人気ブログランキング |

<   2008年 01月 ( 87 )   > この月の画像一覧

これって・・・

サッカーだけ?

サッカーの試合、見るだけで急性心疾患の発症リスク高まる=研究 | Excite エキサイト

ドイツだからサッカーだけれど・・・

アメリカだったら、アメリカンフットボールやバスケットボールだったりするのでは?!?とも思うけれど・・・

サッカーは得点が少ないから緊張感があって、点数を入れたとき、入れられたときの衝撃も大きいのかな??なんて思ったり・・・

関係ないけれど・・・私は、サッカーの試合を見ると

肩が凝る・・・(~_~;)

(Y.K)
by terakoya21 | 2008-01-31 14:59 | 意見

素朴な疑問ですね

松阪牛・・・まつさかぎゅう?まつさかうし?

松阪牛は、いつから「まつさかうし」に? | Excite エキサイト

松阪生まれの松阪育ちの私には・・・「まつさかうし」・・・なじみのあることばのような気がする・・・

そして、小さいときから「まっつぁか」が一般的だった私の周囲・・・

正式には「まつさかし」の方が「まつざかし」より納得・・・私は幼い頃から「まつさかし」出身でした。

ただ、私の場合、母方の祖母が静岡出身で、母も疎開で静岡で幼少時代を過ごし、父は久居出身なので・・・(父も母も基本的には幼い頃から松阪で育ってますが・・・)我が家に生粋の松阪弁をしゃべる人はいないので・・・

あてにはならない・・・

しかも、松阪牛の生産地は・・・ほとんどが旧松阪市内より飯南・飯高の方になるので・・・私たちはあまり詳しくないけれど・・・

でも、こんなことで我が松阪が話題にのぼるのは大歓迎です!

そして、現在は、合併により飯南・飯高地方も松阪市です。

(Y.K)
by terakoya21 | 2008-01-31 13:59 | 意見

隔離政策の話

アボリジニに公式謝罪へ 豪政府、過去の隔離策

Excite エキサイト : 国際ニュース

「アボリジニ」については、中学・高校の英語教科書によく採り上げられる題材です。

アボリジニの子供達を親元から隔離した政策。
私は映画『裸足の1500マイル』を思い出します。
無理やり親元から引き離され、
「教育」とは名ばかりの、強制収容所のような場所での生活を余儀なくされます。
お母さんに会いたいという一心だけで、
ひたすら歩き続けた女の子達の実話の話です。
ハリウッド映画のような華やかさはないけれど、
厳しい現実が訴える事実の重みがあります。
純粋な強い意志を持った少女の瞳が印象的な映画です。

(K.T.)
by terakoya21 | 2008-01-30 22:39 | 日記

昨年の北海道旅行で

あっちでもこっちでも「もっこり」現象

あっちでもこっちでも「もっこり」現象 | Excite エキサイト

昨年北海道に旅行し、
どこでだったか忘れましたが、お土産物屋さんで、
「まりもっこり」ののぼりを見て、
何だろう???と思い、売り場を見て・・・
「これは・・・いいのか???」と
目を疑ってしまいました。。。

製造元の担当者の方は「露骨にすると、いやらしい感じになるので」と
おっしゃっているようですが、
私は、実物を見て、
「露骨さ」よりも、「なんだかいやらしい目つき」に
「いやらしさ」を感じてしまいました・・・

私は全く興味がないけれど、
ご当地キティちゃんがたくさんあるように、
観光地をアピールする(?)キャラクターは人気があるように思えます。

まさか、この「まりもっこり」に、こんなにもたくさんの種類があるなんて知らなかった・・・。

でも、この「まりもっこり」について言えば、
「まりも」の「も」の字とかけているのが面白い、上手い(?)と思えるので、
それ以外の「も」の字と全く関係ないシリーズは、
あんまり面白くない・・・と思ってしまいます。
こんなこと言うと、
このシリーズを出している観光地やキョーワの方には、ひんしゅくをかいそうですが・・・


いろんな意味で、旅行中かなり気になった「まりもっこり」ですが、
元々ご当地キャラクターに興味がない私は、
結局、やはり、買わずに帰ってきました。。。

それにしても、
あんまり「可愛い」とは言い難いキャラクターなのに、
どうして人気があるのか不思議・・・

(K.T.)
by terakoya21 | 2008-01-30 15:40 | 日記

素朴な疑問

<愛妻の日>妻への愛を東京・日比谷公園で叫ぶ 1月31日

Excite エキサイト : 社会ニュース

「愛妻」という言葉はあるけれど、
逆に「愛夫」という言葉ってあるのか・・・?と考えてしまいました。。。
「愛妻」があるなら、「愛夫」もあって然るべき・・・?

なんて話を谷先生としていたら、
「さだまさしさんの『関白宣言』のその後を歌った『関白失脚』という歌があるらしいです。」
とのこと。
聞いてみたい・・・。

この企画では、
愛の言葉を叫んでチューリップの花と「愛妻家宣言証」なるものをいただけるとか・・・。

このニュースを読んで、
「東京には行けずとも、こんな日があるんだって・・・
チューリップのプレゼントだって・・・」と
だんなさんに言ってみようと思ったけれど、
きっと
「ふ~ん・・・、で???
花なんか、自分で月に二度フラワーアレンジで持ち帰ってくるから、いらんやろ???」と、
返されることは間違いないだろうな・・・なんて
思ってしまいました。

大体、普段から「愛してるよ」なんてしょっちゅう言っている
だんなさんや恋人って
そんなにいるだろうか???とも思ってしまいます。
「いや、僕は言っています!」という方もいらっしゃるだろうけれど・・・。

うちのだんなさんに限って言えば、
口下手で
「愛してるよ」なんて聞いた覚えは、あまり(ほとんど?)ない。。。
けれど、
お休みの日に率先してお風呂掃除をしてくれたり、
私が仕事の日は、必ず自分が食べた夕食のお皿を洗ってくれていたりとか、
そういう普段の心遣いに
だんなさんの愛情を感じたりします・・・
なんてのろけてみたりして・・・

普段から、お互いに「ありがとう」と感謝の気持ちを表すことは大切だな・・・と思います。



それにしても、どうして「愛夫」はないのでしょうか?

(K.T.)
by terakoya21 | 2008-01-29 18:45 | 日記

寺子屋の日々 Days in Terakoya (てらこや新聞34号 亀井先生のコーナーより)

世界にひとつだけの花

以前、あるテレビの番組のコメンテーターが「学力低下」や「学級崩壊」などの原因は・・・と聞かれ・・・「SMAP」と答えた。その人の説明では・・・SMAP自体の問題ではなくて・・・彼らの歌う「世界にひとつだけの花」の伝えるメッセージが問題だということだった。

いろいろな場面で歌われ、愛されているこの歌だが・・・人を花にたとえ、人と比べたり・・・一番になろうとしなくても良い、ひとりひとりが違うONLY ONEなのだからONLY ONEとして輝く努力をすれば良いという内容の歌だ。

私には、どちらも事実だと思える。ひとりひとりが違いONLY ONEなのだから、ONLY ONEと して輝く努力をするべきであることも、この曲の伝えるメッセージが過度に評価されると「学力 低下」や「学級崩壊」につながるということも・・・。

そして、それは、教育問題の中だけではなく、日本社会全体の閉塞感の原因のように私には 感じられる。オリンピックやワールドカップなどの放送を見ていると一番になること・・・勝つこと、メダルを取ることが全てのように報道される日本社会・・・そして、目立つとたたかれる人間関係・・・その一方で、人と比べることや1番になることよりもONLY ONEであること・・・自分らしく・・・などと言う考え方が脚光を浴びる・・・大人も子どもも迷っている。

そして、私はこう思う。人はひとりひとり生まれたときからONLY ONEの大切な存在だ。しかし、一番になろうと努力すること、勝とうとすることが・・・人生には必要だと・・・。人と比べられて、比べて人は育っていくのだと・・・。

一番になろう、勝とうと思うことが、人をONLY ONEにする・・・と私は思う。一番になろう、勝とうと思い、努力することが、自分を磨き、自分がONLY ONEであることを認識させるのだ。実際に勝つこと、一番になることが大切ではないけれど・・・だから、人と比べる、比べられることも必要なのだ。「人と比べる」と聞くと・・・他人が優れていて、自分が劣っていると考える人が多い・・・。しかし、逆もある。そして、自分がいかにちっぽけな存在で、自分の社会がいかに限られているかを知ることが自分の可能性を知ること、そして、その可能性を伸ばすことになる。

私は、松阪で生まれ、松阪で育ったが、中学、高校時代を津の学校で過ごし、大学時代を東京で、大学院時代には、アメリカで生活している。そのたび、自分の住む世界がいかにちっぽけで、自分がつまらない存在かを思い知った。そして、ないものを与えられる環境を探し続けた。だから、津の学校でもそれなりの成績を修め、東京でも、アメリカでも私の英語力も知識もなんとか役に立った。

そして、今、振り返る。私は、自分の両親から、自分が彼らにとってONLY ONEであることを 直接でも、言葉でもないけれど、何かの形で伝えられていた。そして、私がいなければ、自分の両親の住む世界がひっくり返ることを私はいつも知っていた。私は5人兄弟の末っ子である。5人も子どもがいても、そのうちの1人である私が欠けただけで、私の両親は悲しみにあけくれるだろうことを・・・私はうぬぼれでなく、知らされていた。そして、今、私は故郷に戻り、生活をしている。

私は、寺子屋の子どもたちに彼らひとりひとりが私にとってonly oneであることを伝えられているだろうか。そして、彼らは自分の親たちからのメッセージを受けとめているだろうか。

人間は、花と違って、他と交わらずには生きていけない。他と比べられ、比べ、勝ち、負け成長していくのである。負けてもかまわない、比べて優れていなければならないわけではない。それでも、勝つ努力を、1番を目指して努力を続けてほしい。・・・その上で、彼らは関わる人々にとっていつも無条件にONLY ONEであることを知っていてほしい。

花は、それ1本で存在ができる。もちろん、虫や他の生物の役割はあるが・・・。しかし、人は、人と交流することをせず、生きることはできない。花は、それ1本でも美しいけれど、人は、1人で美しくはなれない。他の人と比べて、いつも勝つ必要もないし、いつも優れていなくてはいけないわけではない。それでも、他の人の存在をいつも意識して、より良くなる努力を人は続けるべきなのだと私は思う。

そして、子どもたちがそうやって成長していく中で、大人たちは、彼らが、私たち大人にとってひとりひとりONLY ONEであることを伝えていかなければならないのだと思う。

毎年、そういう風に子どもたちに接しているつもりだけれど・・・今年も、やはりその気持ちを忘れず、子どもたちと1日、1日を大切にしたいと思っている。

2008年元旦
(Y.K)
by terakoya21 | 2008-01-29 17:04 | 寺子屋の日々

私はあまり好きではありませんが

製造を本社工場に一本化 赤福、名古屋・大阪は廃業

Excite エキサイト : 社会ニュース

赤福・・・私はあまりすきではありませんが、

先日母と伊勢に行ったとき、赤福本店が閉まっているのを見て・・・

その前で写真を撮る観光客を目の当たりにして・・・

やはり、赤福本店のあの雰囲気が伊勢で見られないのはとても寂しいと思いました。

母も姉も、父も・・・我が家の人間は私以外は赤福大ファンです。

私も、赤福本店で飲むお茶は好きです。

早く、本店で赤福を食べに家族で行きたいと思います(私はお茶だけで(~_~;))

(Y.K)
by terakoya21 | 2008-01-28 21:45 | 意見

変えようか・・・

画面やデザインで特徴出す 携帯3社の新端末出そろう

Excite エキサイト : 経済ニュース

昨年12月、もともと調子の悪かっただんなさんの携帯が、
遂に壊れた・・・

使おうと思ったら画面真っ黒、電源つかず・・・

一度修理に出したこともあったので、
もう買い替えか・・・と
だんなさんは携帯を新調しました。

だんなさんの新しい携帯は
私の携帯の半分ほどの薄さで、
カメラの性能も良いし、
メール画面が面白い。

やっぱり新しい携帯はいいなぁ・・・
私の今の携帯は、だんなさんの壊れた携帯と同じ機種だし、
私のもいつどうなるかわからないとなると、
そろそろ変えたい・・・

と、思っているところにこのニュース。

春までもう少し待って、
変えようかな・・・と思案中です。

(K.T.)
by terakoya21 | 2008-01-28 21:26 | 日記

おめでとうございます。

横綱白鵬が3連覇 朝青龍を破り6度目

Excite エキサイト : スポーツニュース

久々に力を入れて相撲を見ました。昔は、大の相撲ファンでしたが・・・今はほとんど見ません。でも、・・・両親が相撲好きなので、今日、たまたま最後の取組のとき、実家にいました。

私は、朝青龍も嫌いではありませんが、朝青龍がいなかったから優勝していたなんて言われたら、白鵬がかわいそうで・・・

思わず・・・力んで白鵬を応援していました。優勝おめでとうございます。(うちの両親は両方とも朝青龍を応援していたらしい(~_~;))

白熱した戦いで、まさに横綱決戦という感じでした。

両横綱とも来場所も頑張って相撲を盛り上げてほしいです。

(^_^)

(Y.K)
by terakoya21 | 2008-01-27 22:20 | 日記

てらこや日誌

なぜ勉強するのか・・・

このところこの「てらこや新聞」のブログへのアクセスのための検索ワードの中に

「なぜ英語を勉強するのか」

というものが上位に上がってきています。

毎月、何件かあるようで、今月は上位に長い間居座っています。(~_~;)

そして、昨日、授業後に谷先生と話をしていて・・・

「受験のためだけに「英語」を勉強する」という感覚が私たちにはない・・・という話になりました。

数学や社会や理科が、社会の成り立ちや考え方を示すのに対して・・・

英語や国語は・・・ことばなので正解が1つではない場合が多くあります。

それがわかりにくいから・・・苦手だとか、嫌いだとか思う人が多いようです。

そして・・・英語は、話せたらかっこいいという幻想があり、それと反対の「かっこよくない」自分にコンプレックスを感じる人も少なくはないのでは・・・

英語は・・・アメリカ人やイギリス人たちが・・・私たちが日本語を使うのと同じ感覚で使っていることばです。 ・・・ということは・・・

私たちがアメリカ人やイギリス人たちが英語を話しているのを聞いて・・・おお、英語、かっこいい!と感じるのと同じように・・・

彼らは、私たちが彼らにはわけのわからない日本語を話していることに感動するのだと思います。

そして・・・アメリカ人やイギリス人が日本語を話しているとき、私たちが、そのイントネーションが違っていても理解し、「おお、日本語上手ジャン!」って思うように、私たちの発音が少々違っても、アメリカ人たちは、「おお、英語しゃべってる、この日本人、なかなかやるじゃん!」 と思うわけです。(^・^)

・・・と、考えると私たちが外国の人々と交流していくために勉強でしなければならないことは何か・・・というと・・・

私は・・・

いざとなったら使えるように、英語の単語と文法を学んでおくこと・・・

そして、日本語でいいから、いろいろなことの知識を深め、また、好奇心が持てる自分を創ることだと思います。

そのために・・・中学生、高校生には、しっかり英語だけでなく、全ての科目の教材に出てくるお話を読み込むこと・・・そして、いろいろなことに興味を持つことを心がけて欲しいと思います。

義務教育の科目に「英語」が入っていること・・・そして、それがテストの対象であること・・・

を考えるとかなり苦痛に思う人もいるのだろうな・・・と思うのですが

それだけのために勉強するから苦痛なのかもしれません・・・。

私は、中学、高校時代・・・「アメリカに行って青い目の金髪男性と出会う!」が目標で英語を勉強しました。

大学時代・・・「NBA選手と出会って結婚する!」なんて大それた夢のために英語を勉強しました。

そして、出会ったときに恥をかかないために・・・自分を磨き・・・たくさんの本を読み、受験勉強をしてきたのですが・・・

その間、なぜ勉強するのか・・・と考えたことがなかったように思います。

ただただ、自分がかしこくなるのがうれしかった・・・楽しかった。

誰にでもあてはまる「理由」が勉強することに対してあるのでしょうか。

その人それぞれに「動機」は必要なのでしょうが・・・

その動機は・・・その人が見つけていくもの・・・それが「受験」や「成績」であってもいいのかもしれません。

ただ、息切れしたときに、続けにくい動機なので、私たちには理解しがたい・・・

それ以外の動機を提供できる環境作りに・・・これからも頑張っていきたいと思います。

・・・今日は、ちょっと時間に余裕があったので、思ったことをつれづれに書いてみました。

(Y.K)
by terakoya21 | 2008-01-27 17:06 | 日記

英語塾の寺子屋かめいの元気を発信します


by terakoya21
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る