てらこや日誌

May 14, 2018

168.pngAction may not always bring happiness;
but there is no happiness without action.

行動は必ずしも幸せをもたらさないかもしれないが
行動のないところに幸せはない。168.png

ベンジャミン・ディズレーリの言葉だそうです。

c0115560_18240016.jpg

受け身の詰め込み学習が批判され
ゆとりを経て・・・脱ゆとり そして、思考力を育てるために と謳われ
いろいろな取り組みがなされていますが・・・

なかなか どんどんと 思考力や 学習への能動的な取り組みが若者から
無くなっていくように感じることが増えています。

先日 「世界史の勉強の仕方」を生徒に問われ
世界史好きで 成績も悪くなかった私の当時の勉強方法を披露したところ

「エグイ」と言われ・・・

一晩考えました (._.)

現代人ー子どもたちだけではなく 大人たちも 
平面上だけでの学習ばかりをしてきた人が多いのだなぁと

今まで感じていた違和感が何だったのか 1文でまとまった気がしました。

そして、私は何をすればいいのか・・・

まず、子どもたちが文章を図に表して書くことが苦手になっています。

そして、図にまとめたことを 自分のものにすることができない子が増えています。

「覚えられない」
「記憶力が悪い」などと言い訳をしますが・・・
それは・・・違うような気がしてきました。

書けば覚える― そういわれて 単語を書きまくる生徒がいます(いました)。

でも 覚えられないーそれは

書くときに 多角的に捉えようとしていないからです。

その単語の発音はどうで
その発音から自分が受けるイメージはどうで
イメージとそのものがどうつながり、どう違うのか
そして、、、自分はどこでいつも躓くのか・・・

そんなことを考えながら・・・書くというのが 書いて覚えるということですが・・・

ただ覚えるまでひたすら書く・・・という行動をして
覚えられないから もう書かない・・・

じっと見つめて 覚えた気になって・・・結局はテストでも
ほかの必要になったときに 書けないし覚えていない―

それを 努力が足りないと言ってしまえばミモフタモナイけれど
そういう捉え方があることを知らずに気が付いたら 中学生、高校生になっていたー

という人も多くないのではないか・・・。

小学生くらいのときは 数こなせば なんとかなるけれど
中学生、高校生になると それでは太刀打ちできないことに気が付き

もう、ダメだ・・・とやる気が出なくなる・・・。

悪循環です。

算数の文章題を図に書きだす・・・

今、中学受験対応のクラスには 図は自分で書かなくてはならない問題集を使っていますが
学校の教科書も多くの課題も 丁寧過ぎて・・・

書いてもらえるのが当たり前 説明してもらえるのが当たり前となってしまっているのかもしれません。

英語の文章の内容を理解する

速読だとか 前から読むだとか 速く読むことが受験に向けて大切にされているようですが

英文にしても、日本語文にしても 内容を読み取り

その内容についての自分の意見や感想を考える

そんな取り組みが必要だなぁと感じます。

そのための教材づくりの時間と・・・がほしい!と思う今日この頃です。 笑

寺子屋ではできるだけ そのような取り組みをしていきたいと思っていますので
現在、高校生以上の入塾受け入れはしておりません。

中学生以上の入塾は、現在 満席に近い状態で、曜日や時間帯のご要望を聞くことが難しくなっています。

が・・・公立中学校は2年生まで また私立中学生は3年生までの入塾は

在塾生や卒業生からの「ご紹介」または「季節講習から」のみ受け入れております。

お気軽にお問合せください。

でも、できれば 小学生のうちからの入塾をお願いしたいと思っています。
早めに余裕をもって 学習姿勢・態度から 身につけていきませんか。(^^♪

基本は英語教室ですので、セントヨゼフ女子学園受験応援講座以外は
英語以外の科目は 英語受講者対象となっています。

ご理解とご協力をお願いいたします。

♪ 小学生英語講座 & 
英語講座受講者対象の算数・国語講座 & 
セントヨゼフ女子学園受験応援講座 随時入学ご案内中です。♪

お気軽にお問合せください。

でも・・・今日は定休日です。ご留意ください。

皆さん、よい1週間を!

(Y.K)


[PR]
by terakoya21 | 2018-05-14 08:30 | 日記

英語塾の寺子屋かめいの元気を発信します


by terakoya21
プロフィールを見る
画像一覧