人気ブログランキング |

<   2011年 07月 ( 45 )   > この月の画像一覧

去年も・・・

どうして「セミの声が聞こえないの」 地震の前兆?放射能の影響?ネットで不安の声

社会総合 - エキサイトニュース

去年も結構、遅いねって話題になった気がします。少なくとも私の周りでは・・・
「寝苦しい朝に、セミのうるさい声ってないよねぇ~、暑すぎるからかしら?」
って昨年も言っていました、夏休みに入ってから・・・だったと思いますが。

地震の前兆?放射能の影響?って何でも結びつけないで。。。

すでに温暖化の影響で、いろいろな季節の趣きが変わってきていたことに
ただただ日常に追われて気がついていなかっただけではないかと思います。

このところ我が家の小さな庭の木々、草花、いろいろなところにセミの抜け殻がくっつていて
庭の地面は穴だらけです。

数年前と比べたら若干少ないかもしれないけれど
あんまり去年と変わっているとは思わない・・・

三重県だからなのかしら…

(Y.K)
by terakoya21 | 2011-07-16 13:54 | 意見

世界の街角から~Da Esquina do Mundo~(てらこや新聞75号 木下さんのコーナーより)

おいしいスイーツに慣れている日本人の中には、海外のスイーツは「甘くて食べられない」という方も多いと思います。というか、そういう方の方が大多数ではないでしょうか。日本の場合は、ちょうどいい甘さですが、ブラジルを含む外国では砂糖や甘味料をたっぷりと使用するため、時に砂糖を食べていると思ってしまうほど甘いときがあります。

では逆はどうか?最近、日本に3年間ほど勤務をしたブラジル人の夫妻が休暇でブラジルに帰国した時に、「久しぶりにブラジルに帰ってきて驚くのは、ケーキ屋がヒドイこと。私たちはこれまでこんなものをおいしいと思って食べていたのかしら。」と言うので、「ずっとブラジルで育ってきたブラジル人は甘いのに慣れているから、逆に、日本のケーキなどは味が足りないんじゃないか。」と聞くと、「そんなことはない。人間の舌はおいしいものに慣れる。日本のスイーツよりおいしいものは世界中にない。」と。おそらく、「おいしい」「まずい」の話ではなく、「甘い」「非常に甘い」という話なので、あまり納得できませんでしたが、少なくともこんなに甘いスイーツになれているブラジル人が日本のケーキをおいしいと思ってくれていることは有り難いなと思っていました。でも、この逆を考えると、我々日本人もずっと甘すぎるデザートを食べていれば、それに慣れてくるのでしょうか・・・?

私は海外に行く機会は多いのですが、デザートというのは、フルーツならともかく、あまり食べません。見るからに甘そうですから。皆さんはいかがでしょうか?日本の適度な甘さのデザートが食べたくなりました!!

(Y.K)
by terakoya21 | 2011-07-15 16:40 | 世界の街角から

お知らせ

2011年 夏期講習 第2弾!

明日からご案内始めます。

<中学1年生>
056.gif復習英語講座 
申込み締切7月21日(木)

日程 7月22日(金)~8月31日(水)までの火・金曜日:PM 2:00 ~ 3:15 
7月22日・26日・29日・8月2日・5日・9日・19日・23日・26日・30日 
75分授業 全10回25,000円(教材費込み) (寺子屋生16,000円)
☆中学入学から、夏休みまでの復習をします。時間が許す限り期末試験のための復習及び9月以降の予習をします。

中学1年生講座以外の申し込み締切は7月30日(土)です。
<中学2年生>
056.gif中学2年生 数学講座  超基礎   
日程:8月2日~8月26日までの水・木 PM 2:00 ~ 3:15 
75分授業 全8回  24,000円 (教材費込み) (寺子屋生15,000円)
☆方程式、文章題を中心に復習します。

056.gif中学2年生 英語講座 超基礎 
日程:8月2日~8月26日までの水・木 PM 3:25 ~ 4:35 
70分授業 全8回  24,000円 (教材費込み) (寺子屋生15,000円) 
☆ 中学1年生から2年生の夏休み前までの範囲の復習をします。夏休み明けの期末試験に備えます。
②・③ 2講座 セットで受講の場合 受講料2,000円割引になります(新規入学生46,000円、寺子屋生28,000円)。

英検講座、大学受験対策講座など検討中です。ご希望をお知らせ下さい。

寺子屋かめい
tel/fax 0598-21-0148  email: terakoya@poppy.ocn.ne.jp
お電話での問い合わせは火曜日から土曜日の14時以降でお願いします。

(Y.K)
by terakoya21 | 2011-07-14 17:24

Hello, everyone! (てらこや新聞75号 コタニさんのコーナーより)

みなさん、こんにちは。このコーナーでは、私コタニが「お茶と茶道」の世界を紹介していきます。74号ではお休みしてしまい、隠れファンの方々をガッカリさせてしまったとか、しなかったとか…… 今回は、日本史を語るには欠かせない有名人たちが登場します。第3回目もどうぞ最後までお付き合いくださいね。

前回でご紹介した村田珠光による「草庵の茶」、それをより簡素なものに改めたのが武野紹鴎(たけのじょうおう1502-1555)です。彼は、若い頃に京都で和歌や香、茶の湯を学び、心からお客様をもてなす精神を重視した「侘び茶」を始めます。茶の湯の場としては、それまでの書院式の四畳半座敷ではなく、農家風の建物に小さな囲炉裏を切った茶室が使われるようになりました。その後、紹鴎は戦乱の続く京都を離れ堺(現大阪府堺市)へ移り住み、侘び茶をさらに追求していきます。

この当時、自治都市であった堺では商人たちが力を持っていました。堺の豪商たちは禅宗や詫び茶の精神を受け入れ、それぞれの発展に大きな役割を果たしています。また、この過程において禅と茶の湯の結びつきはより強くなっていきました。

堺に生まれた千利休(せんのりきゅう 1522-1591)は、紹鴎の侘び茶の精神を受け継ぎ、その精神的な面をより重視する茶道を確立しました。彼は、幼い頃から茶を学び、17歳からは茶人の北向道陳(きたむきどうちん 1504-1562)、その後に紹鴎の弟子となります。

やがて、京都や堺の町衆の間に広まっていた茶の湯が有力武将たちの間にも広まると、利休は茶匠(=茶頭、茶の湯の指南役)として織田信長(おだのぶなが 1534-1582)や豊臣秀吉(とよとみひでよし 1537-1598)に仕えました。

先に登場した織田信長は、茶の湯を政治的に利用した人物の一人です。彼は、戦の戦勝品や買収品として有名な茶入れや中国の絵画などの名物茶道具を手に入れました。これは「名物狩り」と呼ばれ、信長はこれらの茶道具を用いた茶会を催しています。茶会には、商人たちも招かれ、名物道具でもてなしを受けました。また、よい働きをした家臣には茶道具を与え、茶会を行うことを許可しました。信長から茶会の許しを得ることは、家臣にとって大変な喜びだったようです。

 本能寺の変(ほんのうじのへん 1582)の後、天下を統一した豊臣秀吉もまた茶の湯を愛好し、茶会を催しています。中でも有名なのは、禁中茶会(きんちゅうちゃかい)や北野大茶湯(きたのおおちゃのゆ)です。
禁中茶会は、関白となった秀吉がそのお礼のため、1585年10月に禁中(=天皇の住居や政務の場所、御所)で正親町天皇(おおぎまちてんのう 1517-1593)へ茶を差し上げた茶会です。この茶会がきっかけとなり、茶の湯は公家の世界にも広がっていきました。

1587年10月には、九州平定と聚楽第(じゅらくてい秀吉の政庁兼邸宅)の竣工を祝うため、京都北野天満宮(きたのてんまんぐう 現京都市上京区)の境内と北野松原で大規模な茶会が行われました。拝殿の周りには四つの茶席が設けられ、招かれた諸大名や公家に黄金の茶室や名物道具が披露されました。当日は身分を問わず町人や百姓なども茶会への参加が許され、京都や大阪、奈良からも大勢の人が集まったそうです。
現在、北野天満宮では北野大茶湯の縁により、毎年12月1日に献茶祭(けんちゃさい)が行われています。また、その際に使用する碾茶(てんちゃ 抹茶の原料)を神前に奉献する御茶壺奉献祭・口切式(おちゃつぼほうけんさい・くちきりしき)が11月26日に行われています。

ちなみに、教科書でもおなじみの「千利休」という名前ですが、これは生まれたときからの名前ではありません。利休は、田中与四郎(たなかよしろう)として生まれ育ちましたが、大徳寺での禅修行を経て宗易(そうえき)と名を改め、その後に信長から祖父千阿弥の姓を与えられたことから、千宗易(そうえき)と名乗ることになりました。また、禁中茶会を催す際に商人の生まれである宗易が天皇へ茶を差し上げられるよう、秀吉が朝廷に願い出て「利休」という居士号(こじごう ※1)を賜り、ようやく「千利休」という名前が出来上がったのです。計算してみると、1585年から利休が70歳でこの世を去る1591年までは、六年間です。こんなに短い期間だったとは驚きですね。

今回のレポートはここまで。千年以上の時を経て今に 伝わる「お茶・茶道」、信長や秀吉も親しみ、政(まつりごと)にも利用していたのですね。第3回目のレポート、出来具合はいかがでしたか?ぜひ、ご意見・ご感想をお聞かせくださいね。

※1居士:出家しないで、仏教の修行に勤めた人のこと。
では、次回をお楽しみに…
See you soon♪

参考資料:
茶道文化検定公式テキスト-茶の湯がわかる本- 茶道文化振興財団監修  淡交社 2008.9.27
学校茶道(初級編) 千宗室監修 (財)今日庵制作 2003.1.1
裏千家HP キッズページ、大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」HP、北野天満宮HP
by terakoya21 | 2011-07-14 15:27 | Hello, everyone

不思議な宣長さん(てらこや新聞75号 吉田館長のコーナーより)

第四話 宣長、カラスを見て考える

和歌子 らんさん、何を見ているの。

らん  たくさんのカラスだね。冬になって寒くなるから、もう家に帰るんだ。

和歌子 ねえ、なんでカラスって言うのか、考えたことある?

らん  そんなこと考えたことないよ。

和歌子 そうよね、普通は考えないよね。ところで、らんさんは本居宣長(もとおり・のりなが)って知ってる?

らん  社会の時間に習ったよ。たしか「国学」だったよね。

和歌子 そう、宣長は松阪の人なんだよ。宣長はね、何でカラスって言うのか考えているのよ。

らん  えっ、宣長はカラスの研究家なの!

和歌子 違う違う。らんさんの言うように、日本の古典を研究して、国学と言う新しい学問を始めた人だけど、でもね、何にでも興味を持った人なの。どうして地球は何もない空間に浮んでいるのかとか、お味噌汁の「味噌」っていつからある言葉かとか。

らん  けっこうお暇だったのね、宣長さん。

和歌子 お医者さんやって古典を研究してとても忙しい人だから、そのこと だけを一生懸命調べるわけではないけど、今のらんさんみたいに、カラスがねぐらに帰って行くのを見た時、ふと、どうしてカラスっていうのだろうと疑問に思うわけ。するとね、頭の中のデータベースが動き出して、サンスクリットでは「迦迦【去引】迦」(カカーカ)って言うがこれはカラスという言葉と関係ないか。そういえば屋根の上の瓦は、サンスクリットで「キャハラ」と言うから、ひょっとすると外来語かな。それとも鳴き声から来た名前かな、なんて考えたみたい。

らん でも何でそんなこと考えるのだろう。

和歌子 きっと楽しかったのだと思うわ。でもそんな人だから新しい学問の扉を開くことが出来たのよ。
by terakoya21 | 2011-07-13 13:49 | 不思議な宣長さん

てらこや日誌

小学生の頃から知っている高校時代の友人の訪問

男は青。女は赤。これって決まりごと?(Excite Bit コネタ) - エキサイトニュース

「男は青、女は赤」というイメージとともに
大きさで悩み続けた幼い頃のわたしですが・・・

昨日、寺子屋に遊びに来てくれた友人の娘さんも、
まるで私の子ではないかと思うような中学2年生に育っているようです。

昨日遊びに来てくれた友人と私は同じ小学校に通っていて
私が小学校でとても仲良しだった友人の近所に住んでいましたが、
彼女は1つ年下で、高校時代留学で留年した私が1学年下の学年に入ってから
通学を一緒にしたり、特によく遊ぶようになった友人です。

小学校のときから
彼女はいつも髪の毛が長くて、ちょっと小さくて可愛らしく
ピンクや赤が似合う典型的な女の子という見た目・・・
私は、背も高くて、声も大きくて、赤やピンクが大嫌いで
青や緑を好んで着る感じ・・・

だったのですが・・・

昨日の話では、娘さんが、いつもズボンをはき、男の子のように育っているとのこと

確か彼女が生まれて間もないとき、会いに行ったときも
GAPの紺色のスエットを着せられていて・・・

私も、確か女の子が生まれたと聞いていたのに、
目の前にいる赤ん坊がどう見ても男の子にしか見えなくて

「え?女の子生まれたって言ったよね?」って確認して叱られました。

・・・でも、私も高校卒業まであまりスカートをはく子ではなく、
ピンクの服など一枚も持っていなかった。

彼女の娘さんのように、ドッヂボールが強くて、
剣道までやっていた・・・

けれど、私は今でもピンクや赤は嫌いだけれど、
ピンクの服も赤の服も着るし、スカートもそれなりに着る・・・

しかも、赤が女の人のイメージカラーだとしても
青いかわいい服だっていっぱいある。

だから、そんなのどっちだっていいと思う。

でも、よく考えると、幼い頃の親の意識って影響があるような気がする。

私の友人は、似合わないからって1歳くらいの頃から
娘さんに、青やら、紺やらの服を着せていたし
私の両親も、私のサイズが大きいからと
姉たちのお古よりむしろ、兄たちのお古を私に着せていた。

私の姪っ子たちは、我が家側では待望の女の子の孫で
夫側でも初めての女の子の孫だったので、
いっせいに、みんな挙って、かわいい服を彼女らに買っていた・・・

だから、似合う、似合わない以前に、
ピンクを好んで着る女の子になっている・・・

って考えると、結局、
男は青、女は赤は刷り込みのような気が・・・私はする。

(Y.K)
by terakoya21 | 2011-07-13 11:43 | 日記

スポーツのススメ(てらこや新聞75号 荒木先生のコーナーより)

「レッツ!筋トレ その2;正しい筋トレ」

これから身体を鍛えたいと思われる方は、大きい筋肉のトレーニングから始めると良いでしょう。代謝も上がりやすくなり、素敵なプロポーションにも近づき易くなります。

さて、筋トレの方法としては、以下の3つに大別されます。

①自重トレーニング:スクワットや腿挙げ、腕立て伏せなど

②フリーウェイトトレーニング:ダンベルやチューブトレーニング、バランスボールなど

③マシントレーニング:種々の器械を組み合わせて全身のトレーニングを行う

それぞれにメリット・デメリットがありますが、エコ・トレーニングとして気軽にはじめることができるという意味でも①や②がお勧めです。

大きい筋肉を鍛えるといって、いきなり腹筋を何十回か行うのも悪くはないのですが、腹筋や脊柱起立筋のように、姿勢を支える筋肉を先に疲弊させてしまうと、疲労感が大きくなり正しいフォームで以後のトレーニング続けることが難しくなります。

よって、最初に鍛えるとよいのは、大腿四頭筋(太ももの前側)です。膝関節を支える大切な役割がありますので、膝関節が悪い方や足腰の弱くなった高齢の方も積極的に鍛えるとよいでしょう。軽いトレーニングを回数多く行う、そして継続して行うことが大切です。椅子に深く座り、片足ずつゆっくり膝を伸ばして挙げ、ゆっくり降ろします。コツとしては足を降ろす際に、全部降ろしきってしまわずに少し上げたままにするとより効果的です。慣れてきたら、足首に重りを乗せるなど工夫をして、週3回くらいのペースで行いましょう。より本格的に下半身を鍛えたい方は、スクワットを行いましょう。大臀筋や大腿二頭筋(ハムストリング)、広背筋、大胸筋なども鍛えることができます。そして腹直筋や脊柱起立筋は、日々のトレーニングの最後に無理なく鍛えるようにしましょう。

筋トレの効果的を最大限に高めるコツは、やりすぎないことです。筋肉は負荷をかけると、損傷します。その損傷によって筋肉痛が起こります。傷ついた筋肉はそれを癒そうとして一定時間かけて自己を修復・肥大させます。このメカニズムを「筋肉の超回復」といいます。(超回復理論は賛否両論ありますが、個人的には腑に落ちます。)この超回復の期間、つまり負荷をかけた後の1、2日程度は休息をとることが望ましいとされています。超回復の時間は個人差があり、また部位やトレーニング習熟度によっても異なります。個々の実感として、徐々に見定めていったらよいと考えます。

また栄養の面でも、トレーニングをしている間は蛋白質と炭水化物を意識的に摂取しましょう。せっかく筋肉組織が肥大しようとしても、食事制限をして栄養不良というのでは元も子もありません。
また筋トレに慣れてきたら、徐々に負荷を強めていかないと、そこで筋肉の肥大が停止してしまいます。
次回は、重さという負荷を増やさずに、効率的に効果を発現する筋トレの仕方をお伝えいたします。

(その3に続く)

(K.A)
by terakoya21 | 2011-07-12 14:19 | スポーツのススメ

締切延長しました。

2011年 夏期講習 開講ご案内中

申込み締め切りを延長した夏期講習講座は・・・下記の通りです
申込み締切16日(土)です。

060.gif小学生・中学生講座
①小学4・5年生対象英語講座  
②小学生・中学生対象宿題勉強会  
③中学1年生 英語復習講座  

060.gif高校生講座

①高校1・2年生 基礎文法講座

高校生正規クラス
高校1・2年生英語長文読解力強化クラス  

060.gif高校受験講座
①中学3年生 受験数学講座  基礎 
②中学3年生 受験数学講座  標準 

詳しくはカテゴリ「2011夏期講習」をご覧下さい。


英検講座、大学受験対策講座など検討中です。ご希望をお知らせ下さい。

お問い合わせは寺子屋かめいまで

tel/fax 0598-21-0148  
email: terakoya@poppy.ocn.ne.jp
お電話での問い合わせは火曜日から土曜日の14時以降でお願いします。
by terakoya21 | 2011-07-12 10:38

上越だより (てらこや新聞75号 下西さんのコーナーより)

和算家・小林百哺、そして1844年

1844年12月、「北海道」の命名者といわれる探検家「松浦武四郎」(1818~1888・松阪市小野江町出身)は、鰺ヶ(あじが)沢(さわ)(青森県)に足止めされ、蝦夷地(えぞち)に渡る日程を延期せざるを得なくなりました。高野長英の逃亡の余波で……。

 江戸時代、国内で独自に発展した算数・数学のことを「和算」といいます。西洋の数学「洋算」の対義語として、「和算」と呼ばれました。和算家・小林百哺(1804~1887)は、今の上越市小猿谷に生まれ、幼児より神童と言われ、特に数学にその才を発揮し和算の塾(牙疇堂(げちゅうどう))を開きました。彼は、高野長英を匿った人々の一人として、吉村昭著『長英逃亡』に登場します。
c0115560_17561534.jpg
 小林は、京都、大坂の算学の大家にまなんで一家をなした。和算家で、その塾には名声をしたって、越後はもとより上州、信州からも多くの門人があつまっている。かれの学問探究の熱意は強く、長英から蘭学を学んだ内田としばしば交流し、西洋の天文学、測量の知識もふかめていた。
江戸時代の蘭学者・高野長英はもともと奥州水沢(宮城県)の医師で、江戸・長崎にて、医学のほか蘭学を学びます。シーボルトの鳴滝塾にも入門していました。蘭学を学ぶことは、世界情勢をよく知っていることを意味します。当時の日本の立場(鎖国)が妥当かどうかを含め、国防にも強い関心を寄せていました。それ故、長英は35歳の時(1839年)蛮社(ばんしゃ)の獄(ごく)で投獄されます。永(えい)牢(ろう)を命じられ、のちに牢(ろう)名主(なぬし)として終身刑を覚悟しますが、脱獄を企て、火事による切放し(きりはなし)(火事から命を守るため一時的に牢屋から出す法的措置。三日後に戻らなければ重罪)により牢屋を出ます。このとき長英40歳。三日の帰牢の約束を破り6年間もの 逃亡生活を送ります。この長英の「永牢」から「脱獄」「逃亡」を描いた物語が『長英逃亡』です。長英は、医師・塾での弟子・牢屋で出会った知人、などあらゆる人脈を頼り、  6年間逃げまくったわけです。江戸に妻子を残し、関東甲信越はもちろん、故郷・宮城  までの東北4県、江戸に戻って、また香川・愛媛・広島、東海道沿線の各地。長英は、脱獄した「お尋ね者」ですから、奉行所から全国に指名手配の「人相書」が配布され、「高札」において掲示されて、厳重警戒の中での逃亡劇でした。
長英が、脱獄したのが1844(天保15)年6月29日。そして、小林百哺を頼って越後・直江津今町に姿を見せたのは、その年の秋も深まったころでした。
1844年の上越は、高田藩主榊原(さかきばら)政令(まさのり)の統治していたころでした。当時の日本は鎖国状態ではありましたが、近海には外国船が出没する時代。隣国の清では、アヘン戦争で、英国に痛めつけられていました。高田藩では日本海沿岸警備のため、さまざまな試みがなされていました。その一つが、海岸線に大筒台場(だいば)を設けることで、小林百哺は、藩からその設計を命じられていました。そんな折、小林百哺のもとに「お尋ね者」高野長英が逃げ込んできました。百哺は驚いたものの匿い、近くに住む大肝煎りの「福永七兵衛」に長英の身柄をゆだねます。大肝煎りは、町民の代表として藩から大きな権限を持たされており、罪人を取り締まる側の立場だったのに。福永家文書には彼の人相書きが残されています。長英は12月中旬まで直江津「福永宅」に潜伏・逗留し、つかの間の休息を取ることになります。そしてこの間に、小林百哺の求めに応じて、大筒台場の設計をアドバイスしたと言われています。
上越の歴史家「渡辺慶一」さんは、古文書やこの地方の伝説から、長英が越後に逃亡したことをつきとめ(『続じょうえつ市の郷土史散歩』に詳しい)、それが吉村昭さんの創作の参考資料になったとのことです。

c0115560_1757467.jpg5月18日、海岸ぞいの舟見公園近くにある、昔の直江津今町、現在の上越市中央町を散策しました。ちょうど「3・8の朝市」が開かれていました。多種の野菜・山菜のほか、かわいらしい花の苗もたくさん売られ、路上に彩りを添えていました。朝市の近くに「小林百哺の塾跡」の碑(中央2)が、ひっそりと建っていました。その近くには、大肝煎りであった福永七兵衛のお屋敷もあったはずです。「福永神社」(中央4)があると聞いて、ついでに訪ねてみました。そこには、直江津の魚商人から「義人」と称されている「福永十三郎」が祭られています。福永七兵衛の先祖に当たる方です。
和算家・小林百哺を調べているうちに、はからずも吉村昭著『長英逃亡』に出会いました。そして、長英の生への執着心に圧倒され、長英を匿った人々の数の多さに驚き、また、その人々の「胆力」というべきものに感銘をうけました。(もちろん吉村氏の作品の力に負うことが大きいのですが。)同時に、なぜかくも多くの人が長英に味方したのか、という疑問もわいてきました。長英の人間的な魅力もあるでしょうし、長英の学識を尊いものとしたこともあるでしょう。私は、幕末から明治維新になだれ込む、民衆のパワーの源をみた思いでした。

c0115560_17572989.jpg
「洋算」を素材にした小説に『博士の愛した数式』があります。その著者の小川洋子さんは、今年の『文藝春秋3月号』で、「素数」について書いていました。今年の年号の23と2011は素数であり、「2011は連続する11個の素数の和であり、連続する3個の素数の和である」こと。今年は「素数に囲まれた1年」であり、「素数」は「頑丈で、清廉で、粘り強い」とその魅力を書いていました。が、私には、2011年がただならぬ年になる予言のように思えてなりませんでした。
by terakoya21 | 2011-07-11 17:58 | 上越だより

休日日誌

またですが・・・

昨日は高校時代の友人と
伊勢までランチに行ってきました。
お豆腐料理のお店に・・・

とうふ丼というシンプルなお食事をしたあと・・・
卯の花のチョコレートケーキをいただきました。
それが、とてもおいしくて・・・気に入りました。

こんな感じ

c0115560_10574941.jpg


伊勢には、おかげ横丁や伊勢神宮に行かない限り、
あまり行かないので・・・位置関係がわからず・・・
道に迷って到着しましたが、このチョコレートケーキで満足して帰ってきました。
…ナビに頼りすぎ・・・電話番号で目的地設定をしたのですが、
お店自体が新しいお店だったようで、以前その電話番号を持っていた
民家の方にたどりつきビックリ☆住所で設定しなおし、到着しました。

お豆腐丼もシンプルでおいしかったです。

お店の名前をすでに忘れてしまっている私・・・ですが。

ただ、冷房が直撃で、今朝は・・・かなりの頭痛に悩まされています。

夜は英会話の授業があるので、
今から少し休んで夜に備えたいと思います。

(Y.K)
by terakoya21 | 2011-07-11 11:03 | 日記

英語塾の寺子屋かめいの元気を発信します


by terakoya21
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る