人気ブログランキング |

不思議な宣長さん (てらこや新聞104号 吉田館長のコーナーより)

第二十七話 松坂のガイドブックを作る

らん 16歳、今なら高校生だけど、宣長さんが作ったガイドブックの話ですね。

和歌子 一番最初の著作ですね。

らん 赤穂義士伝や天気予報の本も著作みたいだけどそれは数えないんですね。

和歌子 オリジナリティーという点では、このガイドブックが、「作者・宣長」と堂々と名乗ることができる本ですね。

らん でも、ガイドブックでしょ。作者っていうのもちょっとオーバーじゃないですか。私だって、小学校の時、修学旅行に行く前に奈良や京都のガイドブック作ったことありますよ。

和歌子 ごもっともな質問です。でもね、らんさんの奈良や京都のガイドブックは、参考書があって、また行く前に書かれたものでしょ。

らん もちろん。

和歌子 宣長の『松坂勝覧』は、まず宣長が町の住人だった点に大きな特徴があります。

らん ああそうか。

和歌子 自分の目が見て、耳で聞いて、足で歩いた記録ですね。

らん まだ疑う。ほかの松坂のガイドブックを再編集したんじゃないんですか。

和歌子 おそらく、松坂のガイドブックとしては、歴史上最初のものかもしれませんね。

らん 参考書はなかったんですか。

和歌子 無いでしょうね。益軒は京都や大和という当時から観光地となっている場所のガイドブックを作りましたが、だって、江戸時代、松坂に観光に来る人がいるとも思えないし、松坂に住んでいる人には必要ないですものね。

らん おいしいお店なんかが載ってれば別ですけどね。

和歌子 江戸や京都の町なら、もう少ししたらグルメ本も出てくるけど、宣長さんの十代の頃にはね・・

らん 何年ですか、16歳って。

和歌子 延享2年(1745)3月26日にできました。

らん 270年くらい前ですね。では、どういう目的で作ったのですか、宣長さんは。

和歌子 発想とかスタイルは、前回お話ししたように、この時期、宣長さんが愛読して、また憧れていた「貝原益軒」さんの影響でしょうね。益軒は儒者で、医者。また今のハウツー物の先駆けのような本をたくさん書いたっていったでしょ。この人に、「何々勝覧」という、京都や大和(奈良県)など各地のガイドブックがあるの。それがヒントになったんでしょうね。

らん でもどうして住んでいる町のガイドブックなのかなあ。

和歌子 そこが宣長さんの不思議なところだけど、二つの理由が考えられます。

らん 一つは?

和歌子 宣長さんが江戸に行く日が近づいてきたのです。

らん 宣長さん、江戸に行くんですか。

和歌子 お父さんが亡くなって、読書三昧の生活を続けるのも限界で、江戸で商売の修行となったんでしょうね。

らん 商家の跡取り息子ですものね。

和歌子 次に松坂の地を踏めるのはいったいいつのことだろうか、と自分の生まれ育った町、大好きな松坂を記録にとどめようとしたのかな、と考えることができますね。

らん さよなら松坂か、フーン。もう一つは?

和歌子 自分の住む町を分析すると言う目的です。

らん それの方が宣長さんらしいな。

和歌子 ハンディータイプ小冊子なんだけど、内容は、松坂の略史に始まり、縦横の
通り別に各町を紹介、続いて近在の名所、神社、仏閣を簡略に記述しているの。

らん ??

和歌子 つまり町を歴史的に、空間的にとらえようとしているのよ。

らん 難しい。

和歌子 この町はいったい誰が作ったのかな。どんな歴史を歩んできたのか。之が最初のテーマ。次に、町の構造。魚町、中町、平生町とかいろいろ町があるけれど、どういう配列なのかを、縦にはこのようだ、横はこうだと分けて整理をしています。

らん 地図見た方がわかりやすいね。

和歌子 でも、地図を見てそんなこと考える?

らん そうか。

和歌子 話は飛ぶけど、『古事記伝』には一枚も図が入ってないのよ。図で説明した方がわかりやすいこともあるけど、でも図を使わないの。

らん なぜ?

和歌子 図解は説明がわかりやすくなるけど、問題点があります。

らん なにかしら。

和歌子 わかったような気になることです。

らん それよくわかる。

和歌子 つまり、図解する人はよく考えて、工夫を凝らして図を作成しますが、見ている人は、図が良くできていれば良くできているだけ、わかったような気になるのでしょう。

らん なるほど。地図を見ても町の構造なんて考えないですね。

和歌子 文字で表現すると、頭の中で図解するという作業で、問題点がよくわかりますね。

らん 少しわかったような気がします。でも、すごいね。そんなこと考えるなんて。ところで歴史と町の構造以外には何が書かれていますか。ガイドブックだからお店の情報もありますか。

和歌子 さすがにお店の名前はないですけど。次回は何が書かれているかをお話しします。
by terakoya21 | 2013-12-05 13:49 | 不思議な宣長さん

英語塾の寺子屋かめいの元気を発信します


by terakoya21
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る