人気ブログランキング |

<   2012年 12月 ( 56 )   > この月の画像一覧

休日日誌

The Last Day of The Year!

寒い大晦日になっています。

昨日なんとか、散らかしたものを元に戻し…
今日は、お客様がいらした後、買い物に行き、
その前や合間におでんを煮込んだりしながら過ごしています。

無理をしない、そして、1年の疲れをとることをモットーにこの休暇を過ごしています。

いろいろと、考える1年でしたが、何も煮詰めることができないままでした。

それでも、大切なことを思い出す1年でもあったように思います。

「英語」は、「ことば」です。

「英語」ばかり勉強していても、上達はしません。

「考える力」が必要です。

それは、「日本語」でも同じこと。

勉強ばかりしていても学力はあがりません。
(必ずしも「成績がいい」=「学力が高い」ではありません)

日本の子どもたちは、日本語で伝えられないことは、英語でも伝えられません。

英語でわかったことは、日本語でも知識になり、

日本語で感じたことは、英語でも感じることができるようになります。

…来年も変わらず、そのスタンスで、「寺子屋かめい」では、子どもたちと接していきたいと思っています。

来年は、飛躍の年にしたいと思います。

今年も、ご指導、ご協力をありがとうございました。

また、来年もどうぞよろしくお願い致します。

また、寒い日が続くそうです。どうぞ、ご自愛下さい。

平成24年12月31日
寺子屋かめい
亀井好絵

c0115560_17504460.jpg


写真は、今朝、「今年も1年「てらこや新聞」をありがとう」と四国にいる知人から送られてきた手紙に同封されていたパンフレットです。来年は…鳴門にも行けるといいなぁ~と思っています。
by terakoya21 | 2012-12-31 17:57 | 日記

Howdy! (てらこや新聞93号 竹川のコーナーより)

~ 繰 ~

2012年も残りわずか、いつの間にか年の瀬を迎えている。一年があっという間に過ぎていく、そんな感じが年々増しているような気がする。

私の2012年はどんな一年だっただろうか、と振り返ってみると…毎月の如く呟いていた気がするが、息子のお世話に明け暮れた…そんな一年だった。

毎年、年の瀬になると発表される「今年の漢字」。昨年の漢字が何だったか、一昨年のものは何だったか、すぐには思い出せない。そして、これを書いている今(12月5日)、今年の漢字が何になるのか、皆目見当もつかない…。

私自身にとって今年を表す漢字は何だろうと考えると…思い浮かぶのが「繰」。日々、することはだいたい決まっていて、大きな特別な出来事がこれといってあるわけではない。毎朝目覚め、三度の食事を息子の離乳食も含め作り、洗濯・掃除、息子の遊び相手やお世話、泣いてはあやし、寝かしつけ…、なんとかやりくりして自分の時間を細切れでとり…と、ほぼ息子を中心に一日が明け暮れている。

そんな一日一日を積み重ね、息子はこの一年で大きな成長を見せてくれた。昨年の今頃は首すわりもまだだったのに、今では危なっかしいバランスで歩き出している。楽しいことばかりではなく、つらいと思えることもあるし、涙が出る時もあるけれど、息子が目の前で無償の笑顔を見せてくれると、疲れや眠気も吹っ飛んでしまうのだから、子供が見せる笑顔の効果がどれほど大きいものなのか、日々実感させられている。

きっと来年の一年間も同じことを日々繰り返していくのだろうと思う。一見、何の変哲もなく、代り映えも ない繰り返しは、退屈で面白みに欠けると思えるかもしれない。けれど、同じその繰り返しの中にこそ、小さな学びや発見、楽しみがたくさんちりばめられていて、いかにそれに気付けるか、がカギなのだろう。それは今の私だけではなく、今後も、人生全般において言えることなのかもしれない。

そして、私の毎日は、たくさんの人に支えらえて成り立っている。周りの人に感謝…今年一年無事に過ごせたことに感謝して、まだ見ぬ日々を楽しみにしたいと思う年の瀬だ。

(K.T.)
by terakoya21 | 2012-12-31 11:21 | Howdy

中国案内 (てらこや新聞93号 吉田さんのコーナーより)

電車と地下鉄を乗り継ぎ、普段の行動範囲より少し離れた場所へビザの申請をしに行かなければならなかった。初めて降りる駅を出ると、もちろん見慣れない風景に目立った標識もない。「駅を出たら南にまっすぐ徒歩約10分」とは聞いていた。けれど、まずどっちが南か分からない。しばらくその場にたたずんでいると、綺麗な髪の長い女性が通ったのでたずねてみた。女性は少し間をとり「こっちね」と指差し教えてくれた。よかった、後はまっすぐ歩くだけだと教えてくれた方向に進む。が、何だか嫌な予感がする。土地勘はないはずだが、なんとなく嫌な予感がしたのだ。そこで、前から歩いてくる男性に声をかけた。男性は「南はあっちだよ」と、さっきの女性とは正反対の方向を指差す。

中国はメンツを重んじる国だという。メンツを重んじるばかりに知らないことでも何か答えないと気がすまないそうだ。

日本を離れる前「中国で道を尋ねる時は最低2人には聞きましょう。」と、何かの本で読んだことがある。まったくその通りの出来事に何だか嬉しい様な気がした。
by terakoya21 | 2012-12-30 16:30 | 中国案内

休日日誌

The Second Day... Rainy... But...

頭痛の少ない休暇の始まり。。。それだけで幸せな気分が続いています。(^○^)

外は雨ですが…それほど寒くもなく…
先日買ってきた鉢植えのバラは少し雨にぬれてもらっています。

c0115560_10235382.jpg


こんなに頭痛の少ない(全くないわけではなのです(^_^;))休暇の始まりが嬉しくて、昨日からデスク周りの掃除を始めたら…終わらなくなり、次から次へとこれも、あれもと始まってしまい、散らかしている感じです。

が、今日中にはそれを終え、明日は1月に提出しなければならない事務的な税務関係の書類を作ろうと思っています。

そして、今年を気分よく終え、来年は飛躍の年にしたいと思っています!!!

トルコでは、大晦日の日付けが新年に変わる前の数時間の過ごし方が、次の年を占うと言われていると聞いたことがあります。毎年、大掃除が終わっていないのがいけないんだと思うので、今年は今日中に納得のいくところまで終わらせたいと思っています。(^○^)

(ってまだ、目標ですが…)

大掃除に追われている方も多いのではないでしょうか。

毎年、来年こそはもっと早く始めるぞぉ~なんて思うのですがねぇ~…
夏休みの宿題で、そのようなことを思ったことのない私も…大掃除は毎回そう思ってしまいます。(^_^;)

(Y.K)
by terakoya21 | 2012-12-30 10:31 | 日記

休日日誌

The First Day of Our Holidays

今日から、寺子屋は年末年始休暇に入りましたが…
めずらしく、頭痛のない休暇の始まりとなっています。(^○^)

5年ほど前から、毎年、年末の3日は寝込むと決まっていたのですが…

なので、ゆっくりと、できることをしながら過ごせています。

今日は…竹川先生に誕生日のお祝いで貰ったレゴのお家でも作ろうか…などと考えてもいます。

以前作ったレゴのお家は、ずっと事務所の窓のところに飾ってあったのですが、じゃまになってきたこともあり、昨日の大掃除のとき、2階の小教室に移してもらいました。

c0115560_12432940.jpg

(生徒たちは気がついてくれるでしょうか?)

なので、今度は大教室用と作ろう!!!

毎年「自分の時間をなるべくとれるようにする」というのを目標に立てる割には年々、自分の時間が減っていく私…まだ、独身で、子どももいないというのに…(T_T)

なので…来年の目標達成のために…年末から心がける…つもりになっています。

来年こそは…目標達成!したいと思っています。

What are your new year resolutions?

(Y.K)
by terakoya21 | 2012-12-29 12:54 | 日記

上越だより (てらこや新聞93号 下西さんのコーナーより)

「樹下美術館の壁」

上越市大潟区城野腰に「樹下美術館」があります。友人の何人かが、薦めてくれました。

「こぢんまりしているけれど、おしゃれな建物なの。」「カフェもあって、ゆっくりできるよ。お茶だけでも飲めるよ。」「友達と半日、おしゃべりして過ごしたのよ。」「建物もいいけど、外の木製のデッキで遠くを眺めるのもいいよ。」「館長さんのブログが面白いの。毎日更新しているみたい。ブログの写真もすてき!」「館長さんも、絵を描かれるみたい。」「館長さんが描いたボタニカルアートの絵はがきも売っていたよ。」「ときどき、音楽会や講演会が開かれるようよ。」そして、上越暮らしが5年になるマドモアゼルは、上越のおすすめの場所の一つにここをあげ、「漆喰の壁と、赤い椿の絵の皿が印象的でした。」と。

「樹下美術館」(2007年オープン)は、杉田玄さんの私設の美術館です。雑木林を更地にして建設したので、「樹下」と名付けたのだと受付の人が教えてくれました。収蔵品は、館長のコレクションである、陶芸家 「齋藤三郎」の陶磁器と、洋画家「倉石隆」の絵画です。二人とも上越ゆかりの作家。美術館のしおりの館長のメッセージ、「大家の冠をふされなくとも良い作品を残す作家たちがいます」がとても印象的です。

c0115560_10113864.jpgこの1ヶ月の間に、二度ここを訪れました。まずは11月10日の夜、「16、17世紀イギリスの音楽黄金時代に遊ぶ夕べ」と銘打った、チェンバロ(イングリッシュ・スピネットタイプ・加久間朋子 演奏)とリコーダー(辺保陽一 演奏)による演奏会に行ってきました。小さな美術館ですので、展示品をほとんど片付けて、70脚のいすを入れて、美術館はサロンコンサート会場になっていました。

16、17世紀イギリスというと、女王エリザベス1世からジェームス1世の時代です。バード・ロック・クロフトなど 作曲家の、初めて聴く曲ばかりでした。宮廷や貴族のサロンで演奏されたダンス音楽が中心とのこと、クラシック音楽の楽聖・バッハが登場する100年も以前の音楽でした。ちょうどシェークスピア(1564~1616)の時代と重なります。時代背景を知りたくて「恋に落ちたシェークスピア」のDVDを見ました。シェークスピアが「ロミオとジュリエット」を創作するエピソードを、彼の恋とともに描いていました。貴族のサロンでの舞踏会の場面もあり、ダンス音楽も登場しました。エリザベス1世まで登場しました。

12月2日、美術館の本来の姿が見たくて再訪しました(自宅から西北に約15㎞)。上越に初雪が降った 翌日で、前日の荒天もおさまり、薄日が差しており、雪もほとんど解けていました。美術館の周りの木々は、落葉して、冬支度の雪囲いがしてありました。冬枯れの色と、外壁のクリーム色がマッチしていました。

c0115560_10133476.jpgエントランスからすぐに、倉石隆の絵画展示ホールが あります。まず「黄昏のピエロ」の絵が出迎えてくれ、曲線の壁面に並べられた絵画に誘われます。油絵では特に「秋」と題された絵に、その少女の表情に、魅せられました。

奥には齋藤三郎の陶磁器展示ホールがありました。24点の陶磁器の多くには、見事な絵(色絵・赤絵・染め付け・鉄絵など)が描かれ、陶磁器をキャンバスにした絵画の感がありました。

倉石隆(1916~1998)は、上越市高田地区に(旧 高田市長 倉石源造の次男)生まれました。戦争・貧困・脳梗塞による右半身麻痺など逆境の中、ひたすら絵画(油彩・銅版画など)と向き合った人でした。また、彼は物語の挿絵の仕事もしており、松谷みよ子の『ふたりのイーダ』(「松谷みよ子全集14」講談社)の挿絵を描いていると知って、読んでみました。物語の舞台である被爆地ヒロシマと、「イーダ」が口癖の幼女としゃべる椅子。版画による挿絵が20ページにおよび、物語と挿絵の両面から楽しめました。そして、倉石隆の世界の一端に触れることもできました。

齋藤三郎(1913~1981)は、新潟県栃尾(現 長岡市)に生まれました。陶芸界の巨匠近藤悠三や富本憲吉に師事し、戦時中疎開先の高田市寺町(現 上越市)が、築窯の地となりました。上越の陶芸の分野はもちろん、文化人として大きな足跡を残しています。特に彼の椿の絵柄は有名で、上越の人はだれでも見たことがあるくらい。なぜなら老舗菓子店の包装紙に使われているから。

c0115560_10151640.jpg
うわさのカフェで、ケーキセットをいただきました。コーヒーの器には、アンティークのものが使われていて、しかも、好みの器が5種類から選べました。わたしは、メルバのドリー・バーデン(1943年製)にしました。少女の絵柄のかわいらしい器です。また、抹茶には、使う抹茶茶碗をチョイスできます(これは、奥様のコレクションとか)。

c0115560_10165625.jpg偶然にも「樹下美術館」を設計した大橋さん(大橋建築設計工房・上越市春日山町)に話を聞くことができました。設計を依頼されたものの、館長とは意見が 衝突してばかりだったとのこと。「建物は対称形がよいかどうか」「外壁の色は、コンクリート打ちっ放しのグレーか彩色するのか」など。結局、大橋さんの意見が取り入れられ、アンシンメトリーのユニークな建物の形になり、景観と違和感のないクリーム色の外壁に 落ち着いたそうです。人気のカフェは、設計があらかた決まった段階でのオファーだったようです。床面を階段で3段ほど下がった、半地下の空間は、「瞬間的に思いついた」と、大橋さんは語っておられました。

「美術館」や「博物館」は、単に「展示する壁」ではありません。美術品を見せるだけではなく、非日常的な時間を演出する特別な場所だと思います。今年の夏に訪れた金沢の「鈴木大拙館」(金沢市本多町)は、 展示物はほとんどなく、静かな空間が提供されていました。「樹下美術館」はまことに小さな空間ですが、不思議な空間であり夢の「壁」です。
by terakoya21 | 2012-12-29 10:18 | 上越だより

てらこや日誌…写真編

Our Cleaning Starts with ....

本日の寺子屋の大掃除…お手伝いしてくれる人が例年より少なかったのですが、年齢層が高かったのと、これに絞って、行うという風に決めていたので割とスムーズでした。

そして、参加してくれた小学生の女の子たち、大学生アシスタントだけではなくて、帰省しているときだけ手伝いに来ている私の甥にもとてもフレンドリーに接してくれて、和気あいあいと過ぎていきました。高校3年生の女の子も違和感なく、入ってくれて、本当に助かりました。(*^_^*)

写真はあまり撮れなくて、毎年恒例のフェルト張り替えの様子を3枚…

c0115560_20525544.jpg


c0115560_2053528.jpg


c0115560_20531893.jpg



そして、忘年会の後、大学生がお互いの似顔絵を描いてほしいと小学生に頼まれて描いた似顔絵…がこちら…

c0115560_20504456.jpg


皆さん、1年間どうもありがとう!!!

そして、来年もよろしくお願いします。

(Y.K)
by terakoya21 | 2012-12-28 20:54 | 日記

てらこや日誌

The Year End Cleaning Party;)

大掃除が終わり、現在ピザ待ちで、子どもたちには皆でゲームをしてもらっています。
今年は、人数が少なかったので、的をしぼっての掃除となりましたが…
みんな頑張ってくれました。

ありがとう!!!

そして、今年も一年間、寺子屋かめいに、皆さん、お付き合いいただきありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願い致します。

さて、昨日締切りました体験講座ですが、1,2年生クラスの締切りのみ延長させていただくことにしました。詳細は下記の通りです。

新しい締切りは1月12日(土)とさせていただきます。よろしくお願い致します。

なお、寺子屋かめいは明日12月29日(土)から1月3日(木)までお休みをいただいています。ご了承ください。

2013年 4月開講 小学生対象クラス 及び 体験講座 ご案内

寺子屋かめいでは、教育は長期的視野に立って行われるものであると考え、また、長く通っている生徒たちの負担にしないために、短期及び無料の体験講座は行っておりません。ご了承ください。
体験講座受講後のご入学の場合は、体験講座料が入学金から割引されます。


056.gif英語  現 小学1・2年生クラス 

金曜日 5:00 ~ 5:40  
40分授業 週1回 月授業料(教材費込み) 7,000円
初回授業(予定)4月5日(金) 5:00 ~ 5:40

体験クラス1月18日・25日・2月8日・22日・3月1日・15日 (40分授業 全6回 5,000円)

☆座って勉強する習慣をつけ、アルファベットやローマ字の習得から始めます。その後、英語での簡単なあいさつ、自己紹介を習得することへと進めます。アルファベットの読み書き・英単語50個前後の習得・1日のあいさつ・名前、年齢、誕生日など簡単な自己紹介の習得が主な目標です。

体験講座は、1月12日(土)お申込み締切り、4月講座のお申込み締切りは3月23日(土)です。

なお、曜日等のご希望がございましたら、ご相談下さい。できる限り、検討させていただきます。

寺子屋かめい
tel/fax 0598-21-0148  email: terakoya@poppy.ocn.ne.jp
お電話での問い合わせは火曜日から土曜日の14時以降でお願いします。

c0115560_13451171.jpg


写真は、新しい年を迎えるために用意した寺子屋のお飾りです。
毎年、私の姉のお手製です。
松阪の方では、一年中つける風習があります。
あとで玄関に飾っていきます!

(Y.K)
by terakoya21 | 2012-12-28 13:49 | 日記

てらこや日誌

The Final Day of Teaching in 2012

2012年最後の授業日を今、終えました。(*^_^*)

明日は午前10時から大掃除です。

小学生が数名&高校生&アシスタントが必ず来てくれそうなメンバーで…
中学生が、考えてみると言って帰っていきました。(*^_^*)

どんなメンバーで、どんな大騒ぎ…じゃなくて、大掃除になるのか怖いようで楽しみな1日です。

さて…「あいや」さんの駄菓子ですが…

はかり売りお試し袋が1つずつ減り…

残り…あめ小玉5袋
芋けんぴ入りのお試し袋、かりんとう入りお試し袋が各4袋
石ボーロ入りのお試し袋が7袋となりました。

授業後、お迎え待ちをしていた生徒たちの中の2人の中学生の兄弟たち
興味津々で展示用のサンプルを見ていました。(*^_^*)

お年玉で、良かったら買ってね(^○^)

と声をかけておきましたが…

「今年はいとこのところへ行かないから、少ないと思う・・・(T_T)」

との返事…(^_^;)

「ははは、でも、一袋115円だからね」(*^_^*)というと

「あ、そうか」…

「明日、大掃除来たら、見本をみんなで食べるけれど…」と言うと

目を輝かせ

「○○君に相談して、考えてみる!!!」

…大掃除手伝うよりも…115円払う方が楽なような気もしないでもないのですが…

我が生徒たちの、こういう子どもらしく、かわいい姿は…一年の疲れを癒してくれますね(^○^)

明日、もしくは来年、またその笑顔を楽しみにしています!

塾の大掃除…という一見変な寺子屋の伝統ですが…
毎年、保護者の方々のご協力もあり、様々な生徒たちが手伝いに来てくれています。
感謝です。

ありがとうございます。

英語…以前のコミュニケーション力の低下が著しくなっている昨今の若者たちですが、この企画は、毎年、いろいろな意味で有意義なものだと感じています。

問題点も浮き彫りにし、来年の私たちの課題を知る機会でもあります。

心して、明日を迎えたいと思っています。

(Y.K)
by terakoya21 | 2012-12-27 22:13 | 日記

本日 (12月27日) 締切りです!

小学生クラスのご案内です!

体験講座は1年に1度この時期だけです!

詳しくは下のリンクをクリックして下さい。

056.gif英語  現 小学1~4年生クラス  (4月開講+1月体験講座)

1・2年生クラス体験講座 開講決定です!!!空席はまだまだあります。是非、ご検討下さい。

056.gif英語&セントヨゼフ受験応援講座  現 小学5年生クラス(セントヨゼフ1月開講・英語講座4月開講+1月体験講座)

072.gif公立新中学1年生対象クラス 最終ご案内(現小学6年生対象講座の最終ご案内です)


お問い合わせは…

寺子屋かめい
tel/fax 0598-21-0148  email: terakoya@poppy.ocn.ne.jp
お電話での問い合わせは火曜日から土曜日の14時以降でお願いします。

(Y.K)
by terakoya21 | 2012-12-27 13:56 | 開講クラス紹介

英語塾の寺子屋かめいの元気を発信します


by terakoya21
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る