My Flower Arrangement (てらこや新聞49号 竹川のコーナーより)

Flower28 「春の旬花材」

食べ物に「季節の旬のもの」がありますね。例えば春の旬の食材には、たけのこやグリーンアスパラガス、新じゃが、きぬさややそら豆、春キャベツなどがあります。その季節にしか味わえない、その季節だからこそ美味しいと感じるものです。

花にも旬の花材があります。今回は、そんな旬の花材を使って、春の野の光景を作り出してみました。

横長の花器にオアシスを設定し、まず あしらったのが、木いちごの枝物です。もみじの形に似た葉っぱの新緑の緑の色がとても綺麗です。いくつも蕾がついていて、そのまま枯れてしまうかと思っていたら、アレンジをしてから数日後に、いくつか可愛らしい白い花を咲かせてくれました(*^_^*)。

次に、正に春の旬!と言えるぜんまいを使いました。私は山菜類を食べるのはあまり好きではないのですが、花材に関しては別。くねくねとした茎の線とくるりと巻いた形がとても滑稽に見え、面白さを醸し出してくれます。その茎の線とまいた形を生かすようにアレンジしました。

そして、春の球根の花・ラナンキュラス。薄紙のような繊細な花びらがびっしりと重なって咲くラナンキュラス。いくつも色はありますが、私は特にこの花では黄色のものが好き。爽やかで明るく、ふわっと咲く様子はまるで春の陽だまりのように温かく感じられます。花びらが開いている大きなラナンキュラスを花首辺りで切って足元にあしらい、ほころびかけの2輪をすっとした茎の線も生かして長めに切ってあしらいました。このアレンジの中で、この明るい黄色の色がとても効いています。

花のメインにもう一つ、ちどり草とも呼ばれるデルフィニウムを使いました。長く伸びる茎の細い線と、ふんわり咲く千鳥の形の花も繊細で柔らかな雰囲気の花です。アレンジの中央部分に前後2つに分けてあしらいました。また、つぼみの形も綺麗なので、長さを変えながら切って、あちこちに散らして入れました。

あとは小花で全体をまとめていきます。このアレンジをきゅっと引き締めてくれる色が欲しくて、小さな5枚の花びらが輝く星のように見えるブルースターを低い位置と高い位置にあしらい、また長い管の先にブルースターのような小さな花が開くピンク色のブバルディアを同じように低い位置と高い位置にあしらいました。

アレンジの空間を埋めるのに、白い斑入りのピットスポラムというグリーンをあちこちにあしらい、艶やかなグリーンの色が綺麗なレモンリーフで足元を固めました。
c0115560_1831209.jpg

ぜんまいの曲線が、まるで踊っているかのように見えて、とても楽しげなアレンジになりました。

ぜひ花でも、旬を楽しんでみてください。

(K.T.)
[PR]
by terakoya21 | 2009-05-13 18:31 | Flower Arrangement

英語塾の寺子屋かめいの元気を発信します


by terakoya21
プロフィールを見る
画像一覧