人気ブログランキング |

<   2012年 05月 ( 55 )   > この月の画像一覧

てらこや日誌

Mid-terms

公立中学校の試験期間が続いています。

今日、テストを終えた生徒たちもいれば、
明日までがテスト期間という生徒たちもいて、
また、来週の月曜日からテストが始まるという生徒もいれば、
水曜日、木曜日から始まる生徒もいます。

そんな中、英語の授業ではテスト前復習
テスト後復習が続いているけれど…

授業外の時間にも英語、数学、他教科を勉強に来ている生徒がいます

私は…生徒たちに文句を言われるかもしれないけれど
このテスト期間が好き
この悪趣味は、自分がテストを受ける年齢だったころからだけれど
理由は少し違います。

昔は、とにかく早く家に帰ることのできるテスト期間が
なによりうれしかったのだけれど

今は、生徒たちが、いつもより真剣なまなざしと、姿勢で
勉強してくれるのと・・・
他の科目の勉強には、懐かしい内容が多いから楽しい!と思うのです。

私はもともと勉強が好き(*^_^*)

その楽しさの結果が、とりあえず数字となって返ってくるテスト期間が
楽しいと感じ、好きだったのもあるのだけれど、

今は、勉強しなくてもいい身分なので
昔はいやだった科目も楽しく勉強できる。

子どもたちからしたら…

「他人事だと思って(ー_ー)!!」という感じに見えるかもしれないけれど…
学ぶこと、一つ一つかしこくなっていく自分は、
本来楽しんで受け入れていいものだと私は思います。

めんどくさいものだけれど
勉強は、本来楽しいもの
その楽しさを、少しでも多くの子たちに伝えたいと

やっぱり思うテスト期間となっています。

(Y.K)
by terakoya21 | 2012-05-31 20:20 | 日記

Bonjour! (てらこや新聞86号 谷のコーナーより)

同じ窓

連休中、中学校時代の同級生の集まりがあった。これといって何か特別なことをするわけではない。近くにいる割にはなかなか会う機会のない旧友たちとしゃべって、食べて、しゃべって、飲んで、しゃべって、の繰り返しで時間は過ぎていく。話題は、それぞれの仕事や恋愛、趣味など、笑えるものから笑えないものまで様々だ。年に1・2回という頻度のせいか、「同窓会」というよりは「近況報告会」や「情報交換会」になりつつある。そして、回を重ねるごとに「お悩み相談会」の要素が増してきた気もする。世間的にはこうだけど内輪的にはこうで、客観的にはそうだけど……と、普段は異なる環境に身を置く者同士が交わす言葉は、無意識に考えが偏りがちな私の頭と心に刺激を与える。

もう毎年の恒例になっているこの集まりは、私にとって、久しぶりに友人たちと会える楽しみな時間だ。その一方で、帰宅後には監査や試験を終えたときに近い感覚を覚える。同級生を目の前にすると、どこからともなく、いつからともなく「今の自分って、どうなの?」という問いが投げかけられるからかもしれない。しかし、「これは合格、あれは不合格」という明確な基準があるわけでもなければ、「これは正しい、あれは間違い」という解答があるわけでもなく、ましてやだれかと比べて判るものでもない。この問いに対する答えはいつも曖昧なまま、次回に持ち越されている。

♪同じ窓から見てた空 / コブクロ /
詞 小渕健太郎 / 曲 小渕健太郎 / 2005.12.12
♪待夢磨心-タイムマシン-/ コブクロ /
詞 小渕健太郎 / 曲 小渕健太郎 / 2005.12.12

(Y.T)
by terakoya21 | 2012-05-31 14:18 | Bonjour

てらこや日誌

Nice seeing you again!!!

昨日は、3つ再会がありました。

1人は教育実習に行っていた大学生アシスタント。ほぼ1ヶ月ぶりに会いました。

いい経験だったと笑顔の彼女・・・日本の将来も捨てたものではありません。

もう1人は約10日ぶりに復帰した高校3年生・・・
ウイルス性の風邪で先週1週間休んでいましたが、昨日復帰しました。

少し痩せたかなと思うけれど、変わらぬ笑顔に、
やっぱりどの生徒もかけがえのない子どもたちだと思いました。

そして、3人目は、4月の末に辞めた中学3年生。しばらくクラブに専念…
と受験生だというのに辞めた彼は・・・強制されて勉強するのが苦手・・・
今日から始まるテスト勉強に顔を出していいかとメールがあり・・・
ただの自習ならいいよというと嬉しそうに顔を出してくれました。

「先生、また来たるわ!」って捨て台詞を残して返って言ったけれど・・・
近所のお友だちの家じゃないんだから・・・(~_~;)
それに、「来たるわ」って、「来させて」の間違いだろう!!!^^;

と思いつつ、こういうのも嬉しいものです。
そして、辺に夜遊びをするくらいなら、いつでもおいでと言いたいところ。
こういう子どもたちが集まれる場所を・・・塾とは別に何か考えられないかなと・・・
また試行錯誤の日々となりますか・・・。^_^;

いろいろな子どもたち、いろいろな成長過程があります。

そして、それぞれが大人になって、それぞれの活躍を見せるはず・・・

皆が、楽しく、笑顔で成長していける学び舎・・・
したいことが山のようにありますが・・・

なかなか思うようには進みません。

が・・・愚痴ではなく、発展的な議論を積み重ね、前に進めていきたいと思っています。

(Y.K)
by terakoya21 | 2012-05-30 15:02 | 日記

中国案内 (てらこや新聞86号 吉田さんのコーナーより)

朝ごはん

私にとって朝食は一日の始まりにかかせないものである。

ある人は「朝食はコーヒー一杯」と言い、そしてある人は「朝はお腹がすかないので、食べられない」と言う人がいる。もちろんそれはその人の生活リズムで、それが一番快適に過ごせる習慣なのだろうが、めったなことがないと朝食を抜くということがない私にとっては、そんなことを聞くたびに驚いてしまう。

中国の人は食事を大切にする。そんな中国の朝食は種類が豊富だと思う。

包(bāo)子(zi)(バオズ)という日本でいう肉まんやあんまん、粥(zhōu)(ジョウ)は漢字の通りお粥で、饼(bǐng)(ビン)というわれる小麦粉を薄くのばして焼いたものなど、他にも沢山の種類があり、バリエーションがとっても豊かである。

学生時代、朝の食堂は特に好きだった。積み上げられた蒸篭にホカホカの包子が並んでいて、ついつい色んな包子を買って食べすぎてしまう。

早起きが得意ではない私だったが、中国の朝ごはんの美味しさのおかげで朝寝坊しなくてすんだといっても過言ではないと思っている。

(M.Y)
by terakoya21 | 2012-05-30 14:37 | 中国案内

てらこや日誌

After teaching practice

中学での教育実習を終え、1人の大学生アシスタントが今日から復帰
良い経験だったと晴れ晴れした笑顔…

けれど、やっぱり私たちが塾で困っている問題は
学校でも問題だとか…

このところ塾でも強化中ですが

授業の準備
ノートのとりかた
授業態度
提出期限を守る

などなどとっても基本的なことですが
守る努力を…するように働きかけること
やっぱり大切だなぁと改めて実感

私たちも、これからも努力を続けたいと思います。

(Y.K)
by terakoya21 | 2012-05-29 19:44 | 日記

世界の街角から~Da Esquina do Mundo~ (てらこや新聞86号 木下さんのコーナーより)

私の職場の大使館での重要な仕事の一つに、日本からの要人をお迎えするというのがあります。

外交は、私たち外交官の日々の情報収集・交渉などの積み重ねが重要ですが、日本から要人がお越しになり、こちらの政府の人と話していただくと、両国の関係が一気に強化されることがあります。日本も国会等があるので、なかなかブラジルまで来ていただくのは大変なのですが、正月やゴールデンウィークなどの比較的長い休みには閣僚(大臣)に来てもらえることがあります。日本国内ではGWに国会議員が外遊することには批判もあると思いますが、私たちにとっては重要な外交手段です。

今年もGWにある若手の大臣がお越しになり、ブラジルの大臣等と精力的に会談していただきました。準備段階で、私たちは、ブラジルの大臣とのアポイントを取り付けるとともに(これはかなり大変です!)、旅行会社のようにホテルや車両の手配をしたり、食事をどうするかなどを東京と連絡を取りながら決めます。また、出入国の際の空港での便宜や、警備などもどのような体制で行うのか等の細かい話もあります。こういう細かい話をロジと呼んでおり、実際に大臣がお越しになると、事前に決めたロジどおりに動いていただくのですが、これさえなかなかうまくいかないことが多く、言ったとおりに動いてくれないブラジル人を恨むこともあります。この上に、サブと呼んでいる「相手の大臣と何を話すか、何をお願いするか、これを要請されたときにどういう対応をとるか。」といった中味の話もあり(これが一番重要なのですが)、精神的にはかなり疲労します。

それでも、最後に、大臣自身やブラジル政府の人から、「非常に有意義だった。」と言われると、頑張った甲斐があったなと実感。微力ではありますが、両国の関係の強化・改善にお役にたてているのかなと感じます。ブラジルは遠いのですが、日系人も多く、超親日国。多くの要人に来ていただきたいと思っています。
by terakoya21 | 2012-05-29 15:57 | 世界の街角から

On the Sideline (てらこや新聞86号 かめいのコーナーより)

“Watch your thoughts, for they become words.
Watch your words, for they become actions.
Watch your actions, for they become habits.
Watch your habits, for they become character.
Watch your character, for it become your destiny.
What we think, we become.”


「自分の考えに気をつけなさい、なぜなら、それは言葉になるから。
自分の言葉に気をつけなさい、なぜなら、それは行動になるから。
自分の行動に気をつけなさい、なぜなら、それは癖になるから。
自分の癖に気をつけなさい、なぜなら、それは、人柄になるから。
自分の人柄に気をつけなさい、なぜなら、それは、あなたの運命になるから。
私たちの考えが、私たちを作るのです。」

(映画 The Iron Lady ~鉄の女の涙~より 訳:亀井好絵)

鉄の女と呼ばれ、私の幼い頃の憧れの人-マーガレット・サッチャーを採り上げた映画「The Iron Lady ~鉄の女の涙~」を4月に見に行きました。DVDが出たら手に入れたいと思うとても良い映画でした。マーガレット・サッチャーは、1979年から1990年・・・私が小学生の頃から高校3年生まで・・・の間、イギリスの首相を務められた女性です。女性初のイギリス首相です。物心ついてからずっとイギリスの首相だったという感じで、私にとっては、本当に印象深い人物です。

彼女は、現在87歳、認知症を患っていることを2008年に娘さんが回顧録で公表しています。そして、映画も認知症を患い、既に他界している夫と朝食をとりながら「牛乳の値段」について語り合うシーンから始まります。なかなか夫の遺品を片付けることができず、幻想を抱いている彼女に、娘さんが定期健診まで待たずに、医者に見てもらうように薦め、予約をとります。

そして、診察室のシーンで・・・お医者様が第一声に

“How’s your feeling?” (気分はいかがですか) と尋ねると彼女は・・・最近は、みんな「気持ち」を聞きすぎる・・・「感情」で行動をしすぎる・・・とぼやき始め・・・先生に発する言葉が上のものです。そして、「私には、「考え」を聞いてほしい」と続けます。

いや、病院の先生はまず「気分」を聞くだろう…と、思わず、噴出してしまったのですが・・・それでも、やっぱり素晴らしい含蓄のある言葉だと感心しました。私も、全面的に同意できる言葉だと思います。

世界的風潮なのかもしれないけれど、特に、「考える」ことをないがしろにしすぎていると感じる現代の日本社会で、「考える」ことの大切さ・・・これからも伝えていかなければならないと思いを強くしました。

そして、映画のパンフレットの冒頭にある言葉に、私が幼い頃、この女性に憧れていたのはただ単に「鉄の女」と言われる「強い意志を持つ」女性だったからではないのだなぁ~と感じました。

“All I wanted was a nice house and some pretty shoes.”
“All I wanted was to make a difference in the world.”


「私がほしいものはただ・・・快適な家と何足かのかわいらしい靴だった」
「私はただ、世界を変えたかった」

私も、きっと同じ思いだな・・・と感じ、この映画に努力を続ける勇気と力を与えられました。皆さんも、機会があったら、どうぞご覧下さい。ただ、時代を知っていないと、少しわかりにくい映画かもしれません。(Y.K)
by terakoya21 | 2012-05-29 14:55 | Sideline

半休日日誌

Another Hot Day!!!

今日は、夜に英会話の授業がある月曜日・・・
なので私にとっては半休・・・半分だけ休日です。

午前中、ジョニー君の病院に行きました。
春生まれのジョニーは、5月に狂犬病、6月に8種ワクチンと
毎年注射を受けに病院に行きます。そして、
5月からはフィラリア予防の薬を飲ませ始めます。
また、彼はアレルギー持ちなので、1,2ヶ月に1度
アレルギーの薬ももらいに行かなければならない・・・

もう10歳の老犬ですが、まるで現代っ子(^^;)
命を育てるってたいへんです。

それでも、老いゆく父の友としても、
私が初めて自分で飼った愛息としても
長生きしてほしいと思います。

ちなみに、ジョニー君の主治医(?)は野口動物病院の野口先生。
とっても犬好きで、愛情いっぱいの優しい先生です。
毎回、一言一言に、犬への愛情と私たちへの気配りを感じます。

そして、このところ、亀井家では・・・
父の体調が芳しくない・・・といっても危篤だとか
ということではないのですが・・・
両親をいたわるために
大阪に嫁いでいる姉も、岐阜に嫁いでいる姉も
今までとは違い、ちょくちょく顔を出すようになっています。

土曜日には大阪の長姉が
今日は岐阜の次姉が来ています。

そのため、ジョニー君の病院が終わると、姉を駅近くまで迎えに行き
母と3人でランチをとりにSuperbへ行きました。
(父の介護が大変なので、少しでも時間が合うと
兄に留守番を頼んで、
母を少しだけゆっくりと食事やお茶のできるところに
連れて行くことにしています。)
その後、母と姉を実家に送り・・・
私は一度帰宅して、
1時すぎから、仕事まで、少しのんびりとしています。

暑さに慣れるまでは・・・
暑い日に動きすぎると頭痛に結びつくので
なるべく休み休み・・・生活することにしています。

英会話授業・・・夏まであと5回です。
8月はお休みをもらって、9月から再開の予定です。
毎回皆さんのお話をお聞きするのが楽しみです。

(Y.K)
by terakoya21 | 2012-05-28 15:42 | 日記

休日日誌

It is HOT!

私は暑いのと寒いのだったら、断然寒いほうを選びます。
そして、暑いと、頭痛がひどくなることが多くあります。(-_-;)
なので、夏は憂鬱…

ですが、今日は比較的元気な日曜日を過ごしています。
朝からジョニーを洗い、
洗濯をし、朝ご飯をたんまり食べ
先ほどまで伊勢に行っていました。

母の知り合いの展示会を見て
軽く昼食をとり帰ってきました。

父の体調が芳しくないので、
あまりのんびりはできない母ですが…
そのため、車の運転は心配
ということで、運転手として行ったのですが
草木染めや織物の展示会で、
母は木綿でそれをするのですが…
この方は絹でされるそうで…
詳しくはわかりませんが
とても風の通る空間で
いろいろな織物や作品が展示されていました。

このところ、仕事以外で、あまり遠出外に出ていなかったので
よい気分転換になりました。

(Y.K)
by terakoya21 | 2012-05-27 14:30 | 日記

「夕刊三重の記事の紹介」(てらこや新聞86号より)

2012年5月14日付の『夕刊三重』に、大学生による『てらこや新聞』編集の様子が掲載されました。編集や取材活動への協力希望の学生さん、大歓迎です!!


c0115560_1410456.jpg


☆ お願い ☆
寺子屋かめいでは、「書き損じはがき・未使用切手」を集めています。てらこや新聞の発行をいずれは学生たちに任せていこうと考えており、地域のお店への取材なども構想中です。その活動資金として、書き損じはがきを利用させていただきたいと考えています。引き出しの奥で眠っているはがき、切手等ありましたら、ぜひともご協力をお願い致します。
by terakoya21 | 2012-05-27 14:11 | その他の記事

英語塾の寺子屋かめいの元気を発信します


by terakoya21
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る