人気ブログランキング |

On the Sideline (てらこや新聞96号 かめいのコーナーより)

“What can you do to promote world peace?  Go home and love your family.”
― Mother Teresa


「あなたが世界平和を推進するためにできることですか?家に帰って、家族に愛を注ぎなさい」
―マザー・テレサ (訳亀井好絵)

中学生の英語の教科書にも登場するマザー・テレサは、キリスト教の修道女で、1997年に87才で亡くなるまでインドで貧しい人々を助ける活動をされていました。マザー・テレサが来日されたときに、おっしゃったという言葉―英語のものがわからないのですが―が私の人生には大きな影響を与えています。

それは…

マザー・テレサのお話に感動した学生たちが、カルカッタにボランティアとしていきたいと申し出たときのマザーの返事です。

「わざわざカルカッタまで来なくても、あなたがたの『周囲のカルカッタ』で働く人になってください」

(「マザー・テレサ 愛と祈りのことば」 マザー・テレサ 渡辺和子訳より)

私は、この言葉と、私が高校留学時に学んだことから、私は、日本にいて、松阪にいて、初めて「世界平和のためにできることがある」と信じています。

今、日本では、地に足がついていない夢を―いつまでも目標にかえられない夢を持ち続け、現実を見つめ、自分が今いる場所で、自分のできることから始めていくことができず、途方にくれている若者に出くわします。

そんな若者に、言いたい…

目の前の現実を見つめ、そこから始めよう…足元から歩を進めよう。

周囲のカルカッタ…皆さんの周りにもあるのですから。遠くを見ていても、最初の一歩が踏み出せないのなら、それは、方向が違っているのだと私は思います。足元、身近な周囲から一歩を踏み出してみてください。
そして、「世界平和のためにできること」は、まず「家族に愛を注ぐこと」から…また…

「真の愛は痛みを生む原因となります。
イエスは、ご自分の愛のあかしとして十字架上で死なれました。
母親も、一人の子供を産むためには、苦しまなければなりません。
もしあなた方が本当に多大に愛し合っているなら、犠牲を厭うことはできないはずです。」


(「マザー・テレサ 愛と祈りのことば」 マザー・テレサ 渡辺和子訳より)

周囲を見回してみてください。

(Y.K)
by terakoya21 | 2013-03-30 14:30 | Sideline

英語塾の寺子屋かめいの元気を発信します


by terakoya21
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る