人気ブログランキング |

寺子屋の日々 ~Days in Terakoya~ (てらこや新聞106号 亀井のコーナーより)

… Life is Good as Long as it Lasts! …
~ 人生 楽ありゃ、苦もあるさ! ~


年末、年始―ここ数年、私にとっては本当の意味の「休養」期間となっている。年末の3日間のうち2日は寝込み、1年間の不足していた睡眠を貪るかのごとく眠ることが多い。今年は、それが年始まで続き…年をとったからだろうな~…と苦笑するしかなかった。

私は、幼い頃から頭痛もちで…大学院に入学してからは本格的にひどくなり、何日も寝込んだり、学校を休んだり…。そして、30代に入ると、年に3,4回の頻度で、点滴がないと回復しないほどの頭痛と嘔吐に悩まされるようになった。でも、内科の先生に相談すると、「頭痛ごときで…」と鼻で笑われたり、「更年期にはまだ早いよねぇ~」なんて言われたり、検査をしても悪いところは見つからなかったり…逆にストレスとなってしまっていた。…思い切って、他の持病で通院していた大学病院の先生に相談すると「偏頭痛」という診断をもらった。遺伝のものだということもわかった。

「経営者」そして「先生」という仕事をしている私には、この頭痛―痛みがいつ来るかわからないことが痛い間の嘔吐や痛みの苦しみよりも苦痛だった。「薬」があるということ、これを飲めば、何とか日常生活を営めるということが慰めとなり、また、「病名」をつけてもらえただけで…ストレスは数段小さいものになっていた。その診断を受けてもう10年近くになる―。

そして、ときどき、頭痛で動けなくなり、また、ストレスいっぱいの私の仕事ぶりを見て…友人、知人から、「あまり無理せずに」だとか「体に気をつけて」などというメッセージをもらうことが増えた。たしかに、私は幼い頃から気がつけば体が悲鳴をあげ始め…寝込み、何日も起きられないという日が続くことがあり、自分を持て余すことがあった。けれど、徐々にこの体とうまくはないけれど、自分なりにつきあっていく術を見つけて、昨年末、42歳に なった。

確かに、この仕事はストレスが多い。そして、私はなんでも「セッカチ」で「頑張りすぎる」タイプの人間だと思う。―けれど…私にとっては、人が言う「無理せずに」生きることが難しい。そして、ストレスは日々の頑張りの源でもある。また、この自分と戦い、自分と向き合うこの期間も、おそらく私には必要な時間だ。日頃、健康であること、そして1年間なんとか乗り切ってこられた ことに感謝する時間でもある。

Life is good as long as it lasts. 私の人生で出会った友人の中でも大好きな人の1人がいつも呪文のように唱えてくれていた言葉だ。「人生は 続く限り素晴らしい」とでも訳すのだろう。「人生楽ありゃ、苦もある」だから、人生は続く限り素晴らしい。そんなことを実感した今年の年末年始休暇だった。そこでリフレッシュ…さぁ今年も、全力投球したいと思う。

こんな私ですが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

(Y.K)
by terakoya21 | 2014-01-31 20:40 | 寺子屋の日々

英語塾の寺子屋かめいの元気を発信します


by terakoya21
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る