My Flower Arrangement (てらこや新聞64号 竹川のコーナーより)

Flower41 「ナチュラル」

今回のテーマは「ナチュラル」。

こっくりとした赤銅色のブリキの鉢を使いました。バラの模様が入っていて、アンティークのように見える花器です。中にはプラスチック製の水受けがあるので、水漏れする心配もない優れものです。新聞で底上げしてオアシスをセットしています。

フラワーアレンジで花を生ける…というと、このようなナチュラルなアレンジをまず思い浮かべそうですが、私が習っている先生のところでは、まず基本形の形(ドーム<球形>やトライアンギュラー<三角形>など…)から教えてもらいます。かれこれ14年ほど習っているのですが、実は私は、基本形の形やナチュラルなアレンジというのが最も苦手…。特にナチュラルアレンジは、ぱっと見た感じでは、ざっくり簡単にアレンジできそうに思えるのですが、実は、なかなか難しいのです。どの角度でアレンジしたら花顔が綺麗に見えるのか、今回の花器では360度展開なので、どの方向から見ても 見栄えがするようにアレンジしなければならないとか、そのバランスがうまく取れているのか・・・など、かなり気を使いながらのアレンジになります。
c0115560_1634790.jpg

上の写真の方向からアレンジしていきました。まず左側に2つ、白の斑模様が涼しげなギボウシを挿し、右側には緑と茶色に変色したヒューケラの葉っぱを3つあしらいました。中央と右側にあしらったのは、鼻を近づけると芳しい香りがする薄紫色のバラ・パープルレインです。ほろほろと薄紫色の花びらがこぼれるように開く様が素敵で、溶けてしまいそうな繊細な色の花です。

今回のテーマに沿って選んだ花は、ほとんど野に咲くような花々ですが、どうしても白色が欲しくて、花が小さめの白色のトルコ桔梗を加えました。スプレータイプになっているので、枝で切り分け、全体にちりばめてあしらいました。
c0115560_1651935.jpg

写真↑は、ちょうど上側の写真の裏側に当たります。
c0115560_1655931.jpg

写真↑の左側に見えるのが、茶色のレースフラワーです。白色のものが多いのですが、今回使ったのは茶色のもの…。初めて見た色のレースフラワーです。小さな花が枝分かれして傘状に咲く花で、今回の茶色のものは、まるで花火のようにも見えて可愛らしい印象です。

このアレンジでもっとも味のある花、それがベルガモットではないでしょうか。バラと同じような色合いの薄紫色のものと、単品で見るとかなりインパクトのあるショッキングピンクの2種類を使っています。細い花びらが放射線状についています。ハーブティーによく用いられる花ですね。

野の花の勢いも出したくて、茎の線が面白い紫のスカビオサと、爽やかな青色が印象的なニゲラを、高さを出してあしらいました。

空間をポリシャスというパセリのような葉っぱで埋め、やはり勢いを出したくて、白い斑入りの細いグリーン・ミスカンサスを中央部分から放射線状に散らしてみました。

一応、一番上の写真の位置を正面に捉えてアレンジし始めたのですが、出来上がってみると、角度によってそれぞれ雰囲気が異なります。

私はこの角度から見た雰囲気が好きですが、どうでしょうか。↓
c0115560_168569.jpg

紫や青色の花を使ったので爽やかで涼しげな雰囲気に仕上がりました。それにしてもナチュラルアレンジ、難しい…。

(K.T.)
[PR]
by terakoya21 | 2010-09-01 16:08 | Flower Arrangement

英語塾の寺子屋かめいの元気を発信します


by terakoya21
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る