人気ブログランキング |

世界の街角から~Da Esquina do Mundo~ (てらこや新聞89-90合併特大号 木下さんのコーナーより)

日本って、お金の払い方とお釣りの返し方はスゴイと思います。海外(特に欧米はそうだと思います。)で生活された方は頷いてくれるのではないかと思います。

海外はお釣りの計算方法が異なります。たとえば、ブラジル通貨で、28レアル25センターボの買い物をしたとすると、日本人だったら、できるだけ小銭を少なくすべく30レアル25センターボを支払い、2レアルのお釣りをもらうと思うんです。でも、海外の思考回路は、まずは75センターボを返して29レアルにして、1へアルを返して30レアルにするという「逆算」方式なので、30レアル25センターボを支払うとカウンターの人が混乱することがあります。日本人にはこんな簡単な計算を!と思うことを、わざわざ計算機を取り出したりします。

極めつけは、小銭を少なくしようと30レアル25センターボを出しているのに、お釣りの2レアルを全部25センターボ通貨(25センターボ通貨8枚)で返してきたりして、逆に小銭が増えていることも多いです。日本で920円の買い物をして、1020円出して、お釣りの100円がすべて10円玉で返ってきたら、「??」となりますよね!「何のために俺は25センターボを出したんだ。」と言ってやりたこともありますが、ガマンガマン。そも そもレジにお金があまり入っていないのですよね。

日本は相手にできるだけ迷惑をかけたくないという文化だったり、レジにはお釣りを返せるだけのお金を入れておくという文化がありますが、こちらにはそれがありません。文化論まで持ち出すかどうかは別にして、とにかくお釣りは返せればよいという考え方。おもしろいですよね。というわけで、こちらはあまり相手のことを考えずに、きりのいい数字のお金を払うのが一番相手のためになり、自分も楽なのです!!
by terakoya21 | 2012-10-10 07:00 | 世界の街角から

英語塾の寺子屋かめいの元気を発信します


by terakoya21
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る