人気ブログランキング |

Bonjour! (てらこや新聞159-163号 谷のコーナーより)

サッカー解説

この夏、2018FIFAワールドカップロシア大会が開催された。オリンピックもワールドカップも、テレビで放送されていればそれなりに観戦する。時差の都合上、深夜のライブ放送が続いたため、特別番組やスポーツ番組で試合結果とハイライトを見ることが多かった。唯一、キックオフから終了のホイッスルが鳴るまで通して見たのは、 1次リーグ日本対セネガル戦の前半だ。副音声でも放送されるとの宣伝を見て興味を持ち、試しに聞いてみた。すると、主音声のときとは全く別の試合を見ているかのような不思議な感覚に陥った。

元球児キャスターと元日本代表監督の二人が、試合を見ながら楽しそうに話をしていた。元代表監督ならではの選手たちのエピソード、対戦チームについての分析、サッカー界の現状……その話題は多岐にわたっていたが、その雰囲気はまるで小さな居酒屋の常連客2人がお酒を片手にテレビを見ながらお喋りしていて、自分はその傍らにそっと聞き耳を立てている気分になった。

画面に映し出されている試合は淡々と進んでいる印象を受けた。そうは言っても、試合の行方を左右するような要所は逃すことなくコメントが入る。二人のトークは決して語りすぎることも熱くなりすぎることもなかったが、その静かな語り口からサッカーがどれほど面白い競技であるか、また代表チームの力を信頼し期待を寄せているかは十分伝わってきた。

ボールを持っていない選手の動きを見れば、 それぞれのチームの戦略や選手の巧みさがわかるのだという。サッカーに疎い私はついボールの行き先を追いかけてしまい、主音声ならゴール際のプレーに一喜一憂していたのかもしれない。 今まで気づかなかったサッカーという競技のおもしろさを知ることができた。結果的に私自身は睡魔に負けて、前半終了とともにリタイアしてしまったが、できることなら今度は、あの二人の副音声を聞きながら試合終了のホイッスルまでしっかり見届けたい。




by terakoya21 | 2018-12-31 08:30 | Bonjour

英語塾の寺子屋かめいの元気を発信します


by terakoya21
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る