<   2010年 04月 ( 37 )   > この月の画像一覧

あとがき (てらこや新聞60号 亀井先生のコーナーより)

2010年3月5日、寺子屋かめい開校10年目が幕を下ろし、3月6日に11年目がスタートしました。この10年間、大勢の人と出会い、多くの人と語り、さまざまな子どもたちと時をともにしてきました。また、この「てらこや新聞」も今月号で、発行から5年目を終え、来月、6年目の幕を開けます。

多くの出会いに-特に子どもたちに、支えて下さった方々に感謝したいと思います。もちろん、この新聞発行を支えて下さっているのは、連載記事を毎月せっせと送って下さる方々と読者の方々です。今月も年度末の忙しさにもかかわらず、寄稿をありがとうございました。これからもどうぞよろしくお願い 致します。

個人的にはジョニー君にも感謝です(~_~;)…

さて、今回の記念号に寄せたエッセーでも触れましたが、私はこのところ人々のつながりの破綻に危惧の念を抱きます。友情、近所づきあいなどの横のつながりもそうですが、先生から生徒、親から子、先輩から後輩への縦のつながりの破綻には目を覆いたくなることがあります。そのつながりの破綻は、私たちの平和、日々の平穏を脅かしうるものです。

私が今までの人生の中で出会った友人の中で最も印象に残っている人の1人に、パレスチナ人のマムードという私より1つ年上の男性がいます。彼の人柄と言葉が今でも私の生きていく上での指針でもあり、支えでもあります。

イスラムの教えに「旅人を助けよ」というものがあるそうです。「困っている人を助けよ」という意味のようですが、私がアメリカに住んでいる頃、多くのイスラム教徒と出会いましたが、彼らは皆、その教えを実践していました。「困っている人を助ける」という行動を今自分が実践すれば、自分だけではなく、自分の愛する人々も困っているとき、必ず誰がが、助けてくれるはず…日本の「情けは人の為ならず」と同じことです。そして、マムードのその実践は、切実で、説得力のあるものでした。彼のお母さんや他の家族は、パレスチナの地で生活していましたが、彼はお兄さんとともに、アメリカに移住することで遠くにいる家族を支えていたのです。自分の運命を恨み、嘆き悲しんでもいい立場の人なのに、彼は泣き言や恨み言も言わず、悲しい出来事が私に起こったときには、すぐそばにいて、胸を貸し、支えてくれる人でした。そして、時々、自分が経験した辛いことも、静かに、優しく話してくれるのです。

戦争と隣り合わせで暮らし、生まれたときから平和を知らずに育った人々でも、人のつながりを大切に、他人を慮る行動がこんなに自然に出来るのに、戦争を知らない私たちは、なんと浅はかなのだろう。そんな風に感じることが多くあります。

そして、マムードは、パレスチナと私を結ぶ親善大使です。また、私は、今までに出会った全ての外国人が彼らの国や文化圏と私を結ぶ親善大使だと考えています。ですから、私も、日本とその人々とを結ぶ大使でありたいといつも思っています。テキサスの友人たちも、その子どもたちも、家族も日本がアメリカでどのようにバッシングを受けても、「Yoshieの生まれ育った国が悪い国のはずはない」と信じてくれています。そして、私は、アメリカがどのように世界から非難を受けても、彼の国がどんなに素晴らしい人々の国であるかを知っています。イスラム教徒が世界でどんな風に敵視されても、私はイスラム教徒の方々がどれほどの善人であるかを知っています。世界はそんな一人一人の育む絆を土台に成り立っているのです。

世界に目を向けなくても状況は同じです。子どもたちは、家族の鑑です。生徒は学校の代表です。彼らが外から非難を受けたら、非難を受けているのは、彼らのそばにいる人々全てです。先生や、親、政治家が悪いとしたら、社会全体でなぜそうなのかを考えなくてはならないと私は思います。彼らは私たち日本社会の代表なのです。非難の応酬、責任転嫁は、もうやめにしませんか。

自分一人の行動で、すぐに世の中が変わるわけではありません。それでも、その1人1人が行動を変えれば、世の中は変わるのです。日本の将来を暗いとする若者が多いそうです。一方で、自分の将来は明るいと考えているのだとか…。自分の将来を明るくするために、日本の将来を考えてくれる若者が増えてくれることを願いながら、私たちはまだまだ、自分たちの信念を貫く努力を続けたいと思います。皆さん、これからもご指導、ご鞭撻、そしてご協力よろしくお願いします。

(Y.K.)
[PR]
by terakoya21 | 2010-04-30 15:31 | あとがき

休日日誌

祝日

普段は祝日でも授業のある寺子屋ですが、
GWは例外で、今日はお休みでした。

先週、高3の授業の時に、今日がお休みになることを言いそびれたので、
後日の授業前に今日がお休みだと告げたところ、
案の定、生徒たちの反応は「やった~!!」だったのですが・・・

それはそれで、何だか悔しい気持ちにもなり・・・
反撃(?) 「何の祝日かは知ってるのよね?」

返ってきた答えは・・・「国民の日」でした008.gif


さて、今日のお休みは・・・
私にとっても嬉しいお休みでした。

週の半ばにお休みがあるというのは、何だか嬉しい気分。

だんなさんは通常通りの勤務だったので、
朝5時半には一旦起きて、朝食の準備をし、だんなさんを送り出しましたが、
その後、二度寝をし・・・

朝のうち雨も降っていて、曇り空だったので・・・
いつもの洗濯しかしなかったのですが、
晴れ間が出てきたので、手袋やマフラーなどの冬物を洗濯し、
今日は、前から実家の母の買い物に付き合う約束をしていたので、
母と一緒に出かけてきました。

6月の初めにお出かけをするらしい母は、
その頃に羽織れそうな薄手のシャツが欲しかったらしく、
婦人服売り場をおよそ2時間弱うろうろして、
迷いに迷って2着購入しました。

私もせっかくなので(?) セール品で半額になっているカットソーを購入しました。

時間はすっかりお昼時を過ぎてしまったので、
サンドイッチを買って実家に戻り、
遅めのお昼ご飯をとって、
その後、出してあるクリーニング品を取りに行きたいというので、
また車で出かけ、
ついでに野菜苗と花苗を物色しに行きました。

苗自体は母も私も今日は買わず、目星だけ付け帰ってきました。

その後、実家でいろいろ母と話をして5時過ぎまで、
ゆっくり過ごしました。

自宅に戻って、洗濯物を取り込み、夕食の準備をして、
ようやく今、ほっと一息ついているところです。

明日一日仕事の後は連休。

特に何の予定も立てていない今年のゴールデンウィークですが、
お家のこまごましたことをしたり、
出しそびれているてらこや新聞の送付準備をしたり、
本を読んだり、
しかけて置いてあるままの編み物を再開したり、
写真の整理をしたり・・・
と、したいことは山ほどあるのですが、
あんまり張り切りすぎず、ゆったり過ごそうかと
今のところは思っています。

(K.T.)
[PR]
by terakoya21 | 2010-04-29 19:21 | 日記

休日日誌

昭和の日

朝、外に出て、冷たい雨にちょっとびっくりしましたが、
すぐに晴れ始め、穏やかな一日を

私もそれなりに穏やかに過ごしました。

昨晩、書き始めたら完成したエッセーを朝、再読して仕上げ
その後、明和のジャスコに母と出かけました。

混んで来る前に必要な買い物を済ませ
帰ってきました。

で、あとはのんびり、何をするでもなく、過ごしています。

今は、実家に立ち寄って、家でパソコンを見なくても良いように、
ここでブログを更新して、
今日は夜もゆっくりして、
早めに寝ることにします。

明日、平常通り仕事をしたら、
しばらくお休みです。

明日一日のことですが、体は、それに備えたいと思います。

(Y.K)
[PR]
by terakoya21 | 2010-04-29 18:09 | 日記

稲佐山通信 (てらこや新聞60号 寺子屋生の投稿)

坂本龍馬。
僕が彼と出会ったのは、中一の頃だったと思う。当時、父から勝手に借りた「竜馬がゆく」を読みふけり、幕末には凄い人がいたんだな、と感動したことを憶えている。そしてそれから三年後、まさかこんな形で龍馬と再会するとは思っていなかった。そう、大河ドラマ「龍馬伝」である。

第二回となる今回は、「まったく新しい龍馬像を作る」として始まった「龍馬伝」にフォーカスを当てます。
“よろしくどーぞ!!”

僕が「龍馬伝」の事を知ったのは、福山さん主演のドラマ「ガリレオ」の映画版である「容疑者Xの献身」が上映され始めてまだ間もない頃だった。学校から帰宅し、祖母からその情報を伝え聞いたのだ。「女性セブンに書いてある」と。
 
まさか、そんなわけないだろうと思いつつ、震える手でページをめくると、確かに「福山雅治、2010年大河ドラマ『龍馬伝』で主演を務める」と書いてある。その時の興奮は今も忘れられない。正直、それまで観るのを楽しみにしていた「容疑者Xの献身」の事が頭から吹っ飛ぶ程だった。

その日から、毎日、「龍馬伝」の事を考えて過ごした。龍馬の結婚相手であるお龍役は誰がやるのだろうなとか、33歳で暗殺された龍馬を40歳の福山さんが演じることができるのだろうか、とか…。


そして、待ちに待った「龍馬伝」の第一話が1月3日に放送された。

子供時代を30分ぐらいで終わり、いよいよ福山さんが演じる龍馬が満を持して登場。しかし、この時、僕は違和感を感じる。どうしても龍馬が龍馬ではなく、福山さんに見えてしまうのだ。確かに土佐弁を喋っている。刀も差している。しかし、福山さんにしか見えない。もやもやとしたまま話は進み、「龍馬紀行」で桂浜を紹介して第一話は終わってしまった。

考えてみれば当然なのかもしれない。司馬遼太郎さんが描いた竜馬と、福山さんが演じる龍馬は違うのだから。そんな諦めに似た気持ちのまま、第二話を迎えた。

しかしこの二話のあるシーンで、福山さんにしか描けない龍馬があるんじゃないかと、僕は気づいた。そのシーンとは、龍馬が三味線で弾き語りをしているシーンだ。
 
陽気な土佐侍らしく、歌が好きで乙女姉やんに仕込まれた三味線もうまかったという龍馬。ギターを愛し、歌うことで生きてきた福山さん。そんな人だからこそ、「全く新しい龍馬像を作る」ことができるんじゃないか、そう感じたのだ。


それからは、毎週日曜日が楽しみで仕方がない。これを書いている今も、三味線を弾くシーンがあるらしい次回(第十一話)が待ち遠しい。


次回は、『春、それは新たな始まりの季節』というわけで、福山さんの色々な「ハジマリ」の歌を特集していきます。
次号を“震えて待て!!”
[PR]
by terakoya21 | 2010-04-27 15:14 | その他の記事

てらこや日誌

思いがけないメール

今日は、朝から寺子屋に来ています。
夕方から英会話の授業があったからです。

ただ、お昼ごろ、両親と一緒に、深緑茶房に行ってきました。
毎月の新聞配達です(~_~;)

久々に和みパフェ063.gifをいただきました。父は、深緑茶房がお気に入りで、
帰宅すると毎月、「いい時間をありがとう」とご機嫌です。

そして、昼過ぎに教室に戻り、世界史の宿題作りをしたのですが
その前に思いがけないメールが届いていて
外の気候同様、ほのぼのと暖かい気持ちで、
一日を過ごしました。そして
先ほど、2つの英会話の授業を終えました。

この英会話の授業も、公民館から寺子屋に場所を移してから
楽しさ倍増です。私の実感なので、生徒の方々がどう思っているかわかりませんが・・・

その上に、今日のメールは、以前寺子屋に通っていた生徒のお母様からで
3人のお子さんの近況が綴られていましたが、
涙が出るほど、うれしい内容でした。

次号のてらこや新聞に掲載できるように
今お願いしているところなので、その返事を待って
内容は、報告したいと思いますが・・・。

沢山、悩みもありますが、
やっぱりこの仕事はやめられません053.gif

(Y.K)
[PR]
by terakoya21 | 2010-04-26 21:55 | 日記

休日日誌

牡丹

昨日は一日暖かな良いお天気でした058.gif058.gif

4月は雨続き、気温も低くて、「春らしい」とは言いにくい気候が多くて、
気持ちのいい晴れ間に、
早速家中のマット類を洗って干しました。

買い物に行く前に、
あまりにもお天気が良かったので、どこかに行こうと
ドライブ中に思い立ったのが・・・

前日の新聞で記事を見た、朝田寺の牡丹。

見頃だということなので、行ってみました。

朝田寺に行ったのは何年ぶりのことでしょうか。
私自身が車を運転して訪れた覚えがないので、
亡き父の運転で行ったのだとすれば、もう十年以上は確実に前のこと・・・。

楽しみにしながら車を走らせると、
さすが新聞に出ていただけのことはあります・・・
かなりの車が朝田寺に向かっていました。

早速牡丹の花を楽しみました。
c0115560_20445867.jpg
c0115560_20451137.jpg


立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花・・・

ほろほろとはなびらをほころばせて咲く牡丹の花は、
私の手のひらよりも大きな花も多くて、
とてもきれいでした。
かなりの量の牡丹の花、この手入れだけでも大変そう・・・と思います。

あじさいもたくさん植わっていたので、
あじさいの季節もきれいなんだろうと思います。

清々しい気分になりました。

(K.T.)
[PR]
by terakoya21 | 2010-04-26 20:48 | 日記

てらこや日誌

第二回 世界史勉強会

昨日、第二回世界史勉強会を行いました。
後半、進路相談会・・・のようになってしまいましたが・・・

中国の漢までの勉強をしました。
中国は・・・やはり難しい・・・ややこしい?!?!(~_~;)

で・・・彼女らの進路相談を受け・・・
今日はGW用の宿題作成をしてみました。

未完成ですが、来週金曜日には渡せるように、
明日もじっくり考えてみたいと思います。

国語と世界史の勉強を一度に出来る方法を考えています。

(Y.K)
[PR]
by terakoya21 | 2010-04-25 20:18 | 日記

My Flower Arrangement (てらこや新聞60号 竹川のコーナーより)

番外編 お気に入り春の花

春の訪れと共に、花屋さんの店先に並ぶ花の種類も増えてきます。一年で一番花の種類が多い時期かもしれません。今回は番外編として、私のお気に入りの春の花をご紹介します。お家で活けるときのご参考に!!

まず、春の球根花の代表選手チューリップ。冬から春まで、様々な種類のチューリップが出回ります。花の咲き方も一重咲き、八重咲き、ユリ咲き、花びらに切れ込みの入るフリンジ咲きやパロット咲きなど様々、色も様々です。ピンクや黄色など、パステル調の色を選べば優しい雰囲気に、同じ色でも明るい原色を選べばポップにもなります。私自身は、濃紫や深紅など濃い色目のチューリップがお気に入りです。我が家のプランターには、限りなく黒に近いチューリップ「ブラックチャーム」の球根が植わっています。徐々に葉が伸びてきています。開花が楽しみ♪ちなみに、チューリップの原産地はトルコ。今では「チューリップ=オランダ」というイメージですね。
c0115560_21143184.jpg

球根花を続けてご紹介しましょう。春の訪れと共に、フラワーアレンジで使いたくなる花の一つ、それがラナンキュラスです。小さなつぼみから、ほろほろと薄い花びらがほどけるように大きく丸く開く様が、とてもドラマチックな花です。薄紙のような花びらは一体何枚あるのだろう…と思えるほどです。花占いをしたら、最後の一枚になるまでかなり時間がかかりそう(^_^;)。茎が折れやすいので、扱う時は丁寧に。

同じく球根花のアネモネも、春の訪れを告げる花の代表です。赤や白も素敵ですが、私のお気に入りは紫。花によってはビロードのような質感になる紫色は、アレンジを大人っぽく仕上げてくれます。薄い花びらは、日中は大きく開花しますが、光や温度の変化で、開閉します。くしゅくしゅした葉っぱも可愛らしい雰囲気。

球根花の中でも、私の特にお気に入りは、ぶどうの房のような形をした小花が十数輪下向きに咲く可愛いムスカリ。私の好きな色は決して「紫」ではないのですが、このムスカリも、やはり青い色や紫系の色が好き。フラワーアレンジの中に、清涼感あるこの青紫色が加わると、良いアクセントになります。

球根花で芳香を楽しみたいなら、スイセンがオススメです。園芸品種は2万種類もあるそうです。私は、豪華な八重咲きや数輪固まって咲く房咲きよりも、すっきりした美しさ、楚々とした佇まいの日本水仙が好きです。

芳香をもっと楽しむなら、フリージアストックヒヤシンスがオススメです。フリージアは細い茎に咲く可憐な花で、私は黄色のフリージアが好きです。ストックは穂状に花が咲き、スプレータイプのものもあります。私は薄ピンクのストックがお気に入りです。かなり香りが強いので、鼻が弱い人には不向きかもしれません。ヒヤシンスは鈴なりに咲く星型の小花が豪華な雰囲気。咲き進むとかなり花部分が重くなるので、茎がしっかりしたものを選びます。

春の庭を賑わせてくれる草花もご紹介しましょう。春の花壇を彩る代表選手はパンジービオラでしょう。デージーネメシアもおススメです。皆さんご存知のパンジーは、この季節、庭を彩ってくれる花ですね。花びらに入る模様で、可憐にも大人っぽくも見える親しみやすい花です。私は、パンジーを一回り小さくしたビオラの方が好きで、今、我が家のプランターには5種類のビオラが植わっています。暖かくなるにつれて、次々に蕾をつけ花を咲かせます。花が終わった花がら摘みをすると、次々に蕾が増えます。この花がら摘みが、花に話しかけて育てる楽しさの一つになっています。水揚げが良いので、苗で植えたものでも切り取って、ガラスのコップなどに挿すと可憐で可愛い雰囲気です。デージーは花びらが細くてびっしり。白やピンク、紅色ですが、中心は黄色。ヒナギクとも呼ばれる花です。ネメシアは細かく分かれた茎の先に小花が集まって咲くと、小さなボール状になります。我が家のプランターにも植わっています。鼻を近づけると芳香があるものも…。とっても可愛らしい花で、私は大好き。ちなみに、我が家のプランターに植わっているビオラとネメシアを見てみると…5種植わっているビオラのうち3種が紫系、ネメシアは薄紫色です(~_~;)。先ほども書きましたが、私が好きな色は決して「紫」ではないのですが、何故か紫系の色が多いですね。どういうことなんでしょうか?(~_~;)
c0115560_21181288.jpg

バラやユリなどのように、それ一つで豪華な花も好きですが、素朴な雰囲気の花も好きです。例えばスイートピーでも、私は宿根スイートピーの方が好き。一般的なスイートピーよりも花が小粒で清楚な雰囲気。巻きひげが付いているものもあり、豆の花といった雰囲気が可愛い。野の花の趣が感じられるニゲラミヤコワスレスカビオサなども好き。いずれも紫系が多い花です(~_~;)。

花木で春を告げるものもあります。モモモクレンミモザも素敵です。私のお気に入りはミモザ。黄色いポンポンのような小さな花が咲き、その黄色い色が明るい気分にさせてくれます。葉の緑とのコントラストも目を引きます。また、白い小花が可憐なコデマリユキヤナギも大好き。白い小花が房状に咲くコデマリは、枝ものには珍しく茎が細くて垂れるので、その曲線や流れの美しさを愛でたい花です。ユキヤナギもびっしり無数に花が枝なりにつくので、雪が降り積もったように見えて素敵♪

お家で気軽に花を楽しむには、「花を活けよう」と肩肘張らないことです。花器は花瓶だけとは限りません。ガラスのコップに投げ入れるように活けても良いし、ジャムなどの空き瓶を利用しても素敵になります。外国製の缶詰の空き缶に小さなコップを落としに入れて活けてみたり、大小の皿を重ね、その皿の隙間に細い茎の花なら挿すことができます。ティーポットやピッチャー、片口なども素敵に活けられます。とにかくキッチンにある食器のどんなものでも花器に変身します。

花を扱うときの注意点を少しご紹介しましょう。球根花は基本的に水揚げが良く、また、水に浸かると茎が腐りやすくなるので、水は浅めにします。草花は、水に浸かった部分の茎にぬめりが出てきたら、水で洗い流して切り戻すと長持ちします。花木は、根元に縦に切り込みを入れておくと水もちがよくなります。いずれも、水を吸い上げる断面を大きくするため、切り口は斜めにカットするのがコツです。

花が豊富になる、これからの季節。気軽に花を楽しんでみて下さい。

(K.T.)
参照:角川マガジンズ「花時間」付録 春の花図鑑 春の花コレクション100種)
[PR]
by terakoya21 | 2010-04-24 21:21 | Flower Arrangement

BROADアイ (てらこや新聞60号 小野さんのコーナーより)

復活劇

書店に入って驚いた。僕が高校生の時に読んだ『思考の整理学』という本が、ベストセラーとして平積みになっているではないか。アイデアノートの作り方やレポートの書き方などを記した20年前の本が、今、新刊と並んで突然「注目の本」になっている。じつは岩手県盛岡市で、ある書店の店員が「もっと若いときに読んでいれば…」と手書きで広告文を添えて並べたところ話題になって、全国に拡がったらしい。

些細なきっかけで息を吹き返す、というのはよくあることだが、問題は、どう光をあてるかだ。

歌手・美川憲一さんは、ものまねタレント・コロッケさんの真似がウケて本人が復活した。モツ鍋は、「コラーゲン」…その一言で健康ブームに乗り復活した。僕が思うに、いずれも復活のカギは、そのものの本質をズバリ突いたことなんじゃないだろうか。

「若いときに読んでいれば…」とは、刺激的な内容を想像させる見事なキャッチコピーだ。勤勉なサラリーマンはこの一言で奮起したに違いない。コロッケさんは美川さんのオネエ言葉にいち早く目をつけ、それをデフォルメしたら逆に美川さん本人が引き立ちブレイクした。モツ鍋はかつて「珍味」で売っていたけれど、それでは長続きしない。美容に効くという普遍的な成分をクローズアップしたから今度は根強い人気を得たのである。

古くて忘れられているものを再生するのは面白い。テレビ局で新番組の企画書を募集しても、「再生もの」をあげる人が必ずいる。世の中のあらゆるところでも「企業再生」「旅館再生」…いろいろなものを再生しようとする動きがある。そこには「再生請負人」なる人もいる。でも瞬間的に脚光を浴びても、結局は長続きせず失敗に終わるケースが多い。それは、奇をてらった不自然な売り出し方をするからである。

さて今、誰がどんなものに光をあてようとしているのか?次に復活を遂げるのは何だろうか?意外に皆さんの身の回りに転がっている、かもしれない。
[PR]
by terakoya21 | 2010-04-23 14:00 | Broadアイ

これは・・・

一緒にごはん

恋愛における「一緒にご飯」の大切さ | Excite エキサイト

恋愛だけではなく、育児でも、親子でも大切だと思います。

私は、週に1度は、出来る限り、両親と夕食をともにすることにしています。
そして、この3月まで2年ほど、
家庭の事情で、あまり家族と夕食を共にすることのない生徒と
出来るだけ一緒に食事(間食?軽食?昼食)をとるようにしていましたが・・・
「ごはん」の力を実感しました。

塾をしていると・・・実際、この子たちは夕食をいつどのように食べるのかな・・・
と考えるときが多くあります。

成長期にある子どもたちにも、「ごはん」は出来るだけ、
誰かと話しながら、楽しくとって欲しいなぁと思います。

(Y.K)
[PR]
by terakoya21 | 2010-04-22 14:37 | 意見

英語塾の寺子屋かめいの元気を発信します


by terakoya21
プロフィールを見る
画像一覧