人気ブログランキング |

てらこや日誌

February 11th, 2019

168.pngThe best time to plan a book is while you're doing the dishes.

お皿洗いをしているときが本の構成を考える一番良い時間です。168.png


アガサ・クリスティーの言葉です。

c0115560_12114576.jpg
(先日訪れたカフェで見つけた花です)

受験シーズン 酣(?)ですが・・・

次の受験生たちの授業で 今年の受験生たちのことを話しながら
次の準備を促しています。

その中で ときどき というかしょっちゅう不思議だなと思うことがあります。

多くの人が 入るとき難しいと言われている高校や大学が 
良い学校だと思っていることです。

そして 目の前の教材だけから 物事を推し量ろうとするときです。

今週から 三重大学の工学部への進学が決まっている
4月からの大学生が アシスタントに入ってくれていますが

彼に 中学生の数学クラスの予習をしてもらいながら

「難しいでしょ?」なんて話をしました。

自分が知識として知っていること そして
自分はわかっていること、できていることを そのまま 教えられるかというと
そうではないのです。

また、 

相手の知識に合わせての説明をしなければいけなくて
また、相手の知識に合わせた公式などしか使えないので

大人にとって
高校数学を学んでいる人にとって 当たり前の公式も 情報も

今目の前にいる生徒たちには 当たり前の公式でも情報でもないのです。

今 手元にあるもので 説明をする
そして その枠内で 理解ができるようにするー

だから 先日 高校入試の数学の問題を高校3年生の息抜きに解いてもらったところ

解けたのは 文系の生徒で 理系の生徒たちではありませんでした。

今目の前にある課題の情報を最大限に利用して解くー
ときどき その分野から離れたことをしている人のほうが
それをうまくすることがあります。

相手に合わせること 目の前の状況をできるだけ正確に把握すること
そして 相手より 少しだけ前に進んでいることが

教える立場の人には必要です。

あまり前にいすぎてもいけないけれど
相手に合わせて 相手の位置まで降りても 下がっても
相手が成長できないー だから

よく SNSで回ってくる記事などで
子どもたちの算数の解き方に 先生がコメントをしたり
〇をくれなかったことなどが 話題になりますが

え、それが×で、これが〇?と
英語の英作文などは 疑問に思うことが全くないわけではないけれど

大人たちが今 軽々にそのことを口にすることによって
子どもたちが段階的に学んでいき 思考を深めている過程を邪魔することが
往々にしてあります。

今目の前にある課題を 今手の中にあるものを使って解くことの大切さは
人生の課題では当たり前のことです。

そんなことを 考えることがたくさんあったこの1か月半に思いをはせながら

アガサ・クリスティーの言葉を見つけて
思わず 微笑んでしまいました。

さて、今日は建国記念日です。
そして 寺子屋の定休日です。

どうぞ皆さん、良い休日を!

(Y.K)



by terakoya21 | 2019-02-11 08:30 | 日記

英語塾の寺子屋かめいの元気を発信します


by terakoya21
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る