人気ブログランキング |

Bonjour!(てらこや新聞 2019年 春・夏号 谷のコーナーより)

Planting

地元のローカル新聞には、中学校の部活動を紹介するコーナーがある。日頃の活動内容や大会での実績、顧問や部長のコメントが掲載されている。毎週欠かさずに読んでいるわけではないが、出身校や寺子屋生の通う学校のクラブには、自然と興味をひかれて目を通す。

縁あって、私は母校での茶道クラブのお手伝いをしている。お菓子とお抹茶を楽しみにクラブへやってくる小学生たちからは、毎回のように私自身が学ぶ機会を与えられている。私の知る限り市内の公立中学校には茶道部がなく、卒業後にも茶道に関心を持ち続けているのかどうか、私には知る術がない。それでも、いつかまた茶道に触れる「種蒔き」になればと、微力ながらも試行錯誤しているうちに十年が過ぎていた。

先日の紙面には、私立中学校の茶道部が紹介されていた。何気なく読み始め、部員の集合写真の中に見覚えのある女子生徒が写っているのに気付いた。制服姿の彼女は、ほんの数か月の間にお姉さんになったように見えた。茶道部を選んだ理由は、本人に聞いてみなければわからない。中学校の茶道部が魅力的だからかもしれないし、お家の方の勧めがあったからかもしれない。もしかしたら、友達に誘われたからかもしれないし、他に興味のあるクラブがなかったからかもしれない。理由はどうあれ、中学生になっても茶道への興味を失わずにいたことがわかり、私は心の中で小さくガッツポーズをした。

私のが今まで蒔いたつもりの種の多くは、いつ芽を吹くのかわからなければ、芽吹くことなく終わってしまうのかもしれない。けれど、今後も機会を与えられる限りは、土を耕し、小さな種を蒔き続けていきたいと思っている。



by terakoya21 | 2019-08-15 08:30 | 新聞最新号

英語塾の寺子屋かめいの元気を発信します


by terakoya21
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る