人気ブログランキング |

てらこや日誌

Good Morning!

おはようございます。

「中間テスト週間」から「期末テスト週間」に代わる1週間の始まりです。
夏休みも、ほぼ1か月後には始まります。(^_^;)

c0115560_81838.jpg

(寺子屋のロビーのぬいぐるみたちの様子です(*^_^*))

さて、昨日は、先日取材を受けた「夕刊三重」新聞に私のコメントが載りました。
「学力テストの平均正答率の公表」

私は、「公表しなくていい」という意見・・・

私は、子どもたちを預けている先生方を信用して
「学力テストにより、こういう問題点がわかった」
「こういう対策をし、こういう風になった」
・・・もしくは、「こういう対策をしたけれど、うまく効果が上がらない」などということを公表してもらい、
地域社会や保護者の方々に協力を求め
そして、地域も、保護者の方々もできる限り協力をする

そういうことが、公教育のためには必要なんじゃないかなぁ~と思うのです。
普段から、学校にまかせっきりなのに、何かが起こると、学校のせい・・・
というスタンス、改めて・・・。

学力低下も、すべてが学校のせいではないはずだから。

でも、昨日の記事を読んで

「公表すべき」の声がやっぱり多いんだ・・・と思いつつ
学校の先生方の反論にも疑問符・・・

「公教育」の意味が・・・どんどん誤解されていっているように感じます。

子どもたちの将来は社会の将来です。

先生方の多忙な日常も理解し、ときどき同情もしながら・・・
でも、子どもたちの将来に関して、「忙しさ」や「時間」を言い訳に使うことは許されないはずだと思うし・・・

そして、

「数字」でわかることなんて知れている
学力テストの数字の公表で、「位置」や「進路」なんてわからない

と私は思います。

子どもたちの将来は、社会の将来です。

自分たちの学力低下が、自分たちのせいではないのに、「数字」で現実を知らされるのは、いつも子どもたち・・・
そして、その「数字」で大人たちが責任をなすりつけあう。
学力テストは、これ以上、子どもたちを苦しめるためではなく、子どもたちが社会で自立し、「社会の一員」という意味での「社会人」になるという子どもたちの将来のために利用してほしい。

と・・・私は切に願っています。

と・・・朝から語ってしまっていますが・・・

昨日は、午後になって突然の腹痛に見舞われ、夕方から調子が悪かったので、早く寝ました。
おかげで、今朝は朝からすっきりと起きられました。(*^_^*)

さぁ、今日も1日張り切って臨みます。

どうぞよろしくお願いいたします。

現在 ご案内中の夏期講習

056.gif中学1年生講座 ←詳しくはコチラから(*^_^*)

056.gif中学3年生講座 ←詳しくはコチラから(*^_^*)

056.gif高校生リスニング講座 ←詳しくはコチラから(*^_^*)

今日の午後、中学2年生講座 ご紹介予定です。
by terakoya21 | 2014-06-17 08:20 | 日記

英語塾の寺子屋かめいの元気を発信します


by terakoya21
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る