人気ブログランキング |

休日日誌

のんびり

ここのところ、とてもよく寝ます014.gif
疲れているのか何なのか理由は分かりませんが、
寝付きのあまり良くない私ですが、
最近はお布団に入って10分も経たないうちに寝ているらしい・・・。

今朝もだんなさんを送り出してから、二度寝ぐっすり寝ました。
今日あるはずだったフラワーアレンジの予定がなくなったので、
母を午後公民館に送っていく以外、特に予定もなく、
気が抜けきっていたのでしょう(~_~;)。

午前中、ソファカバーも洗って干し、トイレ・浴室・部屋の掃除をしようと思っていたものの、
イチロー選手の200本安打が気になり、
テレビをつけたまま、イチロー選手がバッターボックスに入るところだけ真剣に観戦(~_~;)。
スカッとしたクリーンヒットではなく、
あれれ・・・という内野安打・・・イチロー選手らしい区切りのヒットでした。
9年ずっと体調を維持し続けられるだけの体力と体作りがなければ
成し得ない記録。
記録の陰に隠れた並々ならぬ日々の努力に脱帽するのみです。

で・・・
さっそく掃除に取り掛かろうと思っていたところ、
じゃりじゃり・・・という物音が聞こえてきました。

我が家のマンション、裏が砂利になっています。
そこを通ると、その砂利の音がするのですが、
自転車置き場があり、ガスの物置小屋みたいなのがあるだけで、
あまり人通りはありません。
それに、この場所は、裏の道に通じる通路にもなっているのですが、
このマンションに住む人以外には、ほぼ通らないような場所です。
というのも、
前はお隣のお家の倉庫らしき建物があり、
裏の道も、ほぼその通りに住む住人の方や
マンションの駐車場が裏側にある人くらいしか通らないところ・・・
つまり人目につきにくい死角部分にもなるような場所です。

この夏休み、数回、表側からも裏側からもちょうど見えないまさに死角部分に
小学生くらいの女の子が座り込んでいたことがありました。
最初は、砂利のじゃりじゃりいう音が聞こえているものの姿は見えず(探せず)
「何なんだろう・・・でも気持ち悪い・・・ガスの物置小屋もあるし・・・」
と、いたずらかなにかでもされていたら大変だと心配していたのですが・・・

気になってそのあと、そこを通ってみたら、
その死角部分で食べたのであろう、近くのスーパーのお弁当の空ゴミが置いてありました。

またこの場所、
ちょうどお昼前には、日差しが避けられ、心地の良い風が吹き抜けるところです。
その時は、
ご飯を食べるのに誰かがちょっと間借りしたのだろうか・・・と思っていたのですが、
また何日か後に、砂利の音がし、同じように後になって行ってみると、
今度はエコバッグに食べたお弁当の空ゴミを入れ、キティーちゃんのスプーンが置いてありました。

どうしたものか・・・と考えあぐねていた矢先、
ある日、午前中に台所の窓を開けた瞬間、
その同じ場所で座り込んでいる少女と目がバッチリ合ってしまいました。
びっくりしたこと、この上ありません。
周りに大人もいないし、一人のようだったので、放っておくわけにもいかず
「どうしたの?大丈夫なの?」と尋ねたら、
言葉なく「うん」と頷いて、去って行きました。

夏休みだったこともあり、また、どこの子かもわからないので、特にどこにも連絡せずにいたのですが、
バッチリ顔を見られたからなのか、
その後は、そこに誰かが来ることはなくなっていました。

長い前置きですが・・・
今朝も、じゃりじゃりと砂利の音がし、耳をそばだてると
どうも子供の声がする・・・
「どうしようか・・・」と思っていたところ、
ガツン、ごつん、がつん
と音がしてきて・・・
そぉっと台所の窓から覗いたら、
ランドセルを置いた女の子が二人、
敷いてある砂利を拾って、裏の道に投げていたのでした。

お隣のお家の人もたぶん気づいていないし、
砂利を投げられている裏のお家は大邸宅で、高い木と塀に囲まれたお家、きっと気づくはずもなく・・・
けれど、いくら人通りは少ないとはいえ、道に向かって、
結構大き目のごつごつした石を投げていては危ない・・・と思い・・・

私が注意をしても良いのですが、
どう考えても小学校の授業中の時間、
そんな時間にこんなところにいる子供たち・・・
注意して逃げられても困るし・・・と思って、
我が家の目の前にある小学校に電話をかけ、通報しました。

すると、どうもすぐにどの子たちなのか分かった様子。。。
すぐに行きますとのことで、
間もなく先生が二人、門から出てこられました。

一応「地域のもので・・・」と電話したものの、場所を確定しなきゃならないか・・・と
結局ベランダに出て、どこにいるかをお話ししました。

詳しくは聞けませんでしたが、
どうも何か事情があるのか、遅れて通学してくる子たちらしく、
授業中で教室に入りづらいのか・・・というお話でした。

「こんなところで何してるの~。いつ学校に入ってくるつもりだったの?」などと
先生の声が聞こえました。

すんなり先生の指示に従ってランドセルを持ち歩いてきた女の子たち、
一見したところ普通の女の子たちで、
先生に「連絡してもらったのよ~。おばちゃんにお礼を言いなさい。」と言われ、
にたぁ~と笑っていました。

・・・おばちゃん(-"-)

まぁ、確かに、その年頃の子どもがいてもおかしくない年齢だからなぁ・・・と思いつつも、
なんだか釈然としないまま
「しっかり勉強してね」と声を掛けておきました。


結局理由はよくわからなかったけれど、先生方には周知のことなのか・・・とも思え、
何だか不思議な気持ちになりました。
夏休みに見かけた女の子と同じ子だったかどうかまでは思い出せず・・・。


が!
どうせなら、彼女たちが投げていた石も、元に戻すように指導してほしかった!
学校へ早く連れて行きたかったのかもしれませんが、
それも教育の一つでしょう。。。と思いつつ、
午後母を公民館に送って行った後、車を駐車場に停め、
道に散らばった砂利石を、ひとつひとつ元に戻しました022.gif


そんなことはありましたが、
おおむねゆっくり過ごした一日になりました。

先週末、土曜日の医者の待合時間から読み始めた本を
もうすぐ読み終わりそうです。

(K.T.)
by terakoya21 | 2009-09-14 17:20 | 日記

英語塾の寺子屋かめいの元気を発信します


by terakoya21
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る