人気ブログランキング |

<   2009年 07月 ( 64 )   > この月の画像一覧

てらこや日誌

嬉しい訪問

今日は、寺子屋卒業生と元寺子屋生の訪問がありました。

寺子屋卒業生は現在東京海洋大学の3年生
彼は、会うたびに好青年度を上げ・・・
今回も、サイパンで焼いたという黒い肌に相変わらずの優しい口調で
いろいろと話をしてくれました。

就職の話や
次に行く予定のベトナムの話
ルームメートに彼女の話・・・
ほんの少しの間でしたが、楽しい心温まるひとときでした。

こんな時間も、この仕事をしていてよかったと心から思う時間です。

もう1人は、てらこや新聞にも、このブログにもよく登場する高校2年生

先日訪問してくれたときに、我が母校「東京外国語大学」を見に行ってみたいとのことだったので
私の知っている教授を紹介しました。

そして、昨日その先生の案内で外大を見学し、
今日、横浜国立大学のオープンキャンパスに行ってきて
帰宅した報告しに来てくれました。

「外大が良すぎて、横国がかすんだ」

というような趣旨のことを言ってくれたので・・・
それが、そのうち変わったとしても・・・

自分の教え子が、母校を志望しているって・・・
かなり気分がいいことだと・・・いう新しい体験(?)をさせてもらっています。

このまま、外大に行ってくれるともっと嬉しい?!?!

そして、教授をはじめ、
いろいろと協力してくださる方にも感謝です。

(Y.K)
by terakoya21 | 2009-07-31 21:43 | 日記

寺子屋の日々 Days in Terakoya (てらこや新聞52号 亀井先生のコーナーより)

~ 不登校のすすめ ~

教育関係の仕事をしていると「不登校」、「保健室登校」、「引きこもり」、「ニート」などという言葉が特に気になる。そして、何が原因なのだろうかと考えることが多い。

一方で、私も…その予備軍であったのかもしれないと思うことがある。

私立の中学校を自ら選び、大学院まで出て、勉強が好きだった私が何を言っているのかと思われるかもしれないが、小学校から高校まで私は学校を休みがちだったし、学校が大嫌いで、毎日、授業が終わるといかにして1分でも1秒でも早く家に帰るかを考えていた。

そんな私が、どうやって大学院まで勉強を続けられたかを考えてみると、学校は自分のために「行くもの」だと厳しく教えられていたからだと思う。一方で、「休んではいけない」ものでもなかったからだ。私の母は、かなり厳しい人だ。遊び、楽しい時間を過ごした日曜日の翌日、月曜日に「学校へ行きたくない」など、熱があろうが、頭痛がしようが、お腹が痛かろうが言える雰囲気はなかった。週末は、学生にとっても、社会人にとっても、次の1週間を過ごすためにリフレッシュをする時間…と私は教えられていたので、それを忘れて、次の1週間に影響を与えるほど疲れる週末を過ごしたら、そのまま1週間、学校へ疲れたまま行く覚悟をしなければならなかった。そして、学校嫌いだった私も、母の反対にもかかわらず出かけた日曜日の翌日には、39度の熱を出しても、這ってでも学校に行こうとする意地を持っていた。しかし、そんな母も普段は、私が漠然と「調子が悪い」といえば、病院へ行ってからの登校を勧めたり、学校へ「朝から不調を訴えていますので、何かあったら、早退させて下さい。」というようなメモを持たせて登校させたり、津にある私の学校まで迎えに来てくれるときもあった。

先日、ときどき、ふと学校に行きたくなくなる高校生の話を聞いて、思い当たった。私も、いつも学校に行きたくはなかったし、喜んで学校へ向かったことなどなかったことに…。そして、私も、体調が悪くなると1週間から10日は体調が戻らず学校へ行けないくらい学校が嫌だった。が…一方で、体に現れない限り、学校には行ったし、ただ行きたくないから休むなどということや、教室のドアの前で立ちすくんでしまうことも、夜、何故だかわからないのに、涙が出ることもなかった。みんな一緒にという言動が、私にはどうしてもなじめなかった。そして、みんな一緒なら、何でも許されてしまうような雰囲気が私には耐えられなかった。その中に入っていけない自分にふと気がつくことが多くあった。

そんな私でも、今の子どもたちの不登校は、解せないものがある。そして、「学校へ行く意味は何か」を今、大人には問い直してほしい。

私が不登校にならずに学校に通い続けられたのは、周囲の大人に的確に学校へ行く意味を教えてもらっていたからだと思う。

義務教育においては、どの子にとっても一様に学校は「行くもの」なのである。勉強は「するもの」なのである。皆出席(かいしゅっせき)できるかどうか、成績が良いか悪いか、勉強ができるかどうかはまた別の話だ。学校は、自分のために行くものなのである。だれのためでもなく、自分のために…。

社会性を身につけ、学力を養う…そして、なにより心も体も鍛えるために、学校は行くものなのである。けれど…休んでもいい。どうしても行けないときは、気にせず休めばいい。いつも張り詰めた糸はいつか擦り切れてしまう。切れるまではいかなくても、張りすぎた糸は、緩めたときに緩みすぎ、元に戻らないことがある。私の両親は、そして、周囲の大人たちは、それをはっきりと言わずとも、行動でしっかりと教えてくれていた。

だから、今の子どもたちの不登校や引きこもりの多くに、大人の考え違いがあるように思えてならない。大人たちのつじつまが合わない言動に、振り回されることに疲れきった子どもたちの心の叫びの現われなのではないかと思うのだ。

何度も言うが、私は、両親に、学校へ行くために週末は休息をとるように言われ、休息をとらなかった次の1週間は、調子が悪くてもとりあってはもらえなかった。また、学校の宿題や準備が できていることがいろいろな学校外での活動や家での遊びの条件だったし、先生には、1週間前に出された宿題を忘れた理由に、前日熱があったという言い訳は、とりあってももらえなかった。

だから、大人が率先して学校を休んでリゾートに行かせたり、休みに遊んで疲れたからと言って、学校を休ませたりしながら、「勉強しろ」、「学校へ行け」、「高校、大学へ行け」と言われる現代っ子たちの心の苦しみも…

学校は、「皆が行く」から「行くもの」なのではなく、自分のために行くものなのに、学校も、塾も…「皆が行く」から「行くもの」だと無言で圧力をかけられている子どもたちの心の闇も・・・学校嫌いだった私には、痛いほどわかる気がする。そして、それらは、大人たちのちょっとした配慮から改善されていくもののように思えてならない。

ちなみに、先日話を聞いた高校生は、私の学校嫌いと同じ匂いがした。彼女は、きっと、「自分のために」学校へ行くことも、進路を選ぶこともしっかりできているのだと思う。ただ、他の人にすんなりできることができない自分に…そして、他人が気にしないことを気にしてしまう自分に、戸惑っているのだと思った。その戸惑いは、いつか大切な自分の個性であることに気がつくと思う。それに気づいたとき、「嬉しい」と思う保証はないけれど、少なくとも、今目の前にあるできることをしっかりとこなしていけば、そんな自分を大切に思える日が必ず来ることを、また、その個性を生かせる場面が成長とともに増えることを人生の20年先輩である私が保証したいと思う。

(Y.K)
by terakoya21 | 2009-07-31 16:36 | 寺子屋の日々

てらこや日誌

子どもたちの力

この仕事をしているといろいろな子どもたちに出会います。
そして、自分の過去を振り返ったり、身辺を見回したりしながら、
周囲に感謝する気持ちが生まれます。053.gif

一方、子どもたちの置かれている状況が、ふと不安になることがあります。

寺子屋は、結構みんながいろいろな学年のいろいろな生徒を知っていて
子どもたちの多くが、時には、弟、妹のように、時には兄、姉のように
そして、近所のおばさん、おじさんのように
もちろん、親しい友人のように輪を広げている場所です。056.gif

だから、余計に気になり、不安になるのです。

子どもたち、特に小学生くらいの頃には、私たちも
結構、きついことを友だちに言ったものです。

でも、その質が、少しずつ違ってきているように思うのです。

そばかすが多く、鼻が低く、体格の良かった私は・・・

「ハナペチャ」といわれたり「ぶー」と呼ばれたり、「キャンディー・キャンディー」の歌を歌われたり、よくしたものです。

5人兄弟の末っ子だった私が、つぎはぎの体操服を着ていたら
「おまえんち、金持ちのくせに、親はケチか?」なんてしょっちゅう言われたものです。008.gif

けれど・・・

今の子たちの発言の多くに、その言葉の「棘」以上の破壊力を感じるのは、おそらく
彼らは、自分を守る為に発している言葉が多いからだと思います。

「攻撃は最大の防御なり」047.gif

心の奥に、ある彼らの「助けて」という声が、聞こえるようにも思えるのです。

地道に、私たちは、いつでも彼らが求めるならここにいるということを
言葉ではなく、態度で示すことしか、できない自分たちにもどかしさを感じることが多い今日この頃です。

一方・・・034.gif

高校生、大学生、高専生・・・寺子屋開設10年目ですが、長く、もしくは多くの時間を(10年の子もいれば、2年目でも毎日来ている子もいます)寺子屋で過ごしている若者たちは、私のこの不安を真摯に受け止め、話を聞いてくれています。

そして、彼らが自分たちの年代の生徒はもちろんのこと、年の離れた小学生たちにも声をかけ、微笑を投げしている姿に、私は希望を感じます。

そして、その希望は、伝染を始めています。058.gif

この夏休み小学生の算数講座に、高専生アシスタントが参加してくれています。

彼に、マンツーマンのようについてもらった小学生、影で

「あの人こわい015.gif」なんていいながらも・・・

私が何度言っても聞かなかったのに、彼に言われた通り、計算を丁寧にし、
わからないところの質問も、的を得てきました。

そして、「わかってきた003.gif」と嬉しそうな笑顔・・・

今日は、そんな小学生の授業の後ろで、高校3年生たちが、自分たちで教えあい、考えあいながら、数学の勉強をしていました。

勉強ってこういうもの・・・

漠然と思っていた理想の勉強の形が、いつの間にか
寺子屋に定着しつつあることに…誇りも感じる今日この頃です。

いいこともわるいこともじっくりと観察しながら、明日のよりよい社会を・・・
ちょっと大げさですが、そんなことを考える・・・

夏休み2週目も半ばです。

(Y.K)
by terakoya21 | 2009-07-30 21:20 | 日記

まえがき (てらこや新聞52号 竹川のコーナーより)

~「知りたい」と思う気持ち~

昨年度は高専生だけだったTOEICクラスに、今年度は大学1年生も参加し、今のところ3人で授業をしています。そのクラスで、ここ2カ月ほど、毎回のように白地図のチェックテストが行われています。

一人の生徒の学校で日本の白地図のテストがあったというのが、始めたきっかけでした。47都道府県で、例えば私も「栃木と群馬はどちらか」「鳥取と島根はどちらか」など、その位置に迷う府県もありますが、初期の彼らのチェックテストの解答には、目が点になったものも…(~_~;)。今では、都道府県・三重県内の市町村に加え、世界の国(今現在は東アジアの国々)のチェックテストもしています。

昨年受け持っていた英文法のクラスでのこと…問題集の問題の中に出てきた「the Andes:アンデス山脈」。それがどこにあるのか分からなかったその当時の高3生たちに衝撃を受けました。「アンデスって言われて想像する場所はどの辺り?」と尋ね、返ってきた答えが「サウジアラビアかな…」「違うのか…だったら、アフリカかな…」


私は、地図を見るのが大好きです。ここにはどういうものがあって、どんな人たちがいて、どんな生活を送っているのだろう…と想像を巡らせ、まるでその国に行ったかのような気持ちになるのは、私にとってはとても楽しい時間です。

興味の幅を広げるきっかけは身近にあるものでした。「赤毛のアン」が好きだから、その舞台である地について知りたい…好きになった選手の国だから、その国について知りたい…。きっかけはそんなところからでも、何かを知ると、あるいは何かが分からなければ、そこからまたそのことについて「知りたい」と思う…そんなふうにして、自分の中の世界が広がっていくのだと思います。

勉強でもスポーツでも趣味のことでも、「知りたい」と思うことが、その世界を広げていく原動力です。もちろん私も、これからももっといろいろなことを「知りたい」と思う気持ちは変わりませんし、子供たちにも「知りたい」と思う気持ちを大切にしてほしいと思っています。

(K.T.)
by terakoya21 | 2009-07-30 14:15 | まえがき

Let's Study Together!

9月開講 新講座のお知らせ
申込み締切8月29日(土)

056.gif中国語講座授業料全額、小学生講座授業料の半額分(1000円未満切り捨て)は松阪プレミアム商い券をご利用になれます。

☆ 特別基礎中国語会話講座 
対象:中国語初心者の高校生以上 希望者5名以上で開講!
水曜日 7:00 ~ 8:00 60分 1ヶ月3回 月2,000円 教材費1,000円

☆ 小学1・2年生対象 英語講座 入学金10,000円
初回授業 9月9日(水) 9月授業 9日・16日・30日予定
水曜日 3:30 ~ 4:10 
40分授業 月3回 月授業料 5,000円(教材費込み)

☆ 小学3・4年生対象 英語講座 入学金10,000円
初回授業 9月4日(金)
金曜日 5:30 ~ 6:10 
40分授業 月4回 月授業料 7,000円(教材費込み)

上記クラス
定員7名まで(3名以上で開講)。

長年続けても中学入学後あまり役に立たない英会話偏重の授業ではなく、適度に読み書きを含めた・・・寺子屋自慢の小学生対象英語の授業です。そして・・・早めに英語学習を始め、長く続けていただくために、小学生の間、お得な授業料設定のクラスにしました。

小学1・2年生クラス 
056.gif月3回の授業日程は前月の2回目授業までに発表し、前月最終授業までにお知らせいただけば振替を致します。その月に入っての振替は原則としてできません。
056.gif座って勉強する習慣をつけ、アルファベットやローマ字の習得から始め、英語での簡単なあいさつ、自己紹介を習得することから始めます。アルファベットの読み書き・英単語50個前後の習得・1日のあいさつ・名前、年齢、誕生日など簡単な自己紹介の習得が主な目標です。

小学3・4年生クラス
056.gifアルファベット、ローマ字の習得や英語での簡単なあいさつ、自己紹介を習得することから始めます。アルファベットの読み書き・英単語60~70個の習得・1日のあいさつ・名前、年齢、誕生日、好きなスポーツ、色、通っている学校などの自己紹介の習得が主な目標です。また、DVDなどを使ってリスニングの練習、日本語作文指導をできる限り採り入れた授業となります。

☆ 小学5年生対象 英語講座 入学金10,000円
初回授業 9月4日(金) 
金曜日 6:15 ~ 7:00 
45分授業 月4回 月授業料 8,000円

定員7名まで(3名以上で開講)。

☆ 小学生算数・国語講座   入学金10,000円
初回授業 9月9日(水)
小学1~4年生 週1回以上出席
火曜日 5:00 ~ 5:45 または 水曜日 4:30 ~ 5:15 
小学5・6年生 週1回以上出席
火曜日 5:00 ~ 5:50 
水曜日 4:30 ~ 5:20 
木曜日 4:50 ~ 5:40
45分 1回 1,200円  8回チケット 7,000円 (教材費込み)
50分 1回 1,350円  8回チケット 8,000円 (教材費込み)
※今回開講の小学1年生から4年生までの英語クラスを受講し、算数・国語講座を受講される生徒は、
月謝制をご希望の場合、1ヶ月(月4回まで)3,200円で受講可能です。

056.gif1~4年生クラス:実力に応じ無学年方式の問題集を使って算数の勉強をします。一人一人の学力に合わせて、進級していく形の問題集です。
056.gif5・6年生クラス:実力に応じ無学年方式の問題集、学校での授業の復習、予習をします。

お問い合わせは 寺子屋かめい まで。

tel/fax 0598-21-0148  
email: terakoya@poppy.ocn.ne.jp
お電話での問い合わせは火曜日から土曜日の14時以降でお願いします

(Y.K)
by terakoya21 | 2009-07-29 14:42 | 開講クラス紹介

てらこや日誌

大人の味

寺子屋での講師陣の楽しみのひとつ・・・
それは、毎日亀井先生のお父様が淹れてくださるコーヒーです063.gif

今日は週初めの掃除を終えてから、
いつものように亀井先生のお父様がコーヒーを持ってきてくれました。

ちょうどその時、2時から授業の高3生が二人いたので、
彼らのために、再び亀井先生のお父様がコーヒーを作ってきてくれて、
彼らも亀井先生のお父様が淹れてくださるコーヒーのご相伴にあずかりました。

そのうち一人の生徒は、何度か亀井先生のお父様のコーヒーを飲んでいますが、
もう一人は今日が初めて(?)で、
「コーヒーはどうですか?」と聞かれ
「い、いただきますっ!」との返事。
コーヒーが少々苦手な様子がうかがえました。

けれど、その生徒、クリームも砂糖も使わずブラックで飲んでいました。

せっかく淹れてくださったコーヒーなので、
コーヒーを片手に授業を進めたのですが、
途中で私がコーヒーを口にした後、思わず「美味しい」と言ったら、
「美味しいんですか?」と聞いてきました。

この苦みが美味しい
と伝えると、
苦いのが美味しいのか・・・と考え込んでしまった様子。


それで、振り返ってみると・・・
私は大学生になるまでは、ちゃんとコーヒーを飲んだことはほとんどなかったということです。
コーヒー牛乳とか、缶コーヒーなどを口にすることはあっても、
インスタントだろうがドリップだろうが、
ちゃんとコーヒーというものを飲むことはなかったのです。
カフェインが強いから・・・という理由なのか何かはわからないけれど、
親に勧められたことはありませんでした。
牛乳か紅茶だったかな・・・と思いだし、
考えてみれば、大学時代も一人暮らしの間、
紅茶はティーパックなどを買ってあったけれど、
コーヒーの買い置きはなかったような気がする・・・(あんまりよく覚えていないけれど)

そんな話をし、
コーヒーをちゃんと飲んだのはたぶん社会人になってからだな・・・と
そして、いつの間に、最初は「苦い」コーヒーが「美味しい」コーヒーに変わったのだろう・・・と
少々感慨深く思えました。

亀井先生のお父様が淹れてくださるコーヒーは、
温かくても、冷めてしまっても美味しいと思う・・・
いろんな種類のコーヒー豆があることも大人になってから知ったんだな・・・と思い、
その生徒の反応などを見て、
コーヒーって私にとっても「大人の味」だったと思ったりしたひと時でした。

(K.T.)
by terakoya21 | 2009-07-28 22:35 | 寺子屋生語録

休日日誌

こんな日もあるよね・・・(-.-)

今日はフラワーアレンジがあり、
止みそうにない雨の中、出かけてきました。

夏休みが始まったので、
いつもご一緒しているお仲間の方はお休みでした。
久しぶりに、先生と私の2人でのフラワーアレンジとなり、
アレンジをしながら、
いつ明けるのかわからない梅雨の話をしたり、
福岡・山口の土砂災害の話になったり、
育てているミニトマトや野菜作りの話になったり・・・
おしゃべりを楽しみながらのアレンジになりました。

今日のアレンジは、また「てらこや新聞」紙面でご紹介します。

さて・・・
アレンジの後、お昼に母を公民館まで車で送っていくのですが、
今、実家のお隣のお家は建て替え中で、
迎えに行った時、ちょうどワンボックスカーと軽トラが実家の前に停まっていて、
実家の駐車場に頭から突っ込んで停めたはいいものの、
出るときにはぶつけないように・・・と
かなり慎重に、ドキドキしながらバックし・・・
やっと無事に出られた・・・

と思ったら、
実家の団地内から出るときに、前に2台、左折に困っている模様の車がいて・・・
遠くからでしたが、ミラーを確認すると、
団地内に右折したいゴミ収集車がいて・・・
その収集車の停車位置が、こちらから左折するにはちょっと前に出すぎのようで、
左折したい車2台ともが、何度もハンドルをきりかえ、ようやく左折している模様でした。

私の車は、まだそのポイントまでは行っていなくて、
2台の車が左折したところで、その収集車が曲がってくると思えたので、
停車できるところで停車して、収集車が通り過ぎて行ってくれるのを待っていたのですが・・・

収集車、かなり横幅がある。。。

運転技術はきっと収集車のお兄ちゃんの方が上だとわかっているので、
私はじっとしていよう。。。。と決めて、
でもできるだけ左に寄って待っていたのですが・・・

そのゴミ収集車の運転手のお兄ちゃん、
とっても感じが悪かった022.gif
まぁ、先の2台の車を待っていなければいけなかった地点で、たぶんイライラしていたのでしょうけれど、
右折できたと思ったら、また1台、車が止まっていて(私の車)、
それでなくても細い通りを、ぎりぎり通らされる・・・というイライラがあったのでしょう。。。
非常にイライラした目線でこちらをじろりと睨み、
サイドミラーをばたん!と閉じて私の車を行き過ぎ、
またばたん!とサイドミラーを元に戻し・・・

こちらは待っていたのに、なんでこんな睨みつけられなきゃならないの!? 022.gif021.gif
非常に後味の悪さを感じました。。。

無事に母を公民館で降ろし、
その足で銀行に寄ったのですが・・・
我が家のメインバンク、いつもはそんなに車が停まっていなくて、人も少なめなのに、
今日は、駐車場に曲がったはいいが、駐車スペースはすべて車で埋まっているではありませんか!
こんなこと、ほとんどないのに・・・008.gif
私の前に入って行ったおじさんも、停め場所に困ったのか、
渋々(・・・かどうかは知らないけれど)身障者スペースに駐車。。。
狭い駐車場に入ってきてしまったからには、前に進むしかなく、
その銀行の社用車が停まっている向こう側に少しスペースがあったので、
無理やりそこに停めました(・・・駐車スペースではないのに・・・008.gif

そして、そんな日に限って、
ただお金をおろすだけでなく、ちょっと時間のかかるであろうこともお願いし、
また非常に珍しいことに、数名すでに待っている方もいらっしゃって・・・
待っている間、
「帰り、あの状態から、私はバックできりかえし、出てこられるのか・・・」ということが
気になって気になって・・・

要件がすみ、車に戻って・・・
横にも後ろにも車が停まっていて、バックできりかえせるかと、これまたドキドキしながら
何とか駐車場を無事に出てこられました042.gif

雨がやまない中、私には気を揉む車の運転が重なった日となりました042.gif


それにしても、今週もずっとお天気はぐずつく模様。
もうすぐ8月だというのに、梅雨明けはいつになるのでしょうか・・・。

雨の日の車の運転、気をつけないといけませんね(^_^;)

(K.T.)
by terakoya21 | 2009-07-27 21:51 | 日記

休日日誌

憂鬱な1日も

今日・・・ではなく、すでに昨日ですが・・・は

松阪市議会議員選挙の投票日

私が投票した人と2票あったら投票していたであろう人は
なんとか当選するようですが・・・

この17年間で最高に憂鬱な選挙でした。

今日、ほんの一瞬だけみたサンデープロジェクトで与謝野さんが言っていたことで
何故こんなに今回の選挙と総選挙が憂鬱なのかがわかった気がしたのですが・・・
かといって私の憂鬱が晴れるわけではありません。

そして、

速報によると私が一番通ってほしくなかった人たちが上位にいる・・・

憂鬱は増してしまった・・・という感じです(~_~;)

しかし、Life must go on・・・

気を取り直して、頭痛薬を飲み、昼寝をして、
いつも通り私も、買出しに行きました。

私は竹川先生とは逆で・・・
食事の内容を決めていくと、出費がかさむような気がして・・・

予算内で買える物を選ぶ・・・
安いもので、何を作ろうかと思案するタイプです。

あとは、1週間あるものだけで料理をする・・・が基本です。

でも、今日は・・・見事に売っているお肉が足りなかった(-_-;)

ま、先週買って、すぐ冷凍した鮭や、週半ばに作って冷凍にしたハンバーグやらで
なんとかやりくりをしようかと思っていますが・・・

あとは、夏期講習の休憩用のお菓子ですが・・・
とりあえず、明日、15、6年作っていない小豆アイスの試作品にチャレンジしようと思っているので
ゆであずきと生クリーム2つずつ買ってきました。

上手くいったら、水曜日のおやつになるのかな???

そして、今日は、水着を買いました。042.gif

というのも、来週末、帰省する姉に、もれなく付いてくる姪っ子たちが
去年は、盆明けに来たので、貝殻拾いに行ったのですが
岐阜という海に面していない県から来るので、今年も海に行きたいそうで・・・

「貝殻拾い?泳ぎ、どっち?」と聞いたら

「どっちも!!!」との返事だったので・・・
これは、海に入っても大丈夫な状態を作っておかなければ・・・
2人のおてんばを相手するには、姉の手も、私の手もいる・・・と思い
水着を物色したところ・・・最近は良い水着があるもので・・・

お誂え向きなものがあり・・・
買ってしまいました。066.gif

私はもともと泳ぐのがすきなので・・・
海はベタベタするので、好きではないものの・・・
泳げるというのは、やはりわくわくするもの・・・

1週間、食べるのを少し控えようと思っています。(~_~;)

・・・選挙結果はなんとも憂鬱ですが

やはり社会は一人一人が心がけてよくしていくもの・・・
気を取り直して、今週も頑張ろうと思います。

とりあえず、明日は、お菓子の試作などしながら、のんびりすごして
頭痛を治し・・・公民館授業から始まる今週の準備をしたいと思っています。

(Y.K)
by terakoya21 | 2009-07-27 00:40 | 日記

休日日誌

人生初めての・・・

今日は市議会議員選挙に出かけた後、残りの買い出しに行きました。

ここ一カ月ほどは、買い物に出かける前に、
一週間分のメイン料理の献立を考えて、
野菜は値段を見て結構多めに買いますが、
メインの料理に必要なもの、
そろそろ在庫がなくなりかけて買い足す必要のあるものなどをメモし、
そのメモを持って買い物に出かけます。
・・・普通と言えば普通のことですが(^_^;)
余分なものを買わないようにするための予防策ですね・・・(-_-;)


今週の予定は・・・
月曜日-鮭のホイル焼き
火曜日-かぼちゃと揚げの煮物
水曜日-じゃがいものガレット
木曜日-鶏手羽と大豆の煮物
金曜日-ごぼうと牛肉のカレー醤油炒め

毎週、土・日に買い物に出かけるので、月曜から金曜までの予定です。

献立を考え、買い物リストを作って買い物に出かけたこの一か月、
家計簿を見てみると、
食費が今までの月よりも節約できていました。
今のところは、それなりに成果があるのだろうか・・・?

もう少し続けてみようと思っています。


さて・・・
今日は、人生初のことをしました!

なんて言うといったい何かと思われそうですが・・・

答えは・・・

「初めて『宝くじ』を買った!」

ということです(~_~;)


窓口で何と言えば良いのか、だんなさんに何回も確認し、
ぎこちなく
「バラで10枚」と告げ・・・
人生初の宝くじ購入を果たしました・・・(おおげさ~(~_~;))


買ったところで当たるかどうか・・・って話ですが、
CMでのセリフそのもの「買わなきゃ当たんないよ」ということで。。。(~_~;)

どうなりますかね~(~_~;)

(K.T.)
by terakoya21 | 2009-07-26 21:30 | 日記

てらこや日誌

1週間をふり返って

今週から、小学校、中学校、高校それぞれで夏休みが始まり
寺子屋では、夏期講習が始まりました。

そして、今週は非常に寺子屋らしさを感じる1週間でした。003.gif

中でも、
①高校3年生の生徒3人がほぼ毎日勉強に来て・・・
それなりにお互いを助け合いながら、情報交換しながら
息抜きをしながら、受験勉強に取り組んでいたこと。053.gif

②中学3年生の夏期講習メンバー3人が3人とも野球部員で
それぞれのチームが大会で準決勝に残ったため、水曜日の夏期講習は
延期となったのですが・・・金曜日は全員そろい
2時間25分、休憩を入れて2時間40分みっちり(?)と英語と数学の勉強をしてくれたこと058.gif

が印象的でした。

今年の中学3年生の夏期講習受講者の中に、・・・若干一名・・・一番最初に講習に申し込み、休憩におやつがでることを聞いて俄然やる気の生徒がいます。

金曜日、私は、水曜日にも作ったのですが、彼らに出せなかったのと、クリームというよりシャーベットになってしまったので、再度「かぼちゃのアイスクリーム063.gif」を作ったのですが、時間が足りなくて、前半の英語の授業と後半の数学の授業の間の休憩には、まだ十分に固まっていませんでした。

そこで、休憩にはおせんべいなどを出し・・・

「ごめん、時間足りなくて、アイスどろどろなんさ、まだ。」

と伝えたところ

その彼ともう1人の生徒が

「凍ってなくてもいいでぇ、ぼくら、先生。」
「ジュースと思えば、一緒やろ?004.gif

なんて言い出しました。

なので、「いやいや、きっと数学の授業が終わったら固まっているだろうから、そのときに出すよ。」

と言うと・・・安心したように

「そうか005.gif」と休憩後の

数学の授業も、しっかりとこなしてくれました。

そして、最後に自家製アイスクリームを出すと

「おいしい」と言って平らげてくれました。

こういう表情を見るとやはり・・・

また作ろう!作ってよかった!と思います。

来週はあずきのアイスとパウンドケーキを予定しているのですが・・・偏頭痛がおこったら、予定変更の予定です。

また、今日の小学生クラス・・・
紅一点の生徒が、谷先生をお母さんと呼び始めたようで・・・

「谷先生も子どもを作って、お父さんも作って!」

なんていいだす始末・・・

お迎えにみえた本当のお母さんにそれを伝えると・・・

「え?本物のお母さんは、見捨てられたってことかしら?!?!」
・・・というより、「子どもを作って、お父さんも作るって・・・なんか順番が違うのような???」

と大笑い。

また、もう1人の2年生の生徒・・・
算数のテストを提出するとき、

「絶対100点!!!」と言ってきたので・・・

「絶対やなぁ~?見直しはしなくていいの?」

とたずねたものの

「大丈夫、絶対100点、ぼく自信ある!066.gif

「本当やな~?OK…どれどれ」

結果は80点・・・合格点だけれど、「絶対100点」と言っていたのに・・・

「100点違ったよ!007.gif」と言うと

何事もなかったように、「ええやん、合格やで!004.gif

・・・・なんだか、デートの約束に絶対遅れないでと念を押したとき

「大丈夫!絶対遅れやんから!まかしとき!」なんて豪語した彼氏が

思いっきり遅刻してきて、彼女がとがめると

「ええやん、映画の時間には間に合うし!」

なんて言い訳をした・・・って情景を、彼の「合格やで、ええやん!」に思い浮かべた私・・・

先が楽しみな男の子なのか、先が恐ろしい男の子なのか・・・

と、講師陣、クラスメート、爆笑、苦笑の一場面でした。


・・・というわけで・・・寺子屋らしい夏休み一週目でした。
来週もどんなエピソードが飛び出すやら・・・
楽しみです。056.gif

(Y.K)
by terakoya21 | 2009-07-26 00:09 | 日記

英語塾の寺子屋かめいの元気を発信します


by terakoya21
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る