人気ブログランキング |

てらこや日誌

Dad's 86th Birthday :)

今日は、父の―生きていたら―86歳の誕生日です。

朝から、歯の治療に行ったあと、母と待ち合わせ、お墓参りに行ってきました。

父が亡くなってから3年、4回目のお誕生日です。

c0115560_16153540.jpg


The Constitution only gives people the right to pursue happiness. You have to catch it yourself.

憲法は、幸せを追い求める権利を与えるだけである。幸せは、あなた自身で掴み取らなくてはいけない。


ベンジャミン・フランクリンの言葉だそうです。

昨日、中学生の学校での話を聞いていて思い出しました。

学校で、いじわるをされ、それがとても嫌だった
そして、「イヤだ」と言っても、その友だちは、またしてくるんだ・・・

というようなお話。

そのお友だちにされたことを語り、

「めっちゃ恥ずかしかった」とか
「とても嫌だった」というのに・・・

「でも、その子、いい子なんやで・・・」というコメントを間に挟むので思わず・・・

「『友だち』は、一般的に『良い子』と言われている必要はないの。少々、悪いことをしていても、他の人に嫌われていても、あなたが、一緒にいたいと思う人、そして、好きだと思える人が『友だち』。その子が一般的に『いい子』と思われているかどうか、何かの基準で『いい子』と呼ばれるカテゴリに入っているかどうかは『友だちである』ことの基準ではなくて、『いい子』であっても、あなたは、嫌いだったり、一緒にいたくないと思う気持ちを持っても悪くはないの」

と言ってしまいました。

今、大人たちの基準で、

「みんな仲良く」
「悪口はいけない」
「いい子」

を子どもたちに押し付けているように思うことがあります。

私は・・・
みんなと仲良くなんてできないし、悪口を、言ってしまうこともある。
ちょっと、「いい子」でいられないこともあっていいと思います。

というか、私は、みんなと仲良くなんてできなかったし
悪口も言うし、いい子だなんて言われたことはありません。

でも、今、助けてくれる人はたくさんいるし、
その人たちに、素直に感謝することができる大人になっています。

仲良くするな!
悪口を言え!
いい子になるな!!!

と言うわけではないけれど・・・

子どもたちの心苦しさが、自分の思春期を振り返れば振り返るほどわかるから
胸が痛くなることがあります。

私は、幼い頃から

「みんなが・・・」と話をすると

「みんなって誰?〇〇ちゃんも、□□君も?☆☆さんも入ってる?」

「じゃ、みんなじゃないじゃん!」と言ってくれる親に育てられ
『みんな』と多くが呼ぶ集団から、いつも離れていることができたから

気が付いたら、多くの人に助けられて今があるように思います。

私の言葉に・・・「ほぅ(@_@;)」と驚いた様子だった中学生。

でも、帰り際・・・「ここへ来ると、1つずつ知らなかったことを教えてもらえるの、私」

なんてつぶやいて帰っていきました。

うぅ~ん、英単語や数学の定理も覚えていってねぇ~(^_^;)
なんて、思いながらも、少しでも彼女の周囲の人間関係が改善されることを祈って

昨日は彼女を見送りました。

今日も元気に塾にやってきてほしいと思います(*^_^*)

今週も残すところ授業日は2日となりました(*^_^*)

本日もどうぞよろしくお願いいたします。

072.gif11月開講講座もご案内中です!072.gif

056.gif小学1・2年生対象 学習事始め講座

056.gif小学1・2年生特別講座

056.gif小学3~5年生英語講座

056.gifセントヨゼフ女子学園受験応援講座

056.gif小学6年生英語クラス

その他の学年もお問合せ下さい。

(Y.K)
by terakoya21 | 2015-10-23 16:22 | 日記

英語塾の寺子屋かめいの元気を発信します


by terakoya21
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る