人気ブログランキング |

Bonjour! (てらこや新聞102号 谷のコーナーより)

Anytime and Anywhere

ユビキタス※という言葉を聞いたことがあるだろうか。

もとは「同時にどこにでも存在する」ことを意味する言葉だったそうだ。日本では「ユビキタスコンピューティング」の略で「いつでもどこでも、利用者が意識する事無く、コンピューターやネットワークなどを利用できる状態」をさすことが多いらしい。

私にはまだまだなじみの浅い言葉だが、インターネットやスマートフォンの普及によって「いつでもどこでも」は、便利で快適なことではなく、当然のことになりつつある。未就学児から社会人まで、自宅でも、海外でも、はたまた宇宙でも、時間や場所を気にせず、自由に繋がりを求めることのできる時代は近づいているのかもしれない。

しかし、実際そうなのだろうかという疑いもある。環境さえ整えば、この世のありとあらゆることを思い通り知り得、伝え得るのだろうか。例えば、旅行前に予備知識をたっぷり蓄えていったつもりでも、現地へ着いてみればネット上に載っていない情報のほうがはるかに多い。そして、その日その時その場所でしか出会えないものもある。そして、旅行後に一緒に楽しんだはずの仲間が自分とは全く違う感想を発信しているかもしれない。

ネットを使っているか否かに関わらず、世の中には自分の 知らないことがたくさん潜んでいて、その中にはわざわざ知らなくても広めなくてもいいことだって少なくない。「いつでもどこでも」が当たり前になればなるほど、従来のルールは崩れている一方で、新しいルールは見えてこない。時間や距離の壁を越えやすい時代になり、社会生活のスピードは速まったが、人間が万能になったわけではない。人付き合いの基本的なところは何も変わっていないので、むしろ戸惑うことが増えたように思う。

「いつでもどこでも」と「何でも」「誰とでも」は セットでは手に入れられない。

※ ubiquitous:ユビキタス

(三省堂デュアル・ディクショナリー参照)

(Y.T)
by terakoya21 | 2013-10-10 13:48 | Bonjour

英語塾の寺子屋かめいの元気を発信します


by terakoya21
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る