人気ブログランキング |

<   2007年 05月 ( 43 )   > この月の画像一覧

Let's go to the ball park! (てらこや新聞26号 亀井先生のコーナーより) つづき

1回の攻撃は、3人がアウトになるまで続く。3人がアウトになるまでに、攻撃しているチームは打者が相手のピッチャーの投げる球を打ち、1塁、2塁、3塁と進塁し、アウトにならずにホームベースにたどりつくと1点獲得する。9回の裏が終わるまでに1点でも多くの点数をとったチームが勝ちとなる。

攻撃の側にある選手は、まず自分の打順に、バッターボックスに入り、相手チームの投手が投げる球を打つ。その打球がフェア地域に転がれば、打者は走者になり、1塁に向け走りだせる・・・走者は、アウトになるまで1塁から2塁、2塁から3塁、3塁からホームへと得点するために走る。

フェア地域とファウル地域に球場は分かれるけれど、その区分も、上記の資料などを確認してみてほしい。

打者、走者をアウトにするためには・・・単純化して書くと、まずは、投手が三振をとる・・・または、走者が塁に着く前に、ボールを持った守備の人が塁、もしくは走者本人に触れなければならない。

細かく書いていくと「てらこや新聞」全面を使うことになりそうなので、今回はこの辺までにして、野球で使われている用語の英語を少し紹介しておこうと思う。


守備の名前は、今までに書いたとおり・・・だけれど、「こぼれ話」で話題になっていた・・・
スチール(盗塁):塁にいる走者が、投手の他の打者への投球と同時に走り始め、次の塁まで進むことを言う(野球のルールと用語の紹介サイトより)。英語では、そのまま動詞としても、名詞としても使う。

The runner stole the second base. (stole=steal の過去形)
(その走者は2塁に盗塁した。)
Ichiro made a steal of second base in the first inning
against Matsuzaka of Red Sox.

(イチローはレッドソックスの松坂に対して、1回に2塁へ盗塁を決めた。)


他に例文を作りやすいものとしては・・・

ダブルプレー(併殺): 1回のプレーで2つのアウトをとることを言う(同上)。日本語では、併殺、重殺、ゲッツーとも言うけれど、英語ではもっぱらdouble playを使う。ゲッツーはおそらく、“get two outs”の略だけれど・・・英語では、2アウトの意味でtwo-outsは使うものの・・・ゲッツーの意味で・・・“get two outs”とはあまり言わないようである。

He completed a double play in the seventh inning.
(彼は7回にダブルプレーをとった。)
He hit into a double play in the previous inning.
(彼は、前の回にダブルプレーになる打撃をした。)


他にも野球用語は基本的に英語からきているので、MLBを見ながら、副音声の解説に耳を傾けてみると・・・わかる単語がたくさん現地の発音で聞こえてくるはずだから・・・また違った楽しみ方ができるのではないだろうか。

また、長々書いてしまったけれど・・何か有益な情報はあっただろうか・・・知りたいこと、リクエスト、投稿などお待ちしています。

来月は、「ニューヨーク」を予定しています。また、バスケットボールのルールも機会を見つけて特集する予定です。        (Y.K)



参照:The Official Site of Major League Baseball: http://www.mlb.com
野球のルール:野球のルールと用語 http://www.sports-rule.com/baseball/index.html
ぼくらの野球・ルール入門 大島信雄 成美堂出版
by terakoya21 | 2007-05-31 22:27 | Ball Park

Let's go to the ball park! (てらこや新聞26号 亀井先生のコーナーより)

~ SPECIAL EDITION 番外編 ~

今月、本当は「ニューヨーク」を特集するつもりだった。しかし・・・急遽、「番外編」として、「野球のルール」を特集したいと思う。先月の「寺子屋こぼれ話」に出てきたクラスではこの記事に関するテストをする予定だ。しっかり、読んでほしいと思う。

~野球のルール part 1~

野球は、1チーム9人でするスポーツ。つまり、正式な形で野球をする場合、2チーム18人そろえば、試合ができるということである。しかし、1試合の間に選手を交代できるので、1チーム9人以上の選手が1試合に出ることができる。ただし、一度交代し、守備、または打順を退いた選手は同じ試合に復帰することはできない。「指名打者」を使う場合、1チーム10人が先発メンバーとして出場することになる。

試合は、守備と攻撃に分かれて行われる。先に攻撃をする先攻側が表に、後に攻撃をする後攻側が裏に攻撃のチャンスを得、この表・裏1回ずつを1イニングと呼ぶ。そして、正式な試合、1試合につき9イニング(少年野球は7イニング)がある。

守備には、内野と外野があり、
内野では投手(pitcher・ピッチャー)、
捕手(catcher・キャッチャー)、
一塁手(first baseman・ファースト)、
二塁手(second baseman・セカンド),
遊撃手(short-stop・ショート)、
三塁手(third baseman・サード)が、
外野では、左翼手(left fielder・レフト)、
中堅手(center fielder・センター)、
右翼手(right fielder・ライト)がそれぞれの守備につく。

守備位置については・・・

ぼくらの野球・ルール入門(大島信雄・成美堂出版)の10ページ
野球のルールと用語の紹介サイト
http://www.sports-rule.com/baseball/baseball/index.html

などを参考にしてみて欲しい。


(つづく)
by terakoya21 | 2007-05-30 22:40 | Ball Park

BROADアイ (てらこや新聞26号 小野さんのコーナーより)

ニセモノ・パラダイス

お隣、中国に「ニセ・ディズニーランド」が出現、日本のニュース番組がこぞって取り上げ話題になっています。ディズニーの許可を得ずに勝手にディズニーランドを作っちゃったのだからアメリカも大激怒。そこでわが取材班もさっそく急行!果たして園内にはシンデレラ城がそびえ立ち、ビッグサンダーマウンテンもどきのアトラクションに人々が集まり、ミッキーやドナルドだけでなく、なぜかドラえもんやキティちゃんまでもが登場し、訪れた人たちと肩を組んで写真を撮る盛況ぶり。この遊園地、しかも国営。国のお墨付きで「無許可営業」しているわけで、図太いのか無神経なのか…。

先回僕はこのコーナーで「盗作はイカン」と書いたばかりですが、あらゆるアイデアやデザイン、キャラクターを盗んで商売をするのは、中国のお家芸であります。

「SQNY」と書かれた乾電池、「TAYOTA」とブランド名をつけられたクルマ、「VKK」のファスナーなど、ロゴマークもそっくりなためウッカリしていると見過ごすほど。ロゴだけでなく、クルマやバイクはボディの形までそっくりなニセモノが出回っています。こうした“なりすましニセモノ商品”は中国発でアジア・中東に流通していますが、安いためにどんどん売れているんです。

とんだ迷惑なのは日本のホンモノ企業。製品が売れないばかりか、ニセモノは粗悪品なので  壊れやすく、ブランドイメージは傷つくばかり。

中国の国が違法行為を厳しく取り締まらないんだったら、日本から中国への援助をやめるなど、うんと圧力をかければいいという意見もあります。

でも、ある日本の大手自動車メーカーの幹部からこんなホンネを聞きました。「中国は今後、とっても大切で大きなお客様。怒らせたくない…」。

したたかで強気で商売上手な中国と今後、対等にやっていくのは、何事にも慎重な日本にとって、きびしいのかも。
by terakoya21 | 2007-05-29 18:38 | Broadアイ

今日5月28日は・・・

プライベートなことですが、5月28日はだんなさんと私の結婚記念日です。


今日で結婚1周年です。

先週電話をくれた友人、それに、先週お家に会いに行った友人にも「もう一年だね~。早いなぁ」と言われましたが。。。
一番の驚き(??)は、先週金曜日、ある生徒に聞かれたので、
「来週の月曜日で一周年」と答えたら、
その生徒に、とてもしみじみと「そっかぁ・・・早いよなぁぁぁ・・・」と言われたことでしょうか。
まるで娘を嫁に出したお父さんのような口ぶりで、なんだか可笑しかったです(^_^)


それにしても、本当にあっという間の一年でした。

大切な人が身近にいることの幸せを感じます。
そして、私たちを支えてくださっている周りの方々にも感謝ですc0115560_1738576.jpg

また一日一日の繰り返しです。
この一年にどんなことが待っているのか、とても楽しみです。


写真は、結婚記念日のお祝いにと、義母が今朝プレゼントしてくれたものです。


今晩は、だんなさんの好きなハンバーグで、ささやかにお祝いしたいと思います。


(K.T.)
by terakoya21 | 2007-05-28 17:51 | 日記

フラメンコの世界を堪能しました。

今日は、伊勢市観光文化会館に、義姉のフラメンコの発表会を見に行ってきました。

昨年も、私の結婚式一週間前に発表会があり、見に行ったので、今回見に行ったのは2回目になります。

伊勢市にあるワイズラボラトリィのスタジオ・クラス合同発表会で、義姉の出ているフラメンコ以外にも、ヒップホップやジャズダンス、フラダンスや民謡踊りなどもありました。

ヒップホップやジャズダンスについては、上手いのかどうかなど詳しくは分からないものの、小さな子ども達が出ているものもあって、可愛らしかったです。

義姉の出演していたフラメンコは、とても情熱的ですばらしかった!
ほぼ半日、情熱的で哀愁漂う世界に酔いしれました。



また明日からいつもの一週間が始まります。

(K.T.)
by terakoya21 | 2007-05-27 22:27 | 日記

さぁ、新しい1週間がまた始まる(^_-)-☆

☆ 今日のトマト ☆ 

c0115560_22251914.jpg


来週辺りには・・・色づくかしら(#^.^#)

(Y.K)
by terakoya21 | 2007-05-27 22:26 | 日記

今週は・・・ 今週も・・・?

長く感じられる一週間でした。


今週は、いろいろな人と会いました。

嬉しい出来事で言えば、久しぶりに友人の家にお邪魔して、楽しいひとときを過ごせたこと。10ヶ月になる彼女の赤ちゃんは、想像以上に大きくなっていてびっくりしましたが、彼はとてもご機嫌で、まだまだ会話はできませんが、友人に抱かれて嬉しそうにしていて、その友人ともいろいろ話ができて、本当に楽しい時間を過ごしました。
また、もう一人、久しぶりに会った友人とは、松阪にあるベルファームで会い、お互いの話をしました。その日はとても気持ちの良い晴天で、心地よい風に吹かれながら、いろいろなことを話しました。(イングリッシュガーデンのバラが、とても素敵でした。)
それぞれ生活パターンは違いますが、人生に前向きな様子が窺え、とても良い刺激を受けました。



けれどその一方で、やるせない気持ちになった出来事もありました。。。




今の私を形作っているのは、これまでのいろいろな人との出会いだと思います。

私たちは「塾」という場所で「講師」として子ども達と接していますが、何かの縁で出会った、これも一つの出会いです。
その出会いが、それぞれにとってプラスになる出会いとなるよう願うばかりです。


うまく表現できませんが、そんなことを思った週末となりました。

(K.T.)
by terakoya21 | 2007-05-26 20:51 | 日記

寺子屋の日々 Days in Terakoya (てらこや新聞26号 亀井先生のコーナーより)

まずは、己に克とう!

ブログを開設してから、いろいろな人の意見をインターネット上で読むようになった。そして、憂鬱になることが多い。それはなぜかと言えば・・・多くの人の意見が他への批判で終わっているからである。そして、私の日常の現実に目を移しても、同じような光景を見つけるからである。

そこで、私は、悩み、考える。前もって「授業でできなかったところが宿題になります」と言っても、だらだらと取り組み、多くが宿題になると怒り出したり、泣き出したりする小学生はまだまだ幼いからだと大目に見ても、予習や復習をろくにしていないくせに「学校の先生の説明が下手で、わからない」とぼやく中学生や、テストが思ったよりできなかったことに「出題の仕方が悪い」と悪態をつく高校生を見ると首を傾げ、思わず説教を始めてしまう私たちは・・・ただ、年を取っただけだろうか。

勉強は何のためにするのか。学校は何のために行くのか。そして、塾へは何を求めてきているのか。

勉強が好きという人は世の中には少ない・・・らしいが、勉強は自分のためにするものである。学校は勉強をするだけではなく、社会性を身つけるために行くのである。そして、塾は・・・学校での勉強を補うために自ら選んでいく場所である。

大人になった今だから簡単に言うが・・・自分が子供のころはどうだったのか!という意見もあるだろう。でも、不幸なことに、私は、基本的に自分のためにする勉強が好きだった。私は父の経営する塾にも大手の塾の冬期講習にも・・・自ら勉強したいと言って通った。中高一貫教育の私立も、自分から行きたいと言って選んだ。だから、・・・おそらく・・・今の子供たち・・・いや、一般的な子供たちの気持ちがわからないのかもしれない。

そして、大嫌いだった「学校」も・・・行くものだと思っていた。私は、協調性のない子だと言われ続けた。正義感が強すぎると非難を受け、正しいときも悪者にされる世界の警察を気取っていたころのアメリカのような子供だった。だから、学校ほど居心地の悪い場所はなかった。それでも、学校は自分のために行くべきところだと半ば諦め、それなりに楽しめればよいと思うことにした。本当に楽しんで通った学校は、大学の3年生以降と大学院だけだった。

けれど、少なくとも、「説明が下手でわからない」、「出題形式が意地悪な」先生や、「私たちの気持ちをわかってくれない」大人たちの存在は知っている。そして、その苛立ちや憤りを乗りこえて今があるのである。

その経験から1つだけ子供たちにアドバイスできるとすれば、「自分がどうしたいのか、何がしたいのかまずは考えろ!」ということになる。とりあえず、しなければならないとされていることをどうすれば楽にできるかをしっかり考える。そして、自分はその中でどうしたいのか。世の中には、「しなければならないとされていること」がたくさんある。それは、本来「しなければならない」のである。勉強も、通学も。「なぜしなければならないのか」を考えることも大切だけれど、「どうすれば楽にできるのか」を考えてみることも大切である。勉強はしたくなくても、した方があとの自分が楽なのだ。

「勉強なんてできなくてもいい」と言うのは 簡単だし、これも事実。だけれど、「できるに越したことはない」のも、「できた方がいい」のも事実。そして、一生懸命 努力して、成績が上がらないのと、何もしないで成績が低いのは全く違う。それは、成績というものが、学習した量や質を正確には反映し得ないからである。一流大学に行くことと、一流の人間になることは別のことである。

自分の人生である。選択肢は自分にある。いろいろ今しなければならないことがある。しかし、そのほとんどがこれから生きていく自分のためである。制度や周りの人やものが悪いといくら文句を言ったって、何も変わらない。変えたければ、変えられる力をつけなければならない。そして、今の制度や周りを変えられなくても、変えるためにも、やはり、自分が努力することが大切で、自分の「楽」への一番の近道なのである。

制度や他人を批判するのも良い、怒りや憤りをぶつけることも大切。だけれど、一通りそれをした後は、振り返って自己をも見直し、正す努力をすることが、自分にできる唯一のこと、そして一番大切なことだと子供たちには知っていてほしいと思う。             (Y.K)
by terakoya21 | 2007-05-25 23:07 | 寺子屋の日々

ミラン優勝!

Excite エキサイト : スポーツニュース

今朝欧州チャンピオンズリーグ決勝戦、ミランvsリヴァプール戦がありました。

ウィークデイの朝3時、しかも今週も少し疲れ気味なので、さすがに起きてテレビで生観戦は出来なかったのですが、毎朝5時半に起きているので、ダンナさんの朝食の準備をしながらテレビをつけたら、ちょうどロスタイムに入る直前でした。

点数を見て、ミランが勝っている!と分かると、食い入るように見ていました。

そして、勝利、優勝!!


メダルの授与に向かう敗戦したリヴァプールの選手を握手で迎えるミランの選手たち、お互いの健闘を称えあう両チームの選手の光景は、とても清々しいものでした。


私は、ミランに所属しているディフェンダーのアレッサンドロ・ネスタが大好きなのですが・・・
ネスタは優勝のメダルを授与してもらう時も列の後ろの方にいるし、優勝の証・ビッグイヤーを掲げ集合写真に納まる時も後ろの方で一人出遅れているし、「ネスタ、どこにいるの?????」と思ってしまうのですが、そんなところが私はとっても好きなのです。


今年の12月には、日本にやって来ます。
4年前のトヨタカップの時は、私にサッカーの面白さを教えてくれた友人が何とかチケットを手に入れてくれて一緒に横浜に見に行ったのですが、怪我のためネスタはずっとベンチにいました。。。
今年は、動く(サッカーをしている)ネスタが見たい!と、早速その友人とメールで話しています。


きっかけは「この選手かっこいい!」というミーハーなものですが、いろいろ見ていくととても面白い。
「私たち、野球よりサッカーの方が知っています」と言った生徒達がいますが、PKは「ポイントキック?ポイントコーナー?」「イント、めろ!」の頭文字か。。。なんて言っていて呆れていたのですが。。。
今日確認してみたら、「ペナルティキック」の略だと覚えていたようで、興味を少しは持ってくれたのかしら・・・と少しほっとしました。

いろいろ知っていくと、面白いと思いますよ!


(K.T.)
by terakoya21 | 2007-05-24 23:05 | 日記

我が家のプチトマト 

☆ 実が大きくなってきました ☆

c0115560_155265.jpg



写真は今朝のものです
 私は、仕事の割には早起きで・・・毎日ジョニーの散歩後、水遣りです。しずくも見えるでしょ?

散歩と水遣り・・・そして毎朝のサラダが私のストレス解消法?!?!になっている今日この頃☆

大人になってから、かなりの野菜好きで、そしてトマト大好きの私には・・収穫日が待ち遠しいです。ピーマンも育っていますが、実はまだまだです。きゅうりは結局、2株目もだんご虫君たちにやられ、今年はあきらめ、土壌作りしてます。バジルもやられたので・・・もう一度蒔きなおしです。

(Y.K)
by terakoya21 | 2007-05-23 15:11 | 日記

英語塾の寺子屋かめいの元気を発信します


by terakoya21
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る