人気ブログランキング |

<   2013年 12月 ( 46 )   > この月の画像一覧

休日日誌

Wishing you a Happy New Year!

2013年最後の日…
私は確実にノックダウン状態です(^_^;)

今年の悪いことは今年に置いていこう!!!というような状況で
朝から頭痛と嘔吐に悩まされ
今ようやく、なんとか長い間起き上がれるかも?!?!?というような
感じになったので、ブログだけ更新しておきます。

昨日までにおせちもある程度作り…
また、お墓参りを済ませ…
年賀状も完成させ、投函し…
年始に事務所を開設される方へのお祝いの手続きも済ませたので…

今日は、自分の体と向き合えという神様の思し召しというところでしょうか。

今年はあまりひどくなかった偏頭痛&嘔吐
来たな…という感じですが…ま、これはこれで年始早々にこれから始まるよりはよかったかと…

また、我が家の愛犬甘えん坊ジョニーは大喜びです。
私が寝ていると大概一緒にいられるので
べったりとくっついて寝ています。それがまた幸せそうで笑ってしまいます。

明日は、書き初めの代わりに…原稿を1つは仕上げたいと思っていますが…

今日は家族団欒…のんびりすることにします。

皆さんも良いお年をお迎え下さい。

c0115560_1521615.jpg


写真は我が家の玄関前の千両です。黄色と赤…我が家には、鳥がもってきた自然生えの千両が畑のように広がっています。(*^_^*)

Wishing you all a wonderful and healthy new year!

(Y.K)
by terakoya21 | 2013-12-31 15:05 | 日記

休日日誌

As she expects?!?!....

おそらく、谷さんの予想通り…
私の…予定通り????

昨日、今日と私は、頭痛と風邪に悩まされ…
寝たり、起きたりの生活です(>_<)

が今年は、全く「起きられない」というような状況ではなく
薬を飲んでは寝て…起きると少し活動して…
疲れたら、寝る…というような年末です。

なので、昨日のうちに…ジョニーの病院、散歩に行き
おせちの3品を作りました。

c0115560_13395970.jpg


くりきんとん…少しさつまいもが多すぎたのでとろみが少ないバージョンになりますが
我が家では一番人気ですから…大量に作りました。

そして…

c0115560_13404612.jpg


なます…これも私の大好物…今年はゆずがたくさんあるので…
ゆずの香りいっぱいのなますです。

3品目は…去年頭痛に阻まれて作り損ねた…黒豆

c0115560_13411717.jpg


です。今日は筑前煮、卵焼き、ぶりの照り焼きなどを作る予定ですが…
その前に、銀行とお墓参りに出かけます(^_^)/

皆さん、良い年末年始をお過ごし下さい!!!

(Y.K)
by terakoya21 | 2013-12-30 13:45 | 日記

旅日記 (てらこや新聞105号 海住さんのコーナーより)

第22回
ドナウの旅 ~ メルク(オーストリア・ウィーン郊外)


子どものころ読んだり聞いたりした童話や音楽、映画の舞台となった地名や名所をこの目で確認してみたい。そんな気持ちにこたえてくれるのがヨーロッパの魅力であるのかもしれない。わたしにとってドナウという川は見ておきたい、感じてみたい川だった。

幼いころ暮らした美杉村(現在の津市美杉町)の家に、ステレオなどはなかったが、ある日、父親が街でポータブルのレコード・プレーヤーを買ってきた。母親が持っていた「美しき蒼きドナウ」というドーナツ版のレコードを聴くためだ。その曲はわたしが初めて出合ったクラシックだった。

ウィーンの街歩きをするため開いた地図でドナウを見ると東の街はずれのほうを流れていた。映画「第3の男」で有名になった大観覧車のある遊園地の近くだ。遊園地に用はなかったが、観覧車を目印に歩き、橋の上からドナウを眺めた。しかし、さすがに市街地のはずれの川にはなんの風情もない。

ウインナー・ワルツが聞こえてきそうなドナウを見てみたい。「ウィーンの森」という言葉がよく耳にするが、ウィーンの森、そして、「美しく蒼きドナウ」はどこにあるの? とガイドブックを開く。

「MELK」。私が持っていた英語のガイドブック「lonely planet」の「Western Europe」をめくるうち、こんな地名が目にとまった。そのページには、「Lying in the lee of its imposing monastery fortress, Melk is an essential stop on the Wachau stretch.」と概略が書かれていた。英語のガイドブックは持っていても辞書は持っていない。頭にいくつもはてなマークが浮かぶ。10数個並ぶ英単語の多くはわたしにとって理解出来ないことがほとんど。それでも、その言葉のどこかに自分にフィットするものがあるとこの街には降りてみる価値がありそうだと自分の勘を当てにする。それに、ボートで5時間半かけてウィーンに下る旅が売りの観光の街のようだから、よし行こう!

メルクという所はウィーンから西に約80キロのところにあるドナウ川沿いの街。これからの旅の予定はウィーンから急列車で3時間 ほど西へ行ったザルツブルクが次の目的地だったから、途中で下車 すればよい。たぶん1時間ぐらいだったろう。

ほんとうに小さな街。松阪で言えば、飯南町粥見にある茶倉のある集落のような規模でしかなかった。駅は山側の高台にあり、その裾を下っていくとドナウ川だ。高台の集落を見下ろす位置のホテルに宿を取った。まさしくリバーサイド茶倉のような屋根の、屋根裏のような部屋で至って心地よい。
ここで何をしようか。lonely planetを見ると、駅で自転車を借りて、近くの駅に返せばよいレンタサイクルがあるというから、対岸のドイツの山を 見ながらドナウ川沿いをサイクリングすることにした。天気も良いし、ときどき船も行く。ヨーロッパに来て初めて、近くに人のいないのどかな田園風景を楽しんだ。何時間か走った先の駅で自転車を返し、ローカル列車に乗って元の街に帰ってきた。最初は駅に着いても自分で開けなければ開かない 手動ドアに戸惑ったが、ドアのムダな開閉はしない列車もなかなかよいねえ。

さて、ドナウ。櫛田川という気はしないではないが、少しは見た気がした。次は朝靄のドナウを見てみたい。翌朝、暗いうちに起き、愛用のキャノン機「EOS 1」を手に宿を抜け出そうとすると、ホテルの入り口には大きな木の扉に鍵が掛けられていて外出できない。従業員の若い女性が来たので開けてもらえた。

出て行くと、後ろから彼女は「エッセン! エッセン!」と声を張り上げ、口にフォークを運ぶゼスチャーをして見せてくれた。

これでまた一つ、「strasse」に次いでドイツ語を覚えた。「essen」は、英語の「eat」かあ! 「こんなに早い時間にそんなに急いでどこへ行くのよ。朝食は食べないの? わたしがこれから作るのよ。ちゃんと宿代に含まれているし」 まあ、そんな感じだろう。

お姉さん、気を遣ってくれてありがとう。

(1995年10月9日~11日)
by terakoya21 | 2013-12-29 08:30 | 旅日記

てらこや日誌

The END of The Year!

先ほど、大掃除が終わり…現在忘年会用のピザ待ち時間となっています。
きっと道路が混んでいるのでしょう…
ピザをとりに行った元アシスタント君がなかなか戻らず、待ちぼうけ…です。

c0115560_13533083.jpg


…お飾りを玄関に飾り、大掃除は終わり!

この辺では、お飾りは1年中つけるのですが…寺子屋ではいつも
このような少し洋風のお飾りをつけます。姉のお手製です。

背の高いお手伝いの卒業生につけてもらいましたが…
私たちだったら、脚立が必要ですが…手を伸ばしてひょいっとつけてしまえるのが
うらやましい。。。(^_^;)

c0115560_13544430.jpg


というわけで、今から忘年会をして、今年の私たちのお仕事も終わりです。

今年も1年間どうもありがとうございました(*^_^*)

そして…来年もどうぞよろしくお願い致します。

(Y.K)
by terakoya21 | 2013-12-28 13:57 | 日記

寺子屋の日々 ~Days in Terakoya~ (てらこや新聞105号 亀井のコーナーより)

… 温故知新 …
~ Learn from the Past ~

「わざわざ東大に行かせて、それで地元に戻ってこいというのは親のエゴだと思う。」という友だちがいる。私は…必ずしもそうは思わない。確かに、おそらく私の父も、わざわざ東京の大学を出し、アメリカの大学院まで行かせて、地元に帰ってこいというのは親のエゴだと思っていて、私が帰ってくることを望んでいないふりをしていた。大学院を卒業する前に、「アメリカに残ってはどうか」と言われたことがある。

けれど、私にはずっと…「私が、東京の大学に行くのも、アメリカの大学院に行くのも、地元に帰ってきて、何かをするため」だった。そして、私は自分が培ってきた能力は、「地元」だから役に立つのだと信じている。

考えてみてほしい。年間何千人という卒業生を出す東京大学…地元にいるとお目にかかることは少ないけれど、長い歴史の中…かなりの人が東京大学出身であることになる。明治生まれで生きていれば110歳を越えるわが祖父もその1人であるし、母の仲良しの同級生のおじ様もその1人、ジョニーの病院の獣医さんもそうで…と考えていくと、地元にも目立たずとも身近に東大卒業生はいるのだけれど…その卒業生の多くが都会にいるとすれば…地元に帰ってきた方が私は、有利だと考える。そして、「地元」が…自分が人生の最初の10年から20年近くを過ごした場所であれば、そのときに蓄えた人脈や友情などが大きな力としてその「学歴」に加わる。学校で学んだことと共に、学歴は「人脈」をも意味すると私は考えている。

―だから、私は地元に戻った。と言っても、私自身は東京大学を出ているわけではない。東京大学を受けられるかも?!?!というようなセンター入試の結果に、周囲が浮足立ったこともあったけれど、結局、40倍近い倍率に私のにわか東大受験は、足切され、門前払いだった(^○^)…ただ、どんな大学に行こうが、私は、自分自身の学歴もそこで培った力も、「地元にいる」ということからもらう「助け」とともにあって、私の大きな実力となっていると…大学を卒業後、20年近く(正確には19年弱(^_^)v)、大学院卒業後15年ほど経って、今、確かに実感している。

―だから、私は、地元に戻ることを条件に、地元から離れた大学に行かせることは、親の「エゴ」ではなく、「愛情」だと思う。そして、私は、そういう若者が増えてほしいと思う。また、親御さんは堂々と、そう主張していいと思う。

グローバリゼーション…というけれど…国際化も、グローバル化も結局、地元やローカルの大切さを私たちに知らせてくれていると思う。

「賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ」―ビスマルクが言ったといわれているこの言葉は、「愚者は自分の体験から学んで、賢者は自分の 過ちをさけるために他人の経験から学ぶ」という意味で発せられたらしい。皆が言うことを鵜呑みにするのではなく、歴史からも経験からもしっかりと学んで、自分に合った進路を見つけてほしい。

温故知新―「*昔のことをよく学び、そこから新しい知識や道理を得ること。また、過去の事柄を研究して、現在の事態に対処すること」をいう。新しい考え方を得るために、古いもの、昔のことを研究、現在の事態に対処するために、過去のことを知る―その手助けを与えるのは、少し古くから生きている、もう少し昔を知っている大人たちの役割だと私は思う。だから、大人たちは、子どもたちに自分の知っていること、自分の思いをぶつけてほしい。それをどう捉え、何を学ぶかは、子どもたち次第…。

だから、私は伝えたい。伝え続けたい―その思いも、考えも、知識も…たとえ、エゴに聞こえたとしても…そこから考えるのは、子どもたちなのだから。

* 故事ことわざ辞典 参照 http://kotowaza-allguide.com

(Y.K)
by terakoya21 | 2013-12-28 08:55 | 寺子屋の日々

てらこや日誌

All's Well That Ends Well.

本日授業納め…です。

明日の大掃除&忘年会で仕事納めです。

今年は大変な1年でしたが…

「終わりよければすべてよし!」

というような1年でした。

特に、この12月は本当にいろいろな方々に支えられ、育てられ今があることを実感しました。

みなさん、ありがとうございました。そして、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

c0115560_2131048.jpg


写真は明日片づける予定のクリスマスツリーです。(*^_^*)

056.gif 寺子屋かめいは「総合英語塾」です。小学生1年生~高校3年生まで、そして、社会人の方までが楽しく英語を学んでいます!

040.gif苦手な生徒も、得意な学生さんも、英語のことならご相談下さいませ040.gif(*^_^*)

063.gifセントヨゼフ女子学園中学校受験応援講座もあります!063.gif

tel 0598-21-0148
email: terakoya@poppy.ocn.ne.jp
お電話でのお問い合わせは火曜日~土曜日14時~22時にお願い致します。

(Y.K)
by terakoya21 | 2013-12-27 21:32 | 日記

まえがき (てらこや新聞105号 より)

~ Practice what you preach! まず隗より始めよ ~

私の2013年を締めくくる「ことわざ」です。

「遠大な事業や計画も手近なところから始めよ。そして、言い出したら自分から始めなさい。」という意味の ことわざです。今、他人に厳しく、自分に甘い人が増えています。そして、「優しさ」と「甘さ」の違いがわから ない大人が増えているように感じます。

私たちは、毎日子どもたちと接する仕事をしています。まずは足元から、 確かめながら、自分には厳しく、他人には優しい人である努力をこれからも続けたいと思っています。そして、それが、子どもたちに、子どもたちの周囲に広がって、来年の明るい未来への道を切り開くものだと信じて…

(Y.K)

※故事ことわざ辞典 http://kotowaza-allguide.com より
by terakoya21 | 2013-12-27 16:20 | まえがき

お知らせ!!! (てらこや新聞105号より)

056.gif≪おしらせ≫056.gif

★ 年末年始のお休みは12月28日(土)~1月5日(日)です。(通年、日曜日・月曜日はお休みを頂いています。)

2014年は1月6日(月)に振替授業 があり、1月7日(火)から通常授業 が始まります。

★ 12月28日(土)060.gif 寺子屋大掃除&忘年会067.gifをします。
手伝ってあげよう!!!」という皆さんの参加をお待ちしています。当日は大掃除後に、ピザ&ケーキが出ます♪

参加しようという寺子屋生、卒業生&寺子屋関係者の方は、事前に講師にお知らせください。
(申し訳ありませんが、参加は、もちろん、寺子屋関係者及びその友人に限ります!(*^_^*))

★ 次回のてらこや新聞 新春特大号は、1月20日ごろ発行の予定です。
by terakoya21 | 2013-12-26 16:58 | その他の記事

てらこや日誌

What happens to the Christmas tree after Christmas Day?

「クリスマスツリーはいつまで飾るの?」

なんて話が昨日出ていました。

寺子屋のクリスマスツリーは、毎年大掃除の28日に片付けますが…
私が留学してたアメリカのお家では、6日まで飾って7日に片づけたと記憶しています。

クリスマスから12日間がお祝いの期間のようで…
日本のようにお正月を盛大にお祝いするわけではないので、
急いで門松に代える必要もなく…

寺子屋でも、今日、明日の授業のときは、まだ残っているクッキーを振舞いながら
飾って…もう少し余韻を楽しみ…

28日の大掃除に来てくれる生徒たちとともに片付けようと思っています。

c0115560_11583262.jpg


写真は昨日私がツリーからいただいたクッキーです。(^_^)/

さて、今年の授業も残すところ、2日!このところ毎日中学3年生の受験生君が
勉強に来ています。私立が第一志望で…その第一志望校の過去問をしながら…
青ざめていく…ような気もしないのですが…まだまだ1ヵ月ありますから
問題量に慣れ、弱点を知り、克服していってほしいと思っています(^_^)/

本日もどうぞよろしくお願い致します。

1月の体験講座、1月開講のセントヨゼフ女子学園受験応援講座の申し込み締切 27日金曜日です!よろしくお願い致します。

1月開講体験講座は…

…カテゴリ 開講クラス紹介 をご覧ください。

056.gif 寺子屋かめいは「総合英語塾」です。小学生1年生~高校3年生まで、そして、社会人の方までが楽しく英語を学んでいます!

040.gif苦手な生徒も、得意な学生さんも、英語のことならご相談下さいませ040.gif(*^_^*)

063.gifセントヨゼフ女子学園中学校受験応援講座もあります!063.gif

tel 0598-21-0148
email: terakoya@poppy.ocn.ne.jp
お電話でのお問い合わせは火曜日~土曜日14時~22時にお願い致します。

(Y.K)
by terakoya21 | 2013-12-26 12:03 | 日記

1月開講 体験講座 ご案内

小学生対象 英語講座 4月開講講座の体験講座

申込み締切 12月27日(金)です! 年に1度の体験講座です! 

056.gif新小学6年生 英語クラス 

063.gif新小学5年生 英語クラス

056.gif新小学3・4年生 英語クラス

063.gif新小学2年生 英語クラス 

なお、新小学1年生クラスは7月開講予定です。

056.gif 寺子屋かめいは「総合英語塾」です。小学生1年生~高校3年生まで、そして、社会人の方までが楽しく英語を学んでいます!

040.gif苦手な生徒も、得意な学生さんも、英語のことならご相談下さいませ040.gif(*^_^*)

063.gifセントヨゼフ女子学園中学校受験応援講座もあります!063.gif

tel 0598-21-0148
email: terakoya@poppy.ocn.ne.jp
お電話でのお問い合わせは火曜日~土曜日14時~22時にお願い致します。

(Y.K)
by terakoya21 | 2013-12-25 21:22 | 開講クラス紹介

英語塾の寺子屋かめいの元気を発信します


by terakoya21
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る