人気ブログランキング |

<   2011年 04月 ( 40 )   > この月の画像一覧

休日日誌 ②

郵便受け・・・

今日は、午前中いろいろと自宅で雑用をした後
午後から教室へ行き、本の整理
(というより散らかしって感じもしないでもないけれど)
を少ししました。

というのも、昨年末に我が家の大工さんに作ってもらった
郵便受けのペンキ塗りに谷さんが来てくれるとの連絡をもらっていたので
ついでがないと、このところ、休日に仕事場に行く
気力を奮い立たせる(?)ことができないことが多く
休日は自宅で事務仕事を済ませるという感じになっていたので
教室でするべき仕事ををためていたからです。

c0115560_2320436.jpg


と・・・谷さんがこんな感じで仕事をしている間

c0115560_23211388.jpg


ちびちびと本を整理していました。

そして、その後、両親と食事に出かけ
1週間の買い物をして帰宅しました。

今朝の雑用の中で台所の大掃除を始めていたので・・・
そろそろ料理の道具を買い換えようと思い立ち・・・
今日は、フライパンと片手鍋・・・そして揚げ物用の鍋を
新しく買ってみました。

このところ体の調子が復調してきているのものの
いまひとつなので、マメに野菜を使って
料理をするように心がけていますが・・・
高校生にお弁当を毎日ように作っていたときと比べると
サボりすぎ・・・

台所は、料理をサボると汚れ方がひどくなります・・・

帰宅後もせっせと台所の整理をしながら・・・
今週はどういうものを作って保存していくかを
考えていました。

とりあえず…明日は台所の掃除を仕上げ・・・

後半に来るであろう卒業生のために作る料理でも考えようと思っています。

・・・まだ連絡がないので・・・
予定変更で来なくなったのかな?
なんてこともあるかもしれないのですが・・・

今日は疲れたので、この辺でお風呂に入ってから
寝ようと思います。

(Y.K)
by terakoya21 | 2011-04-30 23:27 | 日記

GW日誌

緑を楽しみました

今日・明日と法事のために福岡へ行く
だんなさんの両親を駅まで送るため、
今朝、だんなさんは早起きでした。

それで私も、
休日にしては早めに起床しました。

朝ごはんを食べ、洗濯物を干し、新聞を読んで・・・
明日は雨との予報なので、
今日出かけることにしました。

昨日会った友人が持ってきてくれた
占いのカードで・・・

「自然の空気を満喫して・・・」とか
「リラックスして」というような言葉があったこともあり、
久しぶりに、
滝原宮頭之宮四方神社に行ってきました。
c0115560_19572955.jpg

滝原宮では、
見上げるほどの木の高さ・・・
清々しい空気の中、お参りをしてきました。
緑の中にいると、
気分が安らぎますね。
本当にすっきりした、良い気分になりました。

最初は滝原宮だけのつもりが、
ここまで来たら・・・と、足を伸ばして
頭之宮さんにも行ってきました。

こちらも、清々しい気持ちでお参りをしました。

帰り道、道の駅で野菜を買ったりして、
半日、気持ちの良い休日を過ごしました。


今日の夕飯に・・・
久しぶりに不二家さんのやきそばを食べようと
夕方買いに出かけたら・・・

持ち帰り用を頼んで待っている間に、
不二家さんに嫁いだ中高時代の同級生が声をかけてくれて、
しばらくの間でしたが、
ちょっとおしゃべりしました。

おしゃべりの途中で厨房の方へ戻ってしまった同級生・・・
注文の品ができて、
お店の人に「よろしくお伝えください」と伝言して
お店を後にしようとしたら、
お子さんを連れて、出てきてくれて、
お見送りしてくれました。

偶然の、短い再会でしたが、
なんだかとっても心温まる思いがしました。

今日も、
のんびり、楽しい、良い一日でした。

(K.T.)
by terakoya21 | 2011-04-30 20:05 | 日記

GW日誌

久々に・・・

今日は、少し前にメールを貰っていた友人と会いました。

2006年の私の結婚式後、その夏に会って以来、
久々の再会でした。

待ち合わせをして、
まずはランチに行ってきました。

少し前に、別の友人と行った「杏(カラモモ)」さんに行きました。

11時半からのランチの時間より、
ちょっと早めに着いたのですが、
すでに一台、ランチ待ちの車が駐車場にいました。

11時半の開店とともに、お店に入って、
今日は、道沿いの一面窓越しの席に座りました。

のんびりと、ゆったりと・・・寛げる場所です。

定食ランチをいただきました。
今日のメニューは、
・春キャベツと海老のあんかけ&サラダ
・アロエスープ
・スパゲティサラダ
・ごはん
デザートにムースとみかんジュースをいただきました。

あれよあれよという間に、
休日ということもあるのでしょうけれど、
あっという間に満席になっていました。

お野菜たっぷりのヘルシー料理を、
ゆっくり楽しみました。

食事が出てくるまで、
友人が昨年行ったロッキー山脈の写真を見せてもらったり、
おしゃべりをして過ごしました。

ゆっくり過ごして、
今日のメイン会場へ・・・。

ランチももちろんしようということでしたが、
今日誘ってもらった一番の理由は・・・

松阪市文化財センターで開催中の
「星野富弘展」を見に行くことでした。

会場には結構な人数の人が来ていました。
一つ一つの絵をじっくり見ていきました。

私が持っている星野さんの本の中で
見たことのある作品もたくさんありました。

やさしい色彩と、やさしい詩。

素敵な時間と空間を楽しんできました。

群馬県にある星野さんの美術館も
いつかぜひ行ってみたいと思いました。


展示を見た後、
友人の口から「アニバーサリー」の名が出てきたので、
その後アニバーサリーへ。

毎度のことながら・・・
店内、人でごった返している感じでした(~_~;)

せっかくなので、お茶をしようと、
それぞれケーキを選び、
お茶しました。

ランチですっかりお腹いっぱいになっていたはずなのに、
甘いものは、やはり別腹!?
久しぶりのケーキ、美味しかったです。

そこでも、ゆっくりおしゃべりをして・・・

今日は一日、
5時間ほど、その友人との時間を楽しみました。


お家に帰ると、
だんなさんがすっかり洗濯物も取り込んで畳んでくれていました(^_^)


今日の夕飯には、
昨日、だんなさんのお母さんからいただいた
たっぷりのアサリを使って酒蒸しにして・・・
お腹いっぱいだったはずなのに、
夕飯も、しっかり、美味しく頂きました(^_^)

先ほどまで、
英国ロイヤルウェディングの生中継を見て・・・

楽しいGW一日目が終わろうとしています。


(K.T.)
by terakoya21 | 2011-04-29 22:24 | 日記

休日日誌 ①

連休1日目

今日は、とにかく「何も課さない」というのを目標に1日過ごしてみました。

ランチに以前父の塾で働いてみえ、ちょっと前まで英語塾をされていた方と
行った以外は、洗濯をしたり、掃除をしたり、facebookの返信を書いたり・・・
ゲームをしたり、食事を作ったり、テレビを見たりと・・・

仕事をしないとこんなに一日が長いのかと実感・・・

昔憧れた専業主婦・・・但し旦那様がサラリーマンという前提で・・・
したい!と・・・もともと1人で1日過ごしても平気な私は
やっぱり大丈夫かも?と思ったり、逆に専業主婦でないと
主婦業は向いてないかも?なんて思ったりしながら・・・

過ごしました。

そして、自分を精神的にも、体力的にも酷使していたことを
また、休日があることへの感謝を

しみじみ感じながら・・・

連休1日目が終わろうとしています。

これから寝る準備です。

(Y.K)
by terakoya21 | 2011-04-29 21:42 | 日記

てらこや日誌

連休前 最終日

明日から寺子屋もGolden Week・・・
今日は連休前最終日・・・最後まで張り切っていきたいと
思っています。

寺子屋かめいの長期休暇は・・・
基本的に年末年始とこのGolden Weekだけです。

というわけで、今年は明日29日(金)~5月5日(木)まで
お休みをいただきます。

休みが明けると実力テストや中間テストがすぐ始まるのですが・・・
そのための英気をしっかり子どもたちにも養ってもらって
私たちも、しっかり休養して・・・備えたいと思います。

その期間中のお問い合わせは、メールにてお願い致します。
また、休み中ですので、すぐに返信できない場合がありますので、
ご了承下さい。

email: terakoya@poppy.ocn.ne.jp
(Y.K)
by terakoya21 | 2011-04-28 14:59 | 日記

私も・・・

ライオンを飼いたいと思った時代があります・・・

ライオンをゾウをパンダを飼いたいあなたに贈る、ハウツー本の決定版(Excite Bit コネタ) - エキサイトニュース

昔、シェパード2匹、コリーを1匹・・・同時に飼っていて
庭が広かった上に、
夜は彼らも部屋の中に入れていたので・・・

コーヒーだったかのCMでグランドピアノと
ライオンがいる部屋のシーンを見たとき・・・

将来、私はライオンを飼って、こんな生活をしたい!

と夢見たことがあります。
(音符の読めない私にグランドピアノなど・・・
必要ないとは思うのですが、長い間そのシーンが
私の憧れの生活の一場面でした)

専用の冷蔵庫まではなかったものの
近所のお肉屋さんで骨(松阪牛のかな?)をもらい
鳥のレバーや砂肝を野菜と煮て
毎日大型犬の食事を作っていた母を見て育ち・・・

また、近所でメスのライオンを飼っていた方がいたので・・・

私も飼えるものだと信じていましたが・・・

結局、近所のライオンは市に寄付され
徐々に、あんな大きいリビングを持つおうちを建てるのは
無理だと感じるようになり・・・

そして、断然イヌ派の私は、ライオンがそれほどかわいく見えなくなり・・・

今に至っていますが・・・

飼ってみたいという気持ち・・・よくわかります。

そして、私が幼い頃、CMを見てライオンを飼いたい!と
思ったように・・・

ゾウが飼える家や宝くじに当たってキリンを飼っている人
・・・なんていうCMを見ている今の子どもたちは・・・

ゾウやキリンを飼いたいと思うかもねぇ~と
楽しい気分になりました。

(Y.K)
by terakoya21 | 2011-04-27 15:11 | 意見

お知らせ

5月開講 ご案内

現在、寺子屋かめいでは・・・

056.gifセントヨゼフ女子学園中学校受験応援講座

056.gif小学4・5年生英語講座

をご案内中です。

詳しくは上記リンクをクリックしていただくか
カテゴリ「寺子屋かめい」をご覧下さい。

(Y.K)
by terakoya21 | 2011-04-26 16:31 | その他の記事

中国案内 (てらこや新聞72号 吉田さんのコーナーより)

花粉の舞う季節になりました。

とは言うものの、一昨年くらいまではこの季節になっても、花粉症だと言う人に会い、「あ~花粉の季節がやってきたのかぁ~可哀想だなぁ~」…とその時初めて気付く、という具合に他人事で無関心でした。

しかし、去年あたりから何か鼻が少しムズムズする様な気がする…何かコンタクトレンズが入れ辛い…という日がちょくちょくあり、今年はついに本格的にデビューしてしまった様です。

以前から花粉症だった人の話を聞くと、病院には必ず行ったほうが良い!という人や、行っても行かなくても一緒だという人などいろいろな意見があり、私自身も深刻な病気でもないしなぁ~という思いがあり、なかなか動けずにいます。

もちろん留学中はまだ花粉症になってなかったのですが、周りも花粉症だという人も殆どおらず、花粉症だったという人でも、日本に比べると中国の方が花粉の量が少ないらしく(地方によるとは思いますが)中国に来ると症状が出ないということでした。

そんなことならこの季節だけでも中国に逃げ込みたいと思う今日この頃です。
by terakoya21 | 2011-04-26 14:56 | 中国案内

半休日日誌

ほくろ?いぼ?

ここ数年、左肩にあるほくろがかゆいと思うことが増えていて・・・
ただ、場所がちょっと微妙な場所で・・・
下着の紐が当たるし、服にすれるし・・・
という場所なので、かゆいのは摩擦によるもの
くらいの認識だったのが

この数週間で、倍以上の大きさになったので
これはもしかするとまずいかも???

と思い、今日病院に行きました。

市民病院の皮膚科を最初に考えたのですが
以前行った時の対応がちょっと嫌だったので
両親の知り合いのお医者様で、
実家から歩いていける距離の(市民病院も歩いて行けますが・。。)
皮膚科に行きました。

すると、見てすぐに・・・
「多分良性で心配はないだろうけれど・・・
ちゃんと検査した方がいいと思うから
市民病院に紹介状を書きましょう」

と言われ・・・結局その後市民病院に行ってきました。

そして、幼い頃から母もあったことを知っている
「ホクロ」のはずですが、
「イボ」じゃないかと言われ・・・ビックリ

場所が場所なので、血がでたり、皮が厚くなったりするのでは?
と言われ・・・ただ、ここ数週間(1ヶ月くらい)で急に大きくなったというのは
ひっかかるから・・・

切除することも考えたのですが
結構大き目の傷が残りそうだったので
今日のところは、病理検査・・・で良性か
悪性かを検査してもらうことにしました・・・

が・・・甲状線種が持病の私は、
細胞を採取する検査には結構慣れていたのですが
今回のは・・・1,2針縫う検査で・・・
麻酔をして、一部を切除というのにびっくり・・・

来週、GW中の間の月曜日に抜糸となりますが・・・

麻酔が効きにくい私・・・
痛かったら、麻酔増やすから言ってと
こういうときいつも言われるのですが・・・

痛みを我慢した方が早い感じがして
痛くても言えない・・・

ちょっと痛いかなぁ~と思いながら
数分で手術(?)は終わり・・・
痛みに強いほうの私にはたいしたことはなかったのですが・・・

その後が大変です。

麻酔のせいか、その後飲んだ化膿止めのお薬のせいか

2時過ぎから先ほどまで寝ていました。

昨日は一日大掃除をしていて・・・
今日も少ししたかったのに

そんなことはできそうにありません。
今日、明日汗をかくようなことはしないで下さい

と言われ・・・これから英会話の授業ですが・・・

今日、明日スローで行こうと思っています。

(Y.K)
by terakoya21 | 2011-04-25 15:57 | 日記

上越だより (てらこや新聞72号 下西さんのコーナーより)

味噌とこうじ

子供のころ、味噌汁というと八丁味噌を使った「赤だし」しか知りませんでした。それがこのみかどうかなど問題外で、食べていました。新潟に暮らすようになり、米糀を使った味噌汁をおいしいと感じて、もっぱら越後の味噌を食べるようになりました。しかし、松阪に帰ると、むしょうに「赤だし」が食べたくなります。

1月28日、「正善寺工房(しょうぜんじこうぼう)」にて味噌作りをしました。材料は大豆と塩と糀です。その工程は、軟らかくゆでた大豆をつぶすところから始まります。電動のミンチ機を使って、アツアツの大豆をつぶし、一方で糀と塩を混ぜます。少しさめたつぶし大豆と大豆の煮汁と塩入り糀を、片寄りの無いように丹念に混ぜます。樽(プラスチック製)に詰めるときは、空気が入らないようにブロック状の固まりを投げつけるように入れていきます。樽詰めが終わるとあとは、約1年適温の場所で寝かせます。「正善寺工房」は、材料を調達し、作り方の指導はもちろん保存管理まで行ってくれます。この日は、5人で40㎏分の味噌を作りましたが、その材料は、大豆15㎏(上越市吉川区産)・大豆の煮汁3リットル・糀15㎏(上越市町田醤油店製造)・塩7㎏(オーストラリア デボラ湖産)で、塩分11パーセントの味噌をめざします。昨年も1月に同様に味噌作りをし、12月に「手前味噌」が我が家に届きました。
c0115560_21535196.jpg

「正善寺工房」(上越市下正善寺)は、「NPO法人 食の工房ネットワーク」であり、地域の特産品を使用した農産物の加工製造・販売をしたり、地元の食材を活かした加工体験教室(味噌のほかに、漬け物・笹団子・そば・こんにゃくなど)を行ったりしています。

この味噌を使って、「スキー汁」の作り方を紹介しましょう。

「スキー汁」といっても、「豚汁」なのですが、軍隊でスキーの演習の時、学校でのスキー授業の時、このような「スキー汁」が作られたそうです。もはや、この地の伝統食になった「スキー汁」のこだわりは、いろいろあります。雪の白を表現するため「豆腐・大根」を入れること。スキー板、あるいはスキーのシュプールのイメージを出すため、大根・こんにゃく・にんじんなど短冊に(細長く)切ること。雪の上で使う「かんじき」を表現するため、ネギ・ゴボウを丸く切ること。芋は、ジャガイモではなくサツマイモを使うこと(当初、軍隊で鹿児島出身者が作ったから、とか?)。当初、スキー場で狩りをした兎を入れたそうですが、さすがに今は「豚肉」です。スキー発祥の地のメンツにかけて、この「スキー汁」は、冬季限定のメニューとして食堂や学校給食にも登場します。

「米麹(こめこうじ)」は、越後の味噌に使われますが、そのほかに様々な食品に使われていて、上越地方の食文化を豊かにしています。

2月26日に上越市の中山間地区に位置する奥住正一さん宅(上越市牧区大月)を訪問しました。

二階にまでとどく積雪はさすがに半分になっていましたが、まだ一帯は雪に覆われていて、遠く眼下に直江津の海が見通せる場所です。

奥住正一さんは、昭和7年生まれ。村役場を早期退職後、農業がやりたいと取り組んだのが、「こしょう」を作りであり、昔から地区に伝わる「香辛料」を作ることでした。「こしょう」とは、唐辛子の一種で、形はピーマンに似ています。収穫は緑から赤くなったときで、もちろん辛くなります。秋に収穫した「こしょう」を塩漬けにし、冬に「塩漬けこしょう」と糀・柚・酒粕をあわせ漬け込む「仕込み」をします。夏には糀が発酵しますので、まぜて空気を抜き、2年間ねかせて「製品」になります。

唐辛子の入った調味料に「ラー油」「豆板醤」「コチュジャン」などが有名です。が、上越の「唐辛子の入った調味料」は、「豆板醤」「コチュジャン」とちがって、にんにくが入ってないためか、辛いですがさわやかで、和風の料理にとても合います。うどんやそばの薬味に、鍋物やおでんなどにも。上越地方の唐辛子調味料の代表的なものに「かんずり」(妙高市西条)があります。そして、「かんずり」の会社が行う「寒晒し」(雪の上に唐辛子をまいてさらす)は、この地方の冬の風物詩としてテレビなどでも紹介されます。

奥住さんの作る唐辛子調味料は、保健所の認可がまだ下りないため、瓶詰めの製品には、まだラベルが貼ってありません。しかし、毎年1000本ほど製造される瓶詰め(110グラム500円)は、クチコミで愛好者のもとに届けられます。「からくてまろやか」な製品を「からまろ」と名付けて、晴れて世に出すことが、奥住さんの夢だそうです。

「糀」を使った発酵食品は、北陸地方あるいは、日本海側に多いような気がします。(厳密に、調査したわけではありませんが、そんな印象です。)冬の保存食を確保するため、必要性があったのでしょうか、発酵食品が北陸の風土とマッチしていたのでしょうか。

わたしの夫は、福井県の出身ですが、義母はお正月には、お節料理の他に「にしんのすし」を用意して、帰省する息子家族を迎えてくれます。「にしんのすし」とは、塩漬け大根と身欠きニシンを糀で漬けたものです。お正月の食卓では、「今年の味はどうや?」「ちょっと辛いなあ。」「ヨワッタ、塩入れすぎたかなあ。」「どうして、同じ味にならんのや。」などと、楽しい会話が続きます。
by terakoya21 | 2011-04-24 21:57 | 上越だより

英語塾の寺子屋かめいの元気を発信します


by terakoya21
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る