人気ブログランキング |

<   2009年 03月 ( 53 )   > この月の画像一覧

「食」のあいうえお (てらこや新聞48号 川口さんのコーナーより)

さご飯、食べてますか?

夜遅くまで勉強していると、お腹がすいて、“夜食”を食べることが多いのでしょうか?翌朝、「少しでも寝ていたい!お腹はすいていない!そのまま学校や仕事へ!」なんてことは、ないでしょうか?

朝、ご飯・パン・麺・餅など、糖質を含む食品を食べることで、脳の最大のエネルギー源である「ぶどう糖」が摂れます。また、体温をぐぐっと上げてくれるので、午前中の授業や仕事に集中するためには、朝ごはんがとても大切なのです。

ホテルや旅館の朝ごはんのように、色々なものを食べるのが理想的ですが、なんせ忙しい朝です。私は、野菜など具だくさんの味噌汁・納豆・ご飯・漬物とか、サンドイッチなどのパン・牛乳・フルーツという感じの朝ごはんにしています。

無理せず、時間がなくとも、せめておにぎりやパンだけでも食べる習慣をつけてみては、いかがでしょうか?必ずやる気が出て、体調は変わります。

とはいえ、朝、お腹がすいていないといけません。そのためには、出来るだけ“夜型生活”から“朝型生活”に変えるとよいと思います。

「食」も「勉強」と同じように、やればいいのは分かっていても、実行しなければ何の意味もありません。どちらも毎日の積み重ねが大切ですね。(でも、私も手抜きもします。それはまた、後ほどお話いたします。)
by terakoya21 | 2009-03-31 15:30 | 食のあいうえお

休日日誌

うそー!!!

今日はフラワーアレンジの日でした。
気分よくでかけました。

今日は部屋の中にいると肌寒いものの
車の中や日向では結構日差しが暖かく、
お花の先生の愛犬バーニーズマウンテンドッグのおばあちゃん犬は
お店の前の芝生部分で
非常に気持ちよさそうに日向ぼっこしていました(*^_^*)。

今日のお花も前回に続き
非常に楽しくアレンジを楽しめ、
手直しされるところもなく、
また非常に短時間でアレンジできて、
大満足で帰ってきました。
今回のアレンジは4月発行のてらこや新聞にてご紹介いたします(^_^)。


さて・・・
非常に気分よくアレンジの時間を過ごし、
今日は午後から母と銀行に行かねばならなかったので、
どこにも寄り道せずお昼前に松阪に帰ってきたのですが・・・

松高前の道を市街方面へ走り、
ようやく42号線に向かう交差点にさしかかったところ・・・

我が家に帰るのには、
42号線ではなく166号線から入った方が都合がよく、
信号が青になったので、
いつもどおり注意して交差点を曲がりました。
そこの交差点、四方から道が交差していて、
混雑もするし、事故もよくある場所です。
なにせ、
私が曲がってきた方から走ってくると、
その交差点から少し離れたところの、
道を横切る形の横断歩道は青信号という
なかなか怖い道です。

その横断歩道に人がいないのを横目で確認し、
私は166号線の方に向かって車を進めました。
ちょうど青信号だったので、
私はそのまま直進という形になります。

。。。と
向こう側から2台、166号線から42号線の方に右折する車がいました。
私は、その右折のレーン、自分ではほとんど使わないようにしているところです。
というのも、
その信号、右折の矢印がでないわりには、
結構その信号で42号線に右折する車がいて、
反対車線から来る車も結構ひっきりなしに走っているので、
なかなか右折できない・・・
それに、右折できても、
今度は42号線をそのまま直進して車がまた絶えないので、
右折できた位置で、今度は左から来る車を確認し、
車が途切れるまで、そこで待たなければならず・・・というところだからです。

さて、その42号線に右折しようとしていた車、
1台目の車の右折も、
もしそれが私なら右折はしないな・・・と思う
直進してくる私の車との車間で
右折していきました。

その時、私の前にも後ろにも一台も車がいなかったので、
もし私なら、車をやり過ごしてから
ゆっくりと右折をすると思うから、
こんな車間距離でも右折しにくいところだし曲がっていくのね・・・と思って
私はそのまま直進。
なんてったって私の方は青信号直進ですから・・・

と思った瞬間、
その後ろにいたもう1台の車が右折してきたのです!!
クラクションなんて鳴らす間もないほどでした。
私の車は、ゆうに向こう側の車が右折しようとしているところに
すでに差し掛かっていて、
向こう側の車が右折して入って来ることのできるスペースなど
全くないという位置だったのに、
それでもなお、まだ右折してこようとしていて、
私は急ブレーキを踏みました。。。


そのとたん、
今日のアレンジの花が前に倒れ・・・
運よく(?)今日は横長の水盤にアレンジしたので、
結構安定は良く、
しかも運転中の揺れで倒れるのを防止するために、
花器を段ボール紙の上に置き、
いつもガムテープで固定しているので、
それに、今回は、アレンジの方法の運もあって、
ブレーキを踏んだとたん、前に傾きはしましたが、
花が折れたりすることもなく、
無事に済んでよかったのですが・・・


車の方は、本当に数センチのところだったと思います。
なんと私、その位置で、少しバックしたくらいですから・・・
非常に危ないです。
後ろに車が来ていなくて、本当に良かったと思いますが・・・

その後、心臓のドキドキが止まらなくて、
手も震えるし・・・
その交差点のすぐ先の路肩に車を寄せて、
少し息を整えたくらいです・・・。

きっと、相手の人は、私の方も青信号だとは思っていなかったのでしょうか・・・。

それにしても、
前を見ていれば、
無理やり右折で突っ込んでくるなんてことはないはずだし・・・と
後から後から腹が立ってきて・・・
アレンジの花をつんでいなかったら、
「どこ見てんねん!!!」と
窓越しに怒鳴ったところだった・・・と
何だか悔しい気持ちになったり・・・
けれど、本当にぶつからなくてよかった、
何よりあんな急ブレーキ、
私の後ろに車がいなくてよかったと
結果オーライと思っておかないといけないのだろう・・・と思っています。

皆さんも、
交通安全、運転する時、道を歩く時など本当に気を付けてくださいね・・・。


さて・・・
その「うそやろ~!!!」ということ、
もうひとつ、夜に起こりました。

仕事から帰ってきただんなさん、
いつものように部屋着に着替えて、
手洗い&うがいをしに洗面所に行きました。
今日は「お豆腐と卵の白ゴマグラタン」を夕食に作ったのですが、
まだオーブンを温めていたところだった私は
リビングにいて、
食卓の準備をし始めようと思っていたら、
洗面所の方から
「ううう゛・・・・・」
という、なんとも表現しがたいうめき声が聞こえてきて・・・


ぎっくり腰です・・・007.gif

手洗いを済ませ、うがいをしようと両手で水を受けて、
それを口に含もうと腰をかがめたとたん、
ギクッときたらしい・・・

なんとかソファに横になり、しばらく安静に。
夕飯を食べて、
食卓のダイニングチェアーのほうが楽だということで、
ずっとそこに座ったままです(-_-;)。

ネットで調べて、冷やした方がいいとのことらしいので、
少し冷やしていますが・・・
どうなんでしょうか・・・。

私は病院に行ったほうがいいと思うのですが、
明後日棚卸があるらしく、休んでいる場合じゃない・・・なんて言うし・・・
けれど悪化させてもよくないし。。。と
とにかく今は様子見・・・


今日はなんだかんだと「うそ~!!」と叫んでしまう一日になってしまいました・・・

(K.T.)
by terakoya21 | 2009-03-30 22:12 | 日記

休日日誌

久々の再会&・・・

今日は昼前に松阪を出て・・・鈴鹿に行ってきました。
法務局に勤める高校時代の友人に相談事があり、昼食を一緒にとるためでした。

13時過ぎに彼女と待ち合わせし、昼食を食べ始め・・・
しゃべり終えたのが・・・19時前・・・ははは・・・迷惑な客・・・なんて思いながら
相談事が解決したわけではないけれど、展望が見え、すっきりして、帰路に着こうと店を出たところで思いがけず高校時代の別の友人に会いました。

彼女は、以前月灯りの屋根で「てらこや新聞」を見つけ、私が塾を経営し頑張っていることを知ったらしく・・・
自分は安芸だったか、河芸だったかに住んでいるというのに

「真面目に、子どもを通わせたいと思ったのよ~・・・」と言ってくれました。

それで気を良くした私が・・・

「はは、松阪に来たとき、声かけてぇ~、ご馳走するわぁ~」というと、彼女の返事は・・・

牛銀で?」

おいおい・・・007.gif

その前に、法務局で勤めている友人には、相談事が解決したら「和田金でごちそうするわ~」なんて言っていたものの・・・

「いやいや、牛銀はちょっと・・・大きく出すぎでしょう・・・さっき、私たちは和田金でって話してたんだけれどねぇ~012.gif

・・・彼女のだんなさんとお子さんは、先にどこかに行ってしまったのだけれど・・・結局3人で楽しくいろいろ思い出話を10分ほどして・・・別れました。

ここ数年、私にとっては、いろいろな再会が続いています。

やっぱり友達っていいものです。・・・そして一旦外に出て、外の空気にも触れたあと・・・地元に住むっていうのもやっぱり悪くないと再確認する今日この頃です。

(Y.K)
by terakoya21 | 2009-03-29 23:19 | 日記

ばかみたい・・・

男性の4割「すっぴん」にガッカリ 彼氏に見せるタイミングに悩む

Excite エキサイト : 社会ニュース

35を越えても、スッピンと化粧した状態のあまり変わらない私は・・・
だれと旅行に行くときもなるべく化粧をしていかない。

デートに行くの時は、それなりに化粧や身だしなみには気をつけるし・・・

旅行の内容にもよるけれど・・・
長時間飛行機に乗るのに化粧をしても仕方がないし・・・
温泉に行くのに、厚化粧をするほうがおかしいと思う。

以前、空港で意気投合して、一緒に食事をしたオーストラリア人とイギリス人に
私自身が、「アメリカ人」と間違われて不快な顔をしていたら・・・
「君が日本人に見えないのは、化粧が薄いから・・・僕らから見ると日本人の女の子は「トイレに行くためだけにもきちんと化粧をしていく」イメージがあるけれど、長時間飛行機に乗る前に化粧をしていない君の方が、僕たちには自然に思える」と言われたことがあります。

それって、日本人は多くの場合、TPOがわきまえられていないといわれたように思いました。

・・・高校生が学校に化粧をしていくのにも、塾に化粧をしてくるのにも違和感を覚えます。最近、寺子屋には、いないけれど、以前はいました・・・。

一方で、スッピンにがっかりする男たちもどうかと思います。

結局、外しか見ていないというか・・・
うちの生徒に、女の子はちゃんと化粧をするべし・・・と主張する高校生がいますが・・・
中から出る輝きが、男性も女性も大切だと思います。

私も、面食いで外見重視ですが、その外見は・・・中からの輝きを放つ美しさ重視だと信じています。

自分の生徒たちには、化粧にこだわったり、スッピンにがっかりするのではなく、自分の自然な美しさ、そして、他人の中からの輝きを見つけられる人になってほしいと思います。

(Y.K)
by terakoya21 | 2009-03-29 23:03 | 意見

まえがき (てらこや新聞48号 竹川のコーナーより)

~卒業~

3月卒業式を迎えた高3は、どの生徒達も長年に渡って私の受け持ってきた学年でした。最後まで寺子屋に通ってくれた生徒達だけでなく、中学あるいは高校の途中でやめた生徒達にも、それぞれに思い出と思い入れのある学年でもあります。

寺子屋で教え始めて間もない頃、私が初めて声を少し(?) 荒げて叱責した初めてのクラスが彼らのクラス でした。まだ小学生だった彼らの、目に涙をためている表情や、豆鉄砲を食らったかのような表情を、今でもよく覚えています。そして、私達が「常識」「当然」「普通のこと」と思っていることが、そうではないのだろうか…と思わされた初めての学年でもありました。そういう意味で、「こうあって欲しい」と願う私達の思いと、それを生徒達に伝えるための対応に苦慮したり、親との関係などを考えさせられたりと、いろいろな紆余曲折を体験し、意気消沈もした学年でもあり、その分、高校を卒業しそれぞれの道に進む彼らの前途に「幸あれ」と強く願う学年でもあります。

3月…卒業シーズンを迎え、それぞれ新たな道に一歩を踏み出す季節です。一抹の寂しさと新たな世界が開けている途方もない自由な気持ち…。大人になってからはなかなか味わえない気持ちを味わっているであろう彼らの今後に、素晴らしい出会いと充実した日々が待っていることを心から願ってやみません。

(K.T.)
by terakoya21 | 2009-03-29 20:54 | まえがき

なんでだろう・・・

<理想の上司>トップはイチロー選手と真矢みきさん

Excite エキサイト : 経済ニュース

真矢さんはわかるにしても・・・イチロー選手が上司って・・・発想があまりわからない・・・

彼は努力の人・・・そして天才的な才能を作り出した人・・・
こんな人が上司になったら・・・

皆、努力したら天才になる!!!という指導を受けそうで・・・
妥協を許されない・・・きつい職場になりそうですが・・・

その上で、他のことはチャランポラン・・・ぽい・・・

ま、イメージだから持つイメージは人それぞれだし・・・
本当のイチロー選手を知らないからわからないけれど・・・

私は、イチロー選手が上司だったら・・・嫌です。

それにしても・・・2位が島田紳助、3位が関根勤・・・ってイチロー選手とのギャップに不思議な感じがしました。

という私・・・実はあんまり明らかな上司がいる職場で働いたことがないのでイマイチ「上司」の理想なんてものがない・・・って私は、少なくともここに上がっている「理想の上司」には程遠い人間かもしれない・・・と少し反省しなければならないのかしら?!?!?

そういえば、大学院時代、ピッツバーグのNPOでインターンをしていたときの上司・・・シャロン・ストーンの学生時代の恋人と結婚していると言っていた人でしたが・・・なかなか良い上司で、仕事はしやすかった・・・彼女は、結構真矢さん的なイメージですね。きれいで頼れる人でした。

見習おう・・・042.gif

(Y.K)
by terakoya21 | 2009-03-28 23:38 | 意見

てらこや日誌

卒業生の訪問

ボストンの名門校で「吸血鬼出没」の噂が広まる | Excite エキサイト

昨夜、妹のお迎えに来た寺子屋の2期生がめずらしく顔を出してくれました。
そして・・・しばらく話をしたのですが・・・

まぁ、彼女の元気なこと・・・
週に3回ぐらいは出かけて遊んでいるらしく・・・
彼女の話に圧倒されました。

現在25歳の彼女・・・
私は、25歳の頃まだ学生だった上に日本にはいなかったので・・・
比べられないとは思うのですが・・・

なんとも信じがたいパワーを感じました。・・・こちらのパワーを吸い取られてしまうと感じる・・・パワーでした。で・・・

なぜ吸血鬼の話にトラックバックしたかというと
そのときに・・・「精力を吸い取られる・・・吸血鬼並みに・・・」と
彼女に私が言ったからです。

そして、彼女・・・「また来ます。そしてみんなの精力を吸い取ってまた、
私の遊びに行くパワーをもらいに来ます」・・・と行って帰っていきました・・・

寺子屋には、吸血鬼並みの卒業生がいるようです。(~_~;)

(Y.K)
by terakoya21 | 2009-03-28 18:30 | 日記

あとがき (てらこや新聞47号 亀井先生のコーナーより)

今回の「寺子屋の日々」でも触れましたが、松阪市では1月末に市長選挙が行われ、2月私より若い市長が誕生しました。我がふるさとがより良き町になるように、新市長には頑張ってほしいと思います。

一方でこの市長選・・・オバマ氏と同じように「change」を謳い、東国原氏のように「松阪を変えなあかん」をキャッチフレーズに当選した新市長・・・なにせ、かなりの保守派を自認する私・・・彼の大勝に恐怖さえ覚えました。もちろん、僅差で勝ってくれていれば・・・何も問題はなかったのですが・・・。

母から聞いた父方の祖母の話の中に・・・私の好きな話があります。この祖母は、私が3歳のときに亡くなり、私の記憶の中の彼女は棺の中でとても安らかに眠るきれいな人で・・・それ以外の思い出はありません。しかし、認知症を患い老人ホームで過ごす前、私が生まれる前後のしばらくの間、次男である父の元・・・つまり我が家で暮らしていたそうです。競輪好きで、父にお小遣いをせびっては「松阪けいりん」に足を運び、ときどき母に「勝ったから」と言ってお小遣いをくれたそうです。母がお小遣いをもらったことを父に報告すると、多くの場合、それは競輪で勝ったのではなく、父から奪ったお小遣いだったようです。

また、母方の祖母は、姉や私が訪問すると毎回のようにお小遣いをくれました。きまって彼女は「私よりあなたたちの方が、このお金を有効に使えるだろうから。大切に使って。」と言っていました。私が、学生時代、海外旅行を含め学費以外に使ったお金の基礎は彼女の懐から出たものを貯めたものです。

私は「お金」の話がしたいのではありません。当時すでに、年金生活だった祖母たちの心の余裕がどこから来ていたのかということを考えてほしいのです。また、その心の余裕が、彼女たちの子どもや孫に与えた心の豊かさを・・・。そして、今80歳に手が届くところまできた父を見て・・・毎日、寺子屋の門番とジョニーのお守りを押しつけられながら・・・自分の身を削っても次の世代に与えることを考えている父を見て・・・最近私は、自分たちのふがいなさを感じずにはいられないのです。

少子化問題の元凶は、私のような30代が結婚することに躊躇し、また夫婦でも子どもを持とうとしないこと・・・そして、それが経済的理由からのように言われることに私は疑問を抱き続けています。少子化対策の大義名分の下、子どもたちやその親が優遇され、その優遇が当たり前だと考える子どもや親が増えている現実をみると、対策が必ずしも社会に還元されていないことに、私は危機感を覚えます。私が「なぜ結婚もせず、子どもも産まないのか」と聞かれたら、答えに「結婚も、出産もしないと決めたわけではない。でも、今、しないのは社会の将来が不安だから。」と言うでしょう。

私の小学生時代、町でよく見かけた高齢者の多くはのんびりとほのぼのとしていました。彼らを見て、私は年をとりたくないと思ったことはありません。ましてや、子どもを産みたくないとも、結婚したくないとも・・・。その時代、医療費がタダだったのは高齢者であり、子どもたちではありませんでした。そして病院に行くと「○○さん、今日はどうしたんやろ。どっか具合が悪いんやろか?」なんていう不可思議な会話が彼らの間でのどかになされていました。その教訓から、彼らの医療費負担が決まり…後期高齢者などという言葉が生まれ・・・彼らの今までの社会貢献をないがしろに扱い・・・介護を十分に受けられなかったり、孤独死をしたりする人がいて・・・。彼らは、貧しい時代の日本をいろいろな形で 支え、権利を叫ぶより義務を果たしてきた人々です。私が知る彼らの多くは、与えられた豊かさをありがたいと感じ、それを次の世代に残そうと考えていた人々です。そして、社会にいくら貢献しても、このような扱いを受けるということを目の当たりにして、次の世代を産み出すことはもちろん、自分たちの生活にも不安を感じるのは私だけでしょうか。何度も言いますが、子どもは社会の鏡です。彼らのおかれた状況は、私たちの社会の状況です。大人の社会環境を改善しなければ、子どもたちも救われないのです。是非、考えてみてほしいと思います。

さて、やはりいつものように最後になりましたが、今回も連載の皆さんに感謝したいと思います。また、旧友、卒業生からのメールも掲載しました。彼女らの言葉に私は涙が出ました。毎月の連載を始め、このようなメールを読むと・・・たまにしか連絡がなくても、会わなくても、一生懸命生活をする心の通った人々がいることに気がつきます。その人々の存在が、私たちがこの仕事を通して、子どもたちへ「未来を託す」力の源です。ありがとうございます。

新しい年が始まってすでに2ヶ月半---「未曾有の経済不況」「派遣切り」「政治不信」などと言う嫌なニュースと身の回りの喧騒の中、家族を省みて、家族のあり方を・・・社会を省みて社会のあり方を考える2ヶ月半となっています。

(Y.K)
by terakoya21 | 2009-03-27 14:00 | あとがき

てらこや日誌2

勉強会始まります!

来年度の高校3年生・・・3人が松阪高校、1人が松阪工業高校の生徒です。
1人を除いて国公立志望・・・

そこで、私はもともと、学校で教えてくれる科目数が少ない工業高校生と土曜日の空き時間一緒に理科を勉強しようと話をしていました。そして、昨日の新高校3年生の授業で・・・

小論文やら、化学やら生物やら・・・いろいろと勉強しなければならないことが多くて
「どうしよう」と叫んでいた生徒に、「あなたも勉強に来る?」と誘ってみたところ・・・
意外にも皆「私も来ようかな・・・」なんて言いながら・・・考えていました。

私は、基本的に勉強が好きです。

そして、勉強したことはどんなことでも、無駄はないと思っています。
受験のために必要だから・・・というだけではなく、
いろいろな目標を持った子たちが集まって、一緒に勉強するという環境は、
必ずみんなの今後にプラスになると信じています。

私は、生物Ⅰと数学IとAを勉強し直すつもりで、すでに参考書などを買ってあります。

おやつなんかも用意できるときはして・・・
できる限り、やる気のある生徒はサポートしたいと思っています。

(Y.K)
by terakoya21 | 2009-03-26 20:52 | 日記

てらこや日誌

久々に・・・

昨日、私は夕方からの出勤でした。
出勤前から少し雨が降り始め、
出勤するころには結構本格的に降ってきました。

寺子屋に向かう道で、
傘もささず、雨合羽も身につけていない自転車に乗った二人の少年がいて・・・
すぐにもうすぐ授業の寺子屋生だとわかりました。

あっという間に車の私が彼らを抜いて、駐車場に車を停めた後
彼らがやってきました。

自転車で通ってくる彼ら・・・
数週間前まで、自転車置き場に自転車をとめるとき、
門扉寄りの場所に、
大胆にも(?)斜め止めしていて、
亀井先生のお父様がその自転車を彼らの授業中に
まっすぐ置き直してくださっていました。

数週間前に、自転車置き場にいつも1台
亀井先生のお父様の自転車がまっすぐ止められていますが、
その自転車の横に、きちんとまっすぐ止めるようにと
彼らは亀井先生から諭されました。
彼らがやってくる曜日は、
彼らの後に自転車で通学してくる生徒たちが多くて、
彼らの停める場所が限られるから・・・と
理由もちゃんと説明して、
「自転車置き場にある自転車に平行に停めること」と
言われました。

昨日・・・
私が車から降りた時に、彼らは自転車置き場にちょうどやってきて、
言っていたのです

「へいこう、へいこう・・・」

最初はその「へいこう」という言葉の漢字が、すぐに思いつかなくて、
何を言っているのかしら・・・?と思ったのですが、
そう言いながら、停まっている自転車に「平行」に
彼らの自転車を停める姿を見て
「おお!!」と
妙に感動してしまいました017.gif

ちゃんと言われたように実行できる・・・
そのことに感動し、
彼らが言っていた「へいこう」という言い方も可愛らしくて、
思わず微笑んでしまいました001.gif


さて・・・

昨日の私の中学生の授業で
問題集の問題を解いてもらって答え合わせをしていたのですが、

Yoshio (study) for two hours yesterday evening.

という問題のカッコ内の動詞をふさわしい形にするという問題で、
studiedとすんなり答えは出てきたので、
私が、さらっと
「ヨシオは昨日の夜2時間勉強した」と訳したら・・・

一人の女の子が即座に
「すげぇ~!!」
と叫びました。。。

私が思わず食いついてしまう言葉です(~_~;)。
まず女の子が「すげぇ~」と言うのはちょっと・・・

そして、2時間勉強した=すげぇ・・・
という公式にも、そうなのか???と・・・(-_-;)。


そんな授業のあと、
高校生の授業で、
今日から2泊3日で宿泊研修=朝から晩までみっちり勉強
という理由で金曜日の授業に来られない・・・
という話を聞き・・・

先ほどの「すげぇ~」と発言した中学生が
こんな宿泊研修の話を聞いたら、
それこそ卒倒するのだろうか・・・042.gif
なんてことを思った授業になりました。

(K.T.)
by terakoya21 | 2009-03-26 15:47 | 寺子屋生語録

英語塾の寺子屋かめいの元気を発信します


by terakoya21
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る