人気ブログランキング |

てらこや日誌

January 7th, 2016

松阪市内&周辺の小中学校では冬休み最終日ですが・・・

昨日も「宿題を終えましたか」の質問に・・・

苦笑する生徒がまだまだいました(^_^;)
溜めこむと眠れなくなる習性のあった私には
信じられないことですが・・・よくある光景です。

今日が「セントヨゼフ女子学園中学校受験応援講座」冬期講習の最終日です。

今年は受験生がいないので、
まだまだ来年の受験に向けてののんびりとした授業となっていますが

5年生で習うことというのは、小学校の学習の要とも言えるものが多くあります。
ていねいにゆっくり、しっかり学んでほしいと思っています。

c0115560_1085480.jpg


(今年も「駄菓子のあいや」コーナー始まっています(*^_^*))

The quality of your life is the quality of your communication.

あなたの人生の質は、あなたの交流(コミュニケーション)の質である

アメリカの自己啓発作家アンソニー・ロビンスの言葉だそうです。

子どもたちの学力低下が言われて久しいですが・・・
学力のある子は、概して、コミュニケーションの質が高い生徒が多いと思います。

「学力」は学校の成績ではありません。
学ぶ力、学習能力のことです。

昨年末、たくさんの旧友や保護者の方々と
会い、お話したりする機会を与えられ
いろいろとお子さんたちのお話も聞かせてもらいました。

悩み相談のような形になるとき
いつも保護者の方々にも、子どものいる友人にも

「最終の目標が何か」という話をするようになっています。

皆さん、「べつにいい大学に行ってほしいわけでもない」だとか
「子どもの好きなように」とおっしゃる一方で

勉強のお話、進路への不安の話が大半を占めます。

勉強の目的が何なのか・・・を子どもたちに伝えることを忘れておられる方が多いように思います。

c0115560_10315962.jpg


そして・・・小学生の算数を教えると、その大人たちの言動のちぐはぐさが
子どもたちに良い影響を与えていないことをヒシヒシと感じます。

算数は、唯一と言っていいほど、生活にしっかりと密着していて
これほど人生に役に立つ学校で学ぶこともないんじゃないか
・・・と思える科目だと私は思っています。

けれど、足し算をしているのに、答えが元の数より小さくなったり
分けるはずのものをかけていたり・・・

秒速75キロで走る馬がいたり
分速10メートルで走る人がいたり・・・

少し気を配れば・・・ちょっと想像してみたら爆笑をするような答えを堂々と出してくる生徒が多くなっています。

そして、指摘されても、まるで私が悪いかのような態度が返ってくると
首を傾げます。

勉強をして、良い学校と言われる学校に入れたいのはなぜなのか
そして、その学校に入って、やっていくだけの学力は

学校の成績だけでは測れないこと・・・

大人たちが、少し立ち止まって考えてみる必要があるな・・・と感じます。

昨日は、「わからない問題もありました」と空欄いっぱいの算数のプリントを提出してきた小学5年生に
ざっと解答欄が空いている問題に目を通して
「『めんどくさい』というのは、『わからない』という意味ではありません」と
プリントを突き返してみました。
すると・・・しばらくして、再提出されたプリントにはすべての解答が書かれていました。

大人との日頃のコミュニケーションの質が子どもたちの態度に大きく現れます。

子どもたちと日常的に接する大人として・・・
今年も、子どもたちに対してだけではなく、その周囲の大人の方々にも
伝えるべきことは、毅然として伝えていきたいと思っています。

本日もどうぞよろしくお願いいたします。

056.gif056.gif056.gif

<4月開講講座+体験講座のお知らせ>

063.gif新小学1年生(1月9日から体験講座始まります!)

063.gif新小学2・3年生

063.gif新小学4~6年生

(Y.K)

by terakoya21 | 2016-01-07 10:36 | 日記

英語塾の寺子屋かめいの元気を発信します


by terakoya21
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る