかけて、銀行でキャッシュを出金するためドイツに行かなければならず、約束の日本語クラスにゲスト参加はできないと伝えたとき、寂しそうな顔をしたヤツェク。「いくら持っているの?」と聞かれ、2万円ぐらいだと答えると、「それだけあればポーランド人は1か月暮らせるよ」と言われてしまった。罪悪感を持った。ただ、キャッシュを手に入れることが可能な銀行が当時のポーランドにはなかったことへの心配がまさったのだ。

夜11時発のベルリン行きの夜行列車に乗り込むところまで、わたしの荷物を担いで見送りにきてくれた。列車内までついてきてくれ、周囲の乗客の顔ぶれを見て、「ここだったら安全だ」と席を選んでくれた。少し前、ヤツェクの友人が夜行列車で乗り合わせた人に飲み物を勧められ、飲んだところ睡眠薬が入っていたらしく、寝てしまい、気がつくと大事なものはすべて盗まれていたのだという。そのような被害に遭わないようにするための配慮だ。

「もう一度、日本に行きたい。今度は名古屋より面白い大阪に住みたい」。その願いはかなったかどうかわからない。世話になったお礼にいくばくかのお金を渡そうとしたが、断られた。「その代わり、一つだけ、頼んでいい?」。

一宮駅に近い大型ショッピングセンターのすぐ近くにある「バイエルン」というドイツ料理の店のマスターによろしく言ってくれということだった。そのくらいのことなら是非引き受けたいと思った。

一宮にいるあいだ、バイトをしていた店ということだ。帰国は半年後になったが、その約束は守った。

マスターに「日本に来たいと言っていました」と伝えると、「それは無理だろうな」。経済格差の問題だと思った。

(1995年10月30日~11月4日)
by terakoya21 | 2015-04-28 09:34 | 旅日記

休日日誌

Oh, Sunny Days...

今日は、朝から土いじりをしていました。
そして、ボチボチ、お昼ご飯の用意でも・・・と思いつつ
ブログ更新を先にすることにしました。(*^_^*)

本日は、定休日の月曜日です。

そして、

寺子屋かめいの ゴールデンウィークの大型連休は 下記の通りです。
明日、明後日は通常通り授業を行います。
また、29日は、連休明けすぐに中間試験に臨む生徒たちには
補習を行う場合がありますので、ご確認をよろしくお願いいたします。

056.gif056.gif056.gif4月30日(木)~ 5月6日(水)056.gif056.gif056.gif

*4月29日は通常授業があります040.gif
*4月30日~5月6日は振替なしの休校です040.gif



ご注意下さい。

また、現在ご案内中の5月開講講座の申込み締め切りは、29日(水)です。

040.gif5月開講講座040.gif

056.gif 5月開講講座 ご案内中 056.gif

058.gif小学6年生講座

058.gif小学2・3年生講座


058.gif小学1年生講座

058.gifセントヨゼフ女子学園受験応援講座

040.gif中学生・高校生クラスについては、4月8日の「てらこや日誌」をご覧ください。040.gif

開講クラス紹介
060.gif学習事始めクラス (年中~小学2年生)

060.gifセントヨゼフ女子学園中学校受験応援講座

060.gif小学3・4年生クラス

061.gif
小学6年生クラス

056.gif小学4・5年生 算数・国語クラス




c0115560_12423172.jpg


今日の土いじりは、夏野菜の苗を植えたためです。

今年こそ真面目に、野菜作りをしようかと・・・今は思っています。

というのも・・・私はもともと結構体を動かす方で・・・
日常的に、歩いたり、自転車に乗ったり、山に登ったり・・・
という風な生活をしていたのですが、
30代後半から頭痛により、外へ出ることを阻まれることが増え
40代になったら、少し頭痛は和らいだものの、
このところ、ちょくちょく軽いめまいが出てきたので
この夏は家で体を動かしてみようと考えはじめました。

せっかく、広い庭があることですし・・・(^_^;)

Wear a smile and have friends; wear a scowl and have wrinkles.

笑顔でいると、友だちができ、しかめっつらをしているとしわができますよ。


ジョージ・エリオットの言葉だそうです。

ただでさえ、忙しく、「しわ」が増えそうなことも多い夏に向けて

できる限り、笑顔で、しわではなく、友だちを作りたいと思っています(*^_^*)

では、みなさん、良い1週間を!!!(*^_^*)

(Y.K)
by terakoya21 | 2015-04-27 13:06 | 日記

てらこや日誌+α

Forming a Community...

寺子屋かめい15周年、てらこや新聞10周年おめでとうございます。
今でも時々かめい塾を訪れると笑顔で迎えてくれて更にはお菓子を出してくれるので、僕にとっては、実家、下宿先に続く「第三の家」としてかめい塾を重宝しています。10年先も20年先も変わらずお邪魔しに行くつもりなので、先生方もお体に気をつけて頑張ってください。
GW飲みに行きましょうね。


(「てらこや新聞」120-121号 卒業生からのメッセージより)

c0115560_16482265.jpg

(4月25日 夕刊三重新聞)

昨日、夕刊三重に「てらこや新聞」10周年の記事を載せていただきました。

我が父が、
「塾の存在の弊害」と「家庭教育の大切さ」
についての自らの意見を表明し、
平成3年2月28日に「かめい英語教室」を閉じ・・・
その後、私が、平成12年3月6日に「寺子屋かめい」として、
塾を再開させるまで、親子でいろいろなことを話し合い、多くの衝突がありました。

それでも、私が塾を開くことをあきらめきれなかった理由には、大きく分けると2つあります。

1つは、新聞でも触れていただきましたが、
私は多くの「かめい英語教室」の塾生と卒業生に教わり、
育てられたとの実感が大きく、
塾には「弊害」だけではなく、
学び舎としての大切な役割があり、
また、近代日本の発展を支えたのが地域教育であったと考えていたこと

そして、もう1つは、高校留学時の経験から、
父が、目に見えにくい形だけれど、「地域活動」を続けていて
その「地域活動」が、「国際化」する社会には大切だと知ったから

です。

また、「寺子屋」と私の塾をどうしても名づけたかったのは、
寺子屋が、近代日本の発展を支えた地域教育の象徴であったことと
英語は単なる道具で、英語習得が学習の目標であってはいけないと幼い頃から父に教えられ
大学では英語ではない外国語を、
そして大学院では、「都市・地域計画」を勉強し、
「英語でも読み書きそろばん」ができる若者を育てたいという願いがあったからです。

「てらこや新聞」はそのための取り組みの1つです。
10年間、続けてこられたのは、多くのみなさんのご支援、ご協力のおかげです。
ありがとうございます。そして、これからも、1か月、1か月、1年、1年を大切に、
150号、200号と続けていけたら・・・と思っております。

どうぞよろしくお願いいたします。

c0115560_16211915.jpg

(阪内川沿いのコデマリ)

Step by step. I can't see any other way of accomplishing anything.

一歩、一歩。何かを達成するほかの方法を僕は知らない。


バスケットボールの神様とも言われるマイケル・ジョーダンの言葉だそうです。

天才といわれていた彼も、努力の人で、次のようにも言っています。

Everybody has talent, but ability takes hard work.

だれもが皆、才能は持っている、けれど、能力は努力が必要なんだ。


寺子屋かめいは、すぐに「点数や成績を上げる!」とは言えませんし、言いません。

でも、中学生、高校生、大学生になったとき、通っていてよかったと思ってもらえる塾を目指しています。そして、今までの卒業生の多くがそう言ってくれていることを誇りに思います。

在塾生はもちろんのこと、卒業生も、いつ顔を出してくれても、変わらぬ笑顔で、迎えられる環境を続けたいと思っています。

一歩、一歩。 努力を重ねていきたいと思っています。

「寺子屋かめい」を、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

040.gif5月開講講座 申込み締切は4月29日(水)を予定しています。日・月曜日は、お休みをいただいています。040.gif

056.gif 5月開講講座 ご案内中 056.gif

058.gif小学6年生講座

058.gif小学2・3年生講座


058.gif小学1年生講座

058.gifセントヨゼフ女子学園受験応援講座

040.gif中学生・高校生クラスについては、4月8日の「てらこや日誌」をご覧ください。040.gif

開講クラス紹介
060.gif学習事始めクラス (年中~小学2年生)

060.gifセントヨゼフ女子学園中学校受験応援講座

060.gif小学3・4年生クラス

061.gif
小学6年生クラス

056.gif小学4・5年生 算数・国語クラス

(Y.K)
by terakoya21 | 2015-04-26 16:49 | 日記

てらこや日誌

Efforts to Continue...

After climbing a great hill, one only finds that there are many more hills to climb.

1つの山を越えたあと、人は、まだまだ越えるべき山がたくさんあることに気が付く


ネルソン・マンデラ氏の言葉だそうです。

c0115560_11282268.jpg

(松阪公園のハナミズキです)

昨日ローカル紙の取材を受けました。
創刊から10周年を迎えた「てらこや新聞」についてです。

記者の方に、「継続は力・・・といいますが、始めてみても続かないことが多いのに、10年はすごいですね」というような趣旨のことを言われ、少し考えてしまいました。

確かに、「継続は力」だと思うのです。
でも、その一方で、継続が苦しく、困難だと感じ始めたのは、10年のうちの最後の1年ほど

私は、いて座のA型・・・の典型、熱しやすくて冷めやすく、せっかちな人間です。(^_^;)
そのため、とりあえずやってみるタイプ・・・

だからといって、熟考しないわけではありませんが・・・
とりあえず始める

あとは野となれ、山となれ・・・という思い半分

ついて来てくれる人、助けてくれる人がいるはずと 信じ・・・

考えれば・・・本当に、私は出会いと環境に恵まれ、今までやってこられたのだと実感し、また感謝することしきりです。

この「てらこや新聞」の創刊は、谷さんが寺子屋で働き始めた時期と重なり、谷さんに支えられての10年でもあります。

私の役割は、本当に、音頭取りだけなのです。

それを支え続けるスタッフをはじめとする多くの方々に感謝せねば・・・と改めて感じる1時間半ほどの取材の時間となりました。

c0115560_1191328.jpg


(ちょっと黄ばんでいる・・・2005年4月15日発行の創刊号です)

一方で、目指しながら、実行できていないことがたくさんあることにも気づかされ・・・

また、昨日は、24年前の夏、初めてお小遣いではないお金をいただいて教えた生徒の1人とランチに行き、その後の取材だったので、ランチのときの話などを思い出しながら、自分がまだまだ道半ばであることを実感しました。

それが、今日、マンデラ氏の言葉を選んだわけです。

そして、同時に、同じマンデラ氏の言葉である

It always seems impossible until it's done.

物事は、いつも成し遂げるまで、不可能に見える。

も心にしみる今朝です。

とりあえず始めてみる・・・続ける努力に最善を尽くす・・・

結果は、きっと後からついてくる―

最善を尽くすこと、人を信じること、そして、運を天に任せることで
不可能に見えることも、可能になることがある―と信じて

真摯な努力を続けなければ・・・と思います。

さて、今日は、土曜日・・・今週最後の授業日です。
気を引き締めて臨みます。 どうぞよろしくお願いいたします。

040.gif5月開講講座 申込み締切は4月29日(水)を予定しています。040.gif

056.gif 5月開講講座 ご案内中 056.gif

058.gif小学6年生講座

058.gif小学2・3年生講座


058.gif小学1年生講座

058.gifセントヨゼフ女子学園受験応援講座

040.gif中学生・高校生クラスについては、4月8日の「てらこや日誌」をご覧ください。040.gif

開講クラス紹介
060.gif学習事始めクラス (年中~小学2年生)

060.gifセントヨゼフ女子学園中学校受験応援講座

060.gif小学3・4年生クラス

061.gif
小学6年生クラス

056.gif小学4・5年生 算数・国語クラス

(Y.K)
by terakoya21 | 2015-04-25 11:36 | 日記

5の日

April 25th, 2014

 2015年4月25日です。
みなさんはいかがお過ごしでしょうか?

 先月25日に書きこんだ「読書の春」は、ぼちぼちと実行中です。
今週は遅めの帰宅が続いたため、早く寝よう!と思いつつ、
本を手に取ってしまい、睡魔としばし闘ってから眠りにつく日を送っています。
大型連休を待ちきれず「軽い現実逃避」かもしれません。028.gif

 生徒との会話で見聞きする学校生活や友人関係は、
私の経験と想像力では理解できないなと思うことが多くなりました。039.gif
特にSNSを使うコミュニケーションについては、中学や高校で経験することがなかったので、
生徒たちのおかれている環境は、想像でしかとらえることができません。

 「いつでもだれかと繋がれる」というのはとても魅力的に聞こえ、
中高生にとって、友人とテンポよくやりとりするのはきっと楽しいことのほうが多いはずなのですが、
ときどき「いつもだれかに繋がれている」ようにも聞こえてきます。025.gif

 時代とともに、コミュニケーションの形態は変化していますが、
人付き合いのおもしろさや煩わしさは、それほど変わっていないのかなと思います。

 SNSが現実逃避の手段となったり、現実逃避の原因となったり……なかなか複雑ですね。026.gif

 みなさんは、いかがでしょうか。
では、次回をお楽しみに!
by terakoya21 | 2015-04-25 09:25 | 〇の日

てらこや日誌

It's important...


It's important that students read every day.

学生が毎日読書をすることは大切です。(Genius English Communication I 大修館 p18)


なんていう例文が、よく英語の教科書には出てきます。

そういう文章は和訳とともにちょっと大きめの声で言ってみますが・・・

実際には、私は、学生時代、本当に本を読まない学生でした。(;一_一)
我が家は壁という壁・・・と言ってもいいほど、本棚があり、
本だらけだったのにもかかわらずです。

ただ、おそらく、このブログや「てらこや新聞」を読んでいただいている方々は
すでにご存じだと思いますが
私は、文章を書くことは嫌いではなく・・・読書感想文など、
文庫本の裏表紙のあらすじで書けてしまう学生でもありました(>_<)

そして、今、月に最低でも10冊ほど、マンガを含めるともう少し多く
本を読む生活をしています。

c0115560_102475.jpg


Letters are among the most significant memorials a person can leave behind.

手紙は人が残すことのできるもっとも意味のある記録(記念)である。

ゲーテの言葉だそうです。

我が父は、収集家で、読書家で、ロマンチストでした。
そして、おそらく勉強家でした。(*^_^*)

けれど、父は、私に一度も本を読めとも、勉強しろとも言ったことがありません。

でも、なぜか、気が付けば
私は、今、本を読み、物を書き続ける生活を、
どんなに忙しくても、せわしない日々を過ごしていても続けています。
そして、勉強がつらかったときはあっても、嫌いだったときはありません。
それは、やはり、父の影響が大きいのだろうなと思います。

父は、ことあるごとに、手紙を書く人でした。
私は、父と喧嘩をすると、反論を長い手紙にしたためて父に渡す娘でした。

そんな手紙が我が家のいたるところで見つかります。

読書も、文章を書く力も・・・学習する習慣も
おそらく、「本を読みなさい」だとか「しかるべき文章を書きなさい」だとか
「勉強しなさい」だとか

口に出すより、大人が態度で示す―

大人が本を読む姿を
文章をていねいに書く姿勢を
学習する態度を

そして、ふさわしい言葉を使う様子を・・・

見せることが大切なのではないかと・・・日々、感じます。

昨日の私の最後の授業は、高校生の授業だったのですが・・・
2日続けての「めまい」の検査で、声が出にくかった私も

ミミとロバートの恋物語を読みながら・・・「おぉ、そういうことか」
「ロバートいい人☆」なんて言いながら楽しそうに和訳をする高校3年生の姿に・・・
前に座って黙々と文法問題を解き、ときおり的を得た質問をする高校1年生の様子に

救われ、元気をもらい、そんなことを改めて感じました。(*^_^*)

さて、今週も残すところあと2日
張り切って臨みます。どうぞよろしくお願いいたします。

そして、みなさん、Have a nice weekend! ;)

040.gif5月開講講座 申込み締切は4月29日(水)を予定しています。040.gif

056.gif 5月開講講座 ご案内中 056.gif

058.gif小学6年生講座

058.gif小学2・3年生講座


058.gif小学1年生講座

058.gifセントヨゼフ女子学園受験応援講座

040.gif中学生・高校生クラスについては、4月8日の「てらこや日誌」をご覧ください。040.gif

開講クラス紹介
060.gif学習事始めクラス (年中~小学2年生)

060.gifセントヨゼフ女子学園中学校受験応援講座

060.gif小学3・4年生クラス

061.gif
小学6年生クラス

056.gif小学4・5年生 算数・国語クラス

(Y.K)
by terakoya21 | 2015-04-24 10:31 | 日記

てらこや日誌

What do you study for???

4月23日木曜日です。

I will prepare and some day my chance will come.

準備をしよう、そうすればいつかチャンスは訪れる


アブラハム・リンカーンの言葉だそうです。

昨日、ジェファソンの言葉をご紹介しましたが・・・

それはなぜか・・・というお話を、今日か明日にでも・・・と書きました。

このリンカーンの言葉とジェファソンの言葉とどちらにしようか、昨日は迷ったのですが・・・

それは、昨日お会いした先生とのお話でも、教材屋さんとお話したことでも
共通したキーワードが「準備」のような気がしたからです。

c0115560_16482180.jpg


昨日、先生とお話したときに、

おそらく、社会で成功していく若者たちは

いつ訪れるかわからないチャンスのためにしっかりと準備ができる青年たちだろうという話になったのです。

そして、その準備は、「有名大学」に入ることでも、「難関大学」に行っていることでもありません。
ただ、いつも「人を大切にする」ことをしっかり心がけて行動できているかだと思うのです。

手前味噌ですが、そのような準備がしっかりとできている卒業生が
寺子屋の卒業生には多い・・・というお話をしたのです。

1人1人の卒業生の顔を思い浮かべながら、きちんとそういうことのできている子が多いなぁ~と改めて昨日、確認しました。(*^_^*)

また、昨日、教材屋さんとお話をしていて
今年の中学1年生の受験の年から、大学入試が変わるといわれていますが・・・
英語はTOEFLやTOEICなどが使われる・・・というような話が出ました。

・・・よく考えてみれば、寺子屋に長く通ってくれていた卒業生たち
大学入学と同時に受けさせらえるTOEICやTOEFL・・・それなりに
対策をしなくても、点数をとってくれているらしく・・・

大学の英語の授業で、上のクラスに入ったという子たちがほとんどです。

そう考えていくと・・・

大切なのは地道な準備で・・・チャンスが来た時に、
そのチャンスを生かせる態勢を整えておくことだろう・・・と思ったわけです。(*^_^*)

「幸運の神には前髪しかない」

と言われます。 

今まで通り、地道に、子どもたちが準備を整える手助けをしたいと思い、

そして、やはり、小学生講座の充実を今年は図ろうとの意思を固めたわけです(^_^;)。

さて、今日もすでに小学生クラスが終わり、これから後半の中学生、高校生の授業に入ります。

心して、授業に臨みます。

どうぞよろしくお願いいたします。

040.gif5月開講講座 申込み締切は4月29日(水)を予定しています。040.gif

056.gif 5月開講講座 ご案内中 056.gif

058.gif小学6年生講座

058.gif小学2・3年生講座


058.gif小学1年生講座

058.gifセントヨゼフ女子学園受験応援講座

040.gif中学生・高校生クラスについては、4月8日の「てらこや日誌」をご覧ください。040.gif

開講クラス紹介
060.gif学習事始めクラス (年中~小学2年生)

060.gifセントヨゼフ女子学園中学校受験応援講座

060.gif小学3・4年生クラス

061.gif
小学6年生クラス

056.gif小学4・5年生 算数・国語クラス

(Y.K)
by terakoya21 | 2015-04-23 18:12 | 日記

英語塾の寺子屋かめいの元気を発信します


by terakoya21
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る