I Love Books! (てらこや新聞113号 竹川のコーナーより)

BOOK49:
坂木 司 リクエスト!

「和菓子のアンソロジー」
(光文社文庫)

以前ご紹介したことのある「和菓子のアン」の作者・坂木 司さんが大好きな9人の作家たち (小川一水さん、木地雅映子さん、北村 薫さん、近藤史恵さん、柴田よしきさん、日明 恩さん、恒川光太郎さん、畠中 恵さん、牧野 修さん)に、「和菓子」をモチーフに短編を依頼し、それらが収まった一冊です。

「和菓子のアン」は、表紙の御饅頭が美味しそうで、それに惹かれてついつい買ってしまった一冊でしたが、なかなか面白い内容だったので、この本も思わず買ってしまいました。

全く知らない作家さんもいましたが、いろいろな作家さんの作風に触れられるこういうアンソロジーは、なかなか面白いなぁと思いました。

最初の一篇は、「和菓子のアン」の後日談のようなお話。主人公のアンちゃんや立花さんなど、「和菓子のアン」に登場した人物が今回も登場しています。

また、私の大好きな作家・北村 薫さんの「しりとり」も、北村さんらしい謎解きの妙がありました。

日常の謎、ミステリー、恋愛、怪談・・・と様々な味の作品がちりばめられています。

和菓子が前面に出ているわけではないのですが、様々な味わいを楽しめる一冊です。そして、 やはり・・・美味しい和菓子をいただきたくなるような気持ちになります(^_^;)。

(K.T)

アンソロジー【anthology】
いろいろな詩人・作家の詩や文を、ある基準で選び集めた本。また、同一詩人・作家の選集。詞華集。佳句集。名文集。     (goo辞書より)
[PR]
by terakoya21 | 2014-09-26 21:47 | I Love Books

英語塾の寺子屋かめいの元気を発信します


by terakoya21
プロフィールを見る
画像一覧