人気ブログランキング |

てらこや日誌

Time Flies

気が付けば、すでに今年も残すところ1ヶ月と3分の2になりました。

今年、寺子屋では、寺子屋史上最大数の受験生を抱えています。

中学3年生も高校3年生もいつになく大勢います(高校3年生は、例年通りといえば例年通りの人数なのですが、全員が2月もしくは3月まで受験を続けるという年は初めてだと思います)。

が、それなりに皆、和気あいあいといつも通り過ごしています。

中三の面々には、もう少し受験生の自覚を持ってほしいなぁ~と思うこともありますが…

勉強は、焦っても、ギスギスした環境でも身についていかないものなので、
できるだけ楽しく、引き締めるところは引き締めて臨みたいと思っています。

そして、先日の高校3年生の文法の時間…

松阪のM高校(松阪の高校は皆イニシャルMなのですが…(^_^;))の生徒がよく、整序問題や、書き換え問題で、上に書いてある単語を写し間違えたり、見間違えたりするのですが…その間違えを以前指摘したとき、そろってその高校に通う生徒が、

「それは、M高の生徒の特徴です!」と開き直って以来…

その間違え方を、そのクラスで「M高病」(※注)と呼ぶようになりました。

先日の授業で、別の高校(これまたM高校ですが…)の生徒が、そんな間違いをしたので…

「M高病が出てます」というと…

その間違いをした生徒と同じ学校の通う女の子が

「先生、どうしよう!!!」

「ん?」

「私、この間、インフルエンザの予防接種はしたけれど、M高病の『ワクチン』(※注)は打ってもらっていません!!!!」

…(^_^;)あはははは…

この女の子、最近成績も、人となりも目覚ましい成長を見せているなぁ~と私たちがとても感心している生徒で、きつい突っ込みも、優しいフォローも、笑いも、今年の高校3年生受験生の紅一点として、このところ、輝いている生徒です。この頭の柔らかさが私は好きです。

そして、このときのクラスメートたちも一本取られた(^_^;)という感じで、M高の生徒も、それ以外の生徒も…その発言には爆笑…(^◇^)

「受験に向けて、気を付けていきましょう!」ということで、先に進みました。

でも…その『ワクチン』があるとすれば、自分の中にすでにあるはずです。

最近、『見直し』のできない生徒が増えていると感じます。

目で見る、発音してみる…文字数を数える、長さを確かめる…

高校生でも「あなた」と書かなければならないところを「あたた」と書いて平気で提出
「b」と「d」を書き間違える。問題を飛ばしている…せっかく書いてもらってある語群の単語を写し間違える…など

そして、指摘すると「仕方がない」「事故です」「そんな細かいこと」…挙句の果てに「見直しなんてしません」と開き直られることもあります…

もちろん、「病気」ではありませんし、移るものでもありません。ですから、「M高病」という言葉は語弊があるかもしれません。でも、この「ケアレスミス」連発の傾向を…直す努力に、自分で気を配ってしてほしいと思っています。

焦らず、落ち着いて、見直しをしっかりしてほしいと思います。

※注:「M高病」という表現や「ワクチン」という表現は語弊があるかもしれませんが、『病気』の意味には、「悪い癖」という意味があります。授業内での使い方は「悪い癖」の範囲で生徒も受け止めていますし、その意味で使っています。ご了承ください。


c0115560_1231887.jpg


今日の写真は、昨日のバラの午後の姿です。

これまたきれいです(*^_^*)

(Y.K)
by terakoya21 | 2012-11-09 12:06 | 日記

英語塾の寺子屋かめいの元気を発信します


by terakoya21
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る