人気ブログランキング |

休日日誌

スポーツの秋・・・すがすがしいとは言えず

c0115560_1429414.jpg


時季はずれのひまわりですが・・・休耕田を利用してひまわり畑を作ったそうです。
(岐阜県関市にて)

昨日は1日岐阜に行っていました。

毎年の恒例行事になって3年目の姪の運動会。
今年は、下の姪も参加だったので、正しくは姪たちの運動会・・・

私はドライブが好きなので・・・
なんだかんだと姉の嫁ぎ先の岐阜の関市までのドライブが楽しくて
毎年、来てくれるものと思い込んでいる姪のためにも
また、競技自体は楽しく、
行くことが苦痛ではないのですが・・・

やはり毎年落ち込んで帰ってきます。

・・・この行事を見ると・・・

おそらく、私の性格の問題も大きいのですが・・・

今年はますます・・・ブルーになりました。

なぜかと言えば・・・私はこのような人々と比べられ・・・

「負け組」と言われるグループに入れられるんだな
と思うと・・・ならば、一生負け組でいよう・・・と思ってしまうのです。

私は、子どもが大好きです。

でも、最近、思うのです。
私はただ、自分の住む社会が好きなんだな~と。

社会の宝であり、これからを作り、守ってくれる子どもたちが私の希望なんだな~と思うのです。

でも、このところ子どもたちの保護者という立場にある同世代の大人の行動に首をかしげ、ときどき、絶望感すら感じるのです。

昨日の運動会にもありました・・・そんな光景が・・・

下の姪のクラスに、ある3歳の少年がいます。
彼のおうちは母子家庭だそうですが、
お母さんが、精神的な病気を抱えているそうで、
現在入院されているということで
昨日の運動会は、普段彼と生活をしている
おじいさんとひいおばあさんと一緒に来ていました。

そして彼は、私と母が到着すると、なぜだかいろいろと愛想を振りまき・・・
話しかけてきました。

しばらく、相手をしていましたが、
飽きたのか、他のところに行ってしまいました。

そして、いろいろと1人で遊んだり、友だちに声をかけたり、
友だちのおばあさん、おじいさんに声をかけたり、かけられたりしていました。

その後も、その繰り返し、私たちのところに戻ってきては他に行き・・・

が・・・フと気がついたのです。

彼は、友だちか、おじいさん、おばあさんに相手をしてもらっているものの
姉以外のお友だちのお母さんたちから、とても冷たくあしらわれていることに・・・

子どもの相手というのは、
特に就学前の子どもたちの相手は、大人にとって難しいものです。
自分たちにもこのようなときがあったはずなのですが・・・
彼らの言うことの半分がわからないのです。

一生懸命何かを伝えようとしてくれているのですが、
普段生活を一緒にしていないものにとって
主語が消えたり、あたかもみんなが知っていることを前提とした話が多く、
理解するのに、時間がかかります。そして、遊ぶのにも、
彼ら特有の遊びがあり、どのようにしていいのか・・・
説明されてもイマイチ、解せないこともあります。

でも、他の子のお母さん達の彼の扱い方・・・そういうことではないのです。

まるで、彼が存在しないかのような・・・
彼に肩を叩かれ、呼ばれても振り向きもしなければ、返事もしない
「ばぁ~」ってふざけた顔をしたら、顔を背けていく・・・
という人もいましたし・・・

保護者の方と目が合うとその子自体が後ずさりしていく・・・
なんてことも。

それを見かねて、姉に彼の境遇を聞いたのですが・・・

一言で言えば「かかわりたくない」のでしょう。
多くの人々が・・・

でも・・・こんな小さな町で・・・近所に住んでいたら
自分の娘や息子が必ず関わっていく子です。

自分たちが子どもを愛する親として
その扱い方はおかしいのではないか・・・

と私は思うのです。

今彼をコミュニティーから孤立させることは、社会にとって大きな損害です。

家庭がどうであれ、
「いけないこと」はいけないこと、
「いやなこと」はいやなことと
彼に伝えることが大切だと思うのです。

砂で遊んだどろどろの手で、
私に近づいてきた彼に、「お手手、きたないよ。」
というと、手を見て、ニタァと笑いました。

「きれい、きれいしようっか」と言うと困った様子。

母がウェットティッシュを持っていたので、それをもらい、
ていねいに、ふき取りました。

両手を出し、指を広げたり、私が拭きやすいように、手を
自分から、もしくは私に言われながら、動かして・・・
ニコニコしながら、そこにたっていました。

その後の彼は、ひいおばあちゃんに手を見せて
「きれいでしょう?」と言わんばかりに誇らしげ・・・

彼の純粋な澄んだ瞳が、このまま澄んでいることを
願いながら、来年も岐阜に向かうでしょう。

そして、その1年の間に、少しでも、他のお母さんたちが
彼への接し方を考えてくれることを願わずにはいられません。

(Y.K)
by terakoya21 | 2009-10-12 14:30 | 日記

英語塾の寺子屋かめいの元気を発信します


by terakoya21
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る