2018年 04月 05日 ( 1 )

てらこや日誌

April 5, 2018

168.pngThose who know nothing of foreign lanuages know nothing of their own.

外国語を何も知らない人は自分自身の言語についても何も知らない。168.png

ゲーテの言葉です。

c0115560_15272214.jpg

昨年の3月 1年と1か月前に 四日市の方でスピーチをさせてもらいました。

「英語の前に国語を」というテーマで。その中でも少し触れたのですが・・・

外国語を学ぶことに2面性があり それは

外国語を知り、振り返り母語を確認したり、より良く知るようになるということで

外国語との違いを考え 外国語と似ているところを感じ 母語の理解をも深める

それが 以前-少なくとも私たちが英語を学んでいる頃-は当たり前のように言われていることで
自分も学びながら なるほどな・・・と実感したものです

が・・・今、子どもたちも 

-ときどき、私を驚かせ、落ち込ませることに 私と同世代またはそれ以上の今の子どもたちの親世代も-

その振り返るべき母語を
理解を深められるほど 使いこなし 理解していない―

そんな風に感じることが増えています。

そして・・・それを

先日会った小学校の先生が

国語、母語の大切さを話ながら

「英語は、1つの意味の単語がたくさんあるから理解できない」と言い放っているのを聞いて

思い出しました。

ー英語だけではありません。 日本語でも1つの意味を、1つの情景を 1つの情報を
伝えうる、表現しうる言葉がたくさんあります。

だから、それは屁理屈です! と言い返しましたが (もちろん 笑)

母語は大切 

その一方で、外国語を学ぶことは有意義なことです。

振り返り母語を大切にできる外国語の学びができる環境づくりに今年度も勤しみたいと
改めて思う年度初め 3日目がスタートです。

本日もどうぞよろしくお願いいたします。

(Y.K)


[PR]
by terakoya21 | 2018-04-05 08:30

英語塾の寺子屋かめいの元気を発信します


by terakoya21
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る