人気ブログランキング |

<   2008年 11月 ( 64 )   > この月の画像一覧

Favorite Songs (てらこや新聞43号 竹川のコーナーより)

TUNE18: 高嶋ちさ子と12人のヴァイオリニスト
「ツィゴイネルワイゼン(サラサーテ)」


私は高嶋ちさ子さんが好きです。ヴァイオリニストで見た目も結構キレイ…けれど一旦話し出すと、イメージはガラリと一変。少しかすれた声と、歯に衣着せずに言う発言内容から、一瞬「ヴァイオリニスト」ということを忘れてしまいそうになります。そのギャップが面白い。

一度彼女のコンサートに行ってみたいと、ずっと思っていました。三重県内や名古屋で行われるコンサートの日程が平日だったりして、一度も行ったことがなかったのですが、念願かなって、この8月、津市で行われたコンサートに行ってきました。

コンサートの冒頭に彼女が話した内容は、これまた爆笑もので、「やっぱり、喋ることが上手だな~」と思いながら楽しく聞きました。ちょうどコンサート日の2日前に、テレビ番組の収録があったらしく、「松阪と言えば肉!」ということで焼肉屋さんを4、5軒はしごしたそうです。行く先々で「美味しい、美味しい」とお肉を食べまくり、翌日(コンサート前日)には食べすぎでダウンし、病院で点滴を打ってもらった…なんていうエピソードも披露してくれました。

さて、「ヴァイオリニスト」「クラシック」と聞くと、何だか敷居が高そう…、滑らかな音楽に途中で眠気を誘われそう…なんて思い、なかなか縁がないという人もいるかもしれませんが、今回のこのコンサートは、そんな方にこそピッタリなものだったのでは…と思える内容でした。

それぞれの曲をしっかり紹介してくれたり、一般的なヴァイオリンの音色と数億円するであろう名器・ストラディバリウスの音色とを聞き比べるコーナーがあったり、ヴァイオリンを奏でる際の様々な技法についてひとつずつ例を交え紹介してくれたり…と、本当に初心者には有り難い、わかりやすい内容でした。13のヴァイオリンが奏でる美しい旋律と楽しいお話、本当に素敵な時間を過ごせたコンサートでした。また、こんなに笑ったクラシックコンサートは初めて!

ご紹介の曲は、きっと多くの人が聞いたことのあるメロディー。この曲の前に、ヴァイオリンのいくつかの技法を教えてくれて、実際にどこにその技法が使われているか確認しながら聞いた曲です。何だか分かった気になって聞いていました(^^;)。

CDで聞くより、目の前で演奏される生の音の迫力をぜひ体感してみて下さい。

(K.T.)
(曲は、高嶋ちさ子 12人のヴァイオリニスト「ヴァイオリン・ファンタジー」(コロムビアミュージックエンタテイメント)より)
by terakoya21 | 2008-11-02 23:19 | Favorite Songs

休日日誌

お家でのんびり

今日は風が少し強かったものの良いお天気だったので、
朝起きてから、
洗濯機をフル回転させ、たくさんの洗濯物を干しました。

そして、
今日から11月。
今年も残すところ、あと2ヶ月。
このごろ、めっきり肌寒くなってきたので、
お家のものを冬仕様に模様替えしました。

朝から、
冬用のラグ 大・小 2枚を、
まだだんなさんが寝ていた寝室のクローゼットから引っ張り出し、
お日様に当て・・・
その合間に大量の洗濯物を干して、朝ごはんを食べ・・・

何だか途中から気分が良くなってきて、
音楽をかけながら、
キッチンマットも干し、
春夏用の、今までひいていたラグをどけて、
フローリングのお掃除をちょっと念入りにして・・・

お昼を過ぎても起きてこないだんなさんを起こして、
冬用ラグをひくのを手伝ってもらいました。

午後から、だんなさんは髪の毛を切りに出かけたのですが、
今日は、私はお家の細々したことをしながら、
ずっと朝から音楽をかけていました。
ジャズ、クラシック、ポップス・・・と
音楽を聞きながら、
久しぶりにお家でゆっくりと時間を過ごしました。

これといった特別なことはしなかったけれど、
心が休まった一日となった気がします。

(K.T.)
by terakoya21 | 2008-11-01 21:02 | 日記

「でも」なのか・・・

TBS思わぬ苦戦・・・関口宏でも1ケタ、社長苦しい弁明

Excite エキサイト : 芸能ニュース

私は、この番組が始まるってCMで知ったとき・・・
なんで今さら「関口宏」さんでこんな番組なんだろう・・・と思った。

というのも・・・私は、こういう番組にこの人は不向きだと思うから・・・

昔は、よく見ていた「サンデーモーニング」もこの人の発言が不快なものが多すぎて
大人になってから見る気が起こらない・・・
最近はほとんど見ない。

この新番組は、仕事の時間帯なので・・・見られないけれど・・・
バラエティーよりドキュメンタリーや報道番組の方を好む私でも
「関口宏」さんが司会・・・と聞いただけで、あまり見る気が起きないので・・・

「関口宏でも1ケタ」との見出しに・・・
私なら「関口宏だから・・・」と書くな・・・と単純に思ってしまった。

報道ステーションの古館さんを見ていても思うけれど・・・
教養のあるニュース番組や、ドキュメンタリー、報道番組を目指すなら・・・
もう少し教養のある、偏見の少ない司会者を・・・どの番組も採用してほしい・・・
と切実に感じる・・・

CNNのアンダーソン・クーパーなんかを見ているとつくづくそう思う。

(Y.K)
by terakoya21 | 2008-11-01 18:43 | 意見

てらこや日誌

バタバタ過ぎる1週間

このところ、なんだかあっという間に1週間が始まり、終わる・・・という感じがするものの・・・
いっぱいすることがあるような焦燥感がいつもある1週間が多い気がします。

そんな中、今週は、木曜日に臨床心理士になった卒業生に会いました。
子どもたちとの接し方、彼らの抱える問題、現代社会の問題などについて話をし・・・
貴重な意見をもらってきました。

現代の大人も子どもも、1人で悩み、その悩みや問題を解決しようとする中で・・・
心を病む人もいれば、いろいろなことを諦めてしまう人・・・他に当たったり、暴力をふるったりする人もいれば・・・自分を責め続ける人たちもいる。

私は、今年9年目を迎える寺子屋での仕事の中で
いろいろな人と子に出会ってきました。

昨年までは走り続けていた感じがありますが、今年は、じっくりと腰を据えて
いろいろなことを考えて、さまざまな取組をしています。

その中で、1人で悩むことの限界、そして、人間は、1人では生きていけない
生きていないんだということを毎日思い知らされています。

寺子屋では、講師同士もいろいろと話をします。そして、子どもたちとも日常の
なんでもない話を含め、話をします。

そして、保護者の方々・・・特に小学生の保護者の方とは、できる限り話をしながら、
方向性を決めていきます。

今回、この卒業生と会って、再度そんなコミュニケーション・「会話」の重要性を知りました。

私は、とにかくおしゃべりが好きです。

子どもたちとは、しょうもないことをよく話します。
そして、子どもたちも、いろいろなことを話してくれます。

そのしょうもないことが・・・生活の余裕でもあり、大切な糸口を見つけ出すためのきっかけであり、とても重要だと思います。

留学中に日本人は、英会話が苦手なのではなくて、会話が苦手だと何度か聞きました。

「話す内容」がない人が多いと・・・

そして、「自分」を語らない人が多い・・・

会話を始めるにあたって、「自分を語ること」から始める。

多分、心を開くきっかけになり、相手の心も開かせるきっかけになり・・・
自分と相手を知るきっかけになるのだと思います。

それが・・・人々の「意欲」につながっているのだと・・・
私は思います。

そんなことに改めて気づかせてくれた、卒業生に感謝・・・そして、そんな思いをいつも
持たせてくれる在校生の子どもたちにも感謝をしたい週末です。

(Y.K)
by terakoya21 | 2008-11-01 16:04 | 日記

英語塾の寺子屋かめいの元気を発信します


by terakoya21
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る