人気ブログランキング |

てらこや日誌

What You See Is Not Always...

目に見えることが、見えることだけが、いつも真実ではないのに…(>_<)

なんて思うことが、先週は多かったのですが…

このところ、高校3年生のクラスが個人授業になり、
過去問題を解きながら、いろいろなおもしろい発見や、
知識の確認をさせてもらっています。
裏にはこんな話もあったのかと思うことも多々あります。(*^_^*)

本当に寒い日が続く今年の冬…「立春」と言われても…
今朝も寒く「大雪か」なんてニュースも耳にします。

それでも、まだまだ寒いのに…なんて思っても

三寒四温(本来の意味とは少し違いますが、春先の気候の変化を最近は表すように使われるそうです)

徐々に、春は近づいていて…我が家の梅のつぼみもだんだんと着実に膨らんできています。

そして…花粉も????(^_^;)

このところ人は、「感情」ばかりを優先して、考えることをしないと…
以前見た映画の中で、メリル・ストリープ演ずる「マーガレット・サッチャー」が言っていましたが…

その感情もじっくりと感じる…
感覚を研ぎ澄ませて、もしくは気持ちを落ち着かせて感ずるのではなく

「直感」に頼り過ぎているなぁ~と感じることがあります。

今朝の新聞に「津市立」の小中学校が小中一貫教育を目指す!なんて記事を見つけ、私も現状を見ていると公の小中一貫教育には興味がありますが…

子どもたちを見ていても、保護者の方々とお話をしていても、新聞を読んでいても、ニュースを見ていても…

「直感的」な批評が多く、子どもたちの将来も、社会の未来も、長期的捉え、考えようとしていない…気がしてもどかしい…と感じることが増えています。

この時期、受験生と接していると感じます。

口を酸っぱくして、注意をし続け、時には声を荒げ…紆余曲折もあったけれど…
しっかりと彼らの身について、実力となっていることが、この集中力の一番強い時期になると目に見えて現れる…

それをずっと待っていた私たちは、寒い冬を乗り切り、梅のつぼみの膨らみを見たときの小さな安堵感と同じようなものを胸に抱きます。

それでも、おそらく、彼らにとって、卒業の最後の最後まできついことや嫌みをいっぱい言う先生のままなのだろうけれど…

今後の彼らの人生が少しでも楽になるお手伝いを、ほんのちょっとだけ出来ていたら…それでいいと思う。

春が待ち遠しいというけれど、私は断然、冬が好き

ほんの少しの日差しの暖かさも、春を知らせるちょっとした芽やつぼみの膨らみが嬉しいのも、冬が寒いおかげ(^◇^)

さぁ、今週は公立高校の前期選抜が木曜日に始まります。また、私立大学入試の結果もそろそろ出てきます。

そして、また、今日は新しい中学1年生クラスがもう1つ始まります。

厳しい冬がまだまだ続きますが…
春はもうすぐそこです。もうひと踏ん張りしていきましょう!

c0115560_10405428.jpg


朝から、我が家の梅のつぼみの膨らみをとろうとしたけれど、背が高すぎて、後ろの桜とともども「枯れ木」にしか見えない写真になってしまいました。また、花が開き始めたら写真撮影にチャレンジしたいと思います。

(Y.K)
by terakoya21 | 2013-02-05 10:52 | 日記

英語塾の寺子屋かめいの元気を発信します


by terakoya21
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る