人気ブログランキング |

<   2013年 11月 ( 52 )   > この月の画像一覧

てらこや日誌

Way to Go!

「いいぞ!その調子!」などと応援のときに使う

「Way to go!」という掛け声が私は好きです。

これは、文中に入ると…

That's the way to go! 「それが行くべき道(とるべき方法)だ」という意味にもなります。

ちょっとかっこいいですよね。(*^_^*)

みなさんも使ってみてください!

c0115560_1624114.jpg


生徒、卒業生、そして、親御さんたちが…進むべき道に悩んだら、いつでも相談に来てもらえるようなそんな塾でありたいし、そう思って下さる方がいることを有難く思うとともに、今、若者が多くの「きれいごと」や世の中の流れの速さと非情さに振り回されているなぁ~と感じることが増えています。

彼らが自分の「とるべき道」を判断し、そして、私たちが心から "Way to go!"といえるようなことが増えるといいなぁ~と思う土曜日です。

さて、本日新中学1年生クラス体験講座の申込み締切日です。
1月からの本講座の申込み締切は12月27日です(*^_^*)

12月・1月開講体験講座は…

…カテゴリ 2013年秋・冬講座 をご覧ください。

…冬期講習(中学生対象)のお知らせは↓のリンクからどうぞ!

冬期講習のご案内 (中学生対象)

056.gif 寺子屋かめいは「総合英語塾」です。小学生1年生~高校3年生まで、そして、社会人の方までが楽しく英語を学んでいます!

040.gif苦手な生徒も、得意な学生さんも、英語のことならご相談下さいませ040.gif(*^_^*)

063.gifセントヨゼフ女子学園中学校受験応援講座もあります!063.gif

tel 0598-21-0148
email: terakoya@poppy.ocn.ne.jp
お電話でのお問い合わせは火曜日~土曜日14時~22時にお願い致します。

(Y.K)
by terakoya21 | 2013-11-30 16:36 | 日記

寺子屋の日々 ~Days in Terakoya ~ (てらこや新聞104号 亀井のコーナーより)

… 塞翁が馬 …
~ Only Time will Tell ~


人間万事塞翁が馬…中国の故事に基づく成語だけれど、私は、学生時代、英語の教科書でこの故事を知った。その時の英訳はたしか、“Only Time will Tell.”―時だけが知っている―。

生徒たちの勉強の仕方も、そして、大人たちの「教育」へ求めるものも…そして、政治家への期待も…何もかもにおいて、時が解決してくれること、時がしめすもの、時の恩恵を忘れているように思う。

そして、子どもたちの世界も、大人たちの対応も「今」が全てになっていき、子どもたちが息づまる、行き詰る…。そんな気がしてならない。それは、私の息苦しさにつながっていく―。

今、「不幸」もしくは「不運」のように見えることも、時がたてば「幸せ」や「幸運」であったと気がつくことがある。そして、後から、その出来事の意味がわかることも多い。*クリストファー・リーブが「その出来事の意味はあとから自分がつけていくもの」だと語っていた。落馬事故に自分なりの意味づけをし、彼はその後の活動を続けた。

「不幸な出来事」も、「不運と感じること」も、その意味がわかる時が来ることを信じて、今、できることをする。今、しなければならないことをする。だから「今」が大切で、「今」を生きることに意味がある。目の前にあるものに全力を尽くせない、もしくは、目の前にある大切なものに気がつけない人は、その「幸せ」や「幸運」に一生、気がつくことはないのだろう。

だから、「今」が全て、「今」楽しければ・・・という行動、言動をとる人は、いつも愚痴や不平不満、そして、他の人を批評する。いくら 正しいことや理想的な展望を語っても、聞いてもらえないのは、「今」だけしか見ていないから・・・そして、その「今」を大切にしていないから・・・だ。「今」だけしか  見ていないのに、「今」を大切にできない―それでも、不思議なことに、そういう人は大概「将来の夢」や「自分の理想」を持ち、それを熱く、そして、いつも語っている。目の前の物事に取り組むことの大切さやや長期的に見て物事を解決することの重要性も認識できていないのに語る「将来」は、他の人には見えない。

そんな大人が多ければ、子どもたちも同じ行動をとるようになるのは自然の成り行きで・・・今、子どもたちは「今」目の前にある大変なことは避けるのに、自分の希望を声高に言う。そして、それを「みんなわかってくれない」と嘆く・・・。

大人が子どもに「勉強をしろ」というのはどうしてなのだろうか。その理由を大人がしっかりと理解できていないのが、子どもたちが勉強から心を離す傾向に拍車を掛けていると思えてならない。

「他の人にわかってもらうための努力を自分はしているのか」を問おう。そして、「子どもたちが勉強しないのは、全て子どもたちの問題なのか」を大人たちは考えてほしい。

**人間万事塞翁が馬・・・昔、占いをするある翁の馬が逃げ、気の毒がられていたけれど、その馬が 駿馬を連れて戻ってきた。人々はそれを祝ったけれど、この馬に乗った息子がけがをする。これを人々は見舞ったけれど、そのケガのおかげで、息子はほとんどの若者が戦死することになる戦争に行かなくて済んだ。そのお話から、不幸に見えることが幸運になったり、幸運に見えることが不幸を導いたりすることがあるため、人間の幸、不幸は予測しがたいという意味だ。

―時のみぞ知るということである。

そして、教育は―長い間で結果を出すものだ。「今」だけを見ていては困るが、「今」からスタートをするもの。

以前、再放送で見たドラマで、確か織田  裕二扮する先生が言っていた―「何年も経ってから戻ってきた生徒の笑顔で自分たちの仕事は報われる」―私が  この仕事を続けられるのは、卒業生の活躍によるところが大きい。そして、今いる子どもたちの「今」を大切に、「今」を見極めて、長期的視野を持って毎日の仕事に取り組みたいと思っている。

* クリストファー・リーブ
アメリカ人俳優 「スーパーマン」などで知られている。1995年の落馬事故で首から下が麻痺し、車いす生活を続けた。2004年に52歳で亡く なっている。

** 故事ことわざ辞典 参照
(http://kotowaza-allguide.com)

(Y.K)
by terakoya21 | 2013-11-30 14:13 | 寺子屋とともに

てらこや日誌

It’s Friday Already!!!!

もう、金曜日…そして、もう11月29日

先ほど教材の注文の電話をして…

「12月に入ってからのお届けとなります」

と言われ…そりゃそうだと思うものの…もう12月・・・

私の誕生日に皆に配るお菓子の予約に行かなければ…
なんて、思っては違うことをして、思っては他のことをして…

「ああ、もう12月・・・(-_-;)」

予約、予約…なんて思いつつ…ため息をつく…

ここ数週間そんな繰り返しで、なぜか忙しない日々です。

c0115560_1682572.jpg


今日は遅番出勤日で、4時前に出勤しました。
それまで、津に私的な用事で出かけていましたが…
これも今年中に済ませたいことを1つ…というより半分片づけたという感じです。

しかし、今年も残すところあと1か月あまり…
悔いの残らないように、頑張りたいと思います。\(^o^)/

みなさん、よろしくお願いいたします。

さて、現小学6年生クラスの体験講座へのお申込みは明日が締切となります。
ご注意ください!

12月・1月開講体験講座は…

…カテゴリ 2013年秋・冬講座 をご覧ください。

…冬期講習(中学生対象)のお知らせは↓のリンクからどうぞ!

冬期講習のご案内 (中学生対象)

056.gif 寺子屋かめいは「総合英語塾」です。小学生1年生~高校3年生まで、そして、社会人の方までが楽しく英語を学んでいます!

040.gif苦手な生徒も、得意な学生さんも、英語のことならご相談下さいませ040.gif(*^_^*)

063.gifセントヨゼフ女子学園中学校受験応援講座もあります!063.gif

tel 0598-21-0148
email: terakoya@poppy.ocn.ne.jp
お電話でのお問い合わせは火曜日~土曜日14時~22時にお願い致します。

(Y.K)
by terakoya21 | 2013-11-29 16:12 | 日記

Howdy? (てらこや新聞104号 竹川のコーナーより)

~ 香 ~

秋、澄んだ真っ青な空が清々しくて、とても気持ちが良い。そして、ある日突然、金木犀の香りが漂ってくる。金木犀の香りは、懐かしい記憶を呼び起こす 気がする。

私の父は亡くなる 数年前に、何を思ったのか、実家の小さな庭に金木犀の木を植えた。全く花を咲かせなかったその金木犀は、なぜか、父が亡くなってから花を咲かせる ようになった。

それまでは、良い香りを運んでくる木としか思っていなかった金木犀だが、父の死後、実家の金木犀が 咲くようになってからは、実家のものであろうとなかろうと、その香りが漂ってくると、必ず父を思い出す。 父が植えた木なのに、その父は自分が植えた木の 香りを嗅ぐことなく逝ってしまった…と、少し切なくなる一方で、必ず父のことを想わせてくれる木に、とても温かい気持ちにもなるのだ。今や金木犀は、私に とって父の木と言ってもいい。

香りがある人を思い出させる例はほかにもある。

例えば、いつの頃からか、淹れたての芳しいコーヒーの香りを 胸一杯に吸い込むとき、私はいつも、亡き亀井芳雄先生を 思い出す。寺子屋に毎日のように淹れたてのコーヒーを運んでくださった亀井先生の、少しはにかんだような表情と笑顔が呼び 起こされる。そしてやはり、もう あの笑顔に会えないのだと思うと、少し切なくなり、 美味しいコーヒーを口にして、心に染み渡るような 温かさも同時に感じるのだ。

私の母は健在だけれど、和服の樟脳の香りを嗅ぐと、母のことを思う。そして、実家に行くと必ず漂っているお線香の香りが、私にとって今や実家の懐かしい香りになっている。母は「そんなに香りがする?わからない」と言うけれど、毎日朝晩、お仏壇にお線香を あげているその香りは、きっと実家の部屋や空間に 染みついているのだろう。その香りを嗅いで、母の  毎日の習慣を思い、やはり温かい気持ちになるのだ。

香りがある人を呼び覚ます…その人を思って温かい気持ちにさせてくれる、それはどこかとても贅沢なことのように思える。そんなふうに感じながら、今年の金木犀の香りを楽しんでいる。

(K.T.)
by terakoya21 | 2013-11-28 21:57 | Howdy

てらこや日誌

Happy Thanksgiving!

今日は、11月の第四木曜日…アメリカでは感謝祭の日です。

日本では、先日「勤労感謝の日」がありましたが…
アメリカでは、この第四木曜日付近にお休みがあり…
家族が集まって、食事をします。(^○^)
七面鳥を中心とした料理です。(^_^)/ 
七面鳥はあまり好きではありませんでしたが…
私にとっても、たくさんの思い出の詰まった行事です。

また、ニューヨークではメ―シーズの盛大なパレード…

私は、アメリカで3回、感謝祭のお祝いをしましたが…
2回はテキサスのホストファミリーのもとで…
1回はニューヨークで過ごしました。

高校留学時は、日本の高校の同級生が私のホストファミリーのところへ
遊びに来てくれて、楽しい時を過ごし…
大学院留学の1年目にテキサスに里帰りしたときは
氷点下になるピッツバーグから、暖かいテキサスへ…と
サンダル履きにコートという変な「出で立ち」で出かけたにもかかわらず
テキサスにも寒波…寒い思いをしながらの訪問で…

そして、3回目の感謝祭は、友人とニューヨークで、寒い中見に行った感謝祭のパレードがとても印象に残っています。

とってもアメリカらしいイベントで…
数年前に、とても仲が良かった友人がこの時期に亡くなっていることもあり…

この時期、少し感傷的になるからか、アメリカの家族や友人が一年の中で一番恋しくなる…1日です。

c0115560_1403638.jpg


今日の写真は、松阪公園下の紅葉です。
パラパラと雨が当たることもあった午前中の松阪ですが…
今は晴れています。

今日は、すでに「テスト勉強」に来ている生徒がいますが…

今日から来週末までの…テスト期間ピークの始まりと言えるでしょう。(^_^)/

張り切って臨みます。

どうぞよろしくお願いしますm(__)m

12月の現小学6年生クラスの体験講座、申し込み締切今週末です!

12月・1月開講体験講座は…

…カテゴリ 2013年秋・冬講座 をご覧ください。

…冬期講習(中学生対象)のお知らせは↓のリンクからどうぞ!

冬期講習のご案内 (中学生対象)

056.gif 寺子屋かめいは「総合英語塾」です。小学生1年生~高校3年生まで、そして、社会人の方までが楽しく英語を学んでいます!

040.gif苦手な生徒も、得意な学生さんも、英語のことならご相談下さいませ040.gif(*^_^*)

063.gifセントヨゼフ女子学園中学校受験応援講座もあります!063.gif

tel 0598-21-0148
email: terakoya@poppy.ocn.ne.jp
お電話でのお問い合わせは火曜日~土曜日14時~22時にお願い致します。

(Y.K)
by terakoya21 | 2013-11-28 14:05 | 日記

旅日記 (てらこや新聞104号 海住さんのコーナーより)

第21回
ウィーン、ウィーン、ウィーン。


大学4年のとき、ゼミの先生から「海住、お前は大学の4年間、いろいろなことをしていたけど、海外へは行かなかったな」と言われたことがあった。なぜだか、そのとき頭の中に浮かんだのが 「ウィーン」という都市のイメージだった。どうして、ハワイや、ウエストコースト(米カリフォルニア)ではなく、ウィーンだったのだろう。それは、田舎者の、大いなるコンプレックスの表れなのだろう。行ったことはなくても、パリやロンドン、ニューヨークなら、なんとなく知ったつもりになれるが、ウィーンはいまだ白い長髪の カツラをつけたモーツアルトら宮廷音楽家がいる19世紀のイメージなのだ、わたしには。だから、同じゼミにいて、大学の交響楽団でバイオリンを演奏していた女子学生が新婚旅行先にウィーンを選んだと聞いたときも、やはり異世界だった。ひとえに、正月三が日のテレビ番組で「お笑い」を見ていたか、ウィーンのニューイヤーコンサートを見ていたかの違いからくるコンプレックスそのものが、ウィーンという都市には凝縮していたのだ。

そんなウィーンに来てしまった。

もちろん、わたしが頭の中で作っていたウィーンは勝手な フィクションにすぎない。けれど、街中が、ハプスブルクという一王家が築いた壮大な都市遺産というのが壮絶な気分にさせられる。中欧からバルカン半島まで広大に展開した一大帝国がもたらした富が、この都市の美の源泉だ。あの王宮、そして、フランス王家に嫁いだマリー・アントワネットの生まれた宮殿も、大きな公園も・・・。すべて過去の物語の上に「いま」がある都。

季節は秋というせいか、感傷的な気分にさせられるが、そんなのは旅人のわがままな先入観がなせるものにすぎない。

現実に戻ろう。

地下鉄に乗ってもトラム(路面電車)に乗っても車内アナウンスは、うわっ、ドイツ語。とにかく、何を言っているのかさっぱりわからないけど、嫌ではない。アジアでない、英語圏でない、あの国へ来た。英語のよく“流通”するオランダとは違い、大陸ヨーロッパ語世界へ来たのだという心地よさが心にじわっとくる。うわっ、感動!! よくわからないけど、末尾に「sse(セッ)」と来る音の響きが耳に残る。あまりに頻繁に出てくるから何だろうと思っていたら「strasse(ストラッセ)」と聞こえてくる音だ。「わかった。英語の『ストリート』だ!」。この音が聞くのがトラムや地下鉄に乗る楽しみだといえば病的に聞こえるが、わたしにとってウィーンの音はこれだと言うと、音楽の都に失礼すぎるか。

この音のおかげで、ウィーンという都市が急速に身近に感じられる ようになった。こうなると、もう何もかも好き!という気持ちに転化してしまった。ウィーン大学のキャンパスを散歩していると、学生がモーツァルト・コンサート開催の案内のチラシをくれた。会場はこの日夜、シェーンブルン宮殿が会場だ。あのマリア・テレサと、娘マリー・アントワネットの宮殿で、6歳のモーツアルトが初演を飾った所。ホテルからも近いところだったので歩いて出掛けた。ほんのちょっとの金額でこんな宮殿でコンサートが聴けるなんて、なんともまあ幸せ!

会場は空き部屋のような質素なところだったが、温かみのあるクラシックの演奏だった。ところが、しんと静まりかえった演奏中、ステージ横のドアがバタンと大きな音とともにいきなり開いてしまった。部屋を間違えた女性が入ってきたのだ。びっくりし、心臓がとまるかと思うほど、会場の空気と当の女性は凍りついている。そのとき、客席に座っていた男性がなにやらその女性に怒りをあらわにする大声を出している。ところが、しだいにその声は歌に変わっていく、すると、さきほどまで舞台の脇で凍りついた表情だった女性も、その男性と会話をするように歌い始める。

素晴らしい! こんな粋な演出は初めてだった。

感動して聴いていると、その女性がわたしの脇に立ち、わたしに立つよう促し、わたしに手を添えて歌う。どんな表情をすればよいものか、もうわからない、コチコチだった。

ウィーンの夜はすばらしく更けていった。

秋の夜、冷えた空気に包まれた真っ暗な道を一人、ホテルに帰るこころの中は温かった。
この都市は、だてに歴史遺産ではなかった。

(1995年10月7日)
by terakoya21 | 2013-11-27 20:14 | 旅日記

てらこや日誌

What We Do...

寺子屋かめいは、進学塾ではなく、「学習塾」です。

何度となく書きましたが…

ときどき、確認したくなります。

受験の相談もお受けし、受験に向けての協力もさせていただきますが…
それはあくまで、おうちの方のご協力とご本人のやる気がある場合のみ…
私たちは、子どもたちの努力を応援して、
子どもたちの将来の選択肢の幅を広げるお手伝いをするだけ…
あくまで、道を開くのは子どもたち自身…

だから、彼らの希望をかなえられるように、日頃から口を酸っぱくして、
叱るときは叱り、褒めるときは褒める…
そして、一緒に学び、成長できる…

そんな塾を目指しています。

それは、定期試験であれ、受験であれ、資格試験であれ…結局、大切なのは日頃の努力の積み重ね。

定期試験に出るところだけを試験前1週間で、丸暗記したり、
にわか勉強や一夜漬けで取り組むから…

受験勉強と、定期試験勉強を分けて考えたり…
学校の授業以外に「10時間も勉強した」ことが
すごいことに見えたりする…

けれど、実際には、「勉強」も「遊び」も「お手伝い」もほどほどにして、
学校生活や友達との時間をしっかり楽しんで

受験にも成功する方がかっこいいはず。
もしくは、かっこよくなくても、将来の道は広がるはず…

それが、将来の道を明るく照らしてくれる道しるべとなる…

塾は、その道を広げる1つの方法として選ばれるべき場所で・・・
その1つだから、できることがある。

そんな思いで続けています。(*^_^*)

c0115560_14182255.jpg


私は、三重県に生まれ育ち、少しだけ遠くに行ってきたけれど…
この地で、根を張り、育ちたいと願っています。

そんな私が、ちょっと冒険をした後で、地元に戻って活躍してくれる若者が多く育ってくれる場所を提供できたら…

と、いつもの思いを確認しながら…
今朝は、散歩をしながら、空を見上げました。

晴天です(*^_^*)

さあ、今日も1日、張り切って臨みます。
みなさん、どうぞよろしくお願いいたします。

写真は松阪城址です…(*^_^*)

12月の現小学6年生クラスの体験講座、申し込み締切今週末です!

12月・1月開講体験講座は…

…カテゴリ 2013年秋・冬講座 をご覧ください。

…冬期講習(中学生対象)のお知らせは↓のリンクからどうぞ!

冬期講習のご案内 (中学生対象)

056.gif 寺子屋かめいは「総合英語塾」です。小学生1年生~高校3年生まで、そして、社会人の方までが楽しく英語を学んでいます!

040.gif苦手な生徒も、得意な学生さんも、英語のことならご相談下さいませ040.gif(*^_^*)

063.gifセントヨゼフ女子学園中学校受験応援講座もあります!063.gif

tel 0598-21-0148
email: terakoya@poppy.ocn.ne.jp
お電話でのお問い合わせは火曜日~土曜日14時~22時にお願い致します。

(Y.K)
by terakoya21 | 2013-11-27 14:27 | 日記

まえがき (てらこや新聞104号より)

~ What comes around goes around. 情けは人のためならず ~

私の好きな「ことわざ」です。

「人に情けをかけることは、その人のためになるだけはなく、めぐりめぐって自分のためになる」という意味だと…時代劇「大岡越前」を見ながら、父と*加藤剛さんに教えてもらいましたが、その幼い私の記憶に残る教訓となりました。

そして、以前、友人が上司に言われたという言葉の内容が印象に残っています。「『私は環境に恵まれている』と言える人は、自分が素直だからだ。」という内容でした。結局、自分のすること、したことは、自分に戻ってくる―いじわるも、親切も同じように…。What comes around goes around… は、「因果応報」、「自業自得」とも同じような意味です。自分に返ってくるものは、善行であり、努力が報われると信じたい―そして、子どもたちがそう信じられる世の中であってほしいと思います。

(Y.K)

*時代劇「大岡越前」の越前役の俳優。
※故事ことわざ辞典 http://kotowaza-allguide.com より
by terakoya21 | 2013-11-26 10:38 | まえがき

てらこや日誌

Hello, A Brand-New Week!

さて、新しい一週間の始まりです。

今日からテストが始まる学校もあれば、後半から始まる学校もあり…
今週、来週が定期試験リレーのピーク…
再来週末まで続きます。

そして、今日は、土曜日のお休みの振替授業が英会話授業の前にあるので、
私は、夕方からの出勤となります。

c0115560_1033829.jpg


さて、今日の写真は、昨日玄関に飾られた「綿」の写真です。
母がいただいてきたものを飾っていました。

花瓶は、父の恩師の形見の花瓶です。
この花瓶、父の恩師に私がいただいた花瓶なのです。

父の津中(今の津高)時代の担任で、英語の先生であったこの恩師のお見舞いに行った時

「もう、ぼくの関係者で英語を続けてくれているのは、君の娘さんぐらいだから、彼女に使ってほしい」と下さったそうです。

父は、地味な花瓶だったので(でも、高価なものです(^_^;))、私に会うまで「使ってくれるかなぁ~」と悩んでいたらしいのですが…

私が、「あ、ありがとう(*^_^*)使うわ」と軽く返事をしたので、大変喜んでいました。

派手な花瓶なぞ…花が死にますし…
おしゃれな花瓶なぞ…花を考えるのが大変だし…

私は、結構こういう花瓶が好きです。

父は、この恩師のことを
また聞きではあるものの、父のことを悪く言っていたことを知って、
学生時代はあまり好きではなかったそうです。
(父の素行に問題があったのですが…学生時代はそういうものでしょう…(^_^;))

それが、英語教室を始め、軌道に乗ってきたあとに父が出席した同窓会で…

大半の人が

「もうけとんなぁ~、お前。そんなにもうかるんか、塾は?」

なんてことしか言わなかったところに、この先生は…

「きつい仕事や、体に気をつけやなあかんぞ」

と声を掛けて下さったそうです。

そして、父は、また聞きで、嫌っていた自分を恥じたというようなお話を
私は、父から何百回と聞かされていました。
その先生からの贈り物…エピソードとともに大切にしたいと思っています。

こういう古いものは、良いもので、使えば使うほどよく見えます。

皆さん、花瓶も一緒に見て下さい!しばらく綿とともに飾っておきます。(^○^)

というわけで?!?!

今週もどうぞよろしくお願い致します。

12月の現小学6年生クラスの体験講座、申し込み締切今週末です!

12月・1月開講体験講座は…

…カテゴリ 2013年秋・冬講座 をご覧ください。

…冬期講習(中学生対象)のお知らせは↓のリンクからどうぞ!

冬期講習のご案内 (中学生対象)

056.gif 寺子屋かめいは「総合英語塾」です。小学生1年生~高校3年生まで、そして、社会人の方までが楽しく英語を学んでいます!

040.gif苦手な生徒も、得意な学生さんも、英語のことならご相談下さいませ040.gif(*^_^*)

063.gifセントヨゼフ女子学園中学校受験応援講座もあります!063.gif

tel 0598-21-0148
email: terakoya@poppy.ocn.ne.jp
お電話でのお問い合わせは火曜日~土曜日14時~22時にお願い致します。

(Y.K)
by terakoya21 | 2013-11-25 10:26 | 日記

休日日誌

A Saturday Off...

昨日は休日をいただきました。

晴天の松阪では、「松阪もめんフェスティバル」が行われ

c0115560_11461310.jpg


長谷川邸などもにぎわっていたようです。(写真はイベント前の長谷川邸前です)

母が松阪もめんの伝承に携わっているので…
バタバタと動き回っていました。

私は、家で、いろいろと溜まった仕事や料理やらをして過ごしました。
臨時休校日だったので、
今週、ピークを迎えるテスト期間への充電をしっかりさせてもらっています。

今日も天気が良く、ベルファームでは「牛まつり」が行われているために、
町に車が多いように思います。

すでに、動物病院にジョニーを連れていき、そのあと堀坂山で山道散歩を終えた私は、
今日は夕方まであまり出かけずに…ゆっくりと今週の準備を進める予定です。
明日は、英会話と高校生の振替授業があるので、三連休とはいかないのです(^_^;)

では、皆さんも、良い、日曜日を!

…冬期講習(中学生対象)のお知らせは↓のリンクからどうぞ!

冬期講習のご案内 (中学生対象)

12月・1月開講体験講座は…

…カテゴリ 2013年秋・冬講座 をご覧ください。

056.gif 寺子屋かめいは「総合英語塾」です。小学生1年生~高校3年生まで、そして、社会人の方までが楽しく英語を学んでいます!

040.gif苦手な生徒も、得意な学生さんも、英語のことならご相談下さいませ040.gif(*^_^*)

063.gifセントヨゼフ女子学園中学校受験応援講座もあります!063.gif

tel 0598-21-0148
email: terakoya@poppy.ocn.ne.jp
お電話でのお問い合わせは火曜日~土曜日14時~22時にお願い致します。

(Y.K)
by terakoya21 | 2013-11-24 11:53 | 日記

英語塾の寺子屋かめいの元気を発信します


by terakoya21
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る