人気ブログランキング |

<   2008年 04月 ( 60 )   > この月の画像一覧

上越だより (てらこや新聞37号 下西さんのコーナーより)

食便り
 
私は結婚してから、転勤などでたびたび引っ越しをし、四つの地方で生活しました。その中で、上越市が最長の20年になります。

引っ越しは、なかなかしんどいものです。引っ越しをする者の心理は、荷造り・掃除などの肉体的なしんどさのほかに、友と別れる辛さや、次の場所で対応できるかの心配もあります。自分だけでなく、子供がいれば、子供のしんどさも親として、引き受けなければなりません。私の場合は、深く考えないで、次の場所がどんな所か、楽しみにすることで、引っ越しの原動力を得ていたように思います。

新潟には、全く地縁血縁がありませんでした。しかし、いろいろの人脈ができ、友達の輪ができ、いつのまにかネットワークにがんじがらめになって、今に至っています。また、不思議なことに、この地で、同郷のイトウさん夫妻(松阪・波瀬出身)と知り合えるとは。

新潟に住んで、この地がおいしい食材の宝庫だと思うことがしばしばあります。四季の変化に富んでいることもありましょう。豊かな農地にも恵まれていることも事実です。日本海にも面しています。食文化という点では、ハナマルの土地です。

気になる春の食材を挙げてみましょう。春は、なんと言っても山菜。


【ふきのとう】
雪が解けると「ふきのとう」が顔を出します。実家にある「ミズブキ」より小振りなので、「やま蕗」でしょうか。この蕗はちょっと郊外に行けば、よく見かけますが、私の住むアパートの隅にもだれが持ち込んだのか、生えてきます。この「やま蕗」の赤ちゃんが「ふきのとう」です。雪が解けると同時に顔を出した「ふきのとう」を、そそくさと採ります。日が当たってないほど、苦みが少ないから、そして、同じアパートの住人に、この「ふきのとう」を待ちかまえている人がいるから。

もちろん、天ぷらにして食べます。ふきみそもいいですね。


【たけのこ】
山菜のたけのこは、「根曲がりたけ」とか、「姫たけ」という名前で、ちょうどグリーンアスパラの形状で、孟宗竹(もうそうちく)よりもあっさりした味でしょうか。食べ方は、採れたて新鮮なものは、縦に切れ目を入れてオーブントースター(あれば七輪)で焼きます。塩かマヨネーズをつけるだけでおいしいものです。また、通常は皮をむいてゆでて料理します。地元の人は、たくさん採ってきて、瓶詰めにし保存食にもします。

このたけのこ採りは、山の雪が消えた4月下旬から5月頃のお楽しみで、山を登りながらたけのこを探します。地をはうようにして上るので、しかも、採るのに夢中になるので、しばしば迷子になるらしい!

今年は、たけのこ汁の作り方を聞いて、作ってみようかと思っています。元祖たけのこ汁には、なんとサバ缶を入れるのですって。


わらび・うど・こごみ・たらのめ・アケビの芽……。山菜はまさに季節限定のもので、食べる楽しみだけでなく、採る楽しみもありそうです。私は、食べる専門ですが。


松阪の郷土料理は何か聞かれると、困ってしまいます。牛肉の細切れを入れた炊き込みご飯は、その資格がありそうです。でも、他には?そんな時には、同郷のイトウさんに聞いてみます。彼女も、私と同じ答えで、私と同じ思いを持っていたのでホッとしました。

伊勢の地は、海の幸も山の幸も豊富で、その上「松阪牛」という有名なブランドの食材があります。しかし、これぞ庶民の郷土料理というものは少ないのかなぁと、思います。
by terakoya21 | 2008-04-30 16:36 | 上越だより

休日日誌

久々に・・・

今日も朝から良いお天気の一日でした。

てらこやは月曜がお休みなので、
時々、実家の母のお供をするのですが、
最近は、
母が公民館の着付けのお手伝いをすることになり、
私のフラワーアレンジと日程がダブることもあって、
なかなか母のお供をすることがままなりません。

今日は二人ともお休みだからと、
前々から、
「29日は、どこかに連れてって」と言われていました。

車に乗れない母の普段の行動範囲は、
自転車かバスで行ける所に限定されます。

今日は、それで、
久しぶりに伊勢・おかげ横丁に行ってみようということになりました。

駐車場が混み合うかもしれないと、8時半過ぎに家を出ました。

9時20分頃に伊勢に着いたときには、既に結構多くの人が来ていて、
難なく駐車することはできましたが、
早くに出てきて正解でした。

まずは、伊勢神宮内宮へ。
30日まで、午前と午後に一回ずつ、神楽祭があるらしく、
その舞台がありました。
c0115560_212337100.jpg

新緑に包まれ、
とてもキレイでした。
残念ながら、時間帯が合わず、舞を見ることはできませんでしたが・・・

ゆっくりと清々しい緑の中を歩き、
五十鈴川の心癒されるせせらぎの音を聞き、
とても体に良い感じがしました。

新緑、緑に包まれるのって、やはり気持ちいいものです。


お参り後、
内宮内で、無料で抹茶を振舞っている所があり、
抹茶と生姜糖をいただいてきました。
とても美味しく、
思わず抹茶を頂く機会に恵まれ、ラッキーでした。

内宮を出て、おはらい町のほうを見ると、
かなりの人だかり・・・。
こんなにも賑わうものなんだ・・・と改めて思いました。


そして、11時20分くらいでしたが、
並ばなくても良いようにと、早めにお昼ご飯をいただきました。

何故か、ここに母と来ると必ずと言っていいほど、てこね寿司をいただきます。
今回も、やはりてこね寿司を食べました。

その後は、ゆっくりとおはらい町とおかげ横丁を見てまわり、
私は、ちりめんのネコの置物(大・小)と和紙の折り紙を買い、
母は、「欲しかったの!!」と、普段づかいのカバンと蛇の目傘を買いました。

ちょっと甘いものも食べたいと、
いちご大福と冷茶をいただき、
大満足。

3時過ぎまで、たっぷりと楽しみ、家路につきました。

5時半くらいまで、実家でのんびりと過ごし、帰ってきました。
たっぷりと楽しんだ一日となりました。


この季節、新緑の中でリフレッシュ、良いですね。


(K.T.)

by terakoya21 | 2008-04-29 21:38 | 日記

休日日誌

「頑張る」の意味

あることをなしとげようと困難に耐えて努力すること・・・

ここ数年、ゴールデンウィークといえば、私にとって「偏頭痛」の週間となり、ゆっくりと日頃の疲れを癒す休暇となっています。

私は、幼い頃から、「休み」は少なくとも2週間に1度は「休む」ために使わないと体が動きを止めてしまう・・・ようで・・・休暇は「休む」という発想を持っているので・・・休暇はゆっくりと過ごすようにしています。 

この3日間も、日曜日の偏頭痛の発作から、微熱と体調不良が抜けないので・・・今日もゆっくりと過ごしました。

が・・・その中で、昨日、今日は、読書に時間を多くとりました。

たまっている新聞と、マンガと、小説と・・・といろいろなものを読みました。

その中でも・・・マンガは生徒の推薦で「砂時計」を少しずつここ数週間をかけて読んでいます。・・・7巻を今日読み終えました。

その「砂時計」でもテーマの一つなのだと思うのですが、この「偏頭痛」が悪化してから私を悩ませている言葉の持つ意味をじっくり考えさせられています。

私の「偏頭痛」は疲労とストレスがたまると大きな発作となって現れます。そして、発作の早い段階で、気づいて、薬を飲まないと・・・「頭痛」よりも「嘔吐」に悩まされることになります。

ポカリスエットをかなり薄めて少しずつ飲む・・・以外に口に物を入れられなくなり・・・立ち上がると嘔吐・・・という状況に陥って・・・

10代で1回、20代で数回同じような症状があったのですが、28歳でこの仕事を始めた年に1度、30を越えてから数が増え、33歳の年には2・3ヶ月に1回ひどい発作が起こるようになり、病院に行かずにはいられなくなりました。

そのとき病院で何度も言われたのが「頑張りすぎないように」・・・(-_-;)

「何かをなしとげようと努力はしている」つもりであっても、「頑張っている」つもりはなく・・・

「なにかをなしとげようと」、「困難に耐えて」・・・「努力すること」

チャーチルだったかが・・・「頑張っている」なんてことは言う必要はない。なにかをなしとげようとするとき、人は努力するのは当たり前のことだと言っていたけれど・・・その通りだと思っていた。

私は強いわけではない・・・だけれど・・・「自分の最善をつくすこと」は、当たり前のこと。

なしとげたいことがあるから・・・と思っていたのだけれど・・・

私自身もこの病気が悪化してからは、「頑張れ」と人に言うとき、少し躊躇する。

他によい言葉はないものだろうか・・・と思う一方で・・・

世の中、自分だけが頑張っていると思い込んでいる人が多すぎるのも問題のように思う。

そして、人に「頑張りすぎないように」と言われる程度の方が・・・いいのかもしれないと・・・思えたり・・・

明日からも張り切って生きたいと思う。

砂時計・・・思ったよりはまっています。(^_^)

(Y.K)
by terakoya21 | 2008-04-29 20:20 | 日記

休日日誌

久々の・・・

偏頭痛の発作で、昨日は、散歩とちょっとした買い物以外は、1日寝て過ごしました。

今朝も調子が悪かったのですが、足のむくみなどが気になったので、リフレクソロジーを受けに鈴の湯に行ったところ、かなり頭痛も楽になり・・・

隣のケーヨーD2に花を見に行き、サンパチェンスを見つけ買いました。

夕方帰宅後、プランターに植えました。

先日蒔いたバジルも芽を出し始め・・・トマトもなすも順調に育っています。

サンパチェンスが育ち、開花するのも楽しみです。

実家の方では、さくらんぼが色づき始めています。すでに鳥が食べに来ているので・・・明日辺りから、競争して収穫になりそうです。(~_~;)

c0115560_22324587.jpg


PS 私も「あの空をおぼえている」見に行きたい!!!でも、おそらく連休後の月曜日に両親と「相棒」鑑賞となりそうです。生まれて初めて父と映画を見に行くことになりそうです・・・(^_^)。月にいくつも映画を見るとおそらく頭痛を起こすので・・・5月に何が見たいか・・・と言われれば・・・

「相棒」・「名探偵コナン」・「砂時計」・・・の次にくる映画が「あの空をおぼえている」なので・・・見ない気がします(それにしても・・・ミーハーですね私。。。かなり(-_-;))・・・ちなみに、来月は1位に・・・「幸せになるための27のドレス」がきそうですね(^_^)エドワード・バーンズが久々に出ます!!!

(Y.K)
by terakoya21 | 2008-04-28 22:31 | 日記

休日日誌

久々の・・・

今日も爽やかなお天気の一日でした。
今日も朝早くに起きて、お洗濯をし、その後、だんなさんと鈴鹿まで出かけました。

久々に・・・
1年4ヵ月ぶりに、映画を見に行ってきました。
見た映画は・・・ 『あの空をおぼえてる』
だんなさんの見たい映画でしたが・・・
結構初めの方から、そして途中からは、
あちらこちらから、鼻をすする音が・・・
そんな私も、かなり泣き、
最後のテロップ、平井堅の切ない歌が流れる間も涙が流れ・・・
見終わった後の顔は・・・
いかにも「泣きました」という顔で・・・
目は赤く、まぶたは少し腫れ、鼻まで赤く・・・

映画については、また「てらこや新聞」で書きたいと思いますが、
一番強く思ったことは・・・
「どうやったら、こんなに心優しい子どもが育つんだろう・・・」ということでした。

やっぱり映画館で映画を見るのはいいなぁ・・・と改めて思いました。
が・・・
とっても気になったことが一つ・・・

今日は、平日だけれど、ゴールデンウィークのお休みの方もいらっしゃるのか、
午前の上演時間だったけれど、結構たくさんの方が映画を見にきていらっしゃいました。
今日見た映画は、指定席で、
席のブロックを選ぶことができ、
私達は真ん中の通路から何列か後ろの席で見ていたのですが・・・

前のブロックと真ん中のブロックの間に、通路があり・・・
ちょうどその通路が前になる席だと、席と通路の間に手すり(?)みたいなのがあります。
そこに、何歳くらいかは分からないけれど、
かなり若い子・・・多分10代かな・・・と思える二人組みの女の子が座っていました。

上映中、
私の視界に飛び込んできたのは、
その女の子の一人が、両手を万歳の形で上げて、伸びをしていたシルエット・・・。
彼女達のその席が、
今日見ていた人たちの中では、一番前にあたるくらいで、
後ろには映画を見ているたくさんの人たちがいるのに、
映画の途中で、目一杯伸びするとは・・・と唖然。

それ以上に私を唖然とさせたのは、
その女の子達二人とも、
前の手すりに、足(素足???)をかけて見ていたこと・・・。


よく、亀井先生との会話の中で、出てくる話題があります。
車を運転していて、気になること。
二車線の隣りを走っているカップルの車の、
助手席に座っている女の子が、
ダッシュボードの上に足を放り投げて座っている姿。
それを運転している彼は、注意しないのか???と疑問に思う・・・という話題です。


今日のこの女の子達の姿を見て、
思わず、亀井先生との話題に出てくる、この話とダブり・・・

もちろん上映中の映画館は暗いけれど、
それでもシルエットとして、
結構目立つものなんだな・・・と思いました。


『あの空をおぼえてる』に出てきた男の子と、彼女達とのギャップを感じ・・・
ますます「どうしたら、こんな素敵な子どもに育つんだろう・・・」と思ってしまったのでした。


人のふり見て我がふり直せ・・・

私も気をつけたいな・・・と思います。



それにしても、映画、良かったです。
これから見たい映画も、たくさんあるので、また見に行きたいなと思っています。
(K.T.)
by terakoya21 | 2008-04-28 21:08 | 日記

まえがき (てらこや新聞37号 竹川のコーナーより)

~桜の花に想う~

つい先日まではまだまだ硬そうな蕾だった桜の花が一斉に咲き、葉の花や雪柳など、見渡せば「春」の到来を喜ぶかのように、色とりどりの花々が咲き誇っています。特に日本人は桜の花が大好きですね。一輪一輪は溶けてしまいそうなほど繊細な薄い色だけれど、それが集まるとほのかなピンク色に染まる…そして惜しげもなく散っていく…。人の人生をも髣髴とさせる花で、やはり私も魅了されます。

さて、4月、新しい生活がスタートする季節です。一年365日、一日一日は何の変哲もない、ありふれた日々かもしれませんが、その一日を充実して過ごせるかどうかが、その人の人生の彩りを左右しているのだと思います。新しくまたスタートラインに立つ気持ち、その新鮮な、わくわくするような気持ちを持続させていくのは結構難しいことかもしれませんが、私は今年の桜を見て、一日一日を大切に過ごしていきたいという気持ちを強くしました。

そして、てらこや新聞はこの4月から4年目のスタートです。月末近くになると「あぁ…原稿締め切りが迫ってきた…何を書こうか…」と頭を悩ませる日々になりますが、これまでの新聞をぱらぱらと見てみると、その時々、何を考えていたのか、どんなことがあったのかが思い出されて、コンスタントに何かを「形」に残していくことの有意義さを感じています。

皆さんにとって、てらこや新聞が何かのお役に立っていたら幸いです。

(K.T.)
by terakoya21 | 2008-04-28 20:43 | まえがき

休日日誌

気持ちの良い一日

今日も朝から気持ちの良い爽やかなお天気でした。

今日もたっぷりと洗濯をし、
お昼くらいに、だんなさんと出かけました。

津市にあるビバ・ホーム。
私は何故だかこのホームセンターが好きで、
ここに行くと、
何故だかいろいろなものを大量買いしてしまいます・・・(^_^;)
今日も必要な生活雑貨以外に、
ミキサーを衝動買い・・・。
明日の朝は、早速それを使って、ミックスジュースを作ろうと思っています。

そして、高くなる前に満タンにしておこうと
ガソリンスタンドへ。
列をなして、たくさんの車が待っていました・・・。

夕方、中部台公園に歩きに行って来ました。
今日は少し早足で歩いたので、ちょっと疲れてしまいました・・・

中部台公園の藤の花がきれいでしたよ。
c0115560_20283793.jpg

(K.T.)
by terakoya21 | 2008-04-27 20:28 | 日記

突然変異?

不思議なガーベラ

今日も
だんなさんは、植樹祭のための準備でボランティアに出かけたので、
私は、午前中、美容院に行き、
その帰り、実家に寄りました。

昨年球根を植えた我が家のムスカリとチューリップは既に盛りを過ぎ、
パンジーやビオラたちも、段々と勢いがなくなりつつあるので、
そろそろ次に他のお花に植え替えないといけないな・・・と思っているのですが、
実家のパンジーやシクラメンは、
まだまだ元気でした。
やっぱり日当たりや土壌の違いもあるのでしょう。

そんな中、
昨年母が買ったガーベラは無事にまた花をつけているようで、
それもたくさん花がついていて、
母も嬉しそうでした。

「ガーベラ、たくさん咲いてきたなぁ~」と言うと、
母が
「これを見て!!!」と言い、見せてくれたガーベラは、
ちょっと変わっていました。

c0115560_1959469.jpg

ガーベラは、
子どもが描くお花の形そのものといった感じですが、
私は、そのシンプルな形がとっても好きなのです。
普通のガーベラは、写真の右側のような花ですが・・・

写真の左側のガーベラ・・・
よく見ると、
一本の茎の先に、花がまるで枝分かれしているかのように、双子のように、
左右に分かれて二つ花がついているのです。

こんなガーベラ、初めて見た・・・と
早速写真に収めていました。

これからいろんな花が園芸店の店先を飾ります。
次に何を植えようか、楽しみです。

(K.T.)
by terakoya21 | 2008-04-26 20:01 | 日記

お知らせ

ゴールデンウィークの寺子屋

GWの間、毎年1週間くらい続けて休みをとる寺子屋ですが・・・

今年は、祝日の並びが・・・あまりよくないので・・・29日(火)、3日(土)、6日(火)のみお休みとなります。皆さん、気をつけて下さい。もちろん、通年、日曜日と月曜日がお休みですので・・・明日から3連休、来週土曜日から4連休となります。

私は、とくに予定を立てていないのですが、前半は、月曜日に公民館授業があるため、連休ではないので、後半にのんびりしたいと思っています。

(Y.K)
by terakoya21 | 2008-04-26 19:02 | 日記

あとがき (てらこや新聞36号 亀井先生のコーナーより)

「犬は、長電話もしなければ、わがまま、文句も言わない、『お小遣いが少ない』、『これが欲しい』、『あれが欲しい』とも言わないし、口ごたえもしない。かわいいですよ。」・・・母が私の小学5年生のある授業参観で発した言葉です。この授業参観は、子どもたちと親たちが向き合って座り、お互いに1つだけ言いたいことを順番にみんなの前で言う・・・という形式で行われ・・・私が 「うちの親は犬をかわいがりすぎる。」と文句を言ったのに対する母の反論でした。

先日、地元の夕刊にこのときの担任の先生の記事を見つけました。白髪交じりの彼の写真と59歳という年齢に、過ぎていった年月を感じましたが、懐かしく、いろいろなことを思い出しました。彼は、私にとって本当に「恩」のある先生です。生まれつきアキレス腱が短く、直立のできない私の足の障害に気づき、医師に相談することを両親に勧めてくれた先生です。それまで私は、つま先を45度開き、かかとをつけ、直立する-「気をつけ」の姿勢がとれず、人知れず悩んでいました。それを彼は、幅跳びでしりもちをつかず、前のめりになる私の姿勢で気づいてくれたのです。

髪の毛が薄く・・・そのことを指摘した私たちは1階の保健室から3階の教室まで追いかけ回されたこともありましたが・・・足のことだけでなく、男勝りの私が女子校を選んだことを卒業まで心配してくれたのもこの先生でした。 高校に入ってから1度だけ、ばったりと街でお会いしたことがありますが、声をかけた私に 対してすぐに「亀井さんだね」と名前まで覚えてくれていたことをとても嬉しく感じたのを覚えています。

そして、懐かしく思い出すものの中に冒頭の母の言葉があります。現在、私はジョニーを飼い、塾で毎日子どもたちと接しながら・・・母の言葉をかみしめています。確かに、ジョニーはお小遣いをくれとも言わなければ、わがままも文句も言わず・・・・毎日、かわいい。そして、子どもたちは、文句、わがまま、口ごたえ・・・何度も同じことを言わせる・・・など、小言を言いたいことは山ほど・・・。憎たらしい・・・と思うことは多々あります。そこで、母の言葉は本当だと思う一方・・・母が私に持っていた信頼と愛情を感じるのです。

母は「犬の方がかわいい」とは一度も言ったことがありません。今の私も寺子屋生とジョニーと比べて「ジョニーの方がかわいい」と思うことはありません。ただ、冒頭のような母の発言や私の上のような記述は、誤解を招くことがあります。それでも、母は小学5年生の私にそのように語りかけました。

母には、「信頼」と「愛情」・・・つまり2人の間の「絆」に自信があったのだと思います。授業後、担任の先生に、母は「いい親子だ」と言われたそうです。

「良い親子」・・・あまり考えたことはありませんでした。勉強をしろと言われたことも、小遣いは少なかったけれど不満に思ったこともなかった小学5年生の私は、「何か親に言いたいこと」と言われて、「犬をかわいがりすぎである」こと以外、思いつかなかっただけです。だからと言って、厳しい両親が「良い親」という感覚もありませんでした。しかし、最近、振り返ってそうなのかもしれないと思うことがよくあります。親だけでなく、私は良い大人に囲まれてきたと感じることも増えました。

良い親子関係も、先生と生徒の関係も・・・「信頼」が基礎になります。その基礎は、年長者たちが私たちに与えてくれたもの・・・今度は私たちが子どもたちに受け渡すもの・・・だと思います。春・・・別れと出会いの季節です。巣立つ子どもたちにも、これから出会う子どもたちにも、「絆」を信じられる環境作りをこれからも続けていこうと・・・心新たにしています。

最後になりましたが、今回も特大号を発行できたことを、連載の皆さんに加え、卒業生の服部千晴さんとコタニさんに感謝したいと思います。谷さんと同期・・・寺子屋一期生の彼女たちの勇気と行動力には、いつも感心し、また、エネルギーをもらっています。皆さん、ありがとうございました。「絆」を大切に・・・4年目を迎える「てらこや新聞」と9年目を迎えた「寺子屋かめい」をこれからもよろしくお願いします。

(Y.K)
by terakoya21 | 2008-04-25 16:20 | あとがき

英語塾の寺子屋かめいの元気を発信します


by terakoya21
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る