I Love Books! (てらこや新聞123号 竹川のコーナーより)

BOOK61・62:近藤史恵
「タルト・タタンの夢」
「ヴァン・ショーをあなたに」
(創元推理文庫)
前回に続いて、今月ご紹介する本2冊も「食」に関連する小説・短編集です。

お話の舞台となるのは、商店街にある小さなフレンチレストラン「ビストロ・パ・マル」。シェフの三舟、料理人の志村、ソムリエの金子、ギャルソンの高築の4人が働くビストロに、毎回違う客が訪れ、美味しい料理に舌鼓を打ちます。

フレンチレスト ランというと敷居が高そうで肩肘張ってしまいそうですが、このビストロはシェフのこだわりの料理を堪能できる、家庭的であたたかな雰囲気に包まれています。私にとってはフランス料理のいろはもわからず、登場する料理に関してはチンプンカンプンですが、なぜかその料理のイメージがたやすく想像できるのは、作者の筆力の賜物なのかもしれません。

事件と呼ぶには大げさな、けれど当人にとっては重要な出来事を、三舟シェフが、訪れる客のふとした仕草や表情、言葉などから、謎解きをしていくというお話です。

登場する人たちがみんないい人ばかりで、ほっとします。それに、家庭的な美味しい料理。近所にこんなレストランがあったら、ぜひ訪れてみたいと思うようなところです。

ミステリーとか料理とかにこだわらず、家庭的な雰囲気と美味しそうな料理を、文面から味わうだけでも、ほんのちょっぴり幸せな気分になれるような気がします。

(K.T.)
[PR]
by terakoya21 | 2015-07-07 10:41 | I Love Books

英語塾の寺子屋かめいの元気を発信します


by terakoya21
プロフィールを見る
画像一覧