人気ブログランキング |

てらこや日誌

「やばい」を使わない会増殖中?

昨日の英会話のクラスで・・・

好きなテレビ番組は?という質問が出て

社会派のドラマと答えた大学生の話から
言葉の使い方についての話になりました。

私は、見ていないものの「名前をなくした女神」というドラマにもあったようですが・・・

「○○ちゃんのお母さん」「○○ちゃんのママ」という呼び方が
私は、近年、とっても気になっています。

私は、幼い頃から今でも友人のお母さんは

「○○ちゃん(さん、くん)ちのおばさん」と呼びます。

そして、この場合、おばさんは「小母さん」という漢字が当てはまり
尊敬と信頼の念を持って使います。その尊敬と信頼の念が
私は、自分とその友人のお母さんとの関係を作る上で
とても大切な心であり、私や、私の家族とその友人と友人の家族を
しっかりと結びつけていくと考えています。

けれど、「○○ちゃんのお母さん」には、この尊敬と信頼の念が感じられない
上に、「○○ちゃんのお母さん」としてしか存在できないお母さんという
人々が、とても哀れに聞こえるのです。

子どもを持つ友人たちは、「おばさん」なんて言われたくないと
言っていましたが・・・

自ら「おばさん」と友人の子どもにも、姪、甥にも使う私にはその感覚が理解できず・・・

社会での自分の立場を考えることのできない人が増えているということに
気持ち悪さを感じていました。そして、今の子どもたちを取り巻く
大人たちの問題は、こんな小さな言葉の使い方の歪が
だんだん大きくなっているように感じています。

そんな話をして、「言葉」ってとても大切で、今は小さい気配りですが
気をつけることで、少しずつ心も洗われ、
周囲の環境が整っていくような気がする・・・なんて話になり

すると・・・以前授業で、寺子屋では「やばい」は禁句

という話をしていたことに生徒さんの1人が触れ・・・

普段の生活で「やばい」を使わないように
娘さんたちにも注意するように言われているとの話・・・

大学生は、寺子屋の卒業生でもあり、アシスタントしてくれている子でもあったので
彼女も「やばい」に反応を示す1人で
その別の生徒さんの話に・・・

「気になるよねぇ~」なんて笑っていました。

小さな言葉の使い方への気配りも、社会を変えてくれると信じている私は
このまま「やばい」を使わない会、広がってほしいなと思います。

(Y.K)
by terakoya21 | 2011-06-28 09:00 | 日記

英語塾の寺子屋かめいの元気を発信します


by terakoya21
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る