人気ブログランキング |

てらこや日誌

Knowing What You Do Not Know...

自分の知らないことがあるということを知ること―

それが、今の高校生には足らないなぁ~と思うことがよくあります。

自分の知らないこと、自分には見えていないことが世の中にはたくさんあります。
それは、42歳である私でも同じこと・・・

でも、それを知っているか知っていないかで人生の幅は大きく変わります。

c0115560_14433015.jpg


1988年に初めて、アメリカに渡ったとき、
周囲の人たちのいろいろな意味での大きさに、驚きました。

そして、初めて「地平線」というものを見て

16歳の私は・・・

地球が本当に丸いことを実感しました。(*^_^*)

もし15歳で留学を決めた私に、未知の世界へのあこがれがなければ
私は、アメリカなど行かなかっただろうし・・・

もっと知りたいと思わなければ

大学にも、大学院にも行かなかったと思う―

そして、いろいろな人の手を借りて
自分で広げた世界は

私が思っていたより少なめの苦悩と悲しみとともに

求めていた以上の知識と喜びを与えてくれました。

喜びが、苦悩と悲しみより多かったのは・・・
私も、それなりに、手を貸して下さった方々に申し訳が立つようにと
努力をするべきところでしたからだと、今、実感することができています。

身近にいる子どもたちの愚痴や考え方にも、
社会のニュースから聞こえてくる若者の言動にも

「自分」の努力が足りないと感じます。

もちろん、彼らは、その努力、しているつもりなのだろうけれど・・・

結局は、自分の今の位置、状況を見誤り
周囲の人々や環境のせいにしているから・・・

「これは何が違うんですか」



「これは〇〇ではないんですか」

なんて質問になり・・・

そして・・・

他の場所に行けば・・・状況が変わるとなぜだか思い込んで

身近な周囲の人々が彼らに与えている
愛情や思いやりに気付けないでいるのではないかと・・・

感じることが多くあります。

「何が違うんだろう」

「どうして、これではないんだろう」

とまず、考えていますか?

それから、その質問を発していますか。

それならば、質問は、

「先生、他のこの問題では、この答えになっていますが(辞書にはこういうのもありますが・・・)、どうしてそれがこの場合は当てはまらないのですか」

ではないですか。

・・・・

環境や周りが変われば、自分たちの能力が発揮できるはずだと・・・なぜだか思い込んでいる若者が多くて・・・

自分の態度や努力の仕方を変えることに思いが至らない・・・

そんな若者を増やす教育に、傾いていっているような気がするのですが…

私の気のせいでしょうか。

日本人のノーベル賞受賞で湧いていますが…
英語の教科書でもおなじみの方が入っていたので…
嬉しい私です。・・でも・・・

若者の言動とともに
なんとも他のニュースにひかかりを覚えてしまいました。(-_-;)

と言っても、これもやはり大人たちがふがいないから・・・
今日も、気を引き締めて臨みます。

どうぞよろしくお願いいたします。

056.gif056.gif056.gif

056.gif10月開講のクラスは…
072.gif中学2,3年生対象 リスニングクラス

058.gif11月開講のクラスは…

072.gifセントヨゼフ女子学園中学校受験応援講座 現小学5年生対象です。

(Y.K)
by terakoya21 | 2014-10-08 15:19 | 日記

英語塾の寺子屋かめいの元気を発信します


by terakoya21
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る