人気ブログランキング |

世界の街角から ~Da Esquina do Mundo~ (てらこや新聞41号 木下さんのコーナーより)

いろいろな食文化!?

私が大学時代にポルトガルに留学していた時、私ともうひとりの日本人とチェコ人の計3人で一緒に南部地方の海岸に旅行に行ったことがあります。「夕食は、夕日を眺めつつ、海岸沿いのシーフード・レストランで」と決めて、おいしい料理を頭に浮かべながらレストランに向かいました。

注文の時に、そのチェコ人が急におとなしくなり、「あなた達の食べたいものを頼んで」と言うのです。食欲がない訳ではない様子。我々は、魚料理の他、えび・かに料理や貝類の料理を注文しました。

料理が出てくると、ますます静かになるチェコ人。我々日本人が注文した料理に全く手をつけようとしません。おかしいなと思って聞いたら、恥ずかしそうに「えび・かに、貝類はこれまで食べたことがない。チェコは内陸国なので、魚でさえほとんど食べない。かにの実物を見たのは人生初めて。形が気持ち悪いので食べることに躊躇している」と応えたのです。私たちが「おいしいから食べてみて」と無理に食べさせると、「おいしい」と言って食べていましたが、彼女にとっては「初めて食べるゲテモノ」だったわけで、心から「おいしい」と思っていたのかは分かりません。

すしや刺身、天ぷら等の日本食を知らない人がいても全く不思議ではありませんが、えび・かにを知らない人間がいるなんて、ショックでした。いわゆるカルチャーショックです。

最近日本の食糧自給率の低さが話題になっていますが、それでも、日本には様々な食材があり、レストランも多いですから、日本人は当たり前のようにいろいろな料理・食材を食べています。恵まれている日本に改めて感謝するとともに、「ところ変われば」ではありませんが、「食文化」の存在を実感した瞬間でした。
by terakoya21 | 2008-09-12 17:13 | 世界の街角から

英語塾の寺子屋かめいの元気を発信します


by terakoya21
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る