人気ブログランキング |

アメリカ研修日誌10

Bye-bye, America. See you soon again!!!

アメリカ研修9日目は、Sealyを発ち、ヒューストン郊外のマムのお家に戻った後、帰国に向けての荷物の整理などをし、夕食にフライドチキンを食べ…夜は、マムとSitCom(Situation Comedy : 場面や情景が固定されている1話完結のコメディードラマです)とコミカルな刑事モノのドラマを見て団欒してから、床に付きました…

そして、10日目…

翌日の朝9時10分のフライトでヒューストンを経つ予定だった私にとっては、この日がアメリカ滞在最終日…でしたが…マムのお宅は…私が高校時代の10カ月を過ごしたお家ではないものの…ほとんど「実家」

朝、またIHOPで朝食を…とマムに誘われていたにも関わらず、朝寝坊…9時前にハッと目覚め、慌てて準備をして、ほとんどブランチのような時間に、ようやくIHOPへ…

前回食べなかったパンケーキと卵、ベーコン、ソーセージとコーヒーを注文し…ほぼ完食…

明らかに、10日間の暴飲暴食に近い、アメリカンフードのオンパレードに胃は悲鳴をあげていたけれど…日本に帰ってなんだか、後悔しそうだったので…食べておきました。

…ブランチだし…(^_^;)なんて自分に言い訳をして…

食べ終わったあと、お土産を買うために、ショッピングに…

生徒たちのためのクッキーと、姪っ子たちへのお土産は、すでに前日までに買ってあったのですが…あまりお土産を買っていなかったので…

お土産を探しに…

でも結局、友人の誕生日プレゼントと両親へのお土産が決まっただけ…(^_^;)

他のお土産は免税店か、空港のお店で買うことにしました。

そして…午後3時過ぎまで、マムとおしゃべりをしたり、荷物をしっかりまとめたりして過ごし、4時前にホストシスター宅へ向かって出発!!

ホストシスターと彼女の旦那様は、これまたヒューストンの郊外に住んでいるのですが、マムの家からは、車で30分くらいかかります。最近お家を買い替えたらしく、その新居を見せてもらってから、夕食を一緒に食べに行こうという話になっていたのです。

新しいお家は、ミニシアターもあり、2階建てのとっても素敵なお家でした。アメリカのお家は、日本に比べて、大きいだけではなく、コンセプトに合わせて、家具が決められていたり、色や絵柄が選択されているので、どこのお家でも初めて訪れるとしてくれる「tour」が私は好きです。

お土産に日本から持っていた母の手織の松阪もめんのテーブルセンターも、ホストシスターの青を基調とした部屋にぴったりで、とっても喜んでもらえました。

そして、少し、Sealyでの体験の話をしてから…レストランへ…

またも、私はメキシカン…ナチョスを食べて、ご満悦(*^_^*)

デザートにブラウニーまでいただきました。(^_^;)本当は、ピーカンパイがよかったのですが、メニューになかったので、それは次回のお楽しみにとっておくことにしました。

というわけで…その後、マム宅に帰り…私のアメリカ研修全日程は終了しました。

翌朝4時過ぎに起き、軽い朝食をとり、5時30分過ぎにマムとホストシスター宅へ向かい…4人でジョージ・ブッシュ・インターコンティネンタル空港へ…

7時前に空港に着き、チェックインを済ませました。

9時過ぎのフライトですが、国際線乗り継ぎのため、2時間前には空港にいた方がいいので7時にチェックイン…それほど早くないのです。その後、少し話をしてから、マムと別れ、私はセキュリティーチェックを受けたあと、空港で、残りのお土産を買いました。

長いようで短かった、11日間でしたが…とっても楽しく、有意義なものでした。

明日、大学生も帰国しますが…彼女にとっても有意義なものであったことを願っています。

番外編をあと1つか2つ、書く予定なのですが…今日はこの辺で(*^_^*)

c0115560_2130439.jpg


写真は、日本の母が、アメリカへのお土産に持たせてくれた松阪もめんのテーブルセンターや小物敷きの柄です。どの家庭でも予想以上に気に行ってもらえたようです(*^_^*)

(Y.K)
by terakoya21 | 2012-09-09 21:39 | アメリカ研修日誌

英語塾の寺子屋かめいの元気を発信します


by terakoya21
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る