人気ブログランキング |

Bonjour! (てらこや新聞24号 谷先生のコーナーより)

見上げてごらん

 仕事柄、帰宅時刻はたいてい22時を回るので、帰宅途中の信号待ちでは月の満ち欠けに目が行く。また、車から降りると夜空を見上げる(確認する)のがいつからか癖になっていた。澄み渡った夜空にキラキラと輝く星は、いつも見ているはずなのにいつも新鮮に感じる。
 学生の頃、「天体」は得意分野では決してなかったが、身近な分野のひとつだった。学校でもらった星座観測シートを片手に冬の第三角形やオリオン座を探したり、部活動の帰りに習いたての宵の明星を見つけて喜んだり、彗星を見に観測ポイントへ連れて行ってもらったりした覚えがある。
 テレビなどで宇宙開発や太陽系について耳にするたびに、そのスケールの大きさに圧倒される。しかし、どうやら私は何千光年もの昔や惑星誕生の偶然に思いを馳せるようなロマンチストではないようだ。今の私には、近所にショッピングモールができて何かと便利になった半面、看板などの明かりによって星が見えにくくなったことのほうが気にかかる。将来、人びとが宇宙へ移り住む頃には、地球から満天の星空が見える場所はなくなっているかもしれない……そう思うと、地球規模の問題も実際はかなり身近な問題に一変する。
by terakoya21 | 2007-03-17 11:20 | Bonjour

英語塾の寺子屋かめいの元気を発信します


by terakoya21
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る