人気ブログランキング |

てらこや日誌

<ノーベル平和賞> オバマ氏「深く謙虚に受け止め」と声明

Excite エキサイト : 国際ニュース

昨夜、生徒と長々と話をした後、10時半過ぎに実家で見たニュースで知りました、
このニュース・・・

私も、一瞬驚いたけれど、当然かなって気もしました。
と同時に、少し不安にも思いました。

それは、私が知る限り、現役の大統領やリーダーで平和賞を受けた方って・・・
受けてからあまりぱっとしないというか、志半ばで・・・終わっているような気がします。

アラファト議長も、ラビン首相も、金大中大統領も・・・

そして、素直に喜び、この人の理想が尊いものであるから、それに協力しよう・・・ではなく、すぐなにやらみんないろいろな論評をし始める・・・

以前のゴアさんのときも・・・

その世界中の人々の姿勢がやはり、世界平和の遠さを物語っているように思います。

私は、素直に喜び、彼の「核なき世界」の理想が、世界に広がることを願いたいと思います。

アメリカが核を使用した国のくせに・・・だとか
今もイラクやアフガニスタンで戦争をし、
冷戦時代多くの戦争を影で援助していた姿から・・・
なんだか、アメリカに対して偏った見方が多くの日本人にあるようですが・・・

建国以来・・・アメリカという国は、他のどんな国とも同じ、とても戦争を嫌い、平和を望む人々の国であることを

彼らの愛国心が多くの場合とても純粋なものであることを・・・

私は、友人を通して知っています。

だから、このオバマさんの掲げる理想、純粋なアメリカの人々の協力があれば、世界を変えていくきっかけになるのだと私は信じています。。けれど、世界平和は、アメリカ人だけでは実現できないこと・・・

だから、それを世界中に広げるために、この平和賞が、力をかしてくれることを
願います。

・・・となぜ、この書き込みの題名が「てらこや日誌」なのかというと
昨日の高校3年生の授業でも世界平和とアメリカ人の平和主義について
ちょうど話をしたところだったのです。

・・・世の中、情報が多くありますが、
人々の思想は偏っていくばかりのような気がします。

私の一言で、子どもたちの考えが変わることを期待するのではなく、
ふと何かに出会ったとき、ふと何かのきっかけを与える風穴になったり、
自分が考えを深める、解決の糸口を見つける
手がかりになってくれればと思います。

情報は多いのに、人々の耳は聞こえの良い情報と
他人への批評ばかりが聞こえているよう・・・

英語は、人を介さず、世界のニュースを手に入れる手段でもあります。
今を生きる子どもたちが、多い情報をできるだけ広く取り入れ、
自分たちの人格形成に役立ててくれることが平和への第一歩だと
私は信じています。

(Y.K)
by terakoya21 | 2009-10-10 15:25 | 日記

英語塾の寺子屋かめいの元気を発信します


by terakoya21
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る