アメリカ研修日誌 (てらこや新聞100号 大学生のコーナーより)

No. 7 part 3

part 1

part 2

(part 1, part 2は上のリンクからどうぞ!004.gif

続いて、テキサス滞在中に考えたことの中からひとつ、4月号からの話題です。この回では、テキサスの子供たちが、自分たちの身近にあるものを遊びに取り入れていたことを書かせていただきました。リビングでのロデオ大会、思い出していただけましたか(^ ^)?わたしはあの場にいて、なんて素敵な子どもたちだろう!と感激したのですが、その後も彼ら、特にヤナチェック家の姉弟を見ている中で、自分を省みるきっかけをいただくことになりました。

一緒に過ごす中で、将来の夢に関わる話もちらほらと聞こえてくるようなことがあったのですが、彼らは将来自分がしたいことを語るときも、身近にあるものから出発していました。例えば、5月号に登場したチャッドなんてわかりやすいですよねー。お父さんの働く姿を見て、自分もああなりたいと思う。シャーロットは、歯の矯正をしてもらった経験から、(どんな理由かは確かではないのですが、「歯がきれいになったことをとても感謝しているから」もしくは「そのときのスタッフにとてもよくしてもらったから」のどちらかだったと思うのですが)歯科関係の仕事がしたいと話していました。

読者の方の中には、「家族が面倒を見てもらった看護婦さんが素敵だったから私も看護士になった口だし、よくある話じゃない?」というように思われる方もいらっしゃるかもしれません。ただ、少なくとも私はそうではありませんでした。進路を考えるとき、周りにあるたくさんの情報に惑わされました。インターネットやテレビで得た文字や映像だけの情報やイメージから、これがしたいのではないか?あれがいいのではないか?なんて考えて、自身も周囲も振り回し、そういうことに疲れてしまいました。描く将来像は、どれも経験に裏打ち されたものではなく、どこか遠いところから引っ張り出してきたものだったので、ちょっとやりかけてみてもころころと考えが変わり、結局はとりあえずの行き先さえ、満足に選ぶことができませんでした。

チャッドやシャーロットのように、自分たちの身の回りで進行していることや自分の経験に基づいて考えることが普段からできていれば、たとえ進路に迷うことがあったとしても、地に足のついた考えに行きつくはずです。それができれば、余計に可能性を広げすぎないで済むから自分がそれだけ傷つかないでも済むし、周囲も余計に口を挟まないで済み、安心して見守ることができるに違いありません。

本来、自分の経験から考え判断するなんてことは、なんてこともない、おそらく生きていくための基本中の基本ですよね。誰もが小さい頃から、「こうすると危険なんだ」とか、「これくらいなら怒られないで見逃してもらえる」とか、経験して積み重ねていくことで判断できるようになっていく。毎日はそんなことの積み重ねで成り立っていて、意識することはなくても、私も実際そうやって日々判断と選択を繰り返して生きているのでしょう。でもそんな当たり前であるはずの、経験に基づいて考える、身近なものから考えるということが、私は大事な場面でできなかった。そして、現代社会を生きる、特に同世代の人たちの中には、同じような状況に陥ってしまう人も少なからずいるのではないかと思うのです。

私は幸いにも、亀井先生を始め、この塾の方々に巡り会うことができ、(皆さんには音を上げたくなることも幾度もあったと思いますが、それでも)長い間お付き合いいただいたことで、そうした状況や、そこに行きついてしまうような考え方から抜け出す糸口をいただくことができました。塾を離れた今となってようやくですが、先生方に頭を痛めて言っていただいていたことが実感としてわかるようになってきていて、周囲からもだいぶ落ち着いてきたと言われますし、自分としても安定した考え方になってきたと感じます。そのことによって、自身の安定が保たれているようにも感じます。

寺子屋かめいのみなさまには、少しでも成長を感じ取っていただけるようになってまたお目にかかれるよう、今もなお私なりの歩みを続けている最中ではありますが、この場を借りて、とりあえずのお礼を述べさせていただきます。私のために、時間をかけ、みなさまがしてくださった数々のことに、感謝しています。本当にありがとうございました。同じくらい、申し訳ありませんでした。でもやっぱりそれ以上に、ありがとうございました。

と、話が少し逸れてしまいましたが、これもまぁ100号記念号ならではといったところでお許しいただいて、話の続きに参ります。

つづく…

4月号 part 2
[PR]
by terakoya21 | 2013-08-10 12:08 | アメリカ研修日誌

英語塾の寺子屋かめいの元気を発信します


by terakoya21
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る