人気ブログランキング |

<   2010年 11月 ( 37 )   > この月の画像一覧

Bonjour! (てらこや新聞68号 谷先生のコーナーより)

79.5 MHz

食器洗いをする時、パソコンに向かっているとき、湯船に浸かっている時……毎日、毎週、決まった時間に流れるジングル、パーソナリティのよもやま話、リスナーからの メッセージ。だれかと約束をしているわけでもなく、だれかに強制されているわけでもない。それなのに、時間になるとついついスイッチに手が伸びる。ラジオは今や私の生活の一部分になっている。

東海地方にラジオ局はいくつかあるが、RADIO-i(愛知国際放送)の閉局以降、私の住む地域で聞くことのできるFM局は、radio CUBE(FM三重)とNHK-FMの二つになった。RADIO-iは2000年4月に名古屋で開局した外国語放送局だ。RADIO-iの番組には、日本語と英語だけではなく、韓国語、タガログ語、スペイン語などによるものもあり、番組の進行や途中に入るニュースも外国語で放送されていた。

高校生だった私にとって、ラジオ講座以外の時間にも外国語が聞けること自体が衝撃的で、新鮮だった。バイリンガル(あるいは3言語以上を操る)のパーソナリティの話す外国語は、はっきり言ってチンプンカンプンだった。しかし、わからなさ加減も度が過ぎると、逆にストレスではなくなる。何語かすらわからない言語を聞きながら、外国で暮らすとこんな感じなのかなぁと想像し、スピードの速さに凹んでしまった英語も、知っている単語が聞き取れると嬉しく、いつかこの番組を楽しめるようになりたいなぁと思った。「すぐには手が届かないけれど、それほど遠くないところに世界は広がっている」―ラジオは私にそう教えてくれた。

9月30日のRADIO-i閉局、それはスポーツ選手の引退にも似ていて、10年6ヶ月という時の移り変わりを感じずにはいられない出来事だった。

FM周波数
radio CUBE(津)78.9 MHz
NHK-FM(津)81.8 MHz
(RADIO-i(名古屋)79.5 MHz)
by terakoya21 | 2010-11-30 21:29 | Bonjour

休日日誌

2年ぶり

昨年は受けそびれてしまったので、
今年はちゃんと行ってきました・・・健康診断。

7月に手術を受けた病院に予約し、
朝の8時からの検査だったので、
朝、送り出すだんなさんと同じ時間に起きて、
洗濯、お風呂の掃除を済ませ、
昨夜の9時以降は絶飲食だったので、
お腹をすかせながら、病院に向かいました。

この病院で健診を受けるのは初めてのことだったのですが、
朝8時って早いな~と思いながら、
受付に行ったら、
すでに結構な数の人が受付や受付ロビーにいて、
少々びっくり・・・。
確か健診の期間は12月いっぱいだったと思うのですが、
結構混んでいるんだ~と、
最初からちょっと困惑気味に受付しました。
自宅にて準備してきた
大腸検査と尿検査を提出し、
受付を済ませ、検査着に着替え、
番号を呼ばれる順に、
採血、視力検査・・・

そして初めて、乳腺エコーを受けました。
エコーの器具をそれぞれ左右の胸部にぐいぐい押され、
片方ずつ、結構念入りにするんだな~
なんて思いながら、受けました。

続けて、心電図、胸部X線、
身長・体重測定、血圧・脈拍測定、聴力検査と進みました。

そして、最大の難関・・・胃十二指腸検査です008.gif
炭酸どころか、
お茶やお水などを飲んでも、すぐにゲップが出てしまうので・・・
この検査は非常につらい・・・007.gif
まず最初の炭酸の粉末だけで、
すでにゲップが出そうになり、バリウムを飲み干して・・・
ゲップを我慢するだけでも、非常につらい・・・008.gif
ゲップに注意して・・・と思っていても、
「はい、うつぶせになって・・・」
「次は左斜めに向いて・・・」
「右側からうつぶせになって、そのまま仰向けに・・・」
と、次々出される指令(?)に必死についていくうちに、
ゲップが出そうになること数回・・・008.gif
途中で追加で飲み干すように指示されるバリウムを飲んだら、
もう、限界・・・って感じでした。
なんとか無事、終了で、最難関を切り抜けたといった感じです042.gif

その後、医師との面談までに40分ほど待ちました。
その間に、下剤の薬を飲み、
無料でコーヒーなどの飲料を飲めたので、
空き腹にコーヒーを飲み、
ご自由に・・・という表示に味をしめて(?)キャンディーをなめ・・・

医師との面談までに、
簡易版で結果の分かるものを用意してくれているので、
待ち時間があったようです。

医師との面談時には、
胸部X線、心電図、血液検査の結果、尿検査の結果を
知らせてもらいました。

7月の手術を受けるにあたって6月に
X線と心電図の検査は受けていたので、
その結果とも比較し、異常なしとのこと。

血液と尿の検査結果を診て、
先生が・・・
「はっきり言ってですね・・・」と前置きされたので、
「なに?!」と構えてしまったら、
「非常に素晴らしい値です017.gif」と太鼓判をいただきました。

詳しい検査結果は3週間ほど後に郵送されるそうです。

今回、初めて総合病院で健診を受けましたが、
総合病院での健診は、
なかなか良かった・・・と思いました。

自宅に10時半ごろ帰宅し、
それからはバリウムを出すため、
水をたっぷり飲用。

着物の着付け教室がお休みの母が、
今日は買い物に行って欲しいということだったので、
その後は、飲料水持参で、ショッピングに出かけました。

久しぶりに母とゆっくりショッピングを楽しみ・・・
と言っても、
私は、霧吹きスプレーのボトルとレギンスを買っただけですが・・・
ゆっくり過ごせました。

土曜日に母が京都に行ったお土産をもらって、
自宅に戻り・・・

なんだかまだ、胃がすっきりしないものの、
ちゃんとバリウムは排出されたようで・・・
ホッとしています。


昨年は、
受けそびれてしまいましたが、
年に1回は、
ちゃんと自分の体のことを知る機会を持つことは大切なんだな・・・
と、妙に納得した一日でした(~_~;)

(K.T.)
by terakoya21 | 2010-11-29 22:49 | 日記

休日日誌

Thinking about my loved ones over the weekend

11月26日は私の大切な人の命日です。
そして、FACEBOOKに

「Today I would like to pray for a friend who died three years ago around this time, and hope I could be as nice a person to my friends as he was to me:). 」
(今日私は、3年前に亡くなった友人のために祈り、私も彼と同じぐらい良い人になりたいと願います)

と書き込んだところ・・・

共通の友人から

「I'm praying, too;)」
「ぼくも、祈っています」

とコメントが、昨日ありました。

こういう心遣いがこのところ妙に嬉しいのは、年をとった証拠でしょうか。

このコメントをくれた友人、
私と亡くなった友人がとても仲が良かったことを知っていたのに、
そして、私と頻繁に連絡をとっていたのに・・・
彼が亡くなったことを知らせてはくれませんでした。

今年の夏、彼の死を知ったとき、
すでに共通の友だち2人が彼の死を知っていたのに、
私に知らせがこなかったことが、とっても寂しかったのですが
今から思うと、彼らの友情の優しさを、感じます。

おそらく3年前、その死の知らせをもらっていたとしたら、
私は、立ち直ることができなかっただろうし、
それを彼らは察していたのではないかと思うのです。

そして、今年、FACEBOOKにこのコメントを載せた私は、
この共通の友人に、
もう私が知っていること、そして立ち直っていることを
知らせたかったという気持ちもありました。

私は、この共通の友人の優しさに感謝していることも・・・。

それが通じているなと思えるコメントに・・・
亡くなった彼の与えてくれたものの大きさを感じました。

この共通の友人は、亡くなった彼がいなければ友人には決してならないであろう人です。
けれど、亡くなった彼以上に、かけがえのない友人になりつつあります。

(あ、いつものように付け加えておきますが、
彼は23歳で出会った運命の女性と去年結婚した既婚者です☆)

_____________________
そして、昨日から、友人から複数メールが届いていて、
返信ができていないのですが・・・
(こんなに長々ブログを書くぐらいなら返事しろって???)

昨日は、先日ワインをくれた友人から
「てらこや新聞」が届いたとのメール&なが~いメッセージや、
高校時代の友人から、次いつ会えるかというメール・・・

そして、今日届いた友人のメールには、
てらこや新聞のお礼と
先日私が書いた中日新聞の投稿について書かれていました。

母にも同じことを言われたのですが・・・
「いつものあなたと比べて柔らかい」文章だったとか・・・

そして、最後に、「これからもどんどんいろんなところで発言して下さい」とありました。

ははは、そんなこと言ったら、調子にのるじゃん!!!

このところ、
てらこや新聞&FACEBOOKは、
私にとって、友だちとの絆をしっかりと結びつづけるものになっていて・・・
・・・友人のありがたさを改めて知る週末になっています。

生徒や保護者の皆さんとの絆にもなっていることを願いながら・・・

(Y.K)
by terakoya21 | 2010-11-28 23:02 | 日記

お知らせ

2011年度入学ご案内

松阪市立中学校入学予定の現小学6年生クラス

小学生英語体験講座

セントヨゼフ女子学園受験応援講座


のご案内は・・・
カテゴリ「寺子屋かめい」をご覧下さい。

(Y.K)
by terakoya21 | 2010-11-27 23:55 | その他の記事

てらこや日誌

めずらしく慌しい土曜日・・・

今日は、2時から水曜日に問い合わせをいただいていた
現小学4年生の生徒とご両親と面談があり、
その後、谷さんに頼んであった、小学生の授業の
お手伝いに入り・・・

そのクラスも少し延長したので・・・

少し休憩すると、高校1年生の授業がすぐ始まり、

その授業が終わるか終わらないかの頃に

世界史勉強会の高校3年生がやってきて、

勉強会の後は、シニアの生徒さんの授業で・・・

最後まで、ずっとしゃべっているか、動いているという感じの1日でした。

が、GOOD NEWSがあったのと、
皆、それなりにやりがいを感じられる授業や、
楽しい面談だったので・・・

今は疲れたという感じはありません。

充実した1日でした。

GOOD NEWSは・・・

世界史勉強会に参加している生徒の1人の指定校推薦の入試の結果が

053.gif合格053.gifであったこと。

今週は週初めにも、もう一人指定校推薦で合格の結果が出ていて・・・

ほっとしました。

指定校推薦ということで、合格の確率はかなり高い入試でしたが

神戸女学院&東京女子・・・と名門校だったので・・・
侮ってはいけないと思っていました。

2人とも竹川さんと私の母校の生徒ですが・・・
特に、東京女子は、私達の時代にはなかった指定校推薦枠で・・・
どんなものかわからないところもあり・・・

中学1年生に入学する前から、ずっと成長を見てきた生徒で、
志望理由書の作成から、いろいろと話を聞きながら
関わってきた者としては・・・かなり気にはかかっていたので
本当に、よかったと思います。

これからも、英検などにチャレンジするために寺子屋にしばらく来てくれるとのこと

入学までのもう少しの間、しっかり自分磨きをしてほしいと思います。

(Y.K)
by terakoya21 | 2010-11-27 23:35 | 日記

久しぶりに

『武士の家計簿』石川県先行公開

映画 - エキサイトニュース

映画を見に行きたいな・・・と思うのですが、
なかなか見に行けず・・・

去年の春くらいから見に行っていないのかな・・・
記憶にないくらい、
前に映画館へ見に行ったのは前のことです。


結婚以来ずっと家計簿をつけています。
お金の収支はもちろんですが、
その日の夕食の献立を記録するのにも使っています。

今までずっと同じ家計簿を使っていましたが、
来年は気分一新!? 違う家計簿を使ってみようと、
先日、あれこれ見て、購入してきました。


この「武士の家計簿」、見に行けたら良いな・・・と思っていますが、
どうなるでしょうか(~_~;)

(K.T.)
by terakoya21 | 2010-11-27 23:15 | 日記

まえがき (てらこや新聞68号 竹川のコーナーより)

~言葉の表情~

普段何気なく使っている「言葉」が、とても気になる時があります。

例えば「やつ」や「やる」という言葉。

これらの言葉を見聞きするといつも、高校時代の国語の先生が思い出されます。配布されていたプリントのことを意味して「この前、配ったやつ…」などと言おうものなら、「今、何と、おっしゃいましたか…。」と困惑の表情を浮かべたその先生の様子が今も脳裏に焼きついていて、「やつ」という言葉を聞いたり言ってしまったりすると、今でもドキッとします。

また、「がんばって」という言葉。

私の父は、11年前に亡くなりましたが、病院に行った時には既に手の施しようがなく、短い余命をどれだけ延ばせるかという治療しかできませんでした。闘病生活中、母も私も父にはその事実を告げずに通しましたが、きっと余命が短いと分かっていたのであろう父は、お見舞いの方たちに言われる「がんばって」という言葉に、ぼそっと「頑張りたいけれど、頑張りようがないこともある」と言ったことがありました。「がんばって」という言葉はどんな状況にも使いやすくて、たやすく口にできる言葉ですが、それ以来、私は「がんばって」という言葉を簡単に使えなくなった気がします。

「同じことを経験したとしても、感じ方や受け取り方は人それぞれだから、話を聞くことしかできない、話ならいくらでも聞くから、私には何でも話して良いんだよ」と言った友人がいます。

困難な状況にいればいるほど、その人にかける言葉というのは難しい…。どんな励ましの言葉よりも、友人がかけてくれたこの言葉に、その時の私はどれほど気持ちの救われる思いがしたことでしょう。

そして生徒たちの言葉を聞くと、単語だけの会話や変に略された言葉の何と多いことか…と、日々実感させられます。

何気なく使っているけれど、言葉なくして私達の生活は成り立ちません。他の人から発せられる言葉を、伝えられる内容を受け止められる寛容さを、そして、私の言葉が他の人にどう受け止められるのか…発する前に一考できる心の余裕を持ちたいと思う今日この頃です。

皆さんの「言葉」は、どんな表情をしていますか?

(K.T.)
by terakoya21 | 2010-11-26 15:14 | まえがき

クリスマスの思い出といえば・・・

前向きなシングルクリスマスの過ごし方

前向きなシングルクリスマスの過ごし方(エキニュー恋愛総研) - エキサイトニュース

クリスマスの思い出と言われて、
私がまず思い出すのは、大学1回生の時のクリスマスです。

確かクリスマスと言えば、
もう大学の講義が終了していたと思うのですが・・・
年末年始、実家にいつ帰ろうかとか、
冷蔵庫の中身を空っぽにしておかなくては・・・とか、
帰省中の新聞配達を断っておかなくては・・・とか、
それなりにいろいろと考え事があって・・・

大学1回生のクリスマスのその時期、
私には付き合っている彼はいなくて・・・

だからと言って、
決して負け惜しみなどではなく、
一人なら一人で、
私には、クリスマスと言っても、
いつもの一日と変わりなく・・・

いつもどおりに夕飯を作り、食べ、
夜にはテレビを見て過ごし・・・

と思っていたところへ、
ぴんぽーん

誰?と思いながら、確認すると、
同級生の女の子でした。

ドアを開けると、
「ひとり?」と聞くので、
「そうだけど・・・」と言うと、
その彼女・・・

「さみしいよね~007.gif一緒に過ごさん?」
と言いながら入ってきました。

さみしい・・・ことは、ないな・・・039.gifと思ったものの、
せっかく来てくれたのだし・・・と
部屋にあがってもらったら、
彼女が取り出したものは・・・

「クロスワードパズルでもしよ!」

なんでクロスワードパズル!?
女の子二人で、クロスワードパズルをしているほうが、
なんだかさみしいような気もするけれど・・・
と思いながらも、
言われるままにクロスワードパズルをしたのでした・・・。


どれくらいの時間がたったのか忘れてしまいましたが、
その後、また、
ぴんぽーん

誰よ!?と思いながら、確認すると、
もう一人、同級生の女の子が立っていました。

ドアを開けると・・・
彼女の手には、真っ赤な数十本ものバラの花束があり・・・
どうしたの?と思ったら・・・

「これ、もらったんだけど、
まだ、このあと、違うところへ行かなくちゃいけないから、
悪いんだけど、この花、預かってもらえない?」

綺麗な深紅の花束を預かり、
私と先の同級生は、またクロスワードパズルをして過ごしたのでした・・・。


・・・というクリスマスを、
私は、いつも思い出します042.gif

大学3回生のときのクリスマスをどう過ごしたかは覚えているけれど、
2回生、4回生のクリスマスに関しては・・・
記憶にない・・・(^^ゞ
それほど、1回生の時の、このクリスマスは印象に残っています。


私は、特にクリスマスを恋人通しで過ごそうなんて思っていなかったけれど
(一緒に過ごしてくれる彼もいなかった・・・と言う方が正しいのですが・・・)
よくよく考えると、
どちらの同級生も、
きっと(確実に?)
私が家にいるということをわかっていたということか!?と思うと、
なんだか複雑な気分になったクリスマスだった・・・と
今では懐かしく、
それはそれで、
面白い大学時代の思い出のひとつだと思っています。

けれど・・・
クリスマスだからって
別にシングルならシングルで、カップルならカップルで、
過ごし方はそれぞれ・・・
「前向きに過ごす方法」なんて
一生懸命、考えることではないかな・・・


今の私は
クリスマスの飾りを
部屋に少し飾って楽しんではいるけれど、
クリスマスの日の過ごし方なんて、
人それぞれでいいのでは?と思っています。

(K.T.)
by terakoya21 | 2010-11-25 18:50 | 日記

受験勉強に限らず・・・

会社役員に聞く、受験勉強の経験は仕事に役立ちましたか。

経済コラム - エキサイトニュース

受験勉強に限らず、学校で勉強することって・・・
役に立っていると私は思います。

人生において、しなければいけないことが全て自分のしたいこと
なんてことはありえないことで・・・

いかに、そのしなければならないことを自分に役立てるかは、
自分次第だと私は思います。

私にとって、受験勉強も学校の勉強も、
「目標に向けて努力する姿勢」を培うもので
今もそのときの努力が役に立っていると感じます。

(Y.K)
by terakoya21 | 2010-11-24 14:47 | 意見

お知らせ

2011年度入学ご案内

「松阪市立中学校入学予定の現小学6年生クラス」

「小学生英語体験講座」

「セントヨゼフ女子学園受験応援講座」

のご案内は・・・
カテゴリ「寺子屋かめい」をご覧下さい。

(Y.K)
by terakoya21 | 2010-11-23 16:09 | その他の記事

英語塾の寺子屋かめいの元気を発信します


by terakoya21
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る