人気ブログランキング |

2013年 02月 28日 ( 3 )

今年もご案内中です(*^_^*)

4月開講!

セントヨゼフ女子学園中学校受験応援講座

☆ セントヨゼフ女子学園中学校の入学試験問題は、学校で学ぶこと、教科書に書かれていることをしっかり勉強することで解ける問題ばかりです。そのため、寺子屋かめいが従来から重視してきた学校で学ぶことを中心にしっかり教えるという方針を貫けば、受験をサポートすることが可能だと考えました。

056.gif新 小学6年生クラス ACコース限定

初回授業: 4月2日 (火)または3日(水)

☆セントヨゼフ女子学園中学校を第一志望として受験する人のための講座です。
水曜日 4:00 ~ 5:50 または 
火・水曜日 5:00 ~ 5:50 + 土曜日 2:00 ~ 3:50 

50分授業×週4回分 (水4:00~5:50及び土クラスは、途中休憩あり)

月授業料 21,000円 (教材費込み)+ 月施設利用料 3,000円

☆ 国語・算数を中心に授業を行います。
☆ 夏、冬2回の講習受講が必要です。

056.gif新 小学4年生クラス AC & SAC
 
☆1年目はじっくりと算数・国語の基礎力をつけることに重点をおきます。

国語・算数 45分授業 月6回 火・水曜日 5:00 ~ 5:45  
月授業料11,000円(寺子屋生英語受講者 英語授業料+7,000円)

☆2年目は少しずつ理科や社会の復習を始めます。
4教科 45分授業 月8回 (時間割は2014年2月に決定)
月授業料13,000円 (寺子屋生英語受講者 英語授業料+8,000円)

☆3年目は少しずつ受験問題も取り入れながら、授業を進めます。
4教科 45分授業 月12回(時間割は2015年2月に決定)
月授業料 16,000円(寺子屋生英語受講者 英語授業料+12,000円)

新規入学者には入学金10,000円が別途必要となります。 

☆ このクラスは、施設利用料及び教材費1ヶ月2,500円(寺子屋生英語受講者2,000円)が必要です。12か月分一括払い(27,500円)(寺子屋生英語受講者22,000円) 

056.gif新 小学5年生クラスAC & SAC  

☆9ヶ月間、じっくりと算数・国語の基礎力をつけることに重点をおきます。
国語・算数 45分授業 月8回 火・水曜日 5:00 ~ 5:45
月授業料12,000円(寺子屋生英語受講者 英語授業料+9,000円)

☆2014年1月より理科と社会の勉強も始めます。(A.O希望者を除く)
4教科 45分授業 月12回(時間割は2013年11月に決定)
月授業料 16,000円(寺子屋生英語受講者 英語授業料+13,000円)

新規入学者には入学金10,000円が別途必要となります。 

☆ このクラスは、施設利用料及び教材費1ヶ月3,000円(寺子屋生英語受講者2,500円)が必要です。12か月分一括払い(33,000円)(寺子屋生英語受講者27,500円)

寺子屋かめい
tel/fax 0598-21-0148  email: terakoya@poppy.ocn.ne.jp
お電話での問い合わせは火曜日から土曜日の14時以降でお願いします。

その他 現在ご案内中の講座です(*^_^*)

040.gif小学生講座(新1年生~6年生)のご案内 
by terakoya21 | 2013-02-28 20:27 | 開講クラス紹介

休日日誌 (てらこや新聞95号 アシスタントのコーナーより)

1月26日(土)

寺子屋の先輩Aくんの運転で京都に行きました。同行メンバーは私(三田)、吉田先生、村崎君の4人でした。

4人で旅行に行く、と聞いたときはなんでこの4人!?と驚きました。

京都に着くまでの車内は失恋ソングをチョイスしたため、シーンとした場面もありました。

時々Aくんが「村崎、なんか面白い話ないん?」と無茶ぶりをするので村崎くんが焦っていました(笑)

普段集まることのない4人での遠出だったので、みんな緊張していたようです。

そして、緊張したまま京都に到着しました!!

まず最初に下鴨神社へ行きました。そこには干支の神様がいて、お参りするところが干支によってわかれていました。一か所にあんなにたくさんのお参りする場所があるのを見るのは初めてでした。また国歌の中にでてくる「さざれいし」も置かれていました。表面はごつごつしていて、なぜか石の上に1円玉がいくつかのっていました。

次に清水寺の近くに車を停め、清水寺に歩いて向かいました。清水寺に行くまでにはとても長い上り坂を歩かなくてはなりませんでした。その坂には多くのお店が並んでいて、扇子や抹茶のバウムクーヘン、肉まんなどが売られていました。お腹が空いていましたが、先に清水寺にお参り行こう!ということで、空腹と戦いながら清水寺に向かいました。

私が清水寺に行くのは人生でおそらく2回目ですが、前に来た時とは少し雰囲気が変わったように思いました。清水寺の中には「地主神社」というえんむすびの神社があり、そこでおみくじを引くことにしました。

結果は…、なんと大吉!!を引いたのが1名。そして凶を引いた人もいました。誰とは言いませんが…(笑)私はみんなにいい縁がくるといいなと思いました。ちなみに私は末吉でした…。

c0115560_1747751.jpg清水寺で清い水を飲んでからお昼ご飯を食べることになりました。お店選びに時間がかかりましたが、結局「ゆば」を食べることにしました。私はゆばを今まで食べたことがなく、見たこともなく、今回初めて食べました。見た目は薄黄色で、卵焼き?と思いましたが、食べてみると食感が卵とは違い少し固めでした。ゆばは豆乳から出来ているそうなんですが、豆腐の味もしませんでした。ゆば自体にはあまり味がついていないのかな、と感じました。今回私が食べたゆば料理は味付けも薄く、炭水化物も少なくとてもヘルシーでした!
お昼ごはんを食べた後は、村崎くんの要望でパフェを食べることになりました。そこのお店にはパフェだけでなくぜんざいもありました。とても寒い日だったのに、なぜかみんなパフェを注文し震えながら 食べました。抹茶味のものが多く「あぁ、京都に来たな~!」と感じました。抹茶は少し…いや、かなり苦かったですが、抹茶アイスの上に粉末の抹茶がかかっていたので甘いアイスと一緒においしく食べることが出来ました。

パフェを食べ終えお店の外に出ると、真っ暗で寒さも増していたので帰ることにしました。

c0115560_18113349.jpg
ずっと行きたかった京都に連れていってくれたみなさんに感謝です!神社やお寺で清められ、すがすがしい気持ちになりました。慣れないメンバーで緊張して話せなかったこと、寒かったけどみんなで清水寺に行けたこと、帰りに無言が続いてAくんが「なんでこんなに静かなん!!!!」と突然吠えたこと、全部いい思い出になりました。

1日中運転をしてくれたAくん、本当にありがとう。

わざわざ図書館で京都の本を借りてきてくれた吉田先生、ありがとうございました。

場を盛り上げようと必死になっていた村崎君、その姿がとても微笑ましかったです。

そしてそして、この旅を影ながら支えてくれた亀井先生、谷先生、本当にありがとうございました。今度はぜひ亀井先生と谷先生も!(^^)

※京都でたくさん歩き、お昼もゆばのオンパレードでヘルシーだったのに、買い食いもしなかったのに…、痩せなかったのはなぜだろう…。

(E.S)
by terakoya21 | 2013-02-28 18:16 | その他の記事

てらこや日誌

The Finals!

学年末試験が次々と始まり、また終わっていっています。

そして、受験生が、1人ずつ自分のステップをこなして、1人ずつ自分なりの道で、卒業に近づいていっています。

私は、いつになく、忙しない、仕事の終わっていかない年度末をむかえています。

そんな中、本を読む習慣は忘れず続けています。

「1日50ページは読むこと」という目標を立て…毎日それ以上読んでいます。
なので、早ければ3日、遅くとも1週間以内に1冊のペースで読書が続いています。

夜寝る前に…

1日を反省したり、忘れるためにする読書ですが…
安眠にも役立っています。今日起こったことは今日中に消化して、翌日の糧にする

そして、朝の運動後、時間があれば、こうしてブログにまとめるという作業をします。…
昨日は寝る前の少しの時間で、3月号の「寺子屋の日々」を少し書き始めました。

2冊ほど前に読んだ「人生で本当に大切なこと」というサッカー元(前?)日本代表監督の岡田武史さんと王貞治さんの対談に書かれていたことを今週初めから…思いだすことがたびたびあります。

そして、自分の若い頃を振り返りながら…

岡田さんは講演会などで、保護者の方から

「子どもがサッカーをやっているんですが、どうしたらうまくなりますか」とか「Jリーグの選手になる秘訣はありますか」といった質問を受けると

「ご自分のお子さんなんですから、どこまでできるかは、ご自分を振り返って考えてみてください」

と応えられるそうです。

私もそう思うことが多くあります。

万人に通ずる「うまくなる秘訣」や「プロの選手になる秘訣」というものがもし存在するというのなら、その秘訣を誰からがばらまくように教えたら、皆「プロの選手」ですし…うまくなる秘訣があるなら、みんな上手です…そうなると…結局プロというものがなくなるのではないでしょうか?

勉強も同じです。

万人に通ずる「かしこくなる秘訣」も「偏差値をあげる秘訣」もないのです。

私たちは、「ペースメーカー」として、いろいろな勉強方法を教えることはできます。

けれど、その中で自分に合うものを試し、考え、工夫し、使うのは本人たちです。

大人の役割は、そのことを子どもたちに伝えること、そして、子どもたちに考えさせることです。

子どもたちが悩み、SOSを発したら、彼らと一緒に考えるために、いつもそばにいることを伝えておくことだと私は思います。

親子だと、感情的なもつれがあり、難しく…「息子には」「娘には」「私が先生にお話をしたことを言わないで下さい」とご相談のお電話やご訪問をいただきます。

子どもは、社会の宝で、社会の鏡だから…

私は、そのようなご相談も大歓迎です。

ただ…岡田氏がおっしゃるように

「ご自分を振り返って考える」姿勢が…やはり大人には必要ではないかとこのところ頓に思います。

そして、お子さんを信じること…忘れないでください。

岡田氏は、ご自分のお子さんに、「もっといい成績をとれるだろう!」と怒っていたけれど、あるとき自分の昔の成績表が出てきて、その後、そのセリフは言えなくなったそうです。

我が両親は…「成績」や「点数」で私を叱ったことはありませんが…

「あなたはお父さんとお母さんの子だから…(*^_^*)」

「できて当たり前」

「できなかったら、あなたの努力不足」

と、人生の節目節目で口にしました。

これには、娘の私も呆れましたが…

今考えると、私はこのセリフにいつも助けられてきました。

結果はどうであれ、あなたは私たちの子ども…だから、受け止めるけれど、努力は自分でするものだということです。

自分たちにも、子ども時代があったことを思い出してみて下さい。

そして、子どもたちに私はいつも言うようにしています。

「お父さん、お母さん、私たちにも、あなたたちと同じように苦しいと感じ、悩んだ子ども時代があったことを忘れないでほしい。」

「そして、その経験を踏まえて、今あなたたちがうっとうしいと思うことも口にするのだ」

ということを伝えます。それがわかった上で、反抗するもよし、聞きいれるもよし、それはあなたたちの選択、その結果は自分で受け止めること…

(^_^)/

大人たちも子どもたちもお互いを思いやっているようで、相手の立場を忘れているように感じることが増えています。

少し考えるきっかけになればと願いつつ…長々書いてみました。

さて…お昼ごはんの準備を始めます。

皆さん、Have a nice day!!!

c0115560_11593394.jpg

写真は、私のお気に入りの散歩道です。
ジョニーが写っているのが見えますか?

さて…寺子屋かめいでは…現在、下記のような講座のご案内をしています。

その他のクラスをご希望の方も、一度お問い合わせ下さい。時間の許す限り、検討したします。

072.gif040.gif小学生講座(新1年生~6年生)のご案内 

072.gif040.gifセントヨゼフ女子学園中学校受験応援講座

(Y.K)
by terakoya21 | 2013-02-28 12:05 | 日記

英語塾の寺子屋かめいの元気を発信します


by terakoya21
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る