人気ブログランキング |

<   2008年 05月 ( 62 )   > この月の画像一覧

休日日誌

藁婚式

今日は、だんなさんは午前中お仕事に出かけました。

あんまりお天気がすっきりしなかったので、
今日はお洗濯をサボり、
その分、時間をたっぷりとかけて、お掃除をしました。
何だか気分もすっきり、サッパリした気持ちになります(^o^)

お昼ごろ帰ってきただんなさんが、第一声
「ガソリン入れようと思っとったのに、すっごくたくさん車が並んで待ってて
挫折した・・・(--#)」

ここのところ、
バターが品薄だの、牛乳も品薄、はたまたガソリン価格がまた上がる・・・
なんてニュースばかり。

特にハイオクを入れているだんなさんは、
少しでも安いうちにガソリンを入れておきたいと思うので、
お昼ごはんを食べてから、再チャレンジしに行きました。

ガソリンスタンド前、道にまでガソリンを入れたい車が待っていて、
やはり挫折しそうになりながらも、
なんとか入れてきました。。。


今週は、私達の結婚記念日がありました。

調べてみると、
一年目の結婚記念日は「紙婚式」、二年目の結婚記念日は「藁(綿)婚式」だそうです。
一年目の時は、特に紙にちなむ贈り物をお互いにしなかったのですが、
今年の二年目は、せっかくだからと、「木綿」にちなむものを贈り合おうと、
アピタに出かけました。

私からだんなさんには、
表はタオル地で裏がガーゼ地のタオルハンカチと、
「木綿」とは違うけれど、
今話題の(?)男性用おなかウォーカー「クロスウォーカー」を
プレゼントに選びました。

だんなさんから私には、
つばが大きめの木綿の帽子と、
猫がデザインされたTシャツ。

アピタに行って驚いたのが・・・
今日は立体駐車場に駐車したのですが、
行きにも、「なんなんだ???この大渋滞の列は???」と思ったのですが、
帰りにも、「なんなんだ???この大渋滞の列は???」という列があり、
思わず、携帯カメラで撮ってしまいました。↓
c0115560_211140100.jpg

車内から撮ったので、分かりづらいかもしれませんが、
アピタの駐車場横にあるガソリンスタンドでの
給油待ちの車の大渋滞の列でした・・・。
そんなに安くもないと思うけど・・・と思いましたが、
この写真の列は、待っている列のかなり前の方しか写っていなくて、
実際には、この後ろにも、ずぅぅぅぅぅっと2列に並んで待っている車があったのです。
こんなにしてまで入れたいのか・・・と、唖然、びっくりしてしまいました。

このあたりでは、車が生活必需品だし、
ガソリン価格の値上げは家計に直結することだし・・・
とは思ったものの、
こんなに待ってたら、給油できるのは、かなり先のことだろうに・・・と
他人事ながら、呆然としてしまいました。。。


夕飯は、結婚記念日のお祝いに外食しようということで、
郷津町にある「蔵でパスタ」に行ってきました。
この「蔵でパスタ」は、中学・高校時代の友人のお兄さんがしている
伊勢のお店の2号店。
2年前に、その友人と、中学・高校時代の友人と
夏に初めて伊勢のお店に行きました。
松阪のお店には、今日初めて行きました。
伊勢のお店は、実際の蔵を改築して作られたお店で、
とても雰囲気のある所でした。
松阪のお店も、伊勢のお店の雰囲気とそっくりに作られていて、素敵でした。

ディナーコースの中から、ローマコースというコースを選び、
だんなさんは、
ロースとビーフのサラダ、明太子ペペロンチーノ、
珈琲ジュレ、ジンジャーエールを、
私は、
モッツァレラとトマトのサラダ、肉味噌パスタ、
ティラミス、スプモーニを
いただきました。
さっぱりと美味しく、満足して帰ってきました。


3年目の結婚生活には、
どんなことがあるのか、楽しみです。

(K.T.)
by terakoya21 | 2008-05-31 21:24 | 日記

明日から

近畿、中部15府県もタスポ 関東は7月に導入

Excite エキサイト : 社会ニュース

明日6月1日から変わること・・・

改正道交法で、後部座席もシートベルト着用が義務付けられること・・・
後部座席でのシートベルト、なかなか馴染みが無いけれど、
シートベルト着用が義務化されたときにも、
当初は同じように思ったこともあったけれど、
今ではシートベルト着用していないと
かなり違和感があるように、
だんだんと慣れていくのかな・・・とも思っています。

・・・と、
我が家では、改正道交法よりも、6月1日より劇的に変わることといえば、
こちらの記事の「タスポ導入」によるタバコの方が、大きな話題です。

というのも、
うちのだんなさんは、愛煙家だから・・・

賃貸住まいの我が家では、だんなさんの喫煙場所は、常に窓際。
フローリングに寝転んで、窓を開け、顔だけ窓の外に出して、
ベランダに向けてタバコを吸っています。


そんな我がだんなさんは、
明日からのタスポ導入をきっかけに、
禁煙をしようとしています!!!

きっと、今のうちに、どこかに、こっそりと、
タバコを隠してるんじゃないの~???と
疑っていたのですが、
本当に今日で最後になるようなのです。
「あと、5本だな・・・」なんて、切なそうに(?)言っています(^^)

タバコを吸えないイライラを、何とか乗り切って欲しいと思っています。

(K.T.)
by terakoya21 | 2008-05-31 20:30 | 日記

エドワード・バーンズ

「幸せになるための27のドレス」

Excite エキサイト : 芸能ニュース

私は、エドワード・バーンズの大ファンです。彼の映画のDVDをほとんど持っています。プライベート・ライアンで知り・・・15ミニッツなど100回ぐらいDVDで見て・・・その前の映画も買いあさり、見ました。

コンフィデンスは・・・松阪では、メインにポルノ映画を上映する映画館でしか上映しなかったのですが・・・それでも、このバーンズのために見に行きました。もちろん、1人では行きませんでしたが・・・。(~_~;)

今回のこの映画・・・内容もちょっと興味があるので・・・

見に行こうと思っています。

(Y.K)
by terakoya21 | 2008-05-31 18:56 | 意見

てらこや日誌 2

婦人と女性・紳士と男性

昨日の授業でのこと・・・高校2年生の生徒が「婦人」という言葉について・・・

「「婦人」は30歳以上」と主張・・・そこで

「じゃ、20代の女性は?」と聞いたところ・・・

「女性」

との返事・・・おぉぉぉぉぉぉぉぉぉ~!!!

と・・・いうことは・・・

「私も竹川先生も、もう女性ではないということかぁ~???????(-_-;)(-_-;)(-_-;)(-_-;)」

と突っ込んでみました・・・。(-_-;) そうしたところ・・・学習したのか

その後、「じゃ、おばさんは何歳ぐらいから?」と聞いてみたとき・・・

「38歳・・・(~_~;)」

「みんなは35歳以上と思うだろうけど、俺は、38歳以上だと思う。・・・先生、まだ、あと2年もあるよ(#^.^#)」

・・・・

婦人とは、古くは既婚の女性のこと言ったようですが・・・成人女性をいいます。そして、女性とは婦人のことです・・・(三省堂 大辞林より)。

彼によると・・・婦人服と聞くと、ダサいイメージなのだそうです。

それを聞いた竹川先生が・・・「じゃ、紳士服は?」と聞いたところ

「おじさんの服。紳士は50歳ぐらいの人のこと」

との返事(-_-;)。予想通り・・・といえば、予想通り・・・

紳士は英語でgentleman gentle は優しい、おだやかなという意味だから、優しい男性のこと・・・婦人はlady....淑女・・・

わからなくはないけれど・・・婦人、淑女や紳士になると年配に聞こえるのは・・・何故でしょうかね。(~_~;)

(Y.K)
by terakoya21 | 2008-05-31 17:23 | 日記

てらこや日誌

伯父の急死

今週水曜日の早朝、母方の伯父が70歳で急死し、その後の我が家はバタバタでした。伯父は、出産時の医療ミスで生まれたときから右半身マヒの状態だったので・・・祖母が亡くなってから、四日市の施設に入っていましたが・・・今、兄弟で生きているのは、母だけで、母が時間さえあれば、四日市に赴き、ずっと世話をしてきた母の兄です。私たちにも幼い頃から思い出の多い伯父です。

最後の15年を除いては、ずっと松阪で過ごしてきたので、伯父は、死後すぐに、松阪に戻ってきました。私が現在住んでいるところは、彼の実家です。訃報の連絡を受けた母と父がすぐさま四日市に駆けつけ、その間に私が伯父の帰宅の準備をし、昼過ぎに彼は生まれ育った地に戻りました。

その後、葬儀、埋葬の合間に仕事・・・という状況で、考えてみれば、今週は、火曜日と今日だけ、平常時間に通勤し、仕事をしました・・・気がつけば、今週は残すところ今日のみ・・・(-_-;)。

来週は、寺子屋に通う松阪市立中学の生徒の大半がテスト期間を迎えます。そのための準備の自主勉強が主だった今週でしたが・・・

プライベートでは・・・最後の4・5年は寝たきりで、私自身会いに行くこともあまりできなかったのですが・・・伯父の思い出をいろいろな人と話し、懐かしみ、寂しく思いながらも、現在生きている私たちの周囲の支えに感謝する一週間となりました。

幼い頃は、「なんでぼくだけ、他の人と違うんだ!」と嘆き悲しんでいたこともあったと聞きますが、彼の障害により、私たち家族の生活は、他の人々より豊かだった面が多くあると・・・心から感じました。一方で、彼自身には、私にははかり知れない苦しみがあったと思うのですが・・・

49日まで自宅に祭られることになった伯父の遺骨と遺影・・・毎朝、毎晩手を合わせながら、いろいろと話しかける日々になりそうです。

(Y.K)
by terakoya21 | 2008-05-31 16:47 | 日記

大好きだった!

「大草原の小さな家」ミュージカルで復活!ローラはローラの母親役に

Excite エキサイト : 芸能ニュース

「大草原」シリーズ、大好きでした。
開拓時代の話で、
決して裕福ではないけれど、家族がこじんまりと温かく生活している様子がとても幸福で、
ローラのこの一家を応援したくなる気分になりながら見ていました。

今の時代の子供たちには想像出来ないような生活かもしれないけれど、
今よりも心は豊かな生活をそこに垣間見ることができると思います。

たくましく大きな心で家族を支え養っていくお父さんと、
厳しいけれど優しく見守ってくれるお母さんと、
いろいろな現実に打ちのめされそうになりながらも懸命に生きていく子供たち。
心優しい人や、ちょっと意地悪な人や、
たくさんの人との関わりが生活の全てを形作る・・・

何だか懐かしい気持ちになり、
もう一度テレビシリーズを見てみたくなりました。

見られる機会があるならば、このミュージカルも見てみたい。

(K.T.)
by terakoya21 | 2008-05-30 15:55 | 日記

Bonjour! (てらこや新聞38号 谷先生のコーナーより)

通学路

片道30分弱かかる通学は、私の小学生生活で大きな割合を占めていた。今は、田んぼや周辺の土手が埋め立てられて様変わりしているが、当時の私は通学路で様々なものを見聞きし、感じていた。

タンポポの綿毛を飛ばしたり、ツツジの花の蜜を吸ったり、シロツメグサで冠を作ったり、
ピーピーマメ(=カラスノエンドウ)の笛を鳴らしたりした。雨の日には水溜りをぴょんと飛び越えたり、長靴で バシャバシャと入っていったり、ガードレールの縁に連なる水滴を指でサーッと
拭ったり、すいすい動くアメンボをじっと眺めたりした。

6年間も通っていれば、ほほ笑ましい思い出ばかりではない。腹痛をこらえながら早足で帰った日、空っぽの水筒を手に汗だくで家へ駆け込んだ日、同級生に自転車で追い抜かされて悔しかった日、トラックに水をかけられて泣きそうになった日……

劇的な出来事はそうそう起こらないのが当たり前だった。端から見れば何でもないことに小さな喜びや悲しみを覚える日々。それは今でも続いているが、決して無駄な時間ではないと思っている。
by terakoya21 | 2008-05-29 15:14 | Bonjour

私は・・・

松阪に帰る

故郷に帰ること、なんといいますか? | Excite エキサイト

松阪に帰ってきたら連絡してね・・・と友達にメッセージを送るとき・・・今でも使い

かつては私も東京やアメリカに住んでいて、もうじき帰ると友達に言うとき使っていたのは

やっぱり

「帰松」です。

通じていたし・・・他の人も使っていたので・・・

でも、他の地方もいろいろあるんですね。

(Y.K)
by terakoya21 | 2008-05-28 21:10 | 意見

日々の楽しみ

ノックアウト

5月になってから、我が家の狭いベランダに所狭しと並んだプランター。

水やり、花がら摘みが、毎日の楽しみとなっています。

朝ごはんを食べるより先にまず、水やり・・・の毎日(^、^;)

朝顔は、やはりベランダで日当たりが足らないのか、
成長がかなり遅い気がしますが、それでも、ゆっくりとではあるけれど、
新しい葉っぱをつけていっています。

夏すみれの花も次々と開花しています。

ぐんぐんと成長してきているのがチョコレートコスモス。
あんまり背が伸びると、
それでなくても狭いベランダで、お布団などを干すときに、かなり邪魔になるのですが、
大好きな花だけに、
「邪魔だ・・・けど、仕方ない」と許せてしまいます。

何が楽しいのか・・・
水やりをするときに、目線が下がり、花や葉っぱの様子を間近でじっくり眺められるのが
楽しいのかもしれません。


そして今朝、ダリアの花が咲いていました!!
つぼみがかなり膨らんでいて、この2、3日、いつ咲いてもおかしくないのに、
なかなか咲かないな・・・と思っていたのですが、
今日、可愛らしい花を咲かせていました。
c0115560_15521256.jpg

目の覚めるような爽やかなレモンイエローの花です。
その名もノックアウト
その爽やかな色合いに、ノックアウトしてしまいそう?!

(K.T.)
by terakoya21 | 2008-05-28 15:53 | 日記

2年ぶり

二周年で・・・

先週末、久しぶりのメールに嬉しビックリ。

マレーシア在住の大学時代の友人からのメールで、
日本に帰って来ているとのこと。

明日で私は結婚2周年ですが、
2年前の結婚式前日に、ちょうど彼女はマレーシアから日本に帰ってくるということで、
結婚式に出席してもらいました。

昨夜、実家にいるという彼女に電話をし、
2年ぶりに話しました。

電話に彼女が出たと思いきや、
「マミー、まみー」という可愛らしい声が・・・
3歳になるという男の子が電話口に出てきて、
「けいちゃんって言って・・・」というお母さんの声で、
聞き取りにくいけれど「けいちゃん」と話してくれました。

30分ほどいろいろ話し、
短い時間だったけれど、楽しいひとときでした。

大学時代の友人と話し、懐かしい気持ちになりました。

彼女は、もうすぐ11歳になる男の子と3歳になる男の子のお母さんで、
私は結婚2周年で・・・
それぞれの生活があるけれど、
話すひとときは、大学時代に戻ったような感じになり、
それが嬉しいことでした。

今度は是非、会って話がしたいなと思いました。


大学時代の友人たちと、また会いたい、とも思いました。

(K.T.)
by terakoya21 | 2008-05-27 18:54 | 日記

英語塾の寺子屋かめいの元気を発信します


by terakoya21
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る